タイピングを速くしたいなら「Google日本語入力」がオススメな理由

Pocket

あるときに「便利だよ〜」と紹介されて以来、Google日本語入力を利用しています。無料とは思えない便利さ。

タイピングスピードを上げたい、というのはパソコンを使っている人であればだれしもが一度は考えることですよね。

キーボードを早く打てる人はなんとなくカッコいいですし、なにより作業のスピードが上がります。

ただ、タイピングスピードというのは物理的に上げるだけではなく、パソコンの設定を変えることでも上げることができるのです。

たとえば、Google日本語入力を使ったり。

というわけで、タイピングスピードを上げたいならGoogle日本語入力ですよ、というお話です。

スポンサーリンク

Google日本語入力=IME

IMEとは、インプットメゾットエディター(Input Method Editor)の略で、めっちゃカンタンに説明すると「入力補助のためのソフト」です。

これがWindows式の「Microsoft IME」、Mac式の「ことえり(今はちがう?)」というやつです。

Windowsであればデスクトップの右下、Macであればデスクトップの右上に「A」とか「あ」みたいな四角いやつがあるはずです。

ぼくのパソコン(Mac)ならこんな感じ。この青いやつがGoogle日本語入力を使用しているときのアイコンです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-07-22

このIMEがパソコンに入っているおかげで、ひらがなを漢字に変換できたりしているわけです。縁の下の力持ちというやつですね。

タイピングスピードの定義をしておきます

タイピングスピード、というと「キーボードを打つスピード」というのが一般的な定義かと思います。

しかし、よく考えてみるとキーボードを打つスピードと打ち込める文字数は必ずしも比例していません。

キーボードを打つスピードとしてのタイピングスピードは、予測変換で入力できる文字数のことを考えていないのです。

つまるところ、文字をたくさん打てる人のタイピングが必ずしも早いわけではないと考えることもできるというわけです。
(まあ、文字をたくさん打てる人は往々にしてタイピングも早いものですが…)

ここでは、純粋なキーボードタイピングの速さを「物理的なタイピングスピード」、予測変換を含めた総合的に入力できる文字数のことを「理論的なタイピングスピード」と定義します。

そして、Google日本語入力で実現できるのは、「理論的なタイピングスピード」のほうです。なんだかややこしい話になってきましたね…。

補足:物理的なタイピングスピードを上げたいのであれば、寿司打がおすすめです。ゲームとしてもふつうに楽しめるので、自然とタイピングスピードがあがっていきます。
Flashタイピング 【寿司打 – SushiDA -】 – Neutral

理論的なタイピングスピードを上げるためには

理論的なタイピングスピードを上げるためには、以下の3つの要素が大切であるといえます。

1.予測変換が正確である
2.予測変換に網羅性がある
3.特殊な文字などをカンタンに入力できる

Google日本語入力は、これらの3つの要素を十分にもったIMEだといえます。

検索エンジンに入力された言葉を反映しているため、全然知らないアニメのタイトルも変換できたりと網羅性が異常すぎる気はしますが…。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-38-23

Google日本語入力の便利なショートカットキーたち

ここからは、Google日本語入力の魅力的なショートカットたちをご紹介します。

特殊な文字も、Google日本語入力にかかればショートカットキーでカンタンに入力できちゃうという。便利な設定もショートカットキーからできたりします。

(ここを本編にしたくなったのに前置きがひたすら長くなってしまったのはナイショ。)

「いま」「きょう」「ことし」

Google日本語入力を使用した状態で、「いま」と入力するとこのように現在の時刻を打つことができます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-24-04
そして、「きょう」と入力すると年と日付が。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-24-33
さらに、「ことし」と入力すると年が入力できます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-24-52                

「いま」「きょう」「ことし」のほかにも、

「あした(あす)」
「あさって(みょうごにち)」
「しあさって」「きのう(さくじつ)」
「おととい」
「らいねん」
「さらいねん」
「きょねん(さくねん)」
「おととし」

を変換することができます。未来も過去も自由自在(?)

西暦→和暦

「あれ?今年って平成なん年だっけ…?」と年に10回は悩むようなぼくでも、Google日本語入力であれば、西暦(4ケタのもの)を入力すれば和暦(年号のついたもの)へ直してくれるので問題なし。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-25-17

ちなみに逆もできます。が、西暦を忘れる人ってそんなにいないのでは…とか思ったり。

郵便番号から住所へ

郵便番号を入力すれば、Google日本語入力はそれを住所に直してくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-55-59

必ずハイフン(ー)を入れる必要がありますので、ご注意。

「zh」「zj」「zk」「zl」

それぞれ、矢印(←↓↑→)を素早く入力するためのショートカットキーです。
「やじるし」とか「みぎ」とか入力しなくてもよいので、意外と時短になります。

zh→「←(左矢印)」

zj→「↓(下矢印)」

zk→「↑ (上矢印)」

zl→「→ (右矢印)」

「z,」「z.」「z/」

点のたぐいは、これらのショートカットキーでカンタンに入力できます。

z,→「‥(二点リーダ)」

z.→「… (三点リーダ)」

z/→「・(中点)」

「z[」「z]」「z−」

ついついスペースキーを連打してしまうこれらも、カンタンに変換できます。

z[→「『(始め二重かぎ括弧)」

z]→「』(終わり二重かぎ括弧)」

z→「〜(波ダッシュ)」

こまんど→シークレットモード、サジェスト停止

「こまんど」でGoogleIMEの特殊コマンドを起動することができます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-20-59

【シークレットモードをオン】
…学習機能、入力履歴サジェスト、ユーザ辞書を一時的にオフします。

【サジェスト機能の一時停止】
…予測変換を一時停止することで、思わぬところでプライベートがバレないようにできます。

Google日本語入力の遊び心あふれるショートカットキーたち

なんの役に立つのかはわかりませんが、Googleの遊び心で以下のようなショートカットキーも設定されています。

「おみくじ」

その名のとおり、今日の運勢を占うことができます。ちなみに、結果は本当に日によって変わります。

今日のぼくの運勢は大吉のようですね。やったぜ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-30-28
                                                 

「ふくわらい」

「ふくわらい」と入力するとランダムで顔文字が出てきます。用途は…なんでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-33-33

「げた」

「げた」と入力することで、げた記号を出すことができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-35-34

げた記号は以下のようなときに使用されます。(wikiより) ま、マニアック…。
・存在しない活字の代替として
・文字コード上に存在しない文字の代替として
・判読不能文字の代替として
・伏せ字として

タイピングスピードを早くする環境をつくろう

タイピングスピードという言葉を耳にすると、どうしてもキーボードを打つスピードが早いことを想像してしまいますが、それだけではありません。

短時間の間に文字をたくさん入力するには、物理的なスピードを上げる以外にも環境をつくることも必要なのです。

Google日本語入力を入れることで、その環境がある程度ではありますが整います。

有料のものだとATOKなども評判はよいのですが、なにせ有料というのがネックです。

その点、Google日本語入力は無料ですし、変換も優秀なので選ばない手はないでしょう。

ちょっとした手間かもしれませんが、大きく違ってくるはずです。興味のある方はぜひ。

Google 日本語入力 – Google

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。