電車

1人旅を安く済ませる!12コの方法をコッソリ伝えます

Pocket

1人旅って楽しいのですが、意外とお金がかかるんですよね。ほらホテルとかもシングルよりツインのほうがちょっと安かったりするじゃないですか。

でも、1人旅が好きなんですよ…!

  • どこへ行こうが(行かまいが)自由
  • 食べたいご飯を食べられる
  • (ノマドなら)仕事をしてても罪悪感ない

など、1人旅にはメリットだらけなわけです。とはいえ、お金はできるだけかからないほうがいい。

というわけで今回は、1人旅を徹底的に安くする方法を考えてみました。

ほんのちょっと手間を加えたり、工夫をするだけで、お値段がぜんぜん違うなんてこともあります。

まず、どんな旅でも安くなる方法を紹介して、そこから

  • 飛行機
  • 電車
  • 宿(ホテル)

の順に、旅を安く済ませる方法をお伝えします。

「これから1人旅したいなぁ。けど、お金がない…」

と思っているかたはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

どんな旅でも安くなる3つの方法

まずは、どんな旅でも安くしてくれる方法を

  1. 「ハピタス」を使えば、ぜんぶ割引
  2. クレジットカード決済でポイント還元
  3. 合言葉は「平日・早割・ツアーなし」

の順にご紹介します。

1. 「ハピタス」を使えば、ぜんぶ割引

ハピタス、オトクなんですよね。カンタンに言ってしまえば、ハピタスは「ポイントサイト」のたぐいです。

ポイントをもらう方法はシンプルで、

  1. ハピタスに登録する
  2. ハピタスのサイト経由でチケットやホテルを予約
  3. ポイントをもらえる

の3ステップ。

たまったポイントは、

  • Amazonギフト券
  • 楽天スーパーポイント
  • iTunesギフト券

などに交換できます。交換レートも「1ポイント1円」なので、ご心配なく。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2. クレジットカード決済でポイント還元

まさか今どき、現金で決済なんてしてませんよね…?

「クレジットカードって不正に利用されたりするんでしょ?使っちゃダメじゃん?」

と思っているかたもいるかもしれませんが、カード会社が保証してくれるので問題なし。むしろこの便利さを利用しないほうがダメじゃん?

楽天カードなら審査もスムーズで、楽天トラベルとの相性もいいです。クレジットカードは、最低でも1枚はもっておきたいところ。

3. 合言葉は「平日・早割・ツアーなし」

もうね、これ覚えておけば間違いないですよ。せーのっ、平日!早割!ツアーなし!

…なんのことかと言いますと「平日かつ早めに予約して、ツアーには入らないほうが安いよ」という話です。そのまんまですね。

できる限り早めに予定を押さえてしまって、むしろ旅行の予定に合わせて仕事を片付けるくらいの勢いでいきましょう。

ただし、もしも仕事が片付なかったときのためにキャンセル料はあらかじめチェックしておきたいものです。

海外旅行なんかもツアーは必要ないと思ってまして、現地で「◯◯海クルーズ!」みたいな日帰りツアーに参加したほうが出費を少なくできますよ。

というわけで、だれでもどんなときでも使うべき方法として

  • 「ハピタス」を使えば、ぜんぶ割引
  • クレジットカード決済でポイント還元
  • 合言葉は「平日・早割・ツアーなし」

をご紹介しました。続いては、飛行機を安く取る方法を紹介していきます。

飛行機を安く取る3つの方法

飛行機ってお金かかりますよね。めちゃめちゃ早いのでしょうがないのですが。なんでも「飛行機の1時間は船の1日」と言われるくらいです。早い。

ですが、安くしたいもんはしたいんですよ!というわけでここからは、

  1. 短距離ならLCCで十分
  2. 海外旅行ならDeNAトラベルがおすすめ
  3. どうせ行くなら長期でGO

の順に飛行機を安く取る方法をお伝えします。

1. 短距離ならLCCで十分

例えば、東京から沖縄や北海道、韓国、台灣などの近場に行くのであれば、LCCで十分です。

わざわざ高い航空会社を使うこともありません。なんせ、乗ったと思ったら着くので…。

ただ、ふだん高い航空会社の飛行機で飛んでいるかたにとっては、LCCのクオリティはびっくりすると思います。イスが硬いのなんのって…。

合言葉は「落ちなきゃOK」です。安いには理由があるってもんなので、ひとまず安全に旅ができればよいと思いましょう。

2. 海外旅行ならDeNAトラベルがおすすめ

学生のときにいろんな航空チケット販売サイトを見ましたが、もっとも安かったのがDeNAトラベルでした。

サイトとしても使いやすいですし、国内発で海外へ行くのであればDeNAトラベル一択ですね。

もちろんツアーは申し込まず、安い日を狙ってチケットを予約しましょう。

3. どうせ行くなら長期でGO

「旅行にかかったお金の総額に対して、飛行機のチケット代は比率を少なくしたいよね。(結果、飛行機代は安く感じるよね)」

というマインドセットです。

ぼくのまわりには長期旅行者が多くて「何週間いくの?3泊4日?えっ?短くない?」ということもしばしば。

せっかく旅行に行くのですから、まったりしたいものです。観光地をスタンプラリーのようにめぐるのが楽しい方はまぁ、それでいいんじゃないかなと思います。

お次は電車旅を安くする方法を見ていきましょう!

電車で安く旅をする3つの方法

電車の旅を安くするには、

  1. 最安なのは青春18きっぷ
  2. 新幹線に乗るなら宿泊もセットに
  3. ネット限定ツアーが盲点だったりします

の3つが方法としてあります。順番に見ていきましょう。

1. 最安なのは青春18きっぷ

なによりも最安だと自信をもって言えるのが「青春18きっぷ」です。

これはJRの普通列車(快速なども含む)が5日乗り放題になるきっぷで、1日ごとに分けて使うことができます。

お値段は、11,850円。1日あたり2,300円ちょいで乗り放題です。途中下車・乗車ももちろんOK。最高かな…?

買った人しか使えないものではないので、

  • 友だちと二人で2泊3日の電車旅(2人で4日分つかう)
  • 仲間5人で日帰り電車旅(5人で5日分つかう)
  • ぼっちで5泊6日のロング電車旅(1人で5日分つかう)

などなどできます。1日で全てを使い切る必要はありません。今年なら、以下の期間で使えばOKです。

【発売期間・利用期間】
(春季用)発売期間:平成29年2月20日(月)~平成29年3月31日(金)
利用期間:平成29年3月1日(水)~平成29年4月10日(月)
(夏季用)発売期間:平成29年7月1日(土)~平成29年8月31日(木)
利用期間:平成29年7月20日(木)~平成29年9月10日(日)
(冬季用)発売期間:平成29年12月1日(金)~平成29年12月31日(日)
利用期間:平成29年12月10日(日)~平成30年1月10日(水)
引用:JR東海

「時間はあるけどカネがねぇ!でも旅はしたい!」というかたにピッタリのチケットです。

ちなみにですが、18歳をすぎても(というか、何歳でも)使えるのでご心配なく。

2. 新幹線に乗るなら宿泊もセットに

新幹線にはナゾの法則がありまして。それが、

  • 新幹線のチケット代 ≧ 新幹線のチケット代 + ホテル代

です。意味がわかりませんよね?新幹線のチケットとセットでホテルも予約すると、異常に安くなるんですよ…。

ちなみにぼくも1度だけ使ったことがあったのですが、泊まったホテルはふつうによいホテルでした。

どうせ宿泊するのであれば、新幹線のチケットとまとめて予約したほうがラクで安いなら、使わない手はないですよね。

3. ネット限定ツアーが盲点だったりします

さんざんツアーは利用しないと書いた手前アレなのですが、ネット限定ツアーは安くてオトクなことが多くておすすめです。

とはいえ、知らないかたも多いので、盲点だったりします。店舗があるツアー会社でもネット限定プランをもっていたりするので、まずは調べてみてください。

海外ツアーならWeb専用のJTB海外ツアーがおすすめです。

国内ならWeb専用の近畿日本ツーリスト国内ツアーがいい感じ。

ツアーなんて高いだけじゃん…と思っているかたにこそ試して欲しい方法ですね。

補足:ヒッチハイクはコスパ悪い

「なーに言ってんだ!一番安いのはヒッチハイクだよ!」

と思うかたもいるでしょうが、ぶっちゃけヒッチハイクってコスパ悪いです。

  • 車を待つのに時間がかかる
  • いつ目的地に着くかわからず、宿がキャンセルになるかも
  • 乗せてくれた方にめちゃ気をつかって、結果お金を使ってしまう

などなど、かなり使い手を選ぶ方法だと思っています。もちろん人との出会いはあるのでしょうが、「安く旅をする」という観点で見るとそうでもない手段なんじゃないかなと。

さてさて、続いては宿に安く泊まる方法を見ていきます。

宿(ホテル)に安く泊まる3つの方法

宿に安く泊まる方法は、こちらの3つです。

  1. ゲストハウスが安くて無敵
  2. 個室がほしいならAirbnbも
  3. 海外ならカウチサーフィンもあるよ

順番に見ていきましょう!

1. ゲストハウスが安くて無敵

ゲストハウス、いい響きですね。

ざっくり言ってしまえば、ゲストハウスは「カンタンな宿泊所」です。ホテルとの違いは、

  • ドミトリー(相部屋)が多い
  • 共有のスペースがあり、宿泊者どうしで交流できる

とかですかね。

うまく泊まればホテルの半分くらいのお値段で泊まれて、しかも友だちができたりします。一人旅のはずがいつの間にかグループで旅行してた、なんてことも。

「えー、ゲストハウスって汚いんでしょ?」

と思うかたもいるかもしれませんが、そんなもんゲストハウスによります。ホテルだって汚いところはありますって。

ちなみに、今までのベスト・オブ・ゲストハウスはタイの「Mercy Hostel」です。キレイでオシャレなゲストハウスでした。

詳しくは『チェンライのゲストハウスなら「Mercy Hostel」がキレイで安くておすすめ。』をどうぞ。

ちなみにゲストハウスの予約なら、Booking.comが一番やすいですね。シンプルで使いやすいのも気に入っています。

2. 個室がほしいならAirbnbも

「知らない人と同じ部屋で寝るの…?そんなの無理だ〜!」

と思っているかたは、Airbnb(エアビーアンドビー)をどうぞ。

いわゆる民泊サービスと呼ばれているAirbnbは、カンタンに言えば「人の家にお金を払って泊まれるサービス」です。

人の家とはいえ人が住んでいるわけではなく、ふつうにアパートを貸し切るみたいなイメージ。(住んでいるパターンもあるようですが)

場所やクオリティによって値段はまちまちなので、まずはアプリで調べてみてください。

Airbnb

Airbnb
開発元:Airbnb, Inc.
無料
posted with アプリーチ

3. 海外ならカウチサーフィンもあるよ

海外ならカウチサーフィンという手もあります。こちらは人の家にタダで泊まれるサービスです。

身分の確認や評価制度があるので、アブナイ人たちはサービスを利用できないようになっています。

が、ある程度の英語力が必要なのと、カンペキに安全ではないので、女性や子供連れはオススメしません。男はたぶん大丈夫ですが、こればっかりはわかりませんね…。

海外で現地に住んでいる人と交流したい!というときはカウチサーフィンが選択肢の一つに入ります。

補足:野宿は意外とコストがかかる

「一番やすく泊まれるのって野宿じゃん!地球サイコー!」

と思っているかたもいるかもしれませんが、野宿も意外にお金がかかります。

まず、野宿して風邪をひいては元も子もありません。下手したらホテルに泊まるよりもお金がかかります。風邪をひかないようにするならば、それなりの装備が必要ですよね。アウトドア用品、意外と高いですよ。

また、野宿する場所を探すのも難儀します。人の土地はアウトですし、野宿を禁止してる場所も少なくありません。

なんかいろいろめんどくさいな…と思うくらいなら、ゲストハウスにでも泊まったほうが快適で安いですよ。

安く、快適に1人旅を楽しもう!

安く1人旅する方法をまとめました。

おさらいしておくと、まず飛行機を安くとる方法として

  1. 短距離ならLCCで十分
  2. 海外旅行ならDeNAトラベルがおすすめ
  3. どうせ行くなら長期でGO

の3つを紹介しました。

そして、電車のチケットは以下の方法がリーズナブルだとお伝えしましたね。

  1. 最安なのは青春18きっぷ
  2. 新幹線に乗るなら宿泊もセットに
  3. ネット限定ツアーが盲点だったりします

また、宿に安く泊まる方法では

  1. ゲストハウスが安くて無敵
  2. 個室がほしいならAirbnbも
  3. 海外ならカウチサーフィンもあるよ

の3つを見ていきました。

そうそう、どんな方法でもオトクに済ませるなら、

  • 「ハピタス」を使えば、ぜんぶ割引
  • クレジットカード決済でポイント還元
  • 合言葉は「平日・早割・ツアーなし」

でしたね。ハピタスは旅に限らず、楽天やユニクロなど生活のあらゆる部分でオトクになります。また、楽天カードのポイント還元も見逃せません。

これらのコツを活かして、安く・快適な1人旅をしましょう!

Pocket

人身事故で終電を逃した!そんなときは冷静にタクシー代をもらうべし

Pocket

「終電…なくなっちゃったね。」

男なら生きてるうちに一度は聞いてみたいセリフではありますが、自分が言うとなると話は別です。

終電を、しかも知らないだれかのせいで逃した!とイライラするのもわかります。ただ、冷静に手続きをしたらちゃんと帰宅できる場合があるんです。

「じゃあ、朝までいよっか…(一人で)」と悲しい結末を迎えないためにも、事故で終電を逃した場合はしっかりタクシー代をもらいましょう。

スポンサーリンク

タクシー代をもらうには「代行輸送依頼書」が必要らしい?

ここからは、終電を人身事故で逃してもタクシー代を負担することなく、かつタクシーに乗って家まで帰る方法を説明します。

なんでも、タクシー代をもらうには「代行輸送依頼書」なるものが必要なようで。

必要なもの

駅からのタクシー代をちゃんともらうためには、お金を払って電車に乗ったという証明が必要です。たとえば、以下のようなものが当てはまります。

  • タクシーで帰りたい駅が行き先のきっぷ
  • ICカード(SuicaやICOCAなど)の記録

とにかく、どこかの駅から電車に乗った結果こうなったということを証明する必要があります。

乗車したのが無人駅…なんてイレギュラーな場合は、どうなんですかね。駅名と時間帯をちゃんと言うことができれば大丈夫だとは思いますが。

必要な手続き

で、肝心のタクシー代をもらうために必要なのが「代行輸送依頼書」です。

「代行輸送依頼書」は、必ず駅の改札を出る前にもらいましょう。

そうしなければ、どこかの駅から電車に乗ってきたことを証明しづらくなりますからね。「本当は電車に乗ってないんじゃないですか?乗車を証明できるものを出してください」と言われて困る前に、手続きを済ませてしまいましょう。

「代行輸送依頼書」があれば、無事に帰ることができます。現場はバタバタしているかと思いますが、どうか冷静に対処してください。

実際、そんな依頼書はなかった

で、ここまで説明しておいてアレなんですが、ぼくが実際に人身事故で終電を逃したときには、依頼書なんてものはありませんでした。

ざっくり流れを説明すると、こんな感じ。

  1. 改札を出る前に、同じく終電が消えた人たちの列へ並ぶ
  2. 行き先を駅員さんに説明すると、だいたいの行き先ごとに並ばされる
  3. 4人くらいずつタクシーに乗って輸送される

なんの書類ももらうわけでなく、タクシーで送っていただきました。

こちらとしては、「代行輸送依頼書、見たかったなー…。」という感じ。

行き先を家にすることはできるの?

ケースバイケースではありますが、ぼくの場合はできました。

駅員さんは「駅までしか送れませんので!」とおっしゃってたんです。

が、タクシーの運転手さんは「いやー、タクシーなのに駅までしか送れないって、そんなことあきまへんやろー」と、全員を目的地まで送ってくださいました。

運転手さんがいい人だっただけかもしれませんが、ぼくの場合はいけました、とだけ。

タクシー代はだれが出してくれてるの?

あなたがタダで乗ったタクシーの代金、たぶんすべて人身事故で亡くなったかたの親族が払っているのでしょう。

よく言う「電車に飛び込むとすんごいお金がかかる」理由は、止まった電車に乗っていた人の保証をするためでもあるのです。

身をもって人身事故を体験すると、「絶対に電車を止めるようなことはしたくないな…。」と思いますよ。

焦らず、怒らず、ちゃんと帰ろう

終電ということもあり、よっぱらっている人や疲れている人がそこかしこでイライラしているかもしれません。

実はこの記事を書いているいま、じっさいに終電を人身事故で逃しているんですw

実際、車掌さんに怒鳴っている人や、一人でブツブツ文句を言っている人がちらほらといらっしゃいます。

ただ、イライラしても電車は動きません。冷静に、だれとももめずに、確実に手続きをふんで家に帰りましょう。

Pocket

東京の通勤ラッシュで無駄にしている時間をなくすための方法

Pocket

東京の通勤ラッシュがここまですごいとは思っていませんでした。

人の波に体が持っていかれる感覚、荷物だけならまだしも自分が浮く感覚をはじめて経験しました。

電車に乗っている間はなにもできず、ただただ耐えるのみ。

毎朝の通勤ラッシュで、東京のみなさまはこんなにも時間を無駄しているんですね。

というわけで、まずは東京で1日にムダになっている時間を計算していきます。

スポンサーリンク

1日でムダになっている東京の時間は?

毎朝の通勤ラッシュで無駄にしてしまっている時間を実際に計算してみましょう。

今回は東京都の統計を使用します。

ざっくりと計算方法について説明すると、

  1. 東京都の昼間流入人口のうち6割がラッシュ時に通勤・通学すると仮定
  2. 流入人口の6割に東京に来る人の平均通勤時間をかける
  3. 東京で1日に無駄になっている時間を算出


という具合です。

東京都の昼間流入人口(平成27年3月時点) =2,475,147人

東京都内に勤務するサラリーマンの平均無駄時間(「「通勤」に関する実態調査」 アットホーム株式会社)=約58分

というデータが東京都の統計にありました。

都内に勤務するサラリーマン1人の1日あたり平均無駄時間に関しては便宜上1時間に設定します。

これをもとに計算してみると…

2,475,147人 × 0.6(6割) × 1時間 = 1,485,088.2時間

ここもざっくりと端数を切り捨てると、毎日148万時間もの時間を、東京のみなさまは無駄にしていることがわかります。

これを日数に直してみると61,666日です。

いやいや何日だよという感じですので、これをさらに年数に直してみると約168年になります。

ちなみにこれは1日あたりの無駄な時間です。

いや、これマジ…?

一人あたりが1ヶ月で無駄にする時間

続いて、1ヶ月で一人あたりが無駄にする時間を計算してみます。

こちらは簡単で、1日の通勤・通学時間に1ヶ月の通勤・通学日数をかけるだけです。

仮に土日は休むとして、通勤・通学を約20日することとします。

1時間 × 20日 = 20時間

一人が1ヶ月に無駄にしている時間は、平均20時間となりました。

20時間あればなにができるでしょうか。

たいていのことは習得できるみたいですね。使える時間を増やして実践あるのみです。

時間を無駄にしないための3つの方法

東京の通勤ラッシュでは、時間がたくさん無駄にされていることがわかりました。

では、これまで無駄にしていた時間をなくし、自分の時間にするためにはどうしたらよいでしょうか。

朝の通勤ラッシュの時間を自分のものにできる方法を3つ考えてみました。

1.グリーン車に乗る

もはや、グリーン車に乗ってしまいましょう。

JRの普通列車グリーン車をつかうことで、通勤時間を勉強などの自己投資や仕事の時間として使うことができます。

「普通列車よりお金がかかるじゃないか!」という方に朗報です。

平日の場合、普通列車グリーン車は距離が50キロ以内であれば770円、51キロ以上であれば1,080円で利用することができます。

これが1ヶ月に20日あるとしても、50キロ以内であれば15,400円、51キロ以上であれば21,600円でひと月に20時間を得ることができます。

グリーン車に乗れば、朝の脳が一番活動的な時間帯に、自己投資や仕事をすることができます。

参考程度に申し上げると、東京-大宮(埼玉)間が30キロほどだそうです。

2.長距離バスを利用する

観光などで使われることの多い、長距離バスを利用することも一つの方法として考えられます。

例えば、志木(埼玉)-東京間だと1,030円の長距離バスがあります。

東京まで1時間ほどかかりますが、絶対に座ることができます。

電車と比べてしまうとたしかに500円ほど高いですが、その分時間が生まれます。

いや、1時間を500円で買うんなら、絶対に安いです。

しかも、バスの車内は広く、座れてリラックスできるので、移動後の疲労も電車ほどではありません。

疲労度の違いは当然その後の仕事や勉強の効率にも影響してきます。

1回試しに長距離バス通勤・通学をしてみる価値はありますよ。

3.ラッシュ時をさける

そもそもラッシュ時に通勤しないということも、一つの方法です。

「学校に遅刻しちゃう!」「会社に遅刻するじゃないか!」という方は早起きしてください。「早起きしたら眠いじゃないか!」という方は夜早く寝てください。

「夜早く寝れないんだよ!」というサラリーマンの方、いつも日本を支えていただいてありがとうございます。ぜひグリーン車に乗ってください。

全体でラッシュ時をさけて分散すると、そもそもラッシュというものがなくなります。

また、ぼくはほとんど全ての企業が8~10時の時間帯に始業することが問題だとも思っています。

実現可能かどうかはさておき、お昼から始業する企業や、夜から始業する企業があってもいいのではないでしょうか。

まとめ

今回は通勤時に東京のみなさまが無駄にしている時間を、ざっくりと計算してみました。

とにかく、ものすごい時間を無駄にしていることがわかってしまいましたね。

確かに東京は交通の便もよく、なんでもあって便利な都市です。

しかし、意外に無駄にしている時間が多いのも事実。

無駄な時間を計算してみて、ぼく自身も正直おどろきでしたね。

これは「まだこんなに使える時間がある」と考えることもできます。

時間がなくバタバタしているみなさま、時間は工夫次第で生み出せます。

ぼくもまだ完璧とはいえないので、日々工夫あるのみですね。

Pocket