新卒フリーランス

2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指します。

Pocket

  • 今年は月◯◯万円かせぐ!
  • 海外へ移住する2018年にする!
  • やせてキレイになる!

など、年初らしく意識のアルプス山脈が立ち並ぶなか、

「2018年どーしよっかなー」

と思っている方、こんにちは。ぼくも2018年をどうするか決めるのに、意外と時間がかかっちゃいました。

というのも、仕事に追いかけ回されていた日々でして。自分のことを広くながめてなかったんですよね。それが年末年始で少しは余裕が出てきまして、長い目で見るチャンスができました。

んで、『そうだ、2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指そう』と思い立った次第であります。

スポンサーリンク

「自分がすでにできること」は誰かにまかせる

「新卒ぶぜいが1年たらずで集めた方法論に、価値なんて1ミリもないよなぁ」

と思っていたのですが、「すごい!」と思ってもらえることもあるとわかりました。具体的には、タスクや健康の管理、サイト制作やライティングのスキルなどです。

未完成であることを自覚しているからこそ、自分の全てを疑ってガンガン改善できたのかなと思っています。(というか、単純にオタクなんですよね。やるからには極める、的な。)

で、話を戻しますと、自分ができるようになったことは他の人に教えてやってもらいたいのです。ただ、会社を作るとかそういう話ではなく、現時点ではフリーランスどうしでゆるいチームを作れたらなと思っています。

もちろん「ゆるゆるダラダラやろうぜ」という話では一切ありません。

「いくつのチームを行き来できるレベルの依存度」という意味で”ゆるいチーム”という言葉を使っています。むやみやたらにチームをデカくしてもしょうがないので、最小限で最大の成果を出せる形を見つけられたらうれしいですね。

ちょっとした予想:複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増える

あくまで個人的な予想ですが、複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増えるんじゃないかなと思ってまして。言い方をわきまえずに言うと、コミュニティの使い分けが出てくる(というか、出てきている)と思うのです。

フリーランスって、仕事のコミュニティがほしいんですよね。1人で仕事するのが寂しかったり、仕事をシェアしたかったりと、理由はさまざま。しかしながら、今まではフリーランス自体が少なくてコミュニティができにくかったのです。

が、最近フリーランスが増えていることで、徐々にフリーランスのコミュニティが増えてくるんじゃないかなと思っています。

身近なところでいくと、ぼくが住んでいるまるも周辺にはPont!(ポント)というフリーランスコミュニティがありまして。入ったり運営したりしているわけではないので詳しくはわかりませんが、Pont!公式ページから引用すると

Pont!とはフリーランス向けのコミュニティです。

普段ひとりで仕事をしているフリーランスが集まり、気軽に相談できたり、案件の共有ができるコミュニティです。

とのこと。

近くで見ていて「いい感じのコミュニティだなー」とは思いますが、単一のコミュニティに属するのってリスキーだとも思っています。(というか、なににしろ「単一であること」はリスキーだと思っています。単一民族国家に住んでるというブーメランは無視しましょう。)

で、「純粋なフリーランスコミュニティってまだまだ少ないし、コミュニティはいろいろあったほうがいいよね」と考えて”ゆるいチーム”を作ろうと思ったわけです。

目指すのは時給1万円

で、チームを作りながら自分の価値をガンガンに上げたいとも思っていまして。定量的な目標として「時給1万円」を掲げています。ちなみに今は5000円くらいです。

昨年は「新卒でフリーランスでも稼げることを証明してやるよ!」と思って、体力と物量のかぎりを尽くして勝負していました。ただ、それって学生のときとやり方が変わらないんですよね。

いくら効率化したところで、結局は24時間のあいだでの効率アップでしかないんです。ガリッガリに効率よくしても、どこかで限界にぶち当たります。

仕事ばかりでインプットや考えを深める時間が少ないと感じていたこともあり、時間あたりの単価をガンガン上げようと思った次第です。

大事なのは「お金を稼いだ先に何があるか」

やれば稼げることは昨年で証明したと思ってて、次は稼いだお金をどう使うか考える段階かなと。

痛感しているのですが、お金って稼ぐよりも使うほうにセンスがいるんですよね。

「酒!女!高級車!タワマン!」

みたいにあぶく銭として使っても、あんまり意味ないですし、センスもない(興味もない…)

なので、今後は

  • かける時間を減らし、かせぐお金を増やす
  • つかうお金を減らし、かせぐお金を増やす

みたいな考え方で時間とお金をかせぎながら、新しい事業に手をだすのが楽しそうかなと思っています。ひとまずは、AIがほぼ自動で運用してくれる投資サービスをはじめました。

なんとなくですが「自給自足で生活コストを限りなくゼロに近づけて、仕事ではガンガンにかせぐ」みたいなライフスタイルが最強なんじゃないかと。やりたいことはまだまだ増えるばかりですね…!

ものづくり系とか、食べもの系とか、アート系とか、いろいろと興味は広がるばかりでありまして、ネット以外のこともやってみたいなと企んでいたりします。たぶん直近でやることはなさそうですが。

ひとまずはその一歩目として『”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指す』1年にしようと思ったわけであります。

さて、あなたは2018年をどんな1年にしたいですか?ちょっと時間をとって考えるだけでも、意外とアイデアが浮かぶものですよ。

Pocket

2017年は「広がった」年でした。ざっくり振り返ります。

Pocket

こんなときしか振り返らない…わけじゃないのでやるか迷ったのですが、やっておきます。

「2017年はどんな年でしたか?」

と聞かれることが多い時期になってきました。一言で言うと、一言で言うのが難しい年でしたね。なんと言えばいいのかわからないし、一言で言えていない。

なので、タイトルの「広がった」年みたいな、かなーりぼんやりした言葉じゃないと言い表せないんですよね。

なにがどう広がったのか、以下で詳しくお伝えしています。まずは2017年をざっくり振り返るところからいってみましょう。

まずは、2017年を3ヶ月ごとに振り返ってみる

ひとまず、2017年を3ヶ月ごとに振り返ってみます。ざっくりとした1年の総まとめですね。

1〜3月

1〜3月は、まだ大学生でした。我ながらびっくらですよ、ホント。

「大阪でしかやれないことをやっておかなきゃ!」と思って大阪じゅうの名店を飲み歩いていた気がします。

とはいえ、よくよく考えるとふつうに仕事もしてました。大学卒業してからフリーランスをはじめたと思っているかたもいるかもしれませんが、実は学生のころからボチボチやっていたのです。

んで、ミャンマー行きましたね。卒業旅行で。

「ハァ〜?卒業旅行はヨーロッパァ?台湾ンン?…男は黙ってミャンマーだ!」

と思ったかどうかは忘れましたが、ミャンマーを楽しんでました。いい国だったなぁ…。

関連:卒業旅行はミャンマーとタイに行きます。2週間ほどです。
関連:地球の歩き方にはのってない!ミャンマーの田舎「パアン」が秘境すぎた

4〜6月

ハイ、大学を卒業して社会に出ました新卒です。フリーランスです。「今年は絶対に稼いでやる」と思っていたので、ひたすらパソコンと向き合ってウーウー言ってました。

結果、独立から3ヶ月目で月収50万円を達成。「あれま、お金かせいじゃった」とゾクゾクしたのを覚えています。

田舎フリーランス養成講座の講師もしてました。23歳が偉そうにWebサイトの作り方やフリーランス論、タスク管理などについて話していました。

このころから「もはや年齢なんて関係ないのでは?」と思いはじめました。誰しも自分のペースがあるんですよね。(と、考えると「人生のイベントは誰しも同じタイミングで味わうべき」なんて考えは、なんとなくセンスないなと。あえて例は出しませんが…。)

7〜9月

夏まっ盛り!なんてことはそっちのけで、パソコンに向き合っていました。ちょうどこのころ、仕事が伸び悩んでいた気がします。収益も、仕事も、なんとなーく停滞モードな3ヶ月でした。

いま日報とかを振り返ったのですが、時間の使い方が下手でしたね。もっと色々やれたなぁ、と後悔。

あっ、そうそう。虫たべてましたね。夏ですし。当時まるもに住んでいた料理人のかたに「虫と日本酒のマリアージュを」とお願いして、イベントを開催しました。

しかも、ハチミツの採集もやってたという。夏らしく、虫と戯れた3ヶ月だったように思います。

10〜12月

で、どったばたの終盤です。まず手始めに、アメリカへ2週間。海外ノマドの実験をしつつ、いろんなことを感じた滞在でした。

関連:【レポ】まもなく日本上陸!コワーキングスペース「WeWork」を体験しました。
関連:スルメ的まちづくり!ポートランドの魅力を語ろう

このころに資産運用もおっぱじめてますね。放置してるだけですが、ジワジワ増えてます。来年はもう少し本格的にやりたいところ。

んで、収益がのぼりはじめた時期でもありました。ということは、仕事が増えたということを意味してましてですね。

その結果「分きざみのスケジュールなんて、やるもんじゃないな…」と思いました。渋谷のビルをすり抜けながらダッシュするのは、もうゴメンですね…。

なにがどう「広がった」のか

「で、なにがとう『広がった』のさ?」

と思っている方にポイントをしぼってお伝えすると、

  1. できることの幅が広がった
  2. 選択肢の幅が広がった
  3. 自分の考え方が広がった

の3つです。詳しくは以下をどうぞ。

1. できることの幅が広がった

いわば新卒1年目なので「そりゃそうでしょ」という感じではありますが。できることはたくさん増えましたね。

  • 人に教える
  • 仕事をとる
  • 投資をする

など、やったことないことをやりまくった1年。時間のある限り手と頭を動かして、できることを増やしていました。

それもこれも、まるもにいるおかげだなぁと思っています。いろんな人が来て、いろんなことを教えてくれるんですよね。

2. 選択肢の幅が広がった

起業家、旅人、カメラマン、料理人、会社員、栄養士、翻訳者、ライター、プログラマ、ブロガー、占い師、マンガ家、グラビアアイドル、忍者、発明家…など、よく胸焼けしなかったなと思うほどいろんな人に出会った1年でした。

そして、いろんな選択肢に出会った1年でした。みんなシッチャカメッチャカなんですもの。

「あっ、そんなこともできるんだ。」とハッとする瞬間が何度あったことか。もうね、( ゚д゚)ハッ!( ゚д゚)ハッ!( ゚д゚)ハッ!ですよ(?)。

3. 自分の考え方が広がった

で、自分の考え方も広がりました。やれることも、やっていいことも、自分の思っていた以上にたくさんありましたね。

なにより「オレがお前ならこうする」みたいに言ってくれる方がたくさんいて、「おっ、そんなこともできるのか」と思うこともしばしば。

いろんな人と一緒に暮らしていることもあって、自分のほかにも脳みそがあるイメージ。考えを借りてきて、自分に活かすことも多かったです。ありがたや。

いろんな人からお世話になって、成長した1年でした

改めて振り返ると「返しきれないよな、これ」と悩むほど、いろんな方からお世話になった1年でした。そして、自分を成長させることができた1年でもありました。

かと思えば、プライベートも充実していて。楽しすぎて光陰矢の如しとはまさにこのことといった印象です。

いい1年になったなぁ…とほっこりする間もなく来年が来て仕事がはじまるわけですが、つかの間の休みに振り返りや計画を考えたいところ。

あなたの1年はどんな1年でしたか?

ps.実は2017年の目標をちゃんと達成してます

オマケコーナーです。

まだちゃんと記事を書けていないのですが、実は2017年の目標を達成していまして。12月は100万円以上の売上になりました。我ながらブチ抜けましたね…!

それもこれも始まりは田舎フリーランス養成講座を受けて、新卒でまるもを選んだからだなぁ、と思っています。実家でやってても、これはさすがに不可能でした。

お金をかせぐのも適性が必要だと思います。が、「稼いでやるぜ!」と息巻いているフリーランスは、いちど田舎フリーランス養成講座を受けてみてはいかがでしょうか。

>>田舎フリーランス養成講座をチェックしてみる

Pocket

8月の売上は42万円でした。まだまだイケるぞ

Pocket

9月が終わる前に8月の収益報告をねじ込んでおきます。

ドカンと大きな案件が入り、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った8月でした。

7月のときも同じようなことを言ってます。

関連:収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

ライティングでベースとなるお金を稼げているので、安定感はあります。

そこにサイト制作でガッツリ乗せるイメージ。

崩壊しかけていたタスク管理も復活して、いい感じでございます。

てなかんじで、8月の収益報告いってみましょう。

スポンサーリンク

40万円台まで復活しました

実をいうと、7月はフリーランスになってはじめて収益が下がった月でした。

「直近のお金がない!」というわけではないので焦らずに過ごせましたが、やっぱり稼がないと不安だなと。

タスク管理や日々の生活リズムなど、ベースから見直した1ヶ月でした。

1ヶ月の半分くらいは大阪や福井にいつつも、しっかりと稼げたのはGOODですね。

ただし、バタつきがちでして。この収益報告も9月下旬になってようやく書いております。

内訳もどうぞ

だいたいの内訳です。

  • サイト制作:32.5万円
  • ライティング:9万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作がドッカンとのっかっています。

ライティングが減り始めたのですが、サイト制作のほうをもうちょい強くしていこうかなと。

ブログは引き続きリライトしております。伸びてくれ〜。

今後の課題

これからやるべきことは

  • デザインの力をつける
  • スピードをアップする
  • 新たな収益源をつくる

の3つですね。

デザインの力をつける

実は、今まではサイトのコーディングを担当していることがほとんどでした。

カンタンに言うと

  1. 誰かがつくったデザインのデータをもらう
  2. そのデータ通りにコードを書く
  3. できあがったものをお客さんに送る

という仕事の流れでした。

が、デザインもまるっと受けられるとよいなと。

元から興味もありましたし、そんなにニガテではないはず。

まずは身近なデザインから…ということで名刺を(やっと)作りました。

要相談ですが、実績を作る意味でも今だけお安くデザインしようかなとも思っています。

「ちょっと気になる…!」というかたがもしいらっしゃれば、お問い合わせフォームからどうぞ。

スピードをアップする

もっと作業のスピードが上がらんもんかねぇ、と悩み中。

今までも、Vimiumなり、GoogleIMEなりと、ツールを導入してきました。

関連:ネットサーフィンを効率化したいなら、Chromeの拡張機能「Vimium」だよ

関連:タイピングを速くしたいなら「Google日本語入力」がオススメな理由

タイピングもかなり早くなりましたが、もっと早くなれるぞと思っています。

キーボードを叩きまくる以外の方法がないものですかね…。日々精進、という感じ。

ブログエディタも悩んでおりまして。MarsEditってどうなんだろうなぁ…と思っています。

4,000円くらいするのでためらっているのですが、効率が著しく上がるならいいなぁと。

誰か偉い人おしえてください。

新たな収益源をつくる

デザインもそうなのですが、新しい収益源を作ろうと思っています。

具体的には

  • デザイン
  • アフィリエイト
  • 動画

あたり。

かなり時間を投入しないといけないので、いつごろ芽が出るのかわかりませんが、コツコツやっていきたいところ。

撤退ラインはちゃんと決めつつ、早めに成果が出るようにしたいです。

まとめると、

  • 8月の売上は42万円
  • サイト制作が伸びてきて、かつもっと伸ばしていきたい
  • これからやるべきことは、①デザインの力をつける②スピードをアップする③新たな収益源をつくるの3つ

でした。

最初の伸び率から考えると、若干伸び悩みの時期なのかなと思っています。

もっと言えば、新しい投資をする時期なのかなと。

1つ芽が出たら儲けもんでしょ、くらいのノリでいろいろやってみます。

お金をどんなふうに使うかを考え中です

もともと使うお金は少ないのですが、食費がガンガン減っております。

最近の昼ごはんはオムレツやらとうふやらなので、40円(!)くらいと破格の安さ。

稼ぐことと、かつお金を使わないことを両立していきたいなと思う所存です。

問題は「使い方」なのかなと。

消費ではなく、なんかしらの投資に使いたいなと思っているのですが、迷い中。

攻めと守りをうまくやりつつ、お金をドンドン増やしていきたいなと思っている今日このごろです。

Pocket

収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

Pocket

案件が思ったよりも入らず、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った7月でした。

が、33万円くらいかせいだので、徐々に底が上がっている感じ。

個人的には、タスク管理が下手な1ヶ月でした。

やることの管理については、かなり根っこから見直しているところです。

てなわけで、7月の収益報告でございます。

スポンサーリンク

月収50万円キープできず…

「月収50万円をキープできたら…いいじゃん?」

と思っていたのですが、そこまで甘くなかったようです。

関連:2017年7月の目標。月収50万円の維持、コンテンツ・スキルの充実

7月の収益は全体で33万円でした。

案件の終了が重なったので、全体的にドカッと下がっています。

気持ち的にも、ノンビリした1ヶ月だったんじゃないかと。

田舎フリーランス養成講座の講師が終わり、ホッとした部分もあったのでしょうか。

反省どころの多い1ヶ月でした。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じ

  • サイト制作:17.5万円
  • ライティング:15万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作もライティングもまだまだ伸ばせる感覚はありますね。

地味に思うのが、ブログ伸び悩んでるよね…ということ。

いまはアクセスのベースを上げるために、過去記事をリライト・追記しています。

今後の課題

これからやるべきこととしては、

  • 営業力をつける
  • ほかの人にドンドン頼む
  • 健康オタクになる

の3つかなと。

それぞれ詳しくいってみましょう。

営業力

スキルは着実に上がっているのですが、仕事がとれるかどうかは別の話だなと。

それに単価を上げるのも、営業の力ですよね。

  • 成果をしっかり出すのは大前提
  • クライアントが払うお金を増やすメリット

をちゃんと提示していきたいなと。

勝手に仕事を運んできてくれるレベルの仕事をじゃんじゃかやっていくのもだいじ。

ほかの人にドンドン頼む

ガンガン仕事をとって、ほかの人にどんどん頼むのもだいじ。

ですが、それはそれでまた別の力が必要です。

人への頼みかた、頼んだあとの調整なんかもうまくなりたい。

健康オタクになる

フリーランスの場合、自分の健康がそのまま収入に直結します。

(というか、どんな職業にせよ、健康で損はしないと思うのですが…)

健康だいじ。それにつきます。

  • 短時間の筋トレ
  • ランニング
  • 高タンパクな食生活
  • 早寝早起き
  • 瞑想
  • 砂糖だらけの食べものをとらない

は、すでに実践しつつあるので

  • Fitbit
  • 定期的なマッサージ
  • 定期的な歯のケア

あたりを試したいなと。

余談ですが、先日マッサージをはじめてしてもらいまして。

「耳と眉間」しかやってないのですが、それでも全然ちがいました。びっくらこいた。

「まだ23歳だし、マッサージとかいらなくね?」

と思っていたのですが、これはちょっと悩む。

使うお金は減りました

7月はナッツを買ったりしてまして。健康によさげ&おいしいので。

でも、もらいもんをちょくちょくいただいていたせいで食費は減りました。

お金をためたいなら田舎に住んでガッツリ稼ぐのがベストだと確信。

あと、ジュース・お酒をほとんど買わなくなったのも大きいですね。

マネーフォワードで管理しているのですが、具体的には「外食ふくめて24,000円くらい」。

部屋の環境もぼちぼち整ってきて、もはや税金と食費しかお金使ってないんじゃ…というくらい。

というのは言いすぎですが、だんだんとたまってきています。

経験やら知識やらへの投資も増やしつつ、株やら投資やらはじめたいなと。

ロボット投資って、どうなんですかね。

お金の使い方って思ったより難しいと気づきはじめ、いろいろと考えすぎる今日このごろです。

Pocket

2017年7月の目標。月収50万円の維持、コンテンツ・スキルの充実

Pocket

目標はちゃんと月初に立てています。が、ブログにしていなかったので。

  • 月収50万円をキープ(月収70万円を視野に入れつつ)
  • サイト30記事更新
  • コーディングスキルの強化

6月に月収50万円を達成したので、今月はコンテンツやらスキルやらを充実させたいなと。

といいつつ、大きくやることは変わっていません。

あえて言うなら、効率をもっと上げて、生産・学習の量を増やすことでしょうか。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

6月の目標レビュー

  • 月収50万円を視野に入れた事業づくり
  • いなフリ受講生の徹底的な目標達成
  • コーディングスキル強化[5月から継続]

関連:2017年6月の目標。月収50万円へのタッチ、自分以外の目標達成。

月収50万円を達成してしまった

7月末で達成できたらいいかなぁ、どうやってやろうかなぁ、と思っていた月収50万円にタッチできました。

金額としてはバッチリですね。

が、めちゃくちゃ忙しかった…ので、より短時間でガッツリかせぐ仕組みはつくる必要があるなと。

いなフリ受講生の目標も達成できたけど

いなフリ受講生の目標も、おおむね達成できました。

関連:「理想を追い求める?ひとまず稼ごう。」という1ヶ月でした

が、なんとなく受講生に助けられていた感があるんですよね。

どんな目標でも(常識の範囲内なら)バッチコイ、と言えるくらい懐の深さがほしいものです。

コーディングスキルはコツコツのばしています

着々と伸びています。日々お勉強ですね。

徐々に幅も出はじめており、仕事をしながら勉強もできているので、GOODなんじゃないかと。

そのうちデザインもやりたいな…と思っているので、結局のところ最速で最大限に学ぶべしという結論です。

7月の目標はこんな感じです

てな感じで、6月の反省を終えまして、7月の目標へ。

月収50万円をキープ(月収70万円を視野に入れつつ)

月収50万円をたたきだした6月でしたが、もっとラクに稼げるんじゃないかなと。

1クリックで…というようなうさんくさい話ではなく、みんな大好き効率化の話です。

「単純な作業をいかにスピーディにこなすか」あたりから考えはじめておりまして、Pythonをやってみようかと。

タイピングを早くするとか、物理的な効率も大事ですが、パソコンにおまかせするのが早そうだなと。

てなかんじで、大事な仕事だけにしっかり集中できる環境は、早めにつくりたい。

そのへんの考え方は、DEEP WORKがわかりやすくておすすめ。

サイト30記事更新

コンテンツをもっと増やしたい…と100年前から言っている気がします。

忙しさにかまけず、ブログや他のサイトにコンテンツを入れていきたい…!

書き出すと楽しいんですけどね、優先度がどうしても低くなりがち。

コーディングスキルの強化

あいも変わらず継続です。

本で勉強するのもそうですし、サイトを1から作ることも勉強になります。

ということで、お仕事募集しております。

まだまだいけるぞ、という7月です

ということで、大きな方向性は変わらず。

  • 効率
  • 生産性
  • マインド

みたいなお仕事のベースとなる部分を改善する日々です。

どんな仕事にしろ、基盤は変わらない気がするので、そこを磨くと幅を広げたときにも効きそうだなと。

とかなんとか言ってたら、7月も3分の2が終わりそうですね…。

Pocket

『新卒フリーランス』は1ミリも価値がないので、早めに卒業します。

Pocket

「新卒フリーランス」って、ただのネット用語だなと。

その肩書にはなんの意味もないんですよね。

インパクトはあるので、ことあるごとに使っていこうかなとは考えていますが…。

驚いたことに、定義上は卒業してから3年間は新卒あつかいなんですね。

ですが、新卒フリーランスはさっさと卒業したいですね。

スポンサーリンク

「新卒フリーランス」の価値

冒頭でも書いたとおり、新卒フリーランス自体はただのネット用語です。

実際、町で通りすがりの人に「ぼく、新卒フリーランスなんですけど…」と話しかけても、「…はぇ?」と言われて終わるのが関の山ですよ。

(じゃあ「ぼく、新卒の会社員なんですけど…」と話しかけるかと言われると、それもそれでないでしょうけども…)

んで、新卒でフリーランス・会社員のどちらになるにせよ、価値があるのは「その人がやる仕事」、たったそれだけです。

今までどんな仕事をしていて、現在はどんな仕事をしていて、これからどんな仕事をしていくのか、そこに価値があるんじゃないかと。

新卒で就職した人とはカードが違うだけ

ぼくは別に「新卒フリーランスになった人は価値がない!!」と、盛大な自己否定をしたいわけではありません。

それはさすがにブーメランがでかすぎます。自分で投げたブーメランで即死しますね、それ。

あくまで言いたいのは、「新卒フリーランスという肩書」には価値がないということ。

仕事という観点で見れば、いろんな違いがあるにせよ、フリーランスも会社員も同じなんですよね。

仕事に対してどんなカードを切ることができるのか、という点が違っているだけなんじゃないかと。

切り札が早めに欲しい

で、結論としては、切り札をさっさと手に入れたいなと考えていまして。

「いでよ!伝説のカード!」みたいなやつです。

もうちょっと具体的にいえば、他の人にはない経験ですね。

「新卒フリーランス」をテコにしないと得られないような、また同じ新卒フリーランスでも手に入れることが難しいような、経験を得たいなと。

もちろんスキルを身に着けていくのも大切です。基礎をおろそかにするのはナンセンスですよ。

ただ、単にスキルを身につけるだけでは、仕事の広がりはすぐに限界をむかえそうな感覚がなんとなくあるんです。

仕事の仕組みを作ってみたい

ひとまず直近の動きとしては、仕事の仕組みをつくるところをやってみたいなと。

(「仕事の仕組み」というと、なんかマルチっぽい香りがしないでもないですが、そういうやつでは断じてありませんので…)

一つの経験としてもそうですが、今後の広がりという面でも早めに手をだすべきところでしょう。

現状で救いなのは、まだまだ頭をひねるところがあって、改善点が山盛りなところですね。

いろんな場面で自分の頭で考える必要がありますが、それを楽しんでやれているので非常によい感じです。

というわけで、引き続き新卒フリーランスをうまく活用しながら、かつそこからの脱却をめざして、やっていきます。

Pocket

フリーランスの面白さは「自分に値段をつける」ところにある。

Pocket

フリーランスと会社員。

働き方の違いというものはもちろんありますが、それよりも「自分の仕事に値段をつける」ということのほうが、よっぽど大きな違いだと感じています。

基本的にフリーランスは「この仕事なら、この値段でやります」という話から始まることが多いです。

クラウドソーシングを使って仕事をとるのであれば、向こうが提示した価格にしたがうことになりますが、それでも自分の仕事に対して見合う対価がもらえるかどうかというのは考える部分であります。

ここがおもしろい点でもありますが、同時に難しい点でもあるんですよね。

今回は、そんなお話です。

スポンサーリンク

「値付け」とは無縁だった学生時代

ぼくは大学を卒業してすぐにフリーランスとして活動をはじめた、いわゆる「新卒フリーランス」なわけですが、自分の仕事に値段をつけるというのはどうも難しいものです。

関連:[お知らせ]新卒フリーランス、はじめました。

なぜなら、学生時代に「値付け」をする機会がほとんどなかったから。

バイトをはじめとした時給制の仕事がほとんどで、自分の「時間」に値段がつけられることはあっても、自分の「仕事」に値段がつけられることはほとんどなかったんですよね。

関連:生産性のかけらもない時給労働にサヨナラを告げるための秘策

ただの学生だったので当たり前なのですが、自分に「売りものとしての仕事」がありませんでした。

そのため、自分で自分に値段をつけて仕事をすることはなく、単純に「他と比べて給料が高いか安いか」で仕事を判断していました。

フリーランス、急に突きつけられた「値付け」

そして、フリーランスになると、突然「いくらでやってくれるんですか?」と言われる立場になりました。

相場や自分の基準など、もろもろを加味して値段を出すのですが、にしてもなんだかソワソワするんですよね。

自分の、仕事に、値段が、つく。

今まで値段は「ついているもの」だったのが、急に値段は「つけるもの」になりました。

なので、「楽しいなこれ…」と思いつつ「割高なのかな、割安なのかな」というところの見きわめが難しく感じています。

ただ、そこに関しては仕事していくと身につくものですので、気にしてはいませんね。

「自分の値段はいくらなのか」は理解しておくべき

さて、突然ですが質問です。

あなたは自分の値段がいくらなのかわかっていますか?

お金くさい話になりますが、自分にどれくらいの価値があるのかは、しっかり理解しておくべきことです。

自分の価値をちゃんと数値化できていないと、自分に対して提示された値段が「割安か割高か」を判断なんてできっこありません。

「そう言われてもわからない…」というかたは、MIIDAS(ミーダス)を使うのがおすすめ。

200万人の年収データから、あなたの価値を数字ではじき出してくれます。

自分にどれくらいの価値があるのかを数字で突きつけられることは、かなり怖いことです。

が、それでもちゃんと向き合うべき。

最終的に割を食わないためにも、自分の価値は数字として把握しておきたいものですね。

Pocket

[お知らせ]新卒フリーランス、はじめました。

Pocket

3月に大学を卒業し、フリーランスになることにしました。いわゆる「新卒フリーランス」です。

こちらが何を言ってもやめとけと言う人もいれば、一緒に仕事をしてくださる奇特な方もいらっしゃいます。

一番おおかったのが「へーw」という回答。おもしろがってくれてるならうれしいですね。

「ちゃんと結果を出すのが一番」だという結論になっているので、目標と撤退ラインを定めて、コツコツやっていきます。

スポンサーリンク

なぜフリーランスなのか

学生時代、ぼくは就活しながらフリーランスの道も考えていました。

「就活してたのに、なんでフリーランス!?」と言われることもありますが、ぼくは「どこの登山口から山に登るか」ってだけだと思っています。

就職の道を行こうと、フリーランスの道を行こうと、目指すゴールは変わっていません。

最終的には、地元の福井県で事業をやりたいというゴールがありまして。

就活についてもそのゴールからの逆算でやっていて、結果的にフリーランスでも同じところに行き着くだろうとなりました。

つまるところ、ゴールはブレていません。

予定としては、2年後くらいには福井で働いています。あくまで予定ですが。

なので、「なぜフリーランスなのか」という質問に答えるとしたら、「そちらのほうが合っていると思ったし、目指すゴールは変わっていないから」という回答になります。

選べるべきだと思った

「最初は会社に入って、3年は働いて、それからまた考えたらいいんじゃない?」

そんな風に言われるときもありました。そんな風に思うときもありました。が、結局そのまま会社には入らずにフリーランスをやります。

就活をしていた時期もありましたが「大学を卒業したら次は絶対に会社へ」というのにだんだんと違和感をもつようになってしまい、結局こちらの道に。

会社に入りたくないわけではなかったのですが、「どうしてそれ一択なのかな…」というのは思いながら就活をしていました。

確かに、今の状況で合理的に選んだら就職が一番なのかもしれません。

ただ、あまりにもみんなが就活の方向に向きすぎていて、それでいて「就職したくない」と言う人たちもいて、なんか変だぞと。

もっと他に選ぶことができたほうがいいんじゃないか、それがフリーランスという選択肢を考え始めたきっかけでもありました。

いつかはフリーランスも合理的な選択肢になるだろうと思っています。

というわけで、まずはいったん結果を出して「新卒でいきなりフリーランスしてもいいんじゃない?」と堂々といいたいなと。

なにをするのか

これからなにをするのかを簡単に言うと、サイト制作とライターをやります。

もうちょっとかみ砕くと、メディアの記事を書いたり、会社のホームページをつくったりします。もちろんブログも更新しますよ。

やることとしては実はそんなに突拍子もないことじゃなくて、ひとまずはコツコツと日々スキルをみがいていくだけなんですね。

スキルがあればどこでもやっていけるでしょうし。淡々とトレーニングします。

フリーランスというと、自由!ノマド!カフェ!という想像をしてしまいがちですが、意外と地味な生活をすることになるでしょう。

自由かもしれませんがそのぶん責任もありますし、ノマドになることもできますが家から出ないで仕事をしているでしょうし、カフェは…そう何回もいけるものではありませんし。

コツコツと積みかさねつつ、チャンスを取りに行きます。

それってうまくいくの?

いけるんじゃないかなと自分では思っています。が、1年後には会社で働いているかもしれません。

ただ、フリーランスとサラリーマンは選べたほうがいいよね派なので、選べることをちゃんと証明するためにも、成功して方法論をまとめていきたいなと思っている次第です。

そもそも普遍的な方法論があればこんなにみんな苦労してない、という話ではありますが、サンプルの一つになれればなと。

確実に成功する見込みがあるものってあるのでしょうか。

フリーランスをしても、サラリーマンをしても、失敗するときはするもんです。

それに、失敗してもいいんじゃないでしょうか。最初から失敗をしにいく、という意味ではなくて。

話がそれましたが、要するにわからないけどやってみるしかないということです。そんなもんでしょう。

ひとまずつつましく生活します…!

なんかいろいろ言いましたが、じゃんじゃん使えるお金があるわけではありません。

ですので、ほしいものリストを公開してみることにしました。

応援してやってもいいよ!というかたはなにそつお願いします。

>>黒田剛司のほしいものリスト

お仕事ももちろんお待ちしております。WEBのこと、ライティングのこと、お気軽にお問い合わせください。

ではでは、引き続きコツコツとやります。

Pocket