新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

究極体は、農業。週末限定の移動式コーヒー店「kou’s café」

金谷を見下ろす「鋸山(のこぎりやま)」の登山道。

その入口に、ぽつりとたたずむ一台の車。

それが移動式コーヒー店「kou’s café」です。

kous-cafe01

「ただでさえ人が少ない金谷の、さらに人が少ないところに店を出してどうするんだ…」

と思いますが、移動販売車なのでそんな心配はいりません。なんなら、すでにいろんなところで出店しているそうな。

まるもから歩いてすぐなので、ふらりと行ってきました。

「珈琲」のマークが目印

JR浜金谷駅から登山道へ、てくてくと歩いていくと「珈琲」の旗が見えてきます。

kous-cafe02

場所で言うと、このあたりです。目印とかはありません…。

(まるもに来てくれたら案内するかも、とコッソリ言ってみる)

シンプルかつコダワリを感じるメニュー

ラーメン通の友人が「うまいラーメン屋はメニューが少ない」と教えてくれたことがありまして。

一つ一つのメニューにこだわりだすと、そこまで多くのメニューを出せないというのは、非常に道理が通っています。

で、kou’s caféのメニューはこの通り、シンプル極まれりです。

kous-cafe03

  • ハンドドリップ珈琲
  • 水出しアイス珈琲
  • コーヒーグラニテ
  • 辛口ジンジャーエール
  • HOTジンジャー

「グラニテ」というのは、コーヒーのシャーベットみたいなものだそうで。

暑い日にはさっぱりとおいしそう。

水出しコーヒーは、店頭でディスプレイされています。

kous-cafe04

が、これはそのまま売らずに、1日寝かせてから提供するのだとか。コダワリがすごい。

コーヒーは3種類からお好みで

コーヒーは、世界各国から取り寄せた、これまたコダワリの3種類。

kous-cafe05

その中でも「ワインのような香りがする豆で〜ウンタラカンタラ」と熱弁していただいた「ハートマンズ・ワイニー」というコーヒーを注文。

kous-cafe06

2年に1度くらいしか日本に入ってこず、しかも数少ない飲食店でしか扱っていないそうで。

ボキャブラリーが貧困なので、「コーヒーじゃないみたいなコーヒー」以上の表現が思いつきません。

…とにかくおいしかったです。

究極体は、農業だ

kou’s caféのオーナーいわく、最終的には材料を作るところから全て自分でやりたいとのこと。

大手企業のような規模でやってしまえば、農家さんと契約してこだわりのものを大量に作る…なんてこともできます。

ただし、それでは全くつまらないのでしょう。

自分で納得するプロセスを経て、「これなら大丈夫」という納得感がないといけない。

そんなこんなで、コーヒー屋さんをやっているはずなのに、いつのまにか材料を育てるところから考えてしまうそうで。

…コーヒー店の究極体って、実は農業なのでは?

オーナーさんのコダワリが、金谷でどこまで広がっていくのか、今からワクワクするようなひとときでした。

店舗情報

店舗名:kou’s café
場所:鋸山(のこぎりやま)のふもと
営業日:日曜日(土曜日もやっているというウワサも…)

詳しい情報はkou’s caféのFacebookページからどうぞ。