新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

国内・海外どちらでも、一人旅で楽しめる人のほうが豊か。

休みになるたびに一人旅に出ることが多いぼくですが、まわりの人にそれを話すと様々な意見が出ます。

「一人旅いいね!」という人もいますが、「一人旅?つまんなくね?」という人も当然ながらいるんですよね。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるのですが、一人旅でも楽しめる人のほうが豊かです。

なんだかんだ一人旅をしたことがない、という方はこの機会に計画をたててみてはいかがでしょうか。

「一人ならでは、団体ならでは」の楽しさがある

どんなことにも、いいところがあれば悪いところがあります。それは、一人旅であれ、団体旅であれ同じことがいえます。

一人旅のほうが気楽に旅をすることができます。自分の行きたい場所に行き、食べたいものを食べることができます。

しかし、だれかとその場で楽しさをシェアできないというのはひとつのデメリットでしょう。

団体旅であれば、その逆のことがいえます。楽しさをシェアできる一方で、自由度は下がります。

というように、どちらか一方が圧倒的に正義で、もう一方にはまったくメリットがないなんてことはないのです。

ただし、「一人なら一人で楽しめる!」という人のほうが豊かなんですよね。

一人なら一人で楽しめる人のほうが豊か

一人旅と団体旅、どちらの楽しみ方も知っている人が豊かであることは自明です。そして、団体で旅行をしていたとしても、一人で楽しむこと技をもっている人のほうが豊かです。

その場所のよさや、食べているもののおいしさを、まずは自分のなかで味わうことが大切です。

自分がおいしいかどうかもわからないままに「おいしいねー!」と言うことが、よいことだとは思いません。まずは、自分でおいしいかどうかを感じることです。

それに、一人でもちゃんと楽しめる人たちと団体で旅行したほうが楽しいです。

新しい楽しみ方という発見がありますからね。「あっ、おまえはそういう楽しみ方をするのか!いいじゃん!」みたいな。

自分が楽しめることはなんなのかがわかる一人旅

こうして考えてみると、一人旅は自分の楽しみを見きわめることができる手段だなと。

どういうことをしたら楽しいのか、どんなものがあったら楽しいのか、なにが好きなのか。

そんなことをボケーっと考えることができるのは、一人旅ならではなのではないでしょうか。

だれかといないと楽しめない、なんてもったいない。一人旅で楽しめるようになっておいて、決して損なことはないでしょう。

一人旅のめんどくさい準備を攻略する

わかります。一人旅って準備がめんどくさいんですよね。「もはや行かなくてよいのでは?」と思うくらいめんどくさいw

ただ、いまはいいサービスがいろいろあるので、そんなに問題ではないかと。

ぼくの場合、どれだけ安く・スムーズに準備をすすめるかということをもはや楽しんでいます。攻略している気分になれるんですよね。

大学が休みの時季であれば、国内の交通手段は青春18きっぷに頼ってしまいます。

JRの普通・快速列車やバスなどなどが1日のり放題なので、利用期間であれば使わない手はありません。詳しくはJRのページをのぞいてみてください。

青春18きっぷが売っていない期間であれば、夜行バスを使うことがほとんどですね。夜行バス比較なびが有名ですが、ヨヤクトルあたりに最安のチケットがある場合も多いですね。

ただ、夜行バスは体力がいるので、人を選びます。日帰り夜行バスツアー(0泊3日)とかは絶対にしたくないです。

ホテルであれば、Hotels.com【Booking.com】で安いものをサクサクっとさがします。これらは国内・海外どちらも対応。

海外旅行のチケットであれば、スカイスキャナーでまとめて比較して、一番安いものを買いますね。DeNAトラベルにも安いチケットがある場合が多いので、合わせてチェックしています。

チケットとホテルをまとめて取りたい、というときにはExpedia(エクスペディア)とかが使いやすそうです。こちらは国内外どっちでもいけます。

とまあ、こんな具合に旅は簡単にできる時代なので、今まであまり一人旅をしてこなかったという方も、ふらっと出かけてみてはいかがでしょうか。