仕事

50歳までの人生計画を立ててみたら、人生がさらに楽しくなった

Pocket

「50歳になったときに、いったいなにをしてるんだろう…」

そんなことを考えてみました。

というのも、まるもで一緒に作業をしている池ちゃん(@ikechan0201)のブログにて、「50歳までの人生計画を考えてみた【2017年版】」という記事を読みまして。

そういや、そんな先まで考えたことなかったな…と思い、50歳までの計画を立ててみました。

喜劇王と呼ばれたチャーリー・チャップリンが「人生は近くで見れば悲劇だが、遠くからみれば喜劇(コメディ)だ」ということを言っていて。まさにそんな感じの、楽しみな計画になりました。

ぼくと同じく、50歳までの計画を考えたことなかったかたは、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

20代:ゆるいコミュニティの創出。お金からの開放

24歳:日本で「ゆるいインターネットコミュニティ」の構築。時給1万円になる。
25歳:海外で仕事をとり、日本円以外の収入源をもつ。1つの地域にガッツリ入り込み、ビジネスを回す。
26歳:拠点探し。「カフェ+コワーキング」のスペースで、仕事と人が集まる地域コミュニティを創出。
27歳:資産5000万円達成。個人資産の40%を投資に回し、事業投資もガンガン進める
28歳:スペースが軌道にのりはじめ、運営から手を離す。教育など、人を育てる事業にも手を出す
29歳:資産1億達成。年利5%で回して、お金から開放される

直近だと、ひとまずチームで活動していきたいなと思ってまして。詳しくは「2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指します。」をどうぞ。

んで、海外でフリーランスとして活動したり、コミュニティスペースを作ったりします。

最終的には、20代で1億円ほしいなと。投資で回して、セルフベーシックインカムを実現する予定です。

30代:コミュニティを1個の町まで拡大。人を育て、人に任せる。

30歳:地元で自給自足生活の基盤作り。食費0円生活の実現。
31歳:日本のコワーキングスペースを研究。スペース事業をさらに加速させるためのインプット
32歳:中小企業5社と連携。地域の経済を底から支えるスペースに。
33歳:個人のアート活動を販売できるプラットフォームづくりをはじめる。
34歳:中小企業20社と連携。経済面で地域に欠かせないスペースに。
35歳:スペースに訪れる人が1000人を突破。地域のコワーキングスペースとしてブランドを確立し、関係者どうしでビジネスが生まれる場になる。
36歳:海外のコワーキングスペースを研究。スペース事業をさらに加速させるためのインプット
37歳:海外からの移住者が100人を突破。英語教育や海外とのビジネスができる人を育てる
38歳:アート販売を副業にする人が100人を突破。自分の才能を活かせる人が増える。
39歳:スペースの関係者が5000人を突破。仕事がポンポン生まれる町を作る。

セルフベーシックインカムが実現したあとは、生活にかかる費用をガンガン減らしたいと思っています。野菜やら米やら作ってみたいなぁ。

といいつつ、ガンガンに稼ぐことは止めません。20代で作ったスペースを、地域経済の中で「なくてはならない存在」にしていきます。

海外から仕事の元を持っている人たちが移り住んでくると、かなりベストな形ですね。地域からも仕事をとり、海外でも仕事を作る、みたいな。

40代:食品事業に進出。「最高にウマイorおもしろい」を自分たちで作る

40歳:地ビールづくりに参戦。みんなでクラフトビールを作る
41歳:ビールの種類を増やす。「全部ちがって全部ウマイ」がゴール
42歳:農業に参入。5種類に限定し、少数生産で野菜を作る
43歳:野菜の味を洗練させる。「ふつうの野菜の2倍お金を出しても買いたい!」と思ってもらえる5品目を作る
44歳:ブルワリーと直結したビアバーを福井に。自分たちで作った食材を提供する
45歳:ホップや麦から自社で作ったビールの研究。試作品1号ができあがる
46歳:ジビエに手を出す。肉料理も自社で作りはじめる
47歳:素材から自社で全て作ったビールが完成
48歳:食べものの素材を栽培するところから関わることができる、体験型のビアバーをつくる
49歳:全国から料理やビールを楽しみに来るレベルのおいしさになる。加工品の製造に手をだす
50歳:ビアバーの看板商品を加工品に。全国に物販を展開する

40代になったら、集まった仲間とか、おもしろがってくれる人とかと一緒に、食べものを作りたいですね。

実はクラフトビールが大好物で、(かなりお金はかかりそうですが)ビールづくりにチャレンジしたいなと。

「みんなでおいしいものを作ってワイワイやる(かつ、ちゃんと収益が出る)」みたいな場所を作りたいと思っています。

ちなみに、おいしい食べものやコーヒー、ビールのログはInstagramのアカウントに残しています。気になる方はぜひ。

大切なのは「先を見すえること」

50歳までの人生計画を考えてみました。

まあ、ぶっちゃけこの通りになるかはわかりません。数字とか、めちゃくちゃテキトーです。

が、重要なのは 「先を見すえること」なのですよ。日々のタスクに追われていると、ついつい視野が狭くなってしまいます。

ゆえに、50歳までという長期で考えて、ものごとを大局的にとらえましょう、というわけです。

意外と考えたことがないかたも多いのではないかと。ぜひお試しあれ。

Pocket

2017年は「広がった」年でした。ざっくり振り返ります。

Pocket

こんなときしか振り返らない…わけじゃないのでやるか迷ったのですが、やっておきます。

「2017年はどんな年でしたか?」

と聞かれることが多い時期になってきました。一言で言うと、一言で言うのが難しい年でしたね。なんと言えばいいのかわからないし、一言で言えていない。

なので、タイトルの「広がった」年みたいな、かなーりぼんやりした言葉じゃないと言い表せないんですよね。

なにがどう広がったのか、以下で詳しくお伝えしています。まずは2017年をざっくり振り返るところからいってみましょう。

まずは、2017年を3ヶ月ごとに振り返ってみる

ひとまず、2017年を3ヶ月ごとに振り返ってみます。ざっくりとした1年の総まとめですね。

1〜3月

1〜3月は、まだ大学生でした。我ながらびっくらですよ、ホント。

「大阪でしかやれないことをやっておかなきゃ!」と思って大阪じゅうの名店を飲み歩いていた気がします。

とはいえ、よくよく考えるとふつうに仕事もしてました。大学卒業してからフリーランスをはじめたと思っているかたもいるかもしれませんが、実は学生のころからボチボチやっていたのです。

んで、ミャンマー行きましたね。卒業旅行で。

「ハァ〜?卒業旅行はヨーロッパァ?台湾ンン?…男は黙ってミャンマーだ!」

と思ったかどうかは忘れましたが、ミャンマーを楽しんでました。いい国だったなぁ…。

関連:卒業旅行はミャンマーとタイに行きます。2週間ほどです。
関連:地球の歩き方にはのってない!ミャンマーの田舎「パアン」が秘境すぎた

4〜6月

ハイ、大学を卒業して社会に出ました新卒です。フリーランスです。「今年は絶対に稼いでやる」と思っていたので、ひたすらパソコンと向き合ってウーウー言ってました。

結果、独立から3ヶ月目で月収50万円を達成。「あれま、お金かせいじゃった」とゾクゾクしたのを覚えています。

田舎フリーランス養成講座の講師もしてました。23歳が偉そうにWebサイトの作り方やフリーランス論、タスク管理などについて話していました。

このころから「もはや年齢なんて関係ないのでは?」と思いはじめました。誰しも自分のペースがあるんですよね。(と、考えると「人生のイベントは誰しも同じタイミングで味わうべき」なんて考えは、なんとなくセンスないなと。あえて例は出しませんが…。)

7〜9月

夏まっ盛り!なんてことはそっちのけで、パソコンに向き合っていました。ちょうどこのころ、仕事が伸び悩んでいた気がします。収益も、仕事も、なんとなーく停滞モードな3ヶ月でした。

いま日報とかを振り返ったのですが、時間の使い方が下手でしたね。もっと色々やれたなぁ、と後悔。

あっ、そうそう。虫たべてましたね。夏ですし。当時まるもに住んでいた料理人のかたに「虫と日本酒のマリアージュを」とお願いして、イベントを開催しました。

しかも、ハチミツの採集もやってたという。夏らしく、虫と戯れた3ヶ月だったように思います。

10〜12月

で、どったばたの終盤です。まず手始めに、アメリカへ2週間。海外ノマドの実験をしつつ、いろんなことを感じた滞在でした。

関連:【レポ】まもなく日本上陸!コワーキングスペース「WeWork」を体験しました。
関連:スルメ的まちづくり!ポートランドの魅力を語ろう

このころに資産運用もおっぱじめてますね。放置してるだけですが、ジワジワ増えてます。来年はもう少し本格的にやりたいところ。

んで、収益がのぼりはじめた時期でもありました。ということは、仕事が増えたということを意味してましてですね。

その結果「分きざみのスケジュールなんて、やるもんじゃないな…」と思いました。渋谷のビルをすり抜けながらダッシュするのは、もうゴメンですね…。

なにがどう「広がった」のか

「で、なにがとう『広がった』のさ?」

と思っている方にポイントをしぼってお伝えすると、

  1. できることの幅が広がった
  2. 選択肢の幅が広がった
  3. 自分の考え方が広がった

の3つです。詳しくは以下をどうぞ。

1. できることの幅が広がった

いわば新卒1年目なので「そりゃそうでしょ」という感じではありますが。できることはたくさん増えましたね。

  • 人に教える
  • 仕事をとる
  • 投資をする

など、やったことないことをやりまくった1年。時間のある限り手と頭を動かして、できることを増やしていました。

それもこれも、まるもにいるおかげだなぁと思っています。いろんな人が来て、いろんなことを教えてくれるんですよね。

2. 選択肢の幅が広がった

起業家、旅人、カメラマン、料理人、会社員、栄養士、翻訳者、ライター、プログラマ、ブロガー、占い師、マンガ家、グラビアアイドル、忍者、発明家…など、よく胸焼けしなかったなと思うほどいろんな人に出会った1年でした。

そして、いろんな選択肢に出会った1年でした。みんなシッチャカメッチャカなんですもの。

「あっ、そんなこともできるんだ。」とハッとする瞬間が何度あったことか。もうね、( ゚д゚)ハッ!( ゚д゚)ハッ!( ゚д゚)ハッ!ですよ(?)。

3. 自分の考え方が広がった

で、自分の考え方も広がりました。やれることも、やっていいことも、自分の思っていた以上にたくさんありましたね。

なにより「オレがお前ならこうする」みたいに言ってくれる方がたくさんいて、「おっ、そんなこともできるのか」と思うこともしばしば。

いろんな人と一緒に暮らしていることもあって、自分のほかにも脳みそがあるイメージ。考えを借りてきて、自分に活かすことも多かったです。ありがたや。

いろんな人からお世話になって、成長した1年でした

改めて振り返ると「返しきれないよな、これ」と悩むほど、いろんな方からお世話になった1年でした。そして、自分を成長させることができた1年でもありました。

かと思えば、プライベートも充実していて。楽しすぎて光陰矢の如しとはまさにこのことといった印象です。

いい1年になったなぁ…とほっこりする間もなく来年が来て仕事がはじまるわけですが、つかの間の休みに振り返りや計画を考えたいところ。

あなたの1年はどんな1年でしたか?

ps.実は2017年の目標をちゃんと達成してます

オマケコーナーです。

まだちゃんと記事を書けていないのですが、実は2017年の目標を達成していまして。12月は100万円以上の売上になりました。我ながらブチ抜けましたね…!

それもこれも始まりは田舎フリーランス養成講座を受けて、新卒でまるもを選んだからだなぁ、と思っています。実家でやってても、これはさすがに不可能でした。

お金をかせぐのも適性が必要だと思います。が、「稼いでやるぜ!」と息巻いているフリーランスは、いちど田舎フリーランス養成講座を受けてみてはいかがでしょうか。

>>田舎フリーランス養成講座をチェックしてみる

Pocket

みんな「フリーランスで不安ないの?」くろぽん「不安がないことってあるの?」

Pocket

新卒でフリーランスになったこともあってか

「フリーランスって不安じゃないの?」

と聞かれることがちょいちょいあります。

そりゃ、ありますとも、不安。

ただ、思うんですよね。

「逆に、生きてて不安がないことってあるの?」と。

スポンサーリンク

不安=未完成であること

  • 進学
  • 就職
  • 結婚
  • 老後

などなど、人生にはいろんな不安がありますよね。

それは自分が未完成なことからきている不安がほとんどです。

カンペキなら不安なんてないはず。ただ、そもそもカンペキなどないのです。

ぼくからすれば不安なコトがないときのほうが、その場で足踏みしてるんですよ。不安がないように見えているってことは、進んでいない証ですからね。

不安がない、なんてことはないはずなのに、不安がない。それって不安じゃないんですか?(ややこしい)

不安は「考えるための原動力」

ぼくにとって不安は、ちゃんと考えるためのエネルギーだったりします。

不安になりすぎて動けないようではいけませんが、ちょうどいい不安は自分を前に進めてくれますよ。

テスト前とかそうじゃないですか。

「単位とれるかな…留年したくない!勉強するぞ!」

みたいな。

フリーランス的に言えば、

「来月のお金がない…死にたくない!働くぞ!」

みたいな。(もうちょっと考えるべきでは…とは思いますが)

進化に必要なのは、適切な恐怖です。ギリギリでアグレッシブさを失わないレベルの不安がベストだと思っています。

ちゃんと不安をコントロールできてる?

話をまとると、

  • 人生に不安はつきもの
  • 不安も前進するエネルギーに変えられる
  • 不安をコントロールする身体・精神づくり

という感じです。

不安に飲まれるときって、だいたいカラダ・ココロのどちらかがうまく機能していないんですよね。

というわけで、最近はもっぱらコンディションづくりに力を注いでいます。

栄養の勉強をしたりだとか。

筋トレの勉強をしたりだとか。

マインドフルネスの勉強をしたりだとか。

多くのかたが安心して人生を送りたいと思っているかもしれません。

しかし、本当に大事なのは不安とうまくつきあうことです。

完全な安心なんてものは、ないんですよ。これまで生きてきて、完全に安心したことはありましたか?

まずは不安をしっかり見つめることが大事。んで、自分の原動力にする力をつけましょう。

不安とか焦りとかをうまくコントロールできることが、生きていくうえで大切だなと思う今日このごろです。

Pocket

フリーランス必見!メンタルに安定感を出すためのヒケツを教える

Pocket

メンタルがブレまくっているフリーランスのみなさん、こんにちは。

個人で仕事をしていると、

  • 永遠にひとりで仕事
  • 〆切に追われて深夜のデスマーチ
  • 収入が不安定っちゃ不安定

てな感じで、メンタルがブレやすいんですよね。

ぼくも「なんだかよくわからないけど、やる気が全然ない…」となることもたまにありました。が、いろいろと試した結果バツグンに安定感が出てきました。

おかけでコンスタントに成果が上がりつつあります。ちなみに、10月は59万円かせぎました。

そこで今回は、新卒で50万円以上かせぐフリーランスが、ブレないヒケツを5つお伝えします。ふだんからメンタルが不安定で、コンスタントに成果が出ない…というかたはお試しあれ。

スポンサーリンク

自分をブラさないために大切な5つのこと

さっそくですが、ブレないためのヒケツを

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の順に5つお伝えします。それでは、いってみましょう。

1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ

メンタルがぶれているときって、だいたいフィジカルがぶれているんですよ。

なので、健康を徹底的に管理するのがなによりも大事です。

例えば、昼ごはんを低糖質(ロカボ)にしてみたりパソコンやスマホで疲れた目をこれでもかとケアしてみたりバランスボールに座って作業してみたり

ありとあらゆる面から健康になるような環境を整えました。

そうそう、睡眠と運動はFitBitをつけて自動で管理しています。つけているだけなので、忘れてました。

健康オタク…になる必要はないかもしれませんが、とはいえある程度のお金は突っ込んで損はしません。

2. 生活にルーティンを作る

ひと昔前にちょっと流行りましたよね。ほら、だれでしたっけ。一郎丸、二郎丸、三郎丸…うーんと忘れました。

まあ、その五郎丸さんがやっていたポーズがルーティン(お決まりの手順みたいなもの)です。

で、日々の生活で五郎丸ポーズをしろ…というわけではなく、お決まりの手順を作る必要がありますよ、と。

ぼくの場合だと、朝にやることと夜にやることをルーティン化しています。

別に特別なことする必要はないんですよ。歯をみがいて、顔を洗って…みたいなことの順番を決めるんです。

するとあら不思議。「いつもの自分」がどこかからやってきます。

また、ルーティンを作ると考えなくてもよいってのも大きなメリットです。考える間もなく身体が勝手に動き出したら、ルーティンの構築は成功ですね。

3. 大事なこと以外に気を使わない

人間ってほっとくといろんなところに気が散っちゃうんですよね。SNSやらテレビやら。

そして気がついたら「ああ!アレもしなきゃ!コレもあった!…」みたいな。

そんなときは「これって本当に全部やる必要あんの?」と自分にいちど聞いてみてください。別にそこまで大切じゃなかったことも、なんならたっぷりあるはずです。

ぼくはこちらの『DEEP WORK』を読んでから、かなりやることが減りました。

科学データをもとに書かれた本で、全てにちゃんと根拠があるんですよね。

やるべきことがシンプルに整理できて、心がスッキリします。

4. 自分の世界への入り口を広くつくる

自分の世界をちゃんと保って、入りたいときに入れるようにしておくとメンタルって安定します。

なので、自分の世界に入るための方法をたくさんもっておきましょう。

  • 瞑想
  • コーヒーを淹れる
  • ランニングする

など、自分に集中するツールを用意しておきます。

ルーティンをつくるのとちょっと似ているかもしれませんね。

5. 環境をうまく使う

メンタルがブレるときって、環境がブレていたりします。ぼくの場合だと

  • 暑い・寒い
  • 混んでいる
  • うるさい

てな感じの場所はよくないです。気が散ってメンタルがブレます。

環境を変えるか、もしくは「集中しなければならない作業ではなく、淡々とやる作業」のようにやることを変えましょう。

「ここならいつでも集中できる」という場所を持っておくの、おすすめです。自室はキレイに保つべきですね。

補足:たまにブラして、戻す

やっぱり人間ですから、淡々とやってると飽きてくるものです。そんなときは環境をガラッと変えて、そこから戻してみましょう。

参考:いざアメリカへ。「ビール・コーヒー・場づくり」を見てきます。

わざとブラすことで気分のリフレッシュになりますし、ふだんの環境にある問題点が見えることもあります。

ブラして戻し、またブラしては戻し…というサイクルを経て、よりベストな状態に向かっていくイメージです。

生活に問題があるわけじゃないけど、なんだか気分が乗らないときにおすすめ。

自分のなかにメンタルの軸をつくる

ブリーランスとして1人で活動していてもブレないためのヒケツとして、

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の5つを紹介しました。

メンタルをぶらさないためには、できるだけ管理する要素をしぼるのが大切です。

あれもこれも…となる気持ちもわかりますが、軸を1本つくりましょう。

まずは「毎日おなじ時間に起きる」レベルでいいので、日々のちょっとした習慣づくりからはじめてみてくださいね。

生産性アップについて、もっと知りたいかたは「[随時更新]徹底的に生産性を上げるための戦略ノートをどうぞ。

Pocket

【レポ】まもなく日本上陸!コワーキングスペース「WeWork」を体験しました。

Pocket

ただいまシアトルでこの記事を書いています。くろぽん(@ktsuyoc)です。

「世界中のどこでも働ける仕事をしたい!」

たまにそんな話を聞きますが、正直に申し上げるとめっちゃ大変ですよ。

少しの間だけシアトルで仕事をしているのですが

  • 言語
  • 食べもの
  • 文化

などなど、日本とは全く違った環境で、しかも転々としながら同じパフォーマンスを出すのはカンタンではありません。

…でも、せめて働く場所が同じだったら?

そんな願いを叶えてくれたのが「WeWork(ウィーワーク)」です。

ざっくり言ってしまえば「世界じゅうにあって、会員ならどの国でも使えるコワーキングスペース」です。

そして…WeWorkが来るぞ!日本に!まもなく!

というわけで、シアトルでひとあし先にWeWorkを体験しました。

>>WeWorkの1日体験はこちらから

スポンサーリンク

圧倒的なまでの環境!ひかえめに言って最高

コワーキングスペース、というと当然ながら「仕事をする場所」なわけですが、WeWorkにはリラックスしつつ集中できる環境が整っています。

ある程度の飲みものはタダ(有料のものも)ですし、ビールも飲み放題(!?)です。

実はこの記事もビールを飲みながら書いています。

卓球台もありますよ。…コワーキングスペースとは?

リラックスしつつ、しっかり成果を残せるような環境が世界じゅうで使えるのはうれしい限りです。

ここで仕事してる人が純粋にうらやましい…!

「フリーから大企業までOK」というフトコロの深さ


コワーキングスペース、というと個人が使っているイメージがありますが、WeWorkは会社のオフィスも入っているんです。

たとえば、Airbnb、Facebook、Yelp(アメリカの食べログ的なやつ)など。

案内してくれたスタッフさんは「個人から小さなオフィスへ、小さなオフィスから大きなオフィスへと変わっていくのを手伝うのが好きなんです!」と言っていました。優しさがすごい。

てなわけで、スペースは大きくわけると

  1. 音楽がかかっていて話もできるスペース
  2. しっかり集中するためのスペース
  3. 企業のためのオフィススペース

の3つにわかれています。

個人からメンバーを増やして、大きな会社になるまでWeWorkはサポートしてくれるんです。フトコロが深い。

メンバー同士のつながりもできるかも

WeWorkには専用のアプリがあり、SNSみたいに投稿できるそうで。

WeWork

WeWork
無料
posted with アプリーチ

そこで仕事をとるなんてこともできちゃうらしいです。スペースだけにとどまらず、コミュニティや仕事も作っているという。

フリーランスだとなかなかできにくいつながりも、WeWorkに入ればできちゃうかも。

WeWorkは2018年に日本へ来るみたいです


まとめると「フリーランスにとってWeWorkほど最適な環境はない」という感じでした。

値段も「3万円/月〜」で、毎日カフェで作業するくらいならWeWorkでしょと言わざるをえない設定です。

で、WeWorkは2018年には日本へも進出するそうで。まずは東京から、各地に広げるみたいです。

ぼく的には1,000円くらいで1日使えるとうれしいのですが…基本は1ヶ月単位での利用という。

”Free Day Pass”という1日お試しできるやつを使えば、タダで使えるのでぜひ。

近くなら(とはいえ海外ですが)

なんかで使えるので、もしお立ち寄りのさいはぜひ申し込んでみてください。

>>WeWorkの1日体験はこちらから

Pocket

いざアメリカへ。「ビール・コーヒー・場づくり」を見てきます。

Pocket

タイトルで全てを言い切った感じがありますが、アメリカに行きます。

行き先は

  • シアトル
  • ポートランド

の2つ。

仕事しながら2週間くらいフラフラできたらひとまずオールオッケーくらいの感じです。半分休み?みたいな(といいつつ、しっかり仕事してそう)

なんか思ったよりまわるところが少なかったので、「シアトルでこんなことしてほしい!」というかたはTwitterでリプかDMでもください。

ひとまずやりたいことをまとめておきます。

1.「世界中で仕事をする」実験をしたい

「Webフリーランスって世界中どこでも仕事できるんですよ」

と言いながら、ここ最近で金谷から指一本たりとも出てないことに気づきまして。だって快適なんだもの。

今の状態だと「本当に世界中で仕事できるの?田舎から出てないじゃん?」と聞かれたら「あっあっあっ」以外の返答ができないのです。

新卒でもフリーランスとして世界中で仕事できるんだぜ、と言えたらカッコイイじゃないですか。

というわけで、シアトルのWeWorkやらカフェやらで仕事したいなと思っています。

ひとまず実験ということで、2週間くらいでいいかなと。

2.友人のステイ先に居候したい

これも1つの目的です。グローバルな居候として世界中に名を轟かせたいなと。

ホームステイしたことがないので、お試し的な意味もあります。

度重なる居候スキルの鍛錬を大学時代からしてきたので、そろそろアメリカに挑戦してもよいころでしょう。

厳選したおみやげと謙虚な姿勢を武器にいざアメリカへ(?)

3.本場のクラフトビールを飲みたい

 
クラフトビール、好きなんですよね。とくにアメリカのビールを愛しています。ホップがドッカーン大爆発のやつ。

知らないかたからすればナンノコッチャという感じでしょうが、とにかく死ぬまでに1度は飲んでみたいのです。

ひとまず狙っているのは

という感じです。

たぶん人に聞いたりとかして「んあぁ!飲むために必要な夜が足りない!」ってことになりかねないので、このへんでいいかなと。

ふらっと入ってみたりもしたい。

4.シアトルのコーヒーを飲みたい

そうそう、忘れていましたがシアトルはコーヒーも有名なんです。有名どころで言うならば、スタバの1号店がシアトルにあります。

その他にも「ロースタリー」と呼ばれる、コーヒーの焙煎所がそこかしこにあるんだとか。

コーヒー豆だけでもたっくさんあるのに、焙煎にまでこだわりだしたらキリがないですよ、ええ。

と言いながら、コーヒー沼に両足をつっこんでおります。もう逃れられない…。

5.ポートランドの街並みを見たい

「ポートランドはいいぞ」

という話をどこかから聞きまして。

でも、なにがいいのかはあんまりわかってないんですよね。

ただ、ポートランドはいいらしい。

てなわけで実際に行ってやろうじゃないかというわけです。

まちづくり的な面や、場づくり的な面で参考になりまくり…だといいんですが。

ひとまず本で予習をしておきました。

休暇であり、仕事でもあるのです。

アメリカ旅行!と言いながら、仕事もします。休みと仕事がいい感じで溶け合っていますね。

これがフリーランス的な働き方だ!…と言いたいところですが、仕事のアイデアって遊んでいるときや休んでいるときに出るもんですよ。フリーランスだろうが会社員だろうが。

ただ、「自分で選べる」という点では圧倒的にフリーランスのほうが自由です。そのぶん責任もありますけども…。

いろんな刺激・アイデアをもらえる滞在になればなぁ、と今からワクワクしています。

Pocket

8月の売上は42万円でした。まだまだイケるぞ

Pocket

9月が終わる前に8月の収益報告をねじ込んでおきます。

ドカンと大きな案件が入り、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った8月でした。

7月のときも同じようなことを言ってます。

関連:収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

ライティングでベースとなるお金を稼げているので、安定感はあります。

そこにサイト制作でガッツリ乗せるイメージ。

崩壊しかけていたタスク管理も復活して、いい感じでございます。

てなかんじで、8月の収益報告いってみましょう。

スポンサーリンク

40万円台まで復活しました

実をいうと、7月はフリーランスになってはじめて収益が下がった月でした。

「直近のお金がない!」というわけではないので焦らずに過ごせましたが、やっぱり稼がないと不安だなと。

タスク管理や日々の生活リズムなど、ベースから見直した1ヶ月でした。

1ヶ月の半分くらいは大阪や福井にいつつも、しっかりと稼げたのはGOODですね。

ただし、バタつきがちでして。この収益報告も9月下旬になってようやく書いております。

内訳もどうぞ

だいたいの内訳です。

  • サイト制作:32.5万円
  • ライティング:9万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作がドッカンとのっかっています。

ライティングが減り始めたのですが、サイト制作のほうをもうちょい強くしていこうかなと。

ブログは引き続きリライトしております。伸びてくれ〜。

今後の課題

これからやるべきことは

  • デザインの力をつける
  • スピードをアップする
  • 新たな収益源をつくる

の3つですね。

デザインの力をつける

実は、今まではサイトのコーディングを担当していることがほとんどでした。

カンタンに言うと

  1. 誰かがつくったデザインのデータをもらう
  2. そのデータ通りにコードを書く
  3. できあがったものをお客さんに送る

という仕事の流れでした。

が、デザインもまるっと受けられるとよいなと。

元から興味もありましたし、そんなにニガテではないはず。

まずは身近なデザインから…ということで名刺を(やっと)作りました。

要相談ですが、実績を作る意味でも今だけお安くデザインしようかなとも思っています。

「ちょっと気になる…!」というかたがもしいらっしゃれば、お問い合わせフォームからどうぞ。

スピードをアップする

もっと作業のスピードが上がらんもんかねぇ、と悩み中。

今までも、Vimiumなり、GoogleIMEなりと、ツールを導入してきました。

関連:ネットサーフィンを効率化したいなら、Chromeの拡張機能「Vimium」だよ

関連:タイピングを速くしたいなら「Google日本語入力」がオススメな理由

タイピングもかなり早くなりましたが、もっと早くなれるぞと思っています。

キーボードを叩きまくる以外の方法がないものですかね…。日々精進、という感じ。

ブログエディタも悩んでおりまして。MarsEditってどうなんだろうなぁ…と思っています。

4,000円くらいするのでためらっているのですが、効率が著しく上がるならいいなぁと。

誰か偉い人おしえてください。

新たな収益源をつくる

デザインもそうなのですが、新しい収益源を作ろうと思っています。

具体的には

  • デザイン
  • アフィリエイト
  • 動画

あたり。

かなり時間を投入しないといけないので、いつごろ芽が出るのかわかりませんが、コツコツやっていきたいところ。

撤退ラインはちゃんと決めつつ、早めに成果が出るようにしたいです。

まとめると、

  • 8月の売上は42万円
  • サイト制作が伸びてきて、かつもっと伸ばしていきたい
  • これからやるべきことは、①デザインの力をつける②スピードをアップする③新たな収益源をつくるの3つ

でした。

最初の伸び率から考えると、若干伸び悩みの時期なのかなと思っています。

もっと言えば、新しい投資をする時期なのかなと。

1つ芽が出たら儲けもんでしょ、くらいのノリでいろいろやってみます。

お金をどんなふうに使うかを考え中です

もともと使うお金は少ないのですが、食費がガンガン減っております。

最近の昼ごはんはオムレツやらとうふやらなので、40円(!)くらいと破格の安さ。

稼ぐことと、かつお金を使わないことを両立していきたいなと思う所存です。

問題は「使い方」なのかなと。

消費ではなく、なんかしらの投資に使いたいなと思っているのですが、迷い中。

攻めと守りをうまくやりつつ、お金をドンドン増やしていきたいなと思っている今日このごろです。

Pocket

収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

Pocket

案件が思ったよりも入らず、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った7月でした。

が、33万円くらいかせいだので、徐々に底が上がっている感じ。

個人的には、タスク管理が下手な1ヶ月でした。

やることの管理については、かなり根っこから見直しているところです。

てなわけで、7月の収益報告でございます。

スポンサーリンク

月収50万円キープできず…

「月収50万円をキープできたら…いいじゃん?」

と思っていたのですが、そこまで甘くなかったようです。

関連:2017年7月の目標。月収50万円の維持、コンテンツ・スキルの充実

7月の収益は全体で33万円でした。

案件の終了が重なったので、全体的にドカッと下がっています。

気持ち的にも、ノンビリした1ヶ月だったんじゃないかと。

田舎フリーランス養成講座の講師が終わり、ホッとした部分もあったのでしょうか。

反省どころの多い1ヶ月でした。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じ

  • サイト制作:17.5万円
  • ライティング:15万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作もライティングもまだまだ伸ばせる感覚はありますね。

地味に思うのが、ブログ伸び悩んでるよね…ということ。

いまはアクセスのベースを上げるために、過去記事をリライト・追記しています。

今後の課題

これからやるべきこととしては、

  • 営業力をつける
  • ほかの人にドンドン頼む
  • 健康オタクになる

の3つかなと。

それぞれ詳しくいってみましょう。

営業力

スキルは着実に上がっているのですが、仕事がとれるかどうかは別の話だなと。

それに単価を上げるのも、営業の力ですよね。

  • 成果をしっかり出すのは大前提
  • クライアントが払うお金を増やすメリット

をちゃんと提示していきたいなと。

勝手に仕事を運んできてくれるレベルの仕事をじゃんじゃかやっていくのもだいじ。

ほかの人にドンドン頼む

ガンガン仕事をとって、ほかの人にどんどん頼むのもだいじ。

ですが、それはそれでまた別の力が必要です。

人への頼みかた、頼んだあとの調整なんかもうまくなりたい。

健康オタクになる

フリーランスの場合、自分の健康がそのまま収入に直結します。

(というか、どんな職業にせよ、健康で損はしないと思うのですが…)

健康だいじ。それにつきます。

  • 短時間の筋トレ
  • ランニング
  • 高タンパクな食生活
  • 早寝早起き
  • 瞑想
  • 砂糖だらけの食べものをとらない

は、すでに実践しつつあるので

  • Fitbit
  • 定期的なマッサージ
  • 定期的な歯のケア

あたりを試したいなと。

余談ですが、先日マッサージをはじめてしてもらいまして。

「耳と眉間」しかやってないのですが、それでも全然ちがいました。びっくらこいた。

「まだ23歳だし、マッサージとかいらなくね?」

と思っていたのですが、これはちょっと悩む。

使うお金は減りました

7月はナッツを買ったりしてまして。健康によさげ&おいしいので。

でも、もらいもんをちょくちょくいただいていたせいで食費は減りました。

お金をためたいなら田舎に住んでガッツリ稼ぐのがベストだと確信。

あと、ジュース・お酒をほとんど買わなくなったのも大きいですね。

マネーフォワードで管理しているのですが、具体的には「外食ふくめて24,000円くらい」。

部屋の環境もぼちぼち整ってきて、もはや税金と食費しかお金使ってないんじゃ…というくらい。

というのは言いすぎですが、だんだんとたまってきています。

経験やら知識やらへの投資も増やしつつ、株やら投資やらはじめたいなと。

ロボット投資って、どうなんですかね。

お金の使い方って思ったより難しいと気づきはじめ、いろいろと考えすぎる今日このごろです。

Pocket

作業イスがわりにバランスボールへ座るメリット・デメリット

Pocket

ふだんはコワーキングスペースで作業をしていますが、たまに自分の部屋ですることもありまして。

そのときは、バランスボールに座りながらパソコンをカタカタしています。

で、よくも悪くもバランスボールとふつうのイスは違っているわけですよ。

1ヶ月くらいたちましたし、メリット・デメリットをまとめておきますね。

スポンサーリンク

バランスボールのメリット

ballanceball-for-chair01
いつもこんな感じで作業をしております。

バランスボールでパソコン作業をしていると、

  1. ふだんから姿勢がよくなる
  2. キツくて1時間くらいしか連続で座れない
  3. デスクチェアよりも安くて経済的

というメリットがあります。

詳しくいってみましょう。

1.ふだんから姿勢がよくなる

ふつうの椅子に座るときも、グッと姿勢を保つことができるようになります。

たぶん…いや確実に筋肉がついているんでしょうね。

バランスボールで作業したあとは、なんとなくトレーニング後のような感じです。

体幹(腹筋やら背筋やら)が疲れます。

はかってないので知りませんが、シェイプアップとかも期待できそうですね。

2.キツくて1時間くらいしか連続で座れない

デメリットじゃん!と思うかもしれませんが。

座りすぎって、そもそも健康に悪いのです。

「30分に1回は立ったほうがよい」と言われているほど。

なので、身体的なリミットがあるほうが、都合がよかったりします。

ストレッチとかにも最適で、腰痛にも効果があるそうです。

3.デスクチェアよりも安くて経済的

バランスボールってイスよりも安いんですよね。

たとえば、ぼくの買ったやつなら「1,500円」くらい。

※後述しますが、自分の身体にあったサイズを選んでください。

さすがに1,500円じゃまともなイスは買えないでしょう。

お金はないがイスは欲しい、というかたにもおすすめ。

バランスボールのデメリット

完璧なものはないのです。

バランスボールにだってデメリットはあります。

1.はじめのころはゴムくさい

ふくらませたてホヤホヤのころは、部屋じゅうにゴムのにおいが満ちます。

が、1週間くらいするとにおいも取れてきました。

「うわぁ、これは買いものミスったかな…」と思うレベルのニオイですが、時間が解決してくれますのでご安心を。

2.リラックスできない

バランスボールの上では

「背もたれにダラーっともたれてYouTube三昧」

なんてことは許されません。

そんなことをしようものなら後ろにすってんころりんです。

リラックス用のソファなんかがあるとよさそう。

3.机の高さとあわせにくい

当たり前ですが、バランスボールはイスではありません。

なので、高さを自由に変えることはできません。使い方が難しいんですよね。

「むしろ机の高さをバランスボールにあわせる」くらいの気概はもちましょう。

バランスボールをイス代わりにするときの注意

最後に、ちょっとだけ注意点を。

自分の身体にあったサイズにする

自分の身体に接するものなので、合ったものを使いましょう。

ざっくりとですが、サイズの目安はこんな感じ。

  • 〜150cm:45cm
  • 150cm~170cm:55cm
  • 165cm~185cm:65cm
  • 185cm〜:75cm

アンチバーストがついているものを選ぶ

アンチバーストとは、「破裂してもゆっくりしぼむ加工」のことです。

これがないと、バーンと破裂したときに床へドーンと落ちる…かも。

アンチバーストがついているものでも価格は高くないので、ぜひアンチバーストのバランスボールを選びましょう。

ふつうのイスも用意する

これが地味に大事。

たとえば、

  • 集中して作業・読書・勉強などをするとき:バランスボール
  • リラックスしてなにかをするとき:ふつうのイス、ソファなど

のように、使い分けたほうがよさそうです。

結論、バランスボールの上でリラックスはできませぬ。

オフィスとかの作業イスにはぴったりなんですけどね…。

バランスボールの口コミは?

バランスボールをイスにした人たちの口コミをざっくりと。

作業用イスとして、バランスボールはおすすめです

ballanceball-for-chair02
てな感じで、バランスボールはいいぞ、という記事でした。

メリットとしては、

  1. ふだんから姿勢がよくなる
  2. 1時間くらいしか連続で座れないほどの筋トレ効果
  3. デスクチェアよりも安くて経済的

の3つがあります。

逆にデメリットは

  1. はじめのころはゴムくさい
  2. リラックスできない
  3. 机の高さとあわせにくい

という3つです。

1,000円台のものからありますし、

「バランスボール…気になるな…」

というかたは、お試しでどうぞ。

ジャマになったらしぼませれば、そんなにスペースもとりませんよ。

Pocket

2017年7月の目標。月収50万円の維持、コンテンツ・スキルの充実

Pocket

目標はちゃんと月初に立てています。が、ブログにしていなかったので。

  • 月収50万円をキープ(月収70万円を視野に入れつつ)
  • サイト30記事更新
  • コーディングスキルの強化

6月に月収50万円を達成したので、今月はコンテンツやらスキルやらを充実させたいなと。

といいつつ、大きくやることは変わっていません。

あえて言うなら、効率をもっと上げて、生産・学習の量を増やすことでしょうか。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

6月の目標レビュー

  • 月収50万円を視野に入れた事業づくり
  • いなフリ受講生の徹底的な目標達成
  • コーディングスキル強化[5月から継続]

関連:2017年6月の目標。月収50万円へのタッチ、自分以外の目標達成。

月収50万円を達成してしまった

7月末で達成できたらいいかなぁ、どうやってやろうかなぁ、と思っていた月収50万円にタッチできました。

金額としてはバッチリですね。

が、めちゃくちゃ忙しかった…ので、より短時間でガッツリかせぐ仕組みはつくる必要があるなと。

いなフリ受講生の目標も達成できたけど

いなフリ受講生の目標も、おおむね達成できました。

関連:「理想を追い求める?ひとまず稼ごう。」という1ヶ月でした

が、なんとなく受講生に助けられていた感があるんですよね。

どんな目標でも(常識の範囲内なら)バッチコイ、と言えるくらい懐の深さがほしいものです。

コーディングスキルはコツコツのばしています

着々と伸びています。日々お勉強ですね。

徐々に幅も出はじめており、仕事をしながら勉強もできているので、GOODなんじゃないかと。

そのうちデザインもやりたいな…と思っているので、結局のところ最速で最大限に学ぶべしという結論です。

7月の目標はこんな感じです

てな感じで、6月の反省を終えまして、7月の目標へ。

月収50万円をキープ(月収70万円を視野に入れつつ)

月収50万円をたたきだした6月でしたが、もっとラクに稼げるんじゃないかなと。

1クリックで…というようなうさんくさい話ではなく、みんな大好き効率化の話です。

「単純な作業をいかにスピーディにこなすか」あたりから考えはじめておりまして、Pythonをやってみようかと。

タイピングを早くするとか、物理的な効率も大事ですが、パソコンにおまかせするのが早そうだなと。

てなかんじで、大事な仕事だけにしっかり集中できる環境は、早めにつくりたい。

そのへんの考え方は、DEEP WORKがわかりやすくておすすめ。

サイト30記事更新

コンテンツをもっと増やしたい…と100年前から言っている気がします。

忙しさにかまけず、ブログや他のサイトにコンテンツを入れていきたい…!

書き出すと楽しいんですけどね、優先度がどうしても低くなりがち。

コーディングスキルの強化

あいも変わらず継続です。

本で勉強するのもそうですし、サイトを1から作ることも勉強になります。

ということで、お仕事募集しております。

まだまだいけるぞ、という7月です

ということで、大きな方向性は変わらず。

  • 効率
  • 生産性
  • マインド

みたいなお仕事のベースとなる部分を改善する日々です。

どんな仕事にしろ、基盤は変わらない気がするので、そこを磨くと幅を広げたときにも効きそうだなと。

とかなんとか言ってたら、7月も3分の2が終わりそうですね…。

Pocket