ノート

『忘却の整理学』に学ぶ、忘れるというライフハック

Pocket

ぼくって結構わすれっぽいんですよね。

「あのときお前はこんなこと言ってたじゃないか!」と周りの人に言われることもあるのですが、たいていの場合は覚えていません。んで、なんで覚えてないんだよ!とキレ気味で怒られます。

覚えてないものはしょうがないだろと思うのですが…。

一般的に、覚える能力が高い人はすばらしい、そして忘れることは悪いことだといわれます。

そんな世間にのっけから疑問を呈する本が、『忘却の整理学』です。

忘れてもよい。忘れっぽくても、よい頭はよい頭である。それどころか、新しいことを考えるには忘却の助けが必要である。

ひと昔前に流行った『思考の整理学』の続編なのですが、なんともハッとさせられる内容でした。

タイトルの硬さとはうらはらに中身はエッセイ調なので、とくに力を入れなくても読めてしまいます。

忘れることに罪悪感がある人には、とくに読むべし。

スポンサーリンク

ものを覚え続けることは、息を吸い続けるようなもの

ものを覚えることと、忘れることはセットで考える必要がある、と筆者は論じています。

つまり、「覚えて、忘れる」という一連の動作で1セットなのです。

さらに正確に言えば、「忘れてから、覚える」という順序になります。

まず忘れることでアタマの中をキレイにして、それから新しい知識を入れるのがよいと筆者は述べているのです。

勉強したら休み時間をとる、のでは順序が逆で、まず休んで、頭の中をきれいに、いくらかハングリーの状態にしておいてから勉強にする。おいしい勉強なんてあるものではないが、ハングリーなら、まずいものは少なくなる。ハングリーになるにいは腹にたまっているものを排泄すること、つまり、忘却をはたらかすことが不可欠である。

そうなると。まず忘却、そして記憶、忘却してから記憶という順序になる。つねに、忘却が先行しているのが望ましい。人間はながい間、まず、とり入れてひと休み、余計なものを捨てて忘れ、つぎにとりかかるのが順当であるように考えてきたが、残念ながら、一コマズレている。忘却から記憶、忘却から記憶というようにすれば、われわれの頭はずいぶん能力が高まるだろう。

知的メタボによっておこる《専門バカ》問題

あらゆるものが情報化され、日々さまざまなことが意図せずともアタマに入ってくるような時代になりましたが、それと同時に弊害も起こっています。

それは、脳みそがものごと覚えることに偏りがちになることで、思考が止まってしまうことです。

ものを知る、学ぶ、情報をとり入れる。それが頭の中で記憶されて、必要なときの活用を待つ。不要なものは適宜、忘却、排泄されるから、鬱憤、過多症になることはまずない。

ところが、情報化社会になると、入ってくるデータ、知識などは、自然の消化力をオーバーして、増大、保存、滞留するようになる。これが、長期にわたると、余剰な記憶、データが、精神に悪作用をおよぼすようになる。これが、知的メタボリック症候群にほかならない。

知識が多い人ほど考えなくなる!

今までの知識から考えることしかできなくなり、結果として新しいことを考えられなくなります。アタマがおじさんになってしまうということ、とも言えるでしょう。

関連:アタマがかたいおじさんにならないための生存戦略。

とくに、学生や読書家など、知識を入れることが習慣になっている人は注意したほうがいいとのこと。

知識があれば思考で苦労することがない。思考の肩代わりをする知識が多くなればなるほど思考は少なくてすむ道理になる。その結果、ものを多く知っている人は一般に思考力がうまく発達しないという困ったことがおこる。

博学多識の人は、その知識、専門の外へ出るとまるで自己責任の思考、判断、工夫などができなくなってしまうということが実際に珍しくなくなって、《専門バカ》という俗語が出来ている。知識と思考の量は反比例するというのは検討に値する命題である。

「知は力なり」というのはよく言ったものですが、力も持ちすぎるとよくないということですね。

知的メタボにならないために

知的メタボへの対処法としても、筆者は忘却力を高めることをすすめています。

もっとも有効な対症療法は忘却力を高めることである。われわれは生まれながらにして、正常な生活による知識の整理、処理に必要な忘却機能にめぐまれている。だれでも忘れることはできる。よく忘れすぎて、大事なことまで忘れてしまうことさえある。

「継続は力なり」をはきちがえる現代人

継続は力なりという言葉が好きな人は多いです。とくにブログなんて書いている人だったら、みんな言っているんじゃないですかね。

確かに、継続は力なりなのですが、ちょっと考え方をあやまっている場合があると筆者は注意を呼びかけています。

継続は力なり。息継ぎのない継続はときに危険なり。間歇的継続こそ真に力なり、である。

まじめに続けるというのは、時にはよくない結果をまねくことになるというわけです。休み休みやりながら続けることこそが、本当に力になるやり方であると述べています。

忘却による思考の整理がとにかく重要だと、口を酸っぱくしながら述べていますね。ごちゃごちゃしたアタマになりたくなかったら忘れるのです。

良心的、というか、気の小さい人は、ほかのことにかかずらうのは不純といわんばかりに、一心不乱でその問題だけを考えつめるかもしれない。しかし、これは誤っている。そういう熟慮の結果は、しばしば即答とあまり変るところがない。休みなく考え続けていては、雑念を払うことができない。ごたごたした頭はとかく枝葉にとらわれて、根幹が見えなくなっていることが多い。

ノートをとると、覚えるどころか安心して忘れてしまう

ノートがめっちゃキレイな人って、クラスに一人はいるものです。授業の内容が一言一句わかるレベルで徹底的にノートをとる人も見かけます。

しかし、書いて記録する行為は忘れることを促すのです。そういえば、ノートが汚い人のほうが逆に成績はよかったような気がします。

そもそも、文字というものは、ひとつには忘れてはいけないことを書き留めるために発達した表記である。したがって、書けば、安心して忘れられる。記録、文章が残っているから、心配はいらない、そう思うから、忘れるのも早い。

逆に、アタマをキレイにするという観点だと、ノートに残すことが重要であると考えられます。

ぼくが書いている「なんでもノート」についても、書くことでアタマがすっきりする効果は実感していますね。

関連:「なんでもかくノート」を始めて3ヶ月ほどたったので効果とか感想とか。

忘れることでアタマのはたらきは良くなる

忘却をとり入れることで、アタマのはたらきはよくなります。それは、アタマの中がすっきりとキレイになるからです。

忘れることは悪であることが通説ですが、忘れることを忘れていては、覚えることができなくなります。忘却と記憶は1セットなのです。

なにかを忘れることの価値を見直したいと思った一冊でした。

Pocket

想像以上!「なんでもかくノート」を使った効果を解説。

Pocket

「なんでもかくノート」というのをこっそりやっています。

ふと気づいたことから読書メモ、ごはんのレシピまで、ホントになんでも書くノートです。

ソースはこちら。京都大学ではやってるみたいですね。

参考:京都大学で流行中! 「なんでもノート」を使ってQOLと処理速度をあげる方法

ざっくりとした感想ですが、なんだかアタマがぐちゃぐちゃしたときとかに自分の考えていることを書くとスッキリします。

友だちが家にあそびにくると、けっこうな確率で「なにこれwなんでもかくのw」と言われますね。

img_7437

そして、そのたびに適当に「そーだよ。なんでもかくんだよ。」と言うだけにとどまっているので、ここらで効果とか感想とかをまとめておきます。

シンプルに「なんでもかく」だけですが、その効果は想像以上でした。

スポンサーリンク

「なんでもかくノート」とブログの違い

日々の生活で気づいたことや読んだ本のメモはブログにかくことが多く、文字どおり「雑記ブログ」になっているくろろーぐ。

なんでもかくという点では、ブログとノートの役割がかぶっているようにも思えます。

そんなぼくのブログと「なんでもかくノート」の違いは以下の3つです。

  1. 本当になんでも書けるかどうか
  2. サクッと書けるかどうか
  3. 絵や図を使えるかどうか

以下で詳しくお伝えしますね。

1.本当になんでも書けるのが「なんでもかくノート」

文字通り「なんでも」書けるのが、「なんでもかくノート」です。ブログも雑記でなんでも書いてあるとはいえ、記事にならないレベルのことは書きません。

ゆえに、「なんでもかくノート」はTwitter的な使い方になることが多いです。だれにもシェアしないTwitterみたいな。

2.すぐに書ける手軽さ

意外と現代っ子は見逃しがちだと思っているのですが、パソコンやスマホよりもノートのほうがサクッと書きはじめることができるんです。

確かに、長文になってくるとパソコンやスマホで入力したほうが早いです。ただ、つぶやきレベルだとノートの方が意外に早いんですよ。

「おっ!書きたい!」

と思ったときに、ズバッとノートを開いてサッと書くだけ。

スマホからツイートするほどでもないことでも、いったんノートに書き出せばスッキリしますよ。

3.絵や図でメモしたいときにもOK

たまにありませんか?言葉にするよりも絵のほうがわかりやすい、というとき。言葉の前にビジュアルが出てくるというか。

図にした方がラクでしょ、みたいなときはノートのほうが圧倒的に便利です。ベン図とか、なかなかパソコンで書けないじゃないですか。

そんなときでも、紙のノートであればさらさらと書くことができるので、もどかしく思うこともありません。

「目の前のことに集中できる」のが最大のメリット!

以前までは複数のことを同時にやれると思っていたのですが、すぐにキャパオーバーしてしまうことがほどなく判明しました。

なので、一つのことだけに集中するよう努力することに。

そんなときに「なんでもかくノート」にアタマの中をとりあえずメモしておけば、いらないことに気をとられずすみます。

パソコンの使わないデータを外部のハードディスクに移して、動きを軽くするときみたいなイメージ。

最近は、前日の夜もしくは起きてすぐに、一日でやることを全て書き出してから活動をはじめています。

そうすると、「あれ?今日はあと何しないといけないんだっけ…」となることがほぼないので、時間を有効に使えてよいですよ。

まずは適当なノートではじめてみよう

「なんでもノートはじめてみたいけど、やっぱり良いノート買ったほうがいいのかな…」

と思っているかもしれませんが、とりあえずそこらへんのノートでいいんじゃないかと。きばらずにいきましょう。

ヘタにいいノートだと、なんかいいこと書かないと…という考えになりかねません。「どうせ安いんだし、なんでも書いてやれ〜」くらいのほうが習慣にもしやすそうです。

なんでも書くのであればむしろ、そんなに気合を入れずに自然体のほうがよいと思ったので、安いノートをいまは使っています。…単純によいノートを買うのがもったいなかったのもありますが。

とりあえずモヤモヤしたら書く、夜には一日のふりかえりを書いてから寝る、というふうにある程度のルールは決めると続けやすそうです。

個人的な感想ですが、なんでもかくノートを使いはじめてから「意外に自分っていろんなことを考えてるんだ…!」と気づくことになりました。

自分が覚えていないだけでいろんなことを脳みそは忘れていっているみたいですね。

「なんでもかくノート」、興味があればぜひお試しあれ。

Pocket

アイデアが浮かばない!そんなときに試したい5つの方法

Pocket

ブログへのアクセス数を増やしたいときに、まずはコンテンツの数を増やすというのは定石の一つです。要するに、たーくさん記事を書くとアクセスしてくれる人が増えるよ、という話です。

プロブロガーとして有名な、かのイケダハヤトさんも「とにかく記事を書く」ことを重要視されています。

とはいうものの、毎日ブログを書くことはなかなかムズカシイものです。なにせ記事のアイデアが浮かばないんですよね…。

これって別にブログにかぎらずとも、どんなことをしていても起こりうる状況です。

いくらうなってもアイデアが降りてこない…。そんなときに、ぼくがやってみてよかったことを3つにまとめました。

スポンサーリンク

1.いまいる場所から離れる

いまいる場所から離れましょう。「アイデアは移動距離に比例する」という言葉がありますが、あれは同じところにとどまらないほうがアイデアは出てくるという意味だと思っています。

つまり、アイデアが出ない原因は、身の回りの環境が変わらないことにあるかもしれないというわけです。

部屋に引きこもってブログを書いていても、どうしてもアイデアにつまることがあります。そんなときは、ぼくはいったんスーパーへ買いものをしに行くことが多いです。

歩くこともアイデアを出すために有効らしいので、わざと歩いて買いものに行ったりしますね。

「アイデアが出ないたびにいちいち買いものに行ってられるか!」という方は、定期的に水分をとることでトイレへ行く時間を強制的にとるというのも一つの手段です。

2.いったん寝てから考えることにする

アイデアが出ないパターンの一つとして、単純に寝不足ということがあります。アタマを働かせるために、睡眠は必要不可欠なものです。

ぼくの場合、とりあえずパソコンを閉じて寝ます。そのまま机につっぷして寝るか、自宅なので布団で本格的に寝るかします。

いったん寝てしまうと、とりあえずアタマがすっきりします。そうすると、単純な話ですがアタマの回転が早くなります。アイデアを出すまでの思考の整理がしっかりできるようになります。

アイデアといっても、結局は論理の積みかさねです。いきなりひらめくなんてことは、よっぽどの天才でもない限りほとんどありませんよ。

そのため、「いま自分のアタマはちゃんと働いているのかどうか」は常に考えるべきでしょう。

3.本やネット記事を読んで知識をインプットする

自分のアタマに知識があることは、アイデアを外に出すために大切なことの一つです。というか、まず知識がないとアイデアは出ません。アイデアが天から降りてくる、なんてことはないんですよ。

アイデアを出すための作業に集中していると、意外と知識をとりいれる作業をないがしろにしている場合が多いです。

これは日々の積みかさねもありますが、アイデアを出す段階で知識を探すことも必要です。そのほうが「いま必要な知識」は探しやすいですからね。

アイデアは道ばたに落ちているものではありません。とりあえず、ググりましょう。だいたいの知識はGoogle先生が持っていらっしゃいます。

4.なんかとりあえず書いてみる

パソコンで書くことをしていると忘れがちなのが、自分でペンを持って書くこと。

「パソコンの方が早く書けるだろ」とは思いますが、それとアイデアが出るかどうかにはなんの関係性もないんですよね。

いくら早く書いたところで、アイデアが出なければ意味がありません。目的は早く書くことではなく、よいアイデアを出すことなので、必ずしもパソコンで打ちこむ必要はありません。

紙に書くことで脳に刺激がいくのか、はたまたパソコンと比べて紙のほうが自由になんでも書けるからなのか、アイデアが出てきます。

個人的には、「情報の整理はパソコンで、アイデア出しは紙で」という方法がよいのかなと思っています。書いた情報がバラバラになったりなくなったりしないので、ノートに書いたほうがよいかと。

有名どころだと、モレスキンとかがよいんですかね。なんでも一度使うと次も使いたくなってしまうらしいので、一回使ってみたいようなやめておきたいような…。

5.他の人と会話をして考えを整理する

自宅にこもっているとなかなかムズカシイのですが、他の人と会話をすることで新たなアイデアがうかぶことはあります。

人と話すことで自分にはなかった考え方やアイデアを得ることができます。三人寄れば文殊の知恵ということわざもあるように、一人で考えるよりも何人かで考えたほうがよいのです。

また、チームでアイデア出しをしている場合には、チーム外の人と話しましょう。身内とはまた違った視点からの意見を聞くことができるはずです。

他の人と話すさいに重視したいのが、「時間を大切にすること」です。相手の時間をもらっているということは忘れないようにしたいものです。

制限時間をもうけることで、自分にとってもメリハリのある会話ができます。ダラダラとアイデアを考えるよりも、時間を決めてやったほうが成果が出やすいんですよね。

アイデアが浮かばないときは、なにかを変えよう

すべての方法に共通しているのが、「なにかを変えている」という点です。現状維持ではアイデアはなかなか出てきません。

場所なのか、体力なのか、知識なのか、書き方なのか、人なのか。ポイントは様々ですが、どの方法も何かしらを変えています。

ただし、「これを変えれば絶対にアイデアが出る!」という方法はありません。あしからず。

とにかく試してみてダメだったら別の方法を、という風に試行錯誤をくり返す必要があります。イスに座ってウンウンうなっていればアイデアが出てくるんなら苦労はしないんですよ。

ブログを書くにしろなんにしろ、アイデアを出す際には試してみてください。

Pocket