Amazonプライムデーでお得に買い物!【7/17 23:59まで】

テレビを見る時間は人生のムダ?リモコンを捨てれば意外と解決。

テレビを見る時間はムダ。ネットをよく使う人ほど、このような意見をもっている場合が多いです。

かく言うぼくも、以前から家ではMoc◯’sキッチン以外ほとんど見ていませんでした。

も◯みちがオリーブオイルをどっばどっば使うのが楽しすぎて、Moc◯’sキッチンだけはやめられなかったんですよね。
ぼくのゆがんだテレビの楽しみ方はさておき、テレビというのは時にして時間どろぼうと呼ばれることもあります。

テレビを見ていたら、いつの間にかこんな時間に…という経験は、だれしも一度はあるのではないでしょうか。

そんな風に時間を浪費したくない人には、リモコンを捨てることをおすすめします。

ぼくはリモコンを捨ててからMoco’sキッチンすら見なくなりました。ごめんよ、も◯みち…。

リモコンを捨てたきっかけ

ぼくがリモコンを捨てたきっかけは単純で、リモコンがこわれたからです。

「ボタンを押してもなんにもならない、ただのプラスチックのカタマリが家にあったところでなんだか腹が立つだけだ」という。

なので、ぼくの場合は捨ててしかるべきだったんですよね。

これを捨てれば時間をムダにすることはなくなるぞ、とかそんなひらめきとは無縁でした。

使えないものが家にあってもそれはゴミじゃないか、という至極あたりまえの話でリモコンがわが家からいなくなりました。

リモコンを捨ててからのぼく

リモコンを捨ててから、明らかにテレビが不便になりました。電源を入れるにも、チャンネルを変えるにも、いちいち立たないといけませんので。

とくに、チャンネルを変えるのがめんどくさい。やってみるとわかりますが、テレビのボタンをカチカチ押してチャンネルを変えるは非常にイラッとします。

すると、知らぬ間にまったくテレビを見なくなりました。ものぐさの勝利した瞬間です。

元からPCのサブモニターとして利用していたので、元・テレビは今でもモニターとして活躍しています。

一人ぐらしサイズのテレビであれば、モニターにもぴったりなんです。40型とかあるとさすがに目が疲れますが、20型なのでしっくりきています。

映画とか見たいなー、と思ったらAmazonプライムで見てしまいます。

「何時にテレビつけて、あの番組を見る!」なんてことはまったくなくなってしまいました。リモコン恐るべし。

テレビは害悪、とは言わないけれど

テレビにも作りこまれたおもしろい番組はたくさんあるので、「テレビには害しかない!」とは言いません。

しかし、いつの間にか時間がたっていた…という現状が発生するのも事実です。時間を決めて見れる人ならいいかもしれませんが、必ずしも全員がそううまくいくとは限りません。

まずはリモコンをなくすことからはじめてみてはいかがでしょうか。捨てるところまでしなくても、片づけてしまうだけでも効果はあるでしょう。

今日1日のふりかえりをしたり、家族との会話に花を咲かせたりと、テレビを見ること以外の時間の使い方ができるはずです。

ぜひ一度、お試しあれ。