新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

「新しいことを始めないと死ぬ病気なの?」ってくらいでちょうどいい

最近、新しくTumblrをはじめました。とりあえず楽しいです。使い方はよくわかっていませんがw

加えて、JavaScriptを勉強しはじめました。同じく使い方はよくわかっていませんが、なんかローカルサーバーをたてたりしています。

こんな感じでコードをズコズコ写経して
スクリーンショット 2016-07-03 15.03.03

サーバーがたちます。が、いまのところクララが立つほどの感動はありません。なにせほとんど真っ白なので。
スクリーンショット 2016-07-03 15.03.03(2)

ただ、こうやってわからないながらも新しいことをはじめるのって、大切です。むしろ、周りから「アイツ大丈夫なの?」と言われるくらいでちょうどよかったりするのかと。

継続は力なりということわざは確かに本当ですが、どこに注力して継続するかは試しながら考えるしかないんですよね。

デキる人は新しいことを恐れない

新しいことをはじめまくる人がデキる人なのか、デキる人が新しいことをはじめまくる人なのかはわかりませんが、ひとつ言えるのはデキる人は新しいことを恐れないということです。

最近でいうと、なんだろうな…noteとかMediumとかですかね。VRとかBitcoinとかも新しい部類でしょうか。チャットボットも流行りそうですね。

とまあ、このへんのことをデキる人はすでに始めている気がします。ちなみにぼくはnoteを挫折したにも関わらず、Tumblrをはじめました。そういやMediumは投稿もせずに挫折した気が…w

noteやMediumは、「まあブログに書けばよくね?」ってなってしまいました。ブログがんばります。

やめどきを見極めよう

新しいことをはじめるときにやっておきたいのが、やめどきを見極めることです。株でいう「損切りライン」というやつですね。

どこまでに成果が出なかったらやめるというラインを決めておかないとジリ貧になってしまいます。お金と時間をかけてやるのであればなおさらです。

個人の趣味でやる分にはよいですが、何かしらの目的があってはじめるのであれば、やめどきも決めておく必要がありますよね。

ぼくの場合、Tumblrは完全に趣味なので、だらだらやっていきます。だがしかし、まずは使い方がわからん…。

タダなら迷わずやってみる

結局、言いたいことはこれだけです。「タダなら迷わずやってみる」、以上。

タダより高いものはない、とは言いますがしょせんタダです。迷っているならやってみましょう。やってみてつまらなかったらやめたらいいじゃないですか。

ちょくちょくある話ですが、「ブログやってみたいんですよね〜」という人。やったらいいんじゃないの?という感じです。だいたいそういう人ってやらないんですけど。

きっと共感が欲しいだけなので、「うんうん。ブログ楽しそうだよね〜。」とだけ返事をすることがほとんどです。ここでガチンコで話をしようとすると痛い目にあいます。ぼくが。

本当にやりたいのであれば、だれかに相談する前に一旦調べたり、やってみたらよいでしょう。ウジウジ迷っている時間で試しにやってみるくらいはできるはず。