Amazonプライムデーでお得に買い物!【7/17 23:59まで】

「私服でお越しください」って書いてあるのに就活生がスーツで来る理由3つ

就活で、説明会の案内に「私服でお越しください」と書いてあること、ありますよね。ぼくはいつも案内に書かれたとおりに私服で行くのですが、実際に私服なのはぼくくらいです。いたとしても、ぼく以外にひとりいるかいないかくらい。

ぼくとしては「な、なんで私服でお越しくださいって書いてあったのに、私服のほうが浮いてるんだよ…」という感じです。だから就活はだましあいって言われるんですよ。

(過去記事 : 就活は「平成狸合戦ぽんぽこ」レベル)

というわけで、なぜ私服OKの説明会がスーツ姿の就活生だらけになってしまうのか、考えてみました。

 

1.とりあえず、スーツを着ておけば外すことはない

スーツは就活生にとって、最上級の正装です。要するに、スーツを着ておけば外すことはないのです。これが結構大きいと思います。企業のなかには、説明会でのふるまいも見ているところもあるとかいうなんだかよくわからないウワサもあるそうな。

ぼくはそもそもそんなだましうちをするような企業には行きたくないので、私服OKの場合は私服で特攻します。説明会でのふるまいも見ているのであれば、「説明会でのふるまいも見ているので、ぜひスーツでお越しください」くらいは書くべきだと思います。

 

2.同じ日にほかの説明会がある(あった)

同じ日にほかの説明会があって、その説明会がスーツ着用だった場合もあるかと思います。連日説明会が開かれているこの時期であれば、ありえないことではありません。

例えるなら、バイトが終わったあとにバイト先の制服のままサークルに来ちゃった大学生みたいな感じだと思います。たまにいますよね。ぼくは嫌いじゃありません。

話を戻すと、「同じ日にスーツ着用の説明会がかぶってしまった」が一番正当な理由だと思います。私服派のぼくも「しょうがないな~」と納得する理由です。逆に言えば、同じ日にほかの説明会がない就活生は私服できてくれとぼくは思います。仲間がほしい…。

 

3.メールをよく読んでいない

メールをよく読まずに「説明会に行く=服装はスーツ」としている就活生も一定数いると思います。たくさん説明会を入れると、ひとつひとつ服装を確認するのが面倒になり、「全部スーツでいいや」となる気持ち、わかります。

ぼくは「説明会の服装は全て私服でいい」と思っている派ですが、結局はスーツにしろ私服にしろ、服装をいちいち確認するのはめんどくさいんですよね。正直、ぼくは服装指定をすることはムダだと思っています。

 

まとめ

 

私服OKの説明会にスーツでくる就活生がほとんどなのは、さまざまな理由があると思います。しかし、ぼくは「私服で来ていいって書いてあるなら私服でいいじゃないか」と思います。

「私服って書いてあるけど、絶対スーツで行ったほうがいいよね」のように、たがいのウラを読みあう就活はさっさとなくなったほうがいいです。そこからなにも生まれないじゃないですか。

はやくだまし合いみたいな就活がなくなることを祈るばかりです。