新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

[レビュー]Fitbit Alta HRをつけて、自動でカラダを管理してます。

Fitbit Alta HRを買いまして。

fitbit-alta-hr-09

  • 睡眠のリズムを自動ではかれる
  • 食べたものをカンタンに記録できる
  • ランニングやウォーキングの歩数・距離を自動ではかれる

などなどウワサを聞いて、前からずっと欲しかったのです。

ただ、2万円くらいするので悩んでたんですよね。

気軽にポンと出せる値段ではありません!

そんなときに思い出したのが

「買う理由が値段ならやめておけ、迷う理由が値段なら買え」

という名言です。

値段で迷ってるし、いっちょ買ってみるか…と思いきって買いました。

この記事ではFitbit Alta HRを使ってみて感じた

  • Fitbit Alta HRの特徴
  • メリット
  • デメリット
  • 他のFitbit製品との違い・比較

をお伝えします。

「活動量計つかってみたいんだけど、迷ってるんだよなぁ」

というかたは、ぜひ参考にしてみてください。

Fitbit Alta HRの特徴

fitbit-alta-hr-01

Fitbit Alta HRで計測できるのは

  • 歩数
  • 消費したカロリー
  • 走った・歩いた距離
  • 睡眠の記録(自動)
  • 睡眠ステージ

がメイン。

睡眠ステージとは、レム睡眠・ノンレム睡眠とか、そういうやつです。

主な機能・特徴はこんな感じ

  • 最大で7日間のバッテリー
  • 時計つき
  • 心拍計つき
  • バンドは交換できる
  • 運動してることを自動で認識
  • 有酸素運動の強さを測定

スマートウォッチ的な機能もあって

  • 着信
  • テキストメッセージ
  • カレンダー通知
  • 運動リマインダー

など、ちょっとした通知もしてくれます。

サイズはSとLの2種類で、バンドの長さはそれぞれ

  • Sサイズ:140mm~170mm
  • Lサイズ:170mm~206mm

です。

ざっくりとですが、「男性:Lサイズ、女性:Sサイズ」くらいでよさそう。

Fitbit Alta HRのメリット

fitbit-alta-hr-02

使ってみて気づいたFitbit Alta HRの長所は

  1. つけるだけで心拍数を測ってくれる
  2. 睡眠の時間もつけるだけで測れる
  3. アプリで食事・運動・睡眠時間・体重などを管理できる
  4. Fitbit史上、最もスリムなボディ
  5. 運動をせずに一定時間たつと通知してくれる
  6. 健康への意識が自動で高くなる

の6つです。

順番に見ていきましょう。

1. つけるだけで心拍数を測ってくれる

心拍数の測定は大きなメリット。

Fitbit Alta HR最大の魅力と言っても言いすぎではありません。

具体的に何がいいかというと、

  • 運動の強度を数値として見れる

んですよね。しかも自動で。

「ランニングしてるんだけど、ちゃんと運動になってるのかな…?」

と思っているかたは、Fitbit Alta HRがオススメ。

実は、もうちょいがんばらないといけなかった!的なことがわかるばず。

2. 睡眠の時間・サイクルもつけるだけで測れる

「毎日ちゃんと寝れてるのか不安…。」

というかたにもFitbitはピッタリ。

眠っている時間や、睡眠のサイクルも測れます。こちらも自動です。

  • 浅い睡眠
  • 深い睡眠
  • レム睡眠

という3種類の睡眠を計測してくれて、睡眠の質を数字として見れるんですよ。

ぼくの睡眠はこんな感じ。最近しっかり寝てます。

fitbit-alta-hr-03

グラフの上にいくほど睡眠が浅く、下にいくほど睡眠が深く、

  1. 覚醒
  2. レム睡眠
  3. 浅い睡眠
  4. 深い睡眠

という順に深くなります。

それぞれの役割をざっくりまとめると

  1. 覚醒:正常な睡眠サイクルに必要
  2. レム睡眠:記憶の整理・固定に役立つ
  3. 浅い睡眠:記憶・学習の定着に役立つ
  4. 深い睡眠:免疫・筋肉などの回復に役立つ

てな感じ。ちゃんと全ての睡眠がバランスよくないといけないみたい。

そして朝は、睡眠サイクルに合わせたアラームで自然に起きられます。

また、寝る時間・起きる時間をリマインダーで設定すると

「そろそろ寝ろや」

と通知がきます。もはやオカン。

3. アプリで食事・運動・体重などを管理できる

  • 食事
  • 運動
  • 体重

など、身体に関することをまるっと管理できるのがFitbit。

例えば食事なら、品目を入れると自動でカロリー・栄養を計算してくれます。

「炭水化物をとりすぎず、たんぱく質をいっぱいとるぞ!」

と気をつけていて、ギリギリ適正な量ですね…。

fitbit-alta-hr-04

栄養のいろんな考え方も取り入れつつ、Fitbitで管理したいなと思っています。

4. Fitbit史上、最もスリムなボディ

Fitbitの他製品と比べても、一番スリムなのも魅力ですね。

時計ってつけている手が重くてニガテだったんです。

が、Fitbit Alta HRはかなり軽い!

fitbit-alta-hr-05

デザインもいい感じで、カジュアルでもフォーマルでも大丈夫そう。

ガッチリと「ガジェットつけてる感」がなくていいですね。

カラーバリエーションも豊富で、女性でもつけやすそう。

fitbit-alta-hr-06

5. 運動をせずに一定時間たつと通知してくれる

一定時間うごかないままだと

「おーい!運動しろやー!」

と通知してくれるのもうれしいポイント。

集中して作業していると、つい長いあいだ座ったままのことも多いんですよね。

知らないあいだに効率が落ちるのを防ぐ意味でも、運動の通知はうれしい。

6. 健康への意識が自動で高くなる

Fitbitをつけていることで、いつもだれかに見られてる感覚になります。

すると、

「この時間にラーメン…うーん、やめとくか。」

「小腹が空いたしポテチ…やっぱチーズにするか。」

のように、健康によい選択ができますよ。

常にパーソナルトレーナーがついているような、そんな感覚ですね。

Fitbit Alta HRのメリットをあらためてまとめると、

  1. つけるだけで心拍数を測ってくれる
  2. 睡眠の時間もつけるだけで測れる
  3. アプリで食事・運動・睡眠時間・体重などを管理できる
  4. Fitbit史上、最もスリムなボディ
  5. 運動をせずに一定時間たつと通知してくれる
  6. 健康への意識が自動で高くなる

の6つです。

次はFitbit Alta HRのデメリットをお伝えします。

Fitbit Alta HRのデメリット

いくらFitbit Alta HRがよいとはいえ、ビミョーなポイントもあるんですよね。

それが

  1. 防水が弱い
  2. アプリの使い勝手がビミョー
  3. Bluetooth接続でスマホのバッテリーがガッツリ減る
  4. 公式アプリだけだと通知を受け取れない

の4つ。

それぞれ詳しくいってみましょう。

1. 防水が弱い

あくまで「生活防水」のようで、

  • シャワーを浴びる
  • 水泳をする

なんかはNGとのこと。

洗いもの、手を洗うくらいなら全然OKです。

「よくプールで泳ぐし、水泳の記録もしてほしいんだけど…」

というかたは、Fitbit Flex 2の一択になりますね。

2. アプリの使い勝手がビミョー

FitbitのAndroidアプリを使っていまして。

まぁ、おおむね使えるのですが、なんとなーく使いにくいポイントがいくつか…。

例えば、食事の記録。

「カレー」と入力すると、

fitbit-alta-hr-07

  • カレー丼
  • カレーパン
  • カレーうどん
  • カレー鍋
  • カレーそば

のように、カレーライスが出てこないという。カレー丼とは…?

検索にクセがあるのかもしれませんね。

てな感じで、「んっ?」と思うことがちょいちょいあります。

iPhoneアプリのほうはどうなんですかね?

3. Bluetooth接続でスマホのバッテリーが減る

Fitbit Alta HRで計測した心拍数などのデータは、スマホアプリでチェック・管理します。

そのさいにデータはBluetoothで送るのですが、常につなげっぱなしだとバッテリーをかなり消耗するんですよね。

いちいち切って、データをスマホに送るときだけつなげるのも面倒だし…。

いい感じの方法を考え中です。

4. 公式アプリだけだと通知を受け取れない(Androidのみ対処可)

実は、公式のアプリだけだとLINE通知などを受けられないのです。

そこで使うのが「fitbit notifications」アプリ。

Fit Notifications (for Fitbit)

Fit Notifications (for Fitbit)
無料
posted with アプリーチ

スマートフォンの通知をFitbitでキャッチできますよ。

スマートウォッチ的な使い方をしたい人にもおすすめ。

Android版しかないのが残念ですが、ぼくはHUAWEIのmate9を使っているので問題なし。

関連:中華スマホってどうなの?Huawei「mate9」を買ったのでレビュー

というわけでデメリットをまとめておくと、

  1. 防水が弱い
  2. アプリの使い勝手がビミョー
  3. Bluetooth接続でスマホのバッテリーがガッツリ減る
  4. 公式アプリだけだと通知を受け取れない

の4つでした。

他のFitbit製品とはどこが違うの?おすすめは?

Fitbitとひとくちに言えど、いろんな製品があってですね。

ざっくりと特徴をまとめると、

  • 水泳をしたいなら:Flex 2
  • 安い活動量計がほしいなら:Alta
  • スリムなデバイスで睡眠を測りたいなら:Alta HR
  • スポーツの記録をガッツリしたいなら:Charge 2
  • LINE、Facebookなどの通知も見たいなら:Blaze
  • GPSでランニングを管理したい人は:Surge

という比較です。意外といろいろあります。

iPhoneを使っていてLINEなどの通知を受けたいなら、Blazeがよさそうですね。

スリムで寝ているときでも気になりにくい点だと、やっぱりAlta HRに軍配が上がります。

「高くてもオシャレなほうがいい!」ならスペシャルエディションを

fitbit-alta-hr-08

「ガンメタかっこいいなぁ…」

とは一瞬おもったのですが、オシャレにお金をかけない主義なのでやめました。

「やっぱオシャレなほうがモチベーション上がるじゃん!」

というかたは、スペシャルエディションをどうぞ。やっぱりガンメタかっこいいな…。

Fitbit Alta HRで、体調の管理を自動化しよう

  • カジュアルでもフォーマルでも使える活動量計がほしい
  • 睡眠から食事・運動まで、健康をまるっとカンタンに計測したい
  • 自分のカラダを数値で見てみたい

というかたは、Fitbit Alta HRおすすめですね。

基本的につけておくだけなので、ズボラな人でも大丈夫。

だいたい18,000円くらいするので、ぼくも高いとは思いましたが、

「睡眠・心拍数をはかれて、いろんな機能がモリモリついた時計」

と考えるとむしろ安いかなと。

ぼくみたいに値段で迷っているなら、使って損はしないはず。

健康が気になってきた、というかたはぜひ。