新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

【初心者向け】ウェブデザインにおすすめのパソコンとは。安いPCを買って損をしない方法【Mac・Windows】

ウェブデザインにおすすめのパソコンはこの2つ!
  1. MacBook Pro《なめらかな操作&高いデザイン性!プログラミングにもおすすめ》
  2. ThinkPad X1 Carbon《コスパNo.1!安くて性能のよいパソコンがほしい人むけ》

「これからウェブデザインをしたいけど、どんなパソコンを買ったらいいんだろう…。高い買い物だし、損はしたくない!」

と思っている方、こんにちは。現役でウェブデザイナーをしている、くろぽん(@ktsuyoc)です。

ウェブデザインをする方にとって、パソコン選びはかなり重要です。パソコンの選び方ひとつで、スムーズにデザインできることもあれば、ストレスだらけでなかなかデザインが進まないこともあります。

とはいえ、同じ種類のパソコンでも性能は値段によって違うなど見るべきポイントが多く、パソコンをどのように選んだらよいかはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では現役ウェブデザイナーであるぼくが

  • 「MacとWindowsはどちらがよいのか」に対する結論
  • MacとWindowsの違いとは
  • ウェブデザインに必要な「CPU」「メモリ」「ストレージ」について
  • 細かいけどチェックすべき、パソコンのポイント3つ
  • ぼくがMacBook Proを選んだ理由、後悔していること

の順にウェブデザイナーにおすすめのパソコンについて解説します。

「メモリとかディスクとか言われてもよくわからない…」と思っている方に向けて、パソコン用語もわかりやすく説明するので、ぜひご一読ください!

結論:Mac OSなら「MacBook Pro」Windowsなら「ThinkPad X1 Carbon」

MacBook ProとThinkPad X1 Carbon

結論ですが、Mac OSを使ってウェブデザインをするなら「MacBook Pro」、Windowsを使ってウェブデザインをするなら「ThinkPad X1 Carbon」を選ぶべきです。断言します。

「ウェブデザインするならMacなのかな…?でもWindowsのほうがよいって話も聞くし…」

という方もいるかもしれませんが、ぶっちゃけどちらでもウェブデザインはできます。もちろん違いはありますが。

というのも、この2つのパソコンはウェブデザインをするために必要な、

  1. CPU:IntelCore i5以上
  2. メモリ:8GB以上
  3. ストレージ:128GB以上

の条件を満たしているからです。(CPUやメモリ、ストレージについては後ほど詳しく説明します)

そのため、パソコンを買うときは「Mac OSとWindowsの違い」に気をつけて、ぼくがおすすめする2つのうち1つを選べばOK。以下ではMac OSとWindowsの違いをお伝えします。

Mac OSとWindowsの違いとは?

OSとはパソコンとして当たり前の機能を実現する、いわば”パソコンの心臓”のようなものです。例えば、

  • キーボードを押して文字を入力する
  • マウスを使ってクリックする
  • イヤホンから音楽を聴く

など、OSはふだんパソコンで当たり前にできている機能を実現します。

そして、パソコンのOSには大きくわけてMac OSとWindowsの2つがあり、それぞれの違いは以下の通りです。

Mac OSの特徴
  • Appleがパソコン本体も製造しているため、パソコンとOSに統一感がある
  • タッチパッドの操作性がなめらかで、できることも多い
  • 画面のタッチはできない
Windowsの特徴
  • ユーザー数は世界一で、問題の解決策が見つかりやすい
  • パソコン本体はさまざまな会社が製造しており、バリエーションが豊富
  • 画面のタッチができる

余談ですが、RubyなどのウェブプログラミングをするのであればMacがおすすめ。なぜならMacは買った時点ですでにウェブプログラミングに必要な環境が整っており、環境を用意する手間がすくないからです。

とはいえ、どちらのOSでもたいていのことはできますので、安心してくださいね。

次は、パソコンを選ぶさいに注目すべき、CPUやメモリ、ストレージについて解説します。

ウェブデザインするなら「CPU」「メモリ」「ストレージ」に注目すべき

これからウェブデザインをしたい方がパソコンを選ぶさいは、「CPU」「メモリ」「ストレージ」の3つに注目すべきです。それぞれ説明すると、以下の通り。

「CPU」「メモリ」「ストレージ」とは?
  • CPU:コンピューターの処理スピード。例えるなら”パソコンの脳みそ”
  • メモリ(RAM):コンピューターの作業スペース。例えるなら”机の広さ”
  • ストレージ(ROM):コンピューターのデータ保存スペース。例えるなら”収納の多さ”

CPUはパソコンの脳みそに例えられることが多いです。「IntelCore i3」のように数字でかしこさが表され、i3 → i5 → i7 の順にかしこくなります。

メモリは作業する机の広さに例えられます。机が広いほうがたくさんの作業を同時にできるように、メモリが大きい方がいくつものソフトを同時に立ち上げることが可能です。

ストレージはものを収納する場所の多さに例えられます。収納がたくさんあると多くの物をしまえるのと同じく、ストレージが大きい方が写真や動画などのデータをたくさん保存することが可能です。

さまざまなパソコンが売られていますが、ひとまずは「CPU」「メモリ」「ストレージ」の3つをおさえておけは問題ありません。

とは言え、その他にも気をつけたいポイントはあるので、以下でご紹介します。

細かいけどチェックすべき、パソコンのポイント3つ

細かいところですが、ウェブデザインをするなら以下の3点もチェックしておきたいところです。

  1. 画面サイズは13インチ以上あるか
  2. キーボードの打ちやすさはどうか
  3. 最初からインストールされているムダなソフトがないか

詳しく説明します。

1. 画面サイズは13インチ以上あるか

ウェブデザインにおいて、画面サイズは超重要。なぜなら、画面サイズがそのまま作業スペースの広さになるからです。

ウェブデザインでは「Illustratorでサイトのデザインを見ながら、コードを打ち込んで、GoogleChromeでチェックする」など、複数のウィンドウを同時に開くことが少なくありません。

そのため、ある程度の画面サイズがあることにより、デザイン作業の効率をアップできます。

おすすめ画面サイズは「13インチ以上」

おすすめの画面サイズは「13インチ以上」です。これくらいあれば難なくウェブデザインができます。できれば15インチくらいは欲しいのですが、持ち運びがしにくくなるのでここは好みでしょう。

2. キーボードの打ちやすさはどうか

ウェブデザインをするとなると、かなりの時間パソコンと向き合うことになります。すると、当然キーボードを打つ回数も増えますよね。

そのときに打ちにくいキーボードだと、かなりストレスがたまります。毎日することですからね。

ぼくの場合、キーとキーの幅がせまかったり、キーのストローク(沈み込み)が浅かったりするとミスタイプが増えてイラつきます。

「MacBook Pro」と「ThinkPad X1 Carbon」は打ちやすさバツグン

今回ご紹介する「MacBook Pro」と「ThinkPad X1 Carbon」は、どちらもキーボードの打ちやすさにかなりこだわっているパソコンなので、ご安心ください。

ぼくはどちらのキーボードも打ちましたが、ストレスなくタイピングすることができました。

3. 最初からインストールされているムダなソフトがないか

日本のパソコンを買うと、必ずと言ってよいほどムダなソフトがついてきます。例えば、はがき作成ソフトとか、辞書ソフトとか、英語を勉強するソフトとか…。

もちろんそれらのソフトを便利に感じる方もいるかもしれませんが、少なくともウェブデザインには使いません。

ムダなソフトでお金やスペックを犠牲にしない

で、問題なのが「ムダなソフトが入っているぶん、ムダに高いもしくはスペックを犠牲にしている」ことです。ムダに思うソフトでも、ソフトはソフトなので当然ながらお金がかかります。

ゆえにはじめはムダなソフトが少ないパソコンを選んで、後でやりたいことに合ったソフトだけを入れるべき。そのほうが、コスパよくオトクにウェブデザイナーとしての第一歩を歩むことができます。

次は、実際にぼくがどのようにしてパソコンを選んだか、後悔していることはなにか、をお伝えします。

ぼくがMacBook Proを選んだ理由

ぼくはMacBook Proを相棒として、ウェブデザインをしています。なぜMacBook Proを選んだかというと、

  1. デザインがシンプルでかっこよく、モチベーションが上がる
  2. 単純にMac OSを使ってみたかった(以前はWindowsでした)
  3. CPUやメモリ、ストレージがウェブデザインにぴったりだった

の3点が主な理由です。要するにMacを使ってみたかったんですよ。

MacBook Proには今も満足していますが、とはいえ後悔していることもあります。

ぼくがMacBook Proを選んで後悔している3つのこと

ここからは、ぼくがMacBook Proを選んで後悔していることを

  1. Officeソフトが入っていない
  2. 13インチだとたまに画面がせまく感じる
  3. Windowsでないと使えないソフトがある

の順に紹介します。この記事を読んでいるあなたには絶対に後悔してほしくないので、ぜひぼくの経験談を参考にしてみてください。

1. Officeソフトが入っていない

MacにはOfficeソフトが入っていません。OfficeソフトとはExcelやPowerPointのような、Windowsが作っている事務系ソフトです。

WindowsパソコンだとOfficeソフトは買った時点で入っているか、オプションで追加できることが多いですが、Macだとそうはいきません。

結局Googleスプレッドシートなど、代わりのアプリを使っているので問題はありませんが…。VBAなどの込み入った技術を使うとなると、Windowsのほうがベターですね。

2. 13インチだとたまに画面がせまく感じる

「お客さんとの打ち合わせとか、持ち運びもしやすそうだし13インチにしよう」と思って買ったのですが、ウェブデザインをしていると13インチではせまく感じることがあります。

ふだん自宅でデザインをしているときには、モニターとMacBook Proをつなげているので問題ありませんが、出先で困ることも。

どこでも自在にウェブデザインしたい方であれば、15インチにするのがおすすめです。

3. Windowsでないと使えないソフトがある

最後に気をつけてほしいのが、Windowsでないと使えないソフトがあることです。

なにせWindowsの世界シェアは90%ほど。使えるソフトが多いに決まっています。

購入後に「ぐあー、あのソフトMacだと使えないじゃん…」となっても遅いです。たいていのソフトは大丈夫かと思いますが、マニアックなものを使っているかたは事前に確認しておきましょう。

ウェブデザインに適したパソコンを選んで、最高のスタートダッシュを!

ここまで、ウェブデザインにおすすめのパソコンについて、その選び方を紹介しました。

何度もお伝えしている通り、結論は『Macなら「MacBook Pro」、Windowsなら「ThinkPad X1 Carbon」』です。

それぞれのパソコンを特におすすめしたい方は、以下の通り。

MacBook Proはこんな人におすすめ
  • 今後、ウェブプログラミングにも挑戦したい方
  • タッチパッドを自在に操りたい方
  • パソコンの見た目にもデザイン性を求める方

MacBook Proを購入するさいはApple公式ストアからどうぞ。

学生はストア限定価格でオトクに購入できます。また、送料は無料なので店舗に行くよりも楽にMacBook Proを買うことが可能ですよ。

ThinkPad X1 Carbonはこんな人におすすめ
  • できるだけ安くてスペックの高いパソコンが欲しい方
  • Windowsでしか使えないソフトを使いたい方
  • ふだんからWindowに慣れている方

ThinkPad X1 Carbonを購入するさいは、レノボ公式ストアが一番お得です。学割や期間限定キャンペーンもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ウェブデザインはパソコンを使うことの連続ですから、当然ながらパソコンの性能は大切です。まずはこの記事を参考に、MacとWindowsのどちらを選ぶべきか考えてみてください。

ちなみに、ウェブデザインの知識を身につけるならスクールに通うのが最速です。就職・転職サポートつきのものもあり、受講後のことまで考えられています。

無料体験もあるので、気になる方は「【2018年版】おすすめのウェブデザインスクール比較ランキング9選!初心者も迷わない料金・内容まとめ」をご一読ください!