新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

【実体験】ポケットWiFiをたった3日で「Broad WiMAX→famifi」に乗り換えた理由

こんにちは、Webフリーランスのくろぽん(@ktsuyoc)です。Wi-Fiはぼくの生活に欠かせないものでして、ネットがつながっていないと息が苦しくなります。

さて、今回はそんなネット中毒のぼくが

「1日中パソコンを使ってるけど、外出先でも使えるWi-Fiがほしい。どこのポケットワイファイがいいんだろう」

という疑問を解決します。

ぼくは最初、安さとネットの安定感でBroadWiMAXを選びました。大手ですし、サポートの対応も安心できるWi-Fiです(ふつうにおすすめ)。

しかし、ぼくは結局たった3日でfamifiというポケットワイファイに乗り換えました。

では、なぜぼくがBroad WiMAXではなくfamifiを使うことに決めたのか。この記事では、

  • たった3日で「Broad WiMAX→famifi」に乗り換えた理由
  • Broad WiMAX(ギガ放題)とfamifi(Softbank回線)の比較表【実体験あり】
  • Broad WiMAX(ギガ放題)とfamifi(Softbank回線)の詳しい特徴

の順に、紹介します。

Wi-Fiは料金や条件が複雑でややこしいですよね。ぼくもめっちゃ迷いました…。この記事では実体験をまじえつつ徹底的にわかりやすく解説するので、まずはご一読ください!

「ど田舎エリア・移動・容量制限」が理由でBroad WiMAXからfamifiに乗り換えました

ぼくがBroad WiMAXからfamifiに乗り換えた理由は、

  1. ど田舎エリア:WiMAX電波がない場所で仕事することもある
  2. 移動:移動中でも快適にネットを使いたい
  3. 容量制限:仕事で使うので「3日で10GB制限」だと足りない

の3つです。

1. ど田舎エリア:WiMAX電波がない場所で仕事することもある

契約してから気づいたのですが、WiMAXはど田舎エリアだとそもそも電波が通っていません。住んでいる家は電波が入るのですが、ちょっと山のほうへ行くとダメですね…。

ぼくがいま住んでいる福井県だと対応エリアは以下の通り。有名どころだと永平寺はWiMAX入らないっぽいですね。

「今後、WiMAXの電波が入らないエリアで仕事することになるかもなあ…」と考えてしまい、結果として解約金がかからないうちに乗り換えたほうがよいという判断になりました。

2. 移動:移動中でも快適にネットを使いたい

WiMAXは移動に弱いです。例えば新幹線は山などWiMAX電波のつながりにくい場所を通るため、WiMAXが使いにくい乗り物の代表格でして。

しかし、ぼく的には移動中こそ集中して仕事ができる時間なんですよね。

「移動しながら仕事したいし、WiMAXでは心もとないなあ」と思い、famifiでSoftbank回線を契約したほうが快適かなという結論になりました。

3. 容量制限:仕事で使うので「3日で10GB制限」だと足りない

Broad WiMAXには容量制限があります。具体的には「3日で10GBの制限を超えた翌日の18:00〜26:00まで」制限がかかる仕様です。

例えばプライムビデオで2時間の映画を最高画質ダウンロードすると、約3.6GBかかります。10GB制限だと映画を3本ダウンロードしたら制限がかかっちゃいますね…。

と考えると、1日じゅうパソコンをさわっているぼくだと「3日で10GB制限」を難なく突破してしまうのではないかと思ったわけです。てか、突破してます(笑)

famifiのルーター写真

ふつうに3日で10GBはオーバーしてしまいます…

制限でも”理論上”1Mbpsだが、エリアや通信状況でもっと遅くなるはず

制限がかかると”理論上”1Mbpsまで速度が落ちるとのこと。

Mbpsとは通信速度の単位
bpsは1秒あたりで動かせるデータ量の単位です。通信スピードともいいます。

Mbpsは「メガビーピーエス」と読み、さらに大きな単位としてGbps「ギガビーピーエス」があります。

WiMAXはおそらく「理論上は最大1Mbpsで、実際はエリアや通信状況によってもっと遅いこともあるよ」って感じなのでしょう。

1Mbpsあればネット閲覧なら問題なくできますが、忘れてはいけません。ぼくが住んでいるのは田舎なのです。ゆえに、1Mbpsなんて速度は期待できないと判断しました。

夜のちょっとした時間帯ならいいじゃん!と思うかもしれませんが、仕事で使うものですからいちいち容量制限で効率が落ちてしまっては元も子もありません。まさに安物買いの銭失いです。

ここまでぼくがBroad WiMAXからfamifiに乗り換えた理由をお伝えしました。次は、具体的にどのような違いがあるのかを、両方つかってみたぼくが比較していきます。

Broad WiMAX(ギガ放題)とfamifi(Softbank回線)の比較表【実体験あり】

Broad WiMAX(ギガ放題)とfamifi(Softbank回線)を両方つかってみた比較表です。

Broad WiMAX(ギガ放題)famifi(Softbank回線)
配送スピード3日2日
回線スピード27.5Mbps11.6Mbps
容量制限3日で10GB無制限
対応エリアの広さ田舎やビル街、移動に弱い山奥でも移動でもつながる
料金最初2ヶ月は2,726円
▶3〜24ヶ月目は3,411円
▶25ヶ月目以降は4,041円
最初2ヶ月は2,480円
▶その後は3,980円
契約手数料3,240円3,240円
違約金、解約手数料9,500円〜19,000円
(利用期間による、更新月のみ0円)
一律5,400円

Broad WiMAXとfamifiの詳しい特徴については、以下で紹介していきます。

Broad WiMAXの特徴:高速Wi-Fiを安く利用できる。対応が丁寧

Broad WiMAXの特徴は、大手ポケットWi-Fi会社の中では最安クラスの「3,600円/月」で高速Wi-Fiを利用できることです。

またWi-Fiルーターが自宅に到着した翌日に電話があり「ちゃんと届きましたか?回線スピードは問題ありませんか?」などの確認があったのも、とても安心感がありました。

以下ではBroad WiMAXの特徴を、メリットとデメリットにわけて紹介します。

Broad WiMAXのメリット

Broad WiMAXのメリットは以下の通りです。

  • 回線スピードが高速
  • 最新端末(≒高速)を選べる
  • 到着確認の電話など、丁寧で安心できる面も
  • 大手Wi-Fiの中だと料金は最安クラス

回線スピードが高速

エリアによりますが、WiMAXは回線スピードが高速です。famifiと比べてみました。

broad-wimax-speed

Broad WiMAXの速度

famifi-speed

famifiの速度

実はこれはBroad WiMAXが早いというより、WiMAX回線が早いって話なんです。とはいえ、エリアによっては「何これ遅すぎ…」となることもあるので、契約前のチェックは欠かせません。

Broad WiMAXとWiMAXって何が違うの?
Broad WiMAXはプロバイダ(インターネットを提供する事業者)の名前、WiMAXは回線の名前です。

「Broad WiMAX:WiMAX回線、famifi:WiMAX回線もしくはSoftbank回線」のようにプロバイダによって使用する回線が異なります。

最新端末(≒高速)を選べる

Broad WiMAXは最新端末を選ぶことができます。端末は新しいほど性能がよく、通信スピードも早いです。

こちらも当然ながらエリアによってスピードは変わります。

到着確認の電話など、丁寧で安心できる面も

Broad WiMAXはWi-Fi業者では大手でして、対応に安心感があります。

無名のWi-Fi業者だとメールサポートのみだったり、サポートの対応がビミョーだったりするので、Broad WiMAXの丁寧さはさすが大手だと思います。

大手Wi-Fiの中だと料金は最安クラス

Broad WiMAXは、大手Wi-Fiの中だと最安クラスの料金設定です。

キャッシュバックは忘れたらむしろ割高に
キャッシュバックも考えると本当に最安なのは「GMOとくとくBB」なのですが、ぼく個人としては

  • キャッシュバックの手続きがめんどくさい
  • 使っているうちにキャッシュバックの存在を忘れるかも
  • 手順が複雑そうでちゃんとできるか不安

と思ってBroad WiMAXを選びました。キャッシュバックするために時間や労力を使うくらいなら、月々の料金が安いWi-Fiのほうが結果的に楽でおトクです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック通知は、忘れた頃に全く使わないメールアドレスに送られてきます。

そのため、受け取り期間を逃している方が非常に多くなり、半数以上の方が受け取れていないとのこと。しかも、キャッシュバック受け取り案内のメールは再発行してもらえず、一度受け取り期間を逃すと3.2万円ほど損することになってしまいます。

契約開始から10ヶ月間は何もすることはありません
契約11ヶ月目にGMOとくとくBB独自のメールアドレスに受取案内メールが送られてきます
メールが来てから1ヶ月以内に受け取り手続き(振込先口座の指定)をすると、32,050円が振り込まれます

次はBroad WiMAXのデメリットを紹介します。

Broad WiMAXのデメリット

Broad WiMAXのデメリットは以下の通りです。

  • ど田舎だと対応エリア外のことがある
  • 移動しているときは電波がとぎれやすい
  • 申し込みから発送までに時間がかかった
  • 契約解除時、サポートセンターへの電話はほとんどつながらない
  • ちょいちょい営業される(かも)

ど田舎だと対応エリア外のことがある

WiMAX回線は、めちゃくちゃ田舎だとまだまだ対応エリア外です。

例えば、八王子や奥多摩の山ぎわだと、東京都にもかかわらず対応エリアから外れています。日本の首都なのに…。

ぼくの住んでいる地域は正真正銘ど田舎なので、ちょっと山のほうに行くだけで対応エリアから外れてしまいます。悲しい。

移動しているときは電波がとぎれやすい

WiMAXは、移動に弱いです。新幹線とか、移動中に仕事したい人からすると致命的。

また、移動中は映画などの動画コンテンツを楽しみたい人も、WiMAX回線だとイライラしちゃうんじゃないかなと。

申し込みから発送までに時間がかかった

Broad WiMAXは最短即日配送をうたっています。なので、「申し込んですぐ来るだろう」と思っていました。

が、結局Wi-Fi端末が届いたのは3日後。

同居人からWi-Fiを借りていたので仕事はできましたが、もし借りれなかったらと思うとゾッとします。その間は仕事できないわけですからね…。

これはぼくが申し込んだタイミングの問題かもですが、とはいえ即日配送とうたってるなら…ねえ…と思わざるを得ません。

契約解除時、サポートセンターへの電話はほとんどつながらない

結局ぼくはBroad WiMAXを初期解約したのですが、そのためには「サポートへの電話もしくは申込用紙を印刷・記入」が必要でした。

用紙を印刷するのが面倒だったのでサポートに電話したのですが、何度かけてもつながりませんでした…。

製品のサポートセンターにはつながったのですが「解約手続きは別の電話番号にかけてください」とのこと。つながらないんすよ…と思いましたが、あきらめて書類を作って解約しました。

ちょいちょい営業される(かも)

先ほどメリットでWi-Fi端末がちゃんと到着したかどうか確認の電話が来たとお伝えしましたが、実はその際にウォーターサーバーの営業をされました。

具体的には「無料でサーバーをレンタルできますよ(ただし水は有料)」という内容です。

なぜウォーターサーバーなのかナゾ。それよりも、いちど安心感をもった後に「うわー、営業かよー」というガッカリ感がありました。

結局、初期契約解除をしたのでわかりませんが、契約後もちょいちょい営業されると思っています。

MEMO:初期契約解除制度とは
契約書を受け取った日(または回線が通った日)から8日までの間、違約金などなしで契約を解除できる制度。簡単に言えば、ネット回線におけるクーリングオフのようなものです。

Broad WiMAXがおすすめな人

ここまでBroad WiMAXの特徴を紹介しましたが、Broad WiMAXがおすすめな人は以下の通りです。

  1. バリバリ対応エリア内に住んでいる人
  2. Wi-Fiを爆速で使いたい人
  3. 月額料金の安さでWi-Fiを選びたい人

爆速&最安級Wi-Fiならコレ!

つながりにくくても初期契約解除ができて安心

次はfamifiについて紹介します。

famifiの特徴:いつでもどこでも(ほぼ)無制限でネットが使えるが、回線速度はふつう

famifi(Softbank回線)の特徴は、場所や容量、契約期間にしばられることなくネットを使えることです。ただ、問題なく使えるものの、WiMAXと比べると回線速度は落ちます。

以下ではfamifiの特徴を、メリットとデメリットにわけて詳しく紹介します。なお、Softbank回線のみに当てはまる特徴もあるので、都度お伝えします。

famifiのメリット

famifiのメリットは以下の通りです。

  • 対応エリアが広い
  • 移動中でも快適に使える
  • 容量が(ほぼ)無制限
  • 解約違約金のしばりが弱い

対応エリアが広い

これはSoftbank回線の話ですが、WiMAXと比べて対応エリアが広いです。ど田舎や山の中でも比較的つながりやすいのが特徴。

田舎に住んでいても「ここはネットつながるのかな…」と不安になりつつ移動することがなくなります。いくら通信スピードが速くても、つながらなければ意味がありませんからね。

移動中でも快適に使える

引き続きSoftbank回線の話ですが、移動中でも通信が途切れることなく快適に使えます。

WiMAXだと高いビルが周りに建っていたり、地下だったりするととたんにつながりにくくなるんです。その点、Softbank回線なら周りに建物があっても地下だったとしても快適にネットを利用できます。

Softbankのスマホが地下でつながらないとかないですよね。それがそのままWi-Fiになった感じです。

容量が(ほぼ)無制限

famifiのSoftbank回線は、容量制限がほぼありません。WiMAX回線だと「3日10GB」の制限がありますが、Softbank回線はほとんど容量制限はありません。

famifiの事務局に問い合わせてみましたが、

容量による制限はございません。

とズバリ回答していただきました。実際ガンガン使っていますが、一度も速度制限になったことはなくサクサク使えています。

解約違約金のしばりが弱い

famifiは解約違約金のしばりが弱いです。Broad WiMAXと比べると、以下の表のようになります。

契約期間famifiを解約したらBroad WiMAXを解約したら
0〜12ヶ月目5,400円20,520円
13〜24ヶ月目5,400円15,120円
25〜36ヶ月目5,400円10,260円
37ヶ月目5,400円0円
38〜72ヶ月目5,400円10,260円

要は、famifiはいつ解約しても5,400円なんです。ぼくは37ヶ月目でちょうどよく解約するとは思えませんでした…。

移動が多い生活で海外に行くことも少なくありません。なので「この期間は解約しちゃったほうがお得だな…」と思えばすぐ解約できるのがメリットに感じました。

Broad WiMAXだと契約してから37ヶ月目以外は違約金がかかってしまいます。そのため、長期で使うことがわかっている人以外はfamifiのほうがおすすめです。

famifiのデメリット

famifiのデメリットは以下の通り。

  • ”超”高速ではない
  • 端末は選べない(備考欄に記入すれば可能)
  • レンタルだからか、バッテリーの持ちが微妙

”超”高速ではない

これはSoftbank回線だからかもしれませんが、決して回線速度は”超”高速ではありません。Broad WiMAXと比べると、以下のような感じです。

Broad WiMAX(ギガ放題)famifi(Softbank回線)
回線スピード27.5Mbps11.6Mbps

とはいえ、ネットで仕事をするぼくが快適に使えるレベルなので、問題はないかなと。田舎でのつながりやすさでいうとSoftbank回線が勝ちますし、よほどスピードにこだわらなければ気にしなくてOKです。

端末は選べない(回線は備考欄で選べる)

famifiでは端末を選ぶことができません。しかし、回線を選ぶことはできます。ぼくの場合、備考欄には以下のように記入して、Softbank回線の端末をゲットしました。

以下の理由から「Softbank回線の指定」を希望します。

1.●●町など、WiMAX電波の届かない場所に行くことが多い
2.移動中にも使いたい

レンタルだからか、バッテリーの持ちが微妙

famifiはぼくの場合、中古だと思われる端末が送られてきました。なので、バッテリーが1日持ちません。(そもそも1日じゅう使っているので持たないんでは…と言われればそうかもしれませんが)

なので、大容量のモバイルバッテリーは必須です。ぼくは自宅では常に充電しつつ、外出先で使うときにはモバイルバッテリーにつなげています。

famifiがおすすめな人

famifiがおすすめな人は以下の通りです。

  1. 山奥など、ガッツリ田舎でWi-Fiを使いたい人
  2. 電車など、移動中でもWi-Fiを使いたい人
  3. 容量(ほぼ)無制限でWi-Fiを使い倒したい人

田舎でも移動中でもガンガン使える!

容量制限は実質ありません

ど田舎でネットをガンガン使うならfamifi一択。引き続きレポートしていきます

ここまでぼくがBroad WiMAXからfamifiに乗り換えた理由を紹介しました。

ど田舎でネットをガンガン使う人はfamifi一択ですね。つながりやすくて容量制限がなく、正直famifi以外の選択肢はありません。

なお、Wi-Fiは「初期契約解除制度」という法律で8日以内なら返品できると決まっています。クーリングオフ的な感じですね。

参考:初期契約解除制度と確認措置 – 国民生活センター

なので、この記事で紹介したWi-Fiが気になる方はお気軽に試してみてください。引き続きレポートしていきますね。