新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

大学4年生です。3000万円の投資に手を出してしまいました。

だれにもナイショにしていたのですが、ぼくは3000万円の投資に手を出してしまいました。

それも、確実にリターンがあるわけではありません。まあ、投資ですからね。

買ってしまったものはもうしょうがない。死ぬ気で運用してリターンを得るしかないですよね。

…実はこの3000万円の投資案件、大学生全員、ひいては大学に通ったことのある人がみんなやっていることなんです。

大学生はみんなやっている、3000万円の投資

ことの発端はこちらのブログ記事。キレッキレのロジックを展開されるかたで、この記事以外にも定期的に読ませていただいています。

大学中退した起業家を叩く人ってそもそも大学卒業するに値する価値って得たんですかね? – 拝神

その中に、こんな一節があります。

でも、大学の投資って結構バカにならないと思うんです。
単純に考えて、年間学費だけで100万円相当で4年間で400万近く。さらに大学に行かずに働いていた際に得られたであろう4年間の給与の機会損失が何も考えずにマックジョブしたと仮定しても年間250万円×4年で1000万ちかく、学生期間中の生活コストで月に15万前後として年200万円で800万近く。合計の投資相当額って約3000万円くらいですよね? まあいい大学行こうとしたら受験勉強の費用とかもあるわけで、下手したら4000万円くらいいくんじゃないですか。

大学に行くということは最低3000マンの投資をするということと同じだよ?という話です。ぼくの通っている大学はもうちょい学費が安いのですが、それはさておき。

1日あたりに直してみると、「3000万円 ÷ (365日 × 4年) = 20547円(小数点以下切り捨て)」となります。

土日や長期休暇のときも、毎日コンスタントに約2万円の投資をしているわけです。こうして考えると、とんでもない投資をしている気分になってきますね…。

趣味で大学生をやっているという金持ち的な発想ができるかたはよいでしょうが、多くの大学生は少なくともその先のキャリアを見すえて大学へ入学したはずです。

でも、それって本当に3000万円かけた分の(もしくはそれ以上の)リターンになっていますか?

「人生の夏休み」とか言ってられない

人生の夏休みと称されることも多い大学生活ですが、夏休みに3000万円の投資するの結構バードじゃないですか?

…てか、ちゃんと休まらないでしょ。ふつうに考えてみればまずムリですよね。3000万ですよ。

「3000万の投資してるんだよね。え?いまは夏休みだからバカンス気分だよ〜。」とか言えちゃう大学生、本来いないはずです。

必死にリターンつかみに行きますよね、ふつう。夏休みとか言ってられませんよ。

きちんとリターンを得てこその投資

大学生になることは、投資です。投資というのは、リターンを得るためにあるものです。アタリマエの話ですが。

参考:普通とは違う?投資の世界ではアタリマエな、リスク感覚の話

卒業後の人生において、きちんとリターンを回収できるような大学生活を送っていますか?また、卒業されたかたはきちんとリターンを回収できていますか?

大学生活、ぼくはあと半年くらいですが、しっかり学んでいきたいなと。じゃんじゃんリターン回収していきます。