睡眠

2017年版「くろぽん的 Amazonベストバイ」を発表【買ってよかった】

Pocket

2017年は千葉の金谷という田舎町に引っ越して、そりゃあもうAmazon様のお世話になりまくった1年でした。

Amazonがなかったら、野山で草を食べ、海にもぐって魚をとる生活をしていたと思います。いわゆる原始人ですね。

…さて、年末ということもあり「くろぽん的Amazonベストバイ」をまとめました。(2018/01/04 追記:いつの間にか年が明けてました…おめでとうございます)

「なんでベストなのにたくさんあるの!?1つにしぼれよ!?」

と、鬼の首を取ったように言う人が出てきそうなので予め言っておくと、ベストヒット歌謡祭も1人が歌うわけじゃないじゃないですか。

まぁ、Amazonのベストヒット歌謡祭みたいなもんと思ってお読みいただければと思います(?)

こんな人におすすめなAmazonベストバイになりました。

  • 仕事の生産性を上げたい!効率アップしたい!
  • とにかく時短をしたい!自動化ラブ!
  • がんばった身体をちゃんといたわりたい!

便利なものを買いに買いまくって、生産性を上げに上げまくった1年でしたね。

それではいってみましょう。

スポンサーリンク

生産性をゴリッゴリに上げる系

まずは、生産性をガンガン上げるタイプのベストバイから紹介していきます。

買いもので生産性は上がりますよ、これホント。

バランスボール

バランスボール、まじで集中できます。5000円くらいするヘタなデスクチェアの341834倍よいです。姿勢がよくなるので、呼吸の通りがよくなり、結果として深く集中できるような気がします。

腹筋や背筋などの体幹がきたえられるので、ふだんの生活でも姿勢がよくなるメリットも。しかも、イスよりも圧倒的に安い。1500円くらい。

なので、わざわざ安いイスを買ってる人を見ると

「あぁ、この人はイスにしか座れない人なんだな…かわいそうに…」

と思うようになりました。

詳しくは「作業イスがわりにバランスボールへ座るメリット・デメリット」をチェケラ。

※買うときには自分にあったサイズを選んでください。

ブックスタンド

ブックスタンドというとカッコイイですが、いわゆる本立てです。コードを勉強するときに「技術書を見ながらコードを書く」みたいなことをよくやるので、買いました。

本を

  • あるページを開いたまま
  • いい感じの角度に調整して
  • いっさい手を触れることなく読める

ので、その快適さたるや。今までヒジで本のページを押さえながらコードを書いていたのが最高にバカらしくなりました。

学生のころにこれを知っていれば…と後悔した逸品でもあります。

無塩ミックスナッツ

「生産性アップのベストバイなのに、なんでミックスナッツが入ってんだよ。おつまみかよ。」

と思った方。いやいや、これがまた生産性あがるんですって。

食べ方としては、おやつの代わりに食べるだけ。ですが、集中力をキープできるんです。なんちゃら脂肪酸みたいなのが入ってるらしい。

そこよりもぼくは「GI値が低い」ポイントに注目してまして。カンタンに言えば、ナッツをお菓子の代わりに食べると血糖値を一定にキープできるんですよ。

お菓子って砂糖と油と炭水化物の塊じゃないですか。まあ、だからウマイんですけども。

とはいえ、集中力が下がっては仕事にならないので、ナッツを取り入れているわけです。ふつうにおいしいですし、1回買ったらハマるはず。

食事と集中力の関係をもっと知りたい方は『集中力をアップさせる!「昼ごはんだけ低糖質」のススメ』もチェックしてみてください。

メタルフィルター(コーヒーを淹れるやつ)

アメリカに行ってからコーヒーにハマってしまいまして。「どうせ飲むならおいしいコーヒーを!」と持病の凝り性を発症したため、メタルフィルターを買いました。

こいつは簡単に言えば、金属でできたコーヒーのフィルターです。なので、洗って再利用できます。エコか。

それだけじゃなく、コーヒーの香りやコクを左右する「油分」を引き出すことができます。言いたいことは山ほどあるのですが、めちゃめちゃ省略すると、くろぽん好みのウマいコーヒーが入れられるシロモノです。

よくコーヒーを飲む方で「紙のフィルターって使い捨てだけどもったいないよな…」と思っている方はぜひ。手入れも水でジャバっと洗えばだいたいOKなので、そこまで手間はありません。

強めの炭酸水

もはや部屋の冷蔵庫に常備しています。強めの炭酸水、グッドですよ。

パソコンで作業していると、「なんとなくスッキリする飲み物」が飲みたくなるんですよね。

でもね、なんとなくスッキリすればいいんですよ。カフェインが入ったエナジードリンクじゃなくていいし、炭酸のジュースである必要はまったくないのです。

というときに、ありがたいのが炭酸水。余計なものが入っておらず、なんとなくスッキリします。「ただのシュワっとする水」ですが、それがいいんですよ。

身体をやさしくケアする系

お次は、身体をやさしくケアする系のベストバイをご紹介します。いい仕事をするには、身体のケアが必須ですからね。

電動ひげそり

突然のカミングアウトで恐縮ですが、今までぼくはヒゲをカミソリでそっていました。もともとヒゲがそんなに生えないタイプで、3日に1回もそればOK。

ですが、ある日ぼくは気づいてしまいました。「あれ?カミソリでヒゲをそるのって時間のムダじゃね?」と。

顔にジェルや石けんをつけ、ヒゲをそり、カミソリを洗い、顔を洗い、タオルでふく。…えー、ムダじゃん。

というわけで買ったのが、電動ひげそりです。そんなにヒゲも生えないことですし、コンパクトで安いものを買いました。

おかげでひげそりの時間が「3分→1分」に!67%カットですよ。時短です。最高。

電動の歯ブラシ

電動シリーズ第2弾!電動の歯ブラシです。ぼくはフィリップスの5,000円くらいのやつを使っています。

電動の歯ブラシって値段がピンキリなんですよね。ぼくも最初まよったんです。

が、ぼくの場合は「スピーディに歯をみがく」のが目的なので、余計な機能はいらないなと思って安いモデルを買いました。1つだけあるボタンを押してヴィーンと2分みがくだけで、ツルピカになります。

以前までは5分くらい歯みがきしていたので、60%の時短です。日々くり返すことが時短できると、インパクトは大きい気がします。

ホワイトニングできる歯みがき粉

フリーランスは歯が命ということで(?)、歯をホワイトニングしてくれる歯みがき粉も買いました。2,000円くらいするのですが、そもそも小指の先っちょくらいしか一度に使わないので、半年はもつはず。

実際、歯の明るさが変わりました。便器みたい…とは言いませんが、確かに白くなりましたね。

人間、第一印象がだいじですからね。これで仕事の一つでもとってこようものなら一瞬で元をとれます。

ひとみストレッチ目薬

パソコンとにらめっこする仕事をしているので、どうしても目に疲れがたまります。なので、アイケア製品は生活にかかせません。

こちらのひとみストレッチ目薬は、その名の通りひとみのストレッチをしてくれるシロモノです。さした瞬間に目がグイーッとストレッチするのがわかるんですよ!

後述するホットアイマスクと組みあわせると、その効果は倍増します。目の周りの筋肉がほぐれると安眠にもつながるので、パソコンやスマホの見すぎで眠りが浅くなる前に持っておきたいですね。

あずきのチカラ(ホットアイマスク)

はい、これベスト・オブ・ベスト。と言っても過言ではないのが、あずきのチカラです。中にアズキが入ってて、レンジでチンするとホットアイマスクになります。

凝り固まった目のまわりをじんわり温めてくれるので、日々の疲れが回復します。もうね、「回復」がここまで似合うアイマスクないですよ。

さらに、何度も使えて経済的&エコなのもポイント。公式によると250回は使えるそうなので、「754円 ÷ 250回 = 1回あたり約3円」です。圧倒的コスパも魅力…!

眠りを極める系

眠りを極めるものは人生を制す、というわけで次は眠りを極める系をご紹介します。ベッドや枕系には手を出さず、手軽なものを買った1年でした。

カフェインレスコーヒー

「コーヒーを飲みたいんだけど、夜だしカフェインが気になるな…」

と思うことが何度かあり、カフェインレスコーヒーを買ったんですよね。

ふつうのコーヒーと比べて味が落ちると言いますが、ぼくに言わせれば試行回数が少なすぎます。甘いぞ、と。

10種類以上ためしました。中でも一番おいしかったのが、小川珈琲のカフェインレスブレンドです。

先述のメタルフィルターで淹れたところ、まあこれがおいしいのなんの。ちと高いのが難点ですが、コーヒーを飲みたい特別な夜にどうぞ。

「ドリップはさすがにめんどくさいけど、おいしいコーヒーは飲みたい!」というワガママなあなたには、マウントハーゲンがおすすめです。こちらはかなりおいしいインスタントコーヒーで、当然カフェインレス。

カモミールティー

どんなに寝れない夜でも、カモミールティーがあればイチコロです。身体があたたまる感じがするんですよね。

もし牛乳があるなら、ホットミルクで淹れた「カモミールミルク」がマジでおすすめです。もはや、リラックスの限界突破。

妊娠中のかたは控えるべきハーブティらしいので、その点は注意ですね。

耳栓

シェアハウス暮らしということもあり、家の中が1日中バタバタとしております。早起きしたら今から寝る住人とバッタリ、なんてことも。

そんな生活に欠かせないのが、耳栓です。静けさだいじ。

「オレってうるさいところでも寝れるんだよね〜」と思っている方もいるかもしれませんが、確実に睡眠の質は落ちています。Fitbitで測っているので、これは間違いない情報。

Fitbit Alta HR

この1年で健康オタクになったこともあり、Fitbitはもはや生活必需品になりました。

  • 睡眠時間を自動で測ってくれる
  • 運動の強度を自動で測ってくれる
  • 食事の記録もできる

など、日々の活動をほぼ自動で記録してくれます。あとは血糖値を測ってくれたらカンペキなんですけどね…。

自分だけのパーソナルトレーナーだと思えば、そのコスパは計り知れません。健康はお金で買えます。

もっと詳しく知りたいかたは「[レビュー]Fitbit Alta HRをつけて、自動でカラダを管理してます。」をご一読ください!

時間が増えるモノを買いまくった1年でした

てなわけで、2017年のくろぽん的Amazonベストバイをご紹介しました。

あらためてご紹介したベストバイをおさらいすると

【生産性をゴリッゴリに上げる系】

【身体をやさしくケアする系】

【眠りを極める系】

でした。

仕事の優先順位がかなり高い位置にあった1年でしたね。

「時間よ増えろ〜!」と思いながら、時短にまつわるものを買っていました。体調をキープすることも効率を上げるための手段ですからね。

大事なことに時間を使えるようにするためにも、ご紹介したベストバイから試してみると幸せになれますよ。

Pocket

フリーランス必見!メンタルに安定感を出すためのヒケツを教える

Pocket

メンタルがブレまくっているフリーランスのみなさん、こんにちは。

個人で仕事をしていると、

  • 永遠にひとりで仕事
  • 〆切に追われて深夜のデスマーチ
  • 収入が不安定っちゃ不安定

てな感じで、メンタルがブレやすいんですよね。

ぼくも「なんだかよくわからないけど、やる気が全然ない…」となることもたまにありました。が、いろいろと試した結果バツグンに安定感が出てきました。

おかけでコンスタントに成果が上がりつつあります。ちなみに、10月は59万円かせぎました。

そこで今回は、新卒で50万円以上かせぐフリーランスが、ブレないヒケツを5つお伝えします。ふだんからメンタルが不安定で、コンスタントに成果が出ない…というかたはお試しあれ。

スポンサーリンク

自分をブラさないために大切な5つのこと

さっそくですが、ブレないためのヒケツを

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の順に5つお伝えします。それでは、いってみましょう。

1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ

メンタルがぶれているときって、だいたいフィジカルがぶれているんですよ。

なので、健康を徹底的に管理するのがなによりも大事です。

例えば、昼ごはんを低糖質(ロカボ)にしてみたりパソコンやスマホで疲れた目をこれでもかとケアしてみたりバランスボールに座って作業してみたり

ありとあらゆる面から健康になるような環境を整えました。

そうそう、睡眠と運動はFitBitをつけて自動で管理しています。つけているだけなので、忘れてました。

健康オタク…になる必要はないかもしれませんが、とはいえある程度のお金は突っ込んで損はしません。

2. 生活にルーティンを作る

ひと昔前にちょっと流行りましたよね。ほら、だれでしたっけ。一郎丸、二郎丸、三郎丸…うーんと忘れました。

まあ、その五郎丸さんがやっていたポーズがルーティン(お決まりの手順みたいなもの)です。

で、日々の生活で五郎丸ポーズをしろ…というわけではなく、お決まりの手順を作る必要がありますよ、と。

ぼくの場合だと、朝にやることと夜にやることをルーティン化しています。

別に特別なことする必要はないんですよ。歯をみがいて、顔を洗って…みたいなことの順番を決めるんです。

するとあら不思議。「いつもの自分」がどこかからやってきます。

また、ルーティンを作ると考えなくてもよいってのも大きなメリットです。考える間もなく身体が勝手に動き出したら、ルーティンの構築は成功ですね。

3. 大事なこと以外に気を使わない

人間ってほっとくといろんなところに気が散っちゃうんですよね。SNSやらテレビやら。

そして気がついたら「ああ!アレもしなきゃ!コレもあった!…」みたいな。

そんなときは「これって本当に全部やる必要あんの?」と自分にいちど聞いてみてください。別にそこまで大切じゃなかったことも、なんならたっぷりあるはずです。

ぼくはこちらの『DEEP WORK』を読んでから、かなりやることが減りました。

科学データをもとに書かれた本で、全てにちゃんと根拠があるんですよね。

やるべきことがシンプルに整理できて、心がスッキリします。

4. 自分の世界への入り口を広くつくる

自分の世界をちゃんと保って、入りたいときに入れるようにしておくとメンタルって安定します。

なので、自分の世界に入るための方法をたくさんもっておきましょう。

  • 瞑想
  • コーヒーを淹れる
  • ランニングする

など、自分に集中するツールを用意しておきます。

ルーティンをつくるのとちょっと似ているかもしれませんね。

5. 環境をうまく使う

メンタルがブレるときって、環境がブレていたりします。ぼくの場合だと

  • 暑い・寒い
  • 混んでいる
  • うるさい

てな感じの場所はよくないです。気が散ってメンタルがブレます。

環境を変えるか、もしくは「集中しなければならない作業ではなく、淡々とやる作業」のようにやることを変えましょう。

「ここならいつでも集中できる」という場所を持っておくの、おすすめです。自室はキレイに保つべきですね。

補足:たまにブラして、戻す

やっぱり人間ですから、淡々とやってると飽きてくるものです。そんなときは環境をガラッと変えて、そこから戻してみましょう。

参考:いざアメリカへ。「ビール・コーヒー・場づくり」を見てきます。

わざとブラすことで気分のリフレッシュになりますし、ふだんの環境にある問題点が見えることもあります。

ブラして戻し、またブラしては戻し…というサイクルを経て、よりベストな状態に向かっていくイメージです。

生活に問題があるわけじゃないけど、なんだか気分が乗らないときにおすすめ。

自分のなかにメンタルの軸をつくる

ブリーランスとして1人で活動していてもブレないためのヒケツとして、

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の5つを紹介しました。

メンタルをぶらさないためには、できるだけ管理する要素をしぼるのが大切です。

あれもこれも…となる気持ちもわかりますが、軸を1本つくりましょう。

まずは「毎日おなじ時間に起きる」レベルでいいので、日々のちょっとした習慣づくりからはじめてみてくださいね。

生産性アップについて、もっと知りたいかたは「[随時更新]徹底的に生産性を上げるための戦略ノートをどうぞ。

Pocket

1年間JINSのPCメガネでブルーライトをカットしまくった結果

Pocket

気がつけば、JINSのPCメガネをかけ始めて1年以上たっていました。

もともと裸眼だったのでメガネには抵抗があったのですが、ようやく慣れましたね。

そして、PCメガネのよさも実感できています。

半年以上ブルーライトをカットしまくると、

  • 目の疲れにくさ
  • 眠りのつきやすさ
  • 集中力の続きやすさ

で明らかに裸眼と違うなと感じますよ。

「毎日パソコン・スマホを使いすぎて、目の奥がバキバキ…」

というかたは、一度ためしてみる価値はあります。

スポンサーリンク

ぼくのブルーライト生活を大公開!

ぼくのふだんの生活はもはやブルーライトとは切っても切れないものです。

具体的には以下のような感じ。

  • 毎日8時間はパソコンとにらめっこ
  • パソコンを見ていない時間はスマホとにらめっこ
  • ほぼ徹夜でパソコンと向き合う日も
  • ふだんは裸眼で視力は0.7くらい
  • 乱視とかもなし
  • 目の病気もなし

目に関しては基本的に健康なのですが、なにせ起きてから寝るまで画面を見っぱなし。

正直なところ、目はかなりこき使っていますね…。

ただ、今って画面を見てばかりの生活を送っている方も多いはず。

どこにいてもスマホしか見てない人とかいますもんね。

全然人のことは言えませんが…。

JINSのPCメガネでなんとか目を守れています

これだけブルーライトを浴びっぱなしの生活が目にいいわけがありません。というか、目にとって最悪では?

それでもPCメガネをかけているので、なんとか目を守れている実感があります。こんな感じ。

スクリーンショット 2016-08-16 20.33.11

効果なし!という人もいますが、ふだんからブルーライトをそこまで浴びていないのでしょう。

毎日ドッバドバにブルーライトを受けているぼくが実際にかけて効果があったので、多少なりとも違いはあります。

PC眼鏡は度なしなら3000円くらいで買えますので、お試しで買っても失敗できる値段です。

PCメガネで感じた4つのメリット

PC眼鏡をかけてみて感じたメリットは

  1. 肩まわりがバキバキにこらなくなった
  2. 寝つきがよくなった
  3. 熟睡できるようになった
  4. 目に入る光が少なくなるからか、なんとなく落ち着く

という感じ。

補足:JINSのPCメガネは紫外線もカットしてくれます


JINSのPCメガネはブルーライトだけでなく、UVカットもしてくれます。

その効果はなんと帽子の4倍以上。びっくり。

「紫外線が目になんの影響があるの…?」

と、ぼくも思っていたのですが、角膜炎・白内障など目の病気につながることもあるようです。

PCメガネはパソコン・スマホを使うとき以外にも役立つんですね…!

PCメガネのデメリットは「眠くなるところ」

PCメガネはブルーライトを防いでくれる効果がありますが、それが悪い影響をあたえることも。

何かというと、すごく眠くなるんです。特に午後とか。

ブルーライトには人を覚せいさせる効果があるので、それをカットすることで眠くなるというわけです。

それを逆手にとって、目を覚ましたいときにPCメガネを外す方法はおすすめ。地味に5つ目のメリットかも。

自分の調子にあわせてPCメガネをうまく使うとよさそうです。

ちなみに、100均とかで売っているものだと逆に視力低下を招くこともあるようなので、お気をつけて。

目は1度わるくなるとなかなか戻しにくいので、健康的に保ちたいですね。

ブルーライトだらけの現代人はPCメガネが必須!

みなさんも気づかないうちに、ブルーライトを浴びています。

スマホやパソコンをさわるときにPCメガネをしておけば、

  1. 肩まわりがバキバキにこらなくなった
  2. 寝つきがよくなった
  3. 熟睡できるようになった
  4. 目に入る光が少なくなるからか、なんとなく落ち着く

というメリットがありますよ。

場合によっては眠くなるデメリットもありますが、そんなときは外したら問題なし。

ZOFF(ゾフ)や眼鏡市場とも比較しましたが、評判はJINSが一番よいです。

しかもメガネケースつき。

もしJINSを安く買いたいなら半期に一度だけセールがあります。そのタイミングを狙うのもよいかもですね。

とはいえ、そこまで高い買いものではないので、

  • 試しに買ってみて気に入ったら2本目をセールで買う

みたいなのもGOOD。

全国で300以上の店舗数があるので、いちど試してから買いたいかたはお店へどうぞ。

「近くにお店ないし、ネットでもいいか」というかたはここからお気に入りのPCメガネを探してみてください。

>>JINS SCREEN

Pocket

エナジードリンクに頼らない!代わりに飲んでいるモノを紹介します

Pocket

「エナジードリンクをやめたいけど、なんか代わりのものがないと…」

と思っている方に向けて記事を書きました。

ツバサをさずかるものや、怪物みたいな名前のものまで、その種類はさまざまあるエナジードリンク。

飲み方もただそのまま飲むというだけではなく、スポーツドリンクにまぜたり、お酒にまぜたりと、さまざまです。スカッとする味と元気が出る感じがクセになります。

とはいえ、身体に悪いとは聞きますし、シンプルに値段が高いですよね。なので、ぼくはもうエナジードリンクを飲まなくなりました。

代わりに、とにかく生活リズムを崩さないようにして、別の飲み物を飲むようにしたら、

  • お金を節約できる
  • 健康にもよい
  • 健康への意識も高くなる

というメリットが。

エナジードリンクの飲みすぎで悩んでいるかたは、ぜひご一読ください!

スポンサーリンク

エナジードリンクを飲むべきではない理由3つ

ここからは、ぼくがエナジードリンクを飲むべきではないと思う理由を

  1. 値段が高すぎる!お金で不健康を買うなんて…
  2. 種類が多くなりすぎて、わけがわからない!
  3. 効果あるかもよくわからない!

の順にご説明します。ぶっちゃけ、エナジードリンクなんて「高いだけのジュース」ですよ…。さて、では詳しく見ていきましょう。

1. 値段が高すぎる!お金で不健康を買うなんて…

エナジードリンクの問題点といえば、まず何よりも値段です。前まではエナジードリンクを常用していたのですが、節約志向になったからか1本200円以上するものを気軽に飲めなくなりました。

ふだんの生活では、1食に200円以上はかけない(ランチで110円のカップめんと120円のカップめんを真剣に悩む)ので、200円もする飲みものとか悩むまでもなく買いません。

むかしは、「時間を200円で買っている」という思考で飲んでいましたが、エナジードリンクなんか飲まずに寝たほうがよいです。なんならそのほうが効率が良くて、かえって時間の節約になるという。

栄養ドリンクって意外とコスパよくないですよ…。

2. 種類が多くなりすぎて、わけがわからない!

ちょっと前までは「エナジードリンクといえばツバサをさずかるアレ!」と思っていましたが、いまやエナジードリンクといえど種類はさまざまです。まさにエナジードリンク戦国時代。

お酒と同じで原価が安い飲みものなんでしょうね。要するに儲かる飲みものというわけです。お金のニオイがする…!

かといってパッケージ以外に違うところがあるかというと、そうでもないような。そして、どうやって選べばいいのかわからなくなってやめました。

エナジードリンクを選ぶための時間がもったいなくなったというわけです。

3. 効果あるかもよくわからない!

やめてみて気づいたのですが、ぶっちゃけ飲んでも飲まなくてもあまり変わらないです。もはや気の持ちよう?

とはいえ、エナジードリンクを飲むと、いったんは砂糖とカフェインの効果で集中力が上がるようです。が、そのあとガクンと下がるそうですね。プラマイゼロ、むしろマイナスです。

ビタミンも入っているっちゃ入ってるようですが、量や吸収率を考えると「野菜でも食べておけばいいじゃん、安いし」という印象。

ぶっちゃけ、エナジードリンクに200円払ってなにしてんだろ…って感じですよね。


「時間を買う」感覚でエナジードリンクを買っていたぼくにとって、エナジードリンクが時間を生み出さないと分かれば、それは必要ないものだったのです。

「味が好きで飲んでいる」という方はよいと思います。しかし、「これからふんばりどきだから飲む!」という方は考え直したほうがよさそうです。

「よく食べてよく寝る」が最強

結局、最強なのはよく食べてよく寝ることなんですよね。

食生活と生活リズムを崩さないように気を配ることが、結局は一番健康的です。自炊すれば食費も節約できますし、まさに一石二鳥です。

野菜を中心に、肉も魚も乳製品も豆類も、バランスよく取るようにしています。何気でこれが一番調子よくなりますよ。エナジードリンクを飲むよりも、栄養のあるものを買ったほうがよいです。

最近はエナジードリンクよりも出汁にハマってます。出汁をちょっとゼイタクにするとホントに多幸感につつまれます。日本人でよかった…!

「千代の一番」がベストオブ出汁ですね。出汁に使うのはもちろん、袋を開けてふりかけ(!)にしても美味しいんですよね。出汁の世界にいらっしゃいませ。

また、ぼくはエナジードリンクの代わりに、

  • 野菜ジュース:糖分に注意だが、栄養面では圧倒的に優秀
  • ハーブティー:ペパーミントティーで集中力アップ
  • 甘酒:「飲む点滴」とまで呼ばれる天然の栄養ドリンク

も飲んでいます。人工物ではなく、自然のパワーをいただきながら暮らすのがベストなのでは…と思っています。

エナジードリンクみたいな「飲むだけでたちどころに元気!」というたぐいのものは、結局どこかでしわ寄せがきます。日々の習慣を積み重ねて、コツコツ健康になるのが一番ですね。

休日が続くとなにかとリズムを崩しがちですが、平日に戻ったときにつらくてエナジードリンクを飲むことがないようにしたいものです。

Pocket