新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

【体験談】ハンガリーのブダペストで海外ノマドはできる!Wi-Fi環境やフリーランス事情を解説

「ハンガリーのブダペストってヨーロッパではノマドに人気の都市らしいけど、実際どうなんだろう」

と思ったので、行ってノマドしてきました。今もヨーロッパをノマド旅しているくろぽん(@ktsuyoc)です。

ネットで調べるとブダペスト(ハンガリーの首都)はノマドにピッタリと書かれていることが多いのですが、日本人にとってハンガリーはなじみのない国。「そもそもどこにあんの?」という方も少なくないかと思います。

そこでこの記事では実際にハンガリーのブダペストに行ったぼくが、実体験をもとに

  • ブダペストのWi-Fi環境、SIM
  • ブダペストはノマドに適しているのか
  • ブダペストで実際に行ったカフェ、コワーキングスペース
  • そもそもブダペストってどんな町?行き方は?

の順に、ブダペストでの海外ノマドについて解説。これから海外ノマドを検討している方は、ぜひご一読ください!

ブダペストのWi-Fi環境、SIM

インターネット環境はノマドをするにおいて欠かせませんよね。これがないとどうしようもありません。

というわけでまずは、

  • ブダペストのWi-Fi環境
  • ブダペストのSIM

について紹介します。

ブダペストのWi-Fi環境

結論からいうと、ブダペストのWi-Fi環境はヨーロッパでもなかなかよい感じです。

街なかで拾える無料のWi-Fi(通称「野良Wi-Fi」)でも十分に速いので、街全体のインフラが整ってるんじゃないかなと。

ホステルやカフェ、コワーキングスペースには、必ず速いWi-Fiがありました。複数カ国をまわるための海外Wi-Fiを持っていたのですが、使いどころがほとんどなかったです。

ブダペストのSIM

先述の通り海外Wi-FiをもっていたのでSIMは使いませんでしたが、ブダペストにはプリペイドSIMがあります。ブダペストだけ行くなら、これがカンタンで安い手段かなと。

また現地の電話番号が必要な方や、海外Wi-Fiは荷物になるから持っていきたくない方におすすめです。

ちなみに、SIMフリーのスマホを持っていないと使えないので注意してください。

つまるところ、ネット環境はバッチリだったので、ひとまず最低の条件はクリア。次は治安や生活など、「ブダペストはノマドに適しているのか」より幅広く解説します。

ブダペストはノマドに適しているのか

結論から言うと、ブダペストはノマドに適しています。仕事しながら各地を転々としたい方にとって、1つの滞在場所になりうると思いました。

ここからはブダペストの具体的な「おすすめポイント」と「微妙ポイント」についてお伝えします。

ブダペストのおすすめポイント

安く安全にノマドするなら、ブダペストはとってもおすすめです。現地に住んでいる方によれば、アパートも比較的カンタンに借りられるようで、長めに滞在したい方は検討してもよいかもしれません。

しかも、下記のように家具や家電がついている物件もあるので、住むハードルは低めに感じました。

ちなみにですが、物価はパンが8円で買えるレベル。ハンガリーにはうまい棒より安いパンがあるんですよ。

ブダペストの微妙ポイント

ブダペストはノマドにはよいのですが、現地で仕事をとるのはおすすめしません。なぜなら物価が安いので、それにあわせて賃金も安いからです。

補足:Black Dog Hostelは安宿ねらい以外では期待しないほうがいい

滞在したホステルの情報ものせておきます。ブダペスト中心部にある「Black Dog Hostel」という宿にいたのですが、寝るとき以外はあんまり使いませんでした。理由は下記のとおりです。

(まあ、1泊1000円くらいだったので何の文句も言えませんが…)

宿でまったり作業して過ごしたい、という方は別のホテルやゲストハウスがよいかなと。

ちなみにぼくは宿をとるとき

  • ハピタス経由でBooking.comへ
  • そのまま予約して、2.5%のポイントをもらう

という方法で予約しています。個人的にBooking.comが使いやすく感じていますが、ハピタスにはAgodaやExpediaもあるのでご心配なく。

ハピタスについて詳しくは「【格安】1人旅を安く済ませる!12コの方法をまとめました」を参考にしてみてください。

次は、ノマドで使えるカフェやコワーキングを紹介します。実際にノマドした感想ものせているので、参考になるかなと。

ブダペストで実際に行ったカフェ、コワーキングスペース

ここからは、ブダペストで実際に行ったカフェ、コワーキングスペースを

  • カフェ:Eco Cafe
  • カフェ:espresso embassy
  • コワーキングスペース:Muse

の順に紹介します。

カフェ:Eco Cafe

電源あり、Wi-Fiありの「Eco Cafe」はノマドにぴったりでした。食事もおいしかったので、朝ごはんを食べてそのままノマドしてましたね。

カフェ:espresso embassy

直訳で”エスプレッソ大使館(?)”の「espresso embassy」。こちらも電源とWi-Fiがありました。

エスプレッソが店名についているだけあって、コーヒーのクオリティは高かったです。が、イスが木製で座りにくく、長時間の作業には向いてません。

コワーキングスペース:Muse

「コワーキングも行ってみるか」と思って立ち寄ったのが、こちらの「Muse」です。

コワーキングスペースというよりは、他人の事務所を借りている感がありました。利用者もぼくだけでしたし…。

もちろん電源があり、Wi-Fiは光の速さだったので、集中してガッツリ仕事したいときにはおすすめです。

続いてはノマドをするイメージをつかみやすくするために、ブダペストの町についてざっくり説明します。

そもそもブダペストってどんな町?行き方は?

そもそもの話ですが、ブダペストはハンガリーの首都です。通貨は「フォリント」で、日本円からのレートはよくなく、ユーロから両替するのがおすすめ。

ぼくはLINE Payの外貨両替を使って日本でユーロをゲットしてから、現地の空港でちょっとだけ両替しました。空港はレートが悪いので、町に出てから本格的に両替しようと思ってたんですよね。結果、物価が安すぎて両替せずに済みましたが…。

日本からの直行便はないので、トランジット(乗り換え)は必須。ぼくはモスクワで乗り換えました。

MEMO
飛行機のチケットは、ハピタスを使うとポイント還元を受けることができます。例えばエクスペディアでチケットを取ると1.2%還元です。

他にもBooking.comやAgoda(ホテルの予約サイト)、楽天やロハコ(通販サイト)など、ふだんの買い物もオトクにできます。

詳しくは「【格安】1人旅を安く済ませる!12コの方法をまとめました」をご一読ください。

次はブダペストの町並みや歴史、名物について解説します。

町並みは「ロシアとヨーロッパの中間くらい」

建築とかあまり詳しくないのでわからないのですが、肌感として「ロシアとヨーロッパの中間くらい」の町並みだと思いました。きらびやか、というよりは無機質な感じがします。

戦争の歴史もあり

ハンガリーには戦争の歴史もあります。ぼくが見たのはドナウ川にあった靴のオブジェだけですが、他にも「ホロコースト(大虐殺)メモリアルセンター」など、当時の歴史が感じられる施設も。

高級食材「フォアグラ」が安く食べられる

ハンガリーは高級食材のフォアグラが名産です。安く食べられるとのことでチャレンジしてみましたが、濃厚なレバーって感じでした。お金持ちの人が好きそう(偏見です)

ちなみに、何人かでキッチン付きの宿に泊まっている場合は、中央市場で食材を買って料理しても楽しいかなと。

他の名産は以下の通り。ワインやチーズなど、ヨーロッパらしい名物が並びます。

安く快適に海外ノマドするなら、ブダペストがおすすめ

ここまでブダペストについて「ノマドができるのかどうか」をまとめました。安く快適にノマドできるので、世界を転々としながら仕事したい方におすすめです。

現地に在住の方にもお話を伺いましたが、フリーランスとして住んで現地の仕事をとるのはコスパよくなさそうだなと。日本の仕事をとって物価の安さを生かして低コストで暮らすのがベストだと思います。

で、何度も言いますが、宿はきちんと選びましょう。その上で、ご紹介したハピタスやBooking.comを使って可能な限りオトクにするのがおすすめです。

ブダペストでノマドをするさいには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヨーロッパを1ヶ月まわった海外ノマド旅については「場所にとらわれない働き方で1ヶ月、6カ国をまわった結論【海外ノマド実体験】」にて紹介しています。こちらもぜひどうぞ。