いすみ市のコワーキングスペース「hinode」に行ったら、移住したくなった。

Pocket

ぼくは千葉の富津市にある「まるも」というコワーキングスペースで、ふだんは仕事をしています。

が、今回はちょっと気分を変えて、同じく千葉のいすみ市にある「hinode(ひので)」というコワーキングスペースへ。

hinodeは外房(千葉の東側)にあり、まるもが内房(千葉の西側)になります。

ちょうど逆サイドなんですよね。車で1時間半くらい、電車だと2時間かかります。

実は!hinode5月8日にオープンしたばかりでして。

地域の人を交えたオープニングパーティーをするということで、こっそりおじゃましてきました。

スポンサーリンク

テラスハウスばりのオシャレなコワーキングスペース

コワーキングスペースhinodeは、テラスハウス顔負けのオシャレさをアピールしてきます。なにこれフォトジェニック。

とはいえ、テラスハウスを見たことがないのですが。そもそも、テラスハウスって家の名前でしたっけ…?

…気を取り直して、中に入っていきましょう。

なにこれフォトジェニック(2回目)。

このまま映画でも撮れそうな勢いじゃないですか。(注:コワーキングスペースです)

もちろん、仕事に集中できる環境が整っています

hinodeはおしゃれなだけでなく、仕事にしっかり集中できる環境も完備されています。

見てください!この!イスを!!

実際に座ってみるとこんな感じ。外の世界がまぶしすぎますね…!

hinodeはオシャレなだけではなく、仕事に集中できる環境も整っています。

できたばかりだからといってあなどることなかれ、環境はまったく申し分なし。

「田舎フリーランス養成講座@いすみ」開催中です

ぼくがふだん仕事をしている「まるも」でも開催される、「田舎フリーランス養成講座」がhinodeでも開催されています。

様々なバックグランドをもった参加者が集い、日々スキルをみがいています。

参加者のみんなががんばっている姿に刺激をもらいつつ、快適な環境で作業できました。すばらしい。

超豪華オープニングパーティを味わう

今回hinodeに来た目的は仕事ではなく、オープニングパーティにあります。

50人ほどで超豪華なバーベキューを楽しみました。大勢でやるバーベキュー、最高ですね。

ウマ塩だれに漬け込んだ牛肉だったり、タンドリーチキン(!)だったり、最高以外の言葉が見つかりませんでしたね。

が、おいしすぎたのか写真がありません。ごめんなさい…。

焼きそばで許してください!!

また、いすみには持ち寄りの文化があるそうで。

地域のみなさまが自慢の持ち寄り品を持ってきており、みんなで舌鼓をボンボコ打ちならしていました…!

ワカモレ(アボガドのソースみたいな、トルティーヤチップスにつけて食べるアレ)だったり、野菜たっぷりスパイシーな焼きうどんだったりと、どれもはちゃめちゃおいしかったです。

そして、おいしすぎたのか写真がありません。(2回目)

ぼくはごはんがおいしいとダメになることがわかったのが、今回の収穫ですかね…。

hinodeはいすみのハブになりそう

驚いたのが、hinodeはオープンから2週間にして、地域のコミュニティに溶けこんでいるんですよね。

地域の拠点として、しっかり機能していきそうな感じがビンビンします。

もともと、いすみ市は「小商いの街」として有名なんですよね。

小商いをしている人たちが、集まって仕事をつくったり、一緒に仕事をしたりする場所として、hinodeが機能していくのかなと。

これからhinodeはどんな空間になっていくのか、いろんな可能性があって非常に楽しみです。

移住もありだな…とか思ったり、思わなかったり。

仕事もしやすく、住みやすそうな環境なので、気になるかたはぜひ訪れてみてください。

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。