チーム

2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指します。

Pocket

  • 今年は月◯◯万円かせぐ!
  • 海外へ移住する2018年にする!
  • やせてキレイになる!

など、年初らしく意識のアルプス山脈が立ち並ぶなか、

「2018年どーしよっかなー」

と思っている方、こんにちは。ぼくも2018年をどうするか決めるのに、意外と時間がかかっちゃいました。

というのも、仕事に追いかけ回されていた日々でして。自分のことを広くながめてなかったんですよね。それが年末年始で少しは余裕が出てきまして、長い目で見るチャンスができました。

んで、『そうだ、2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指そう』と思い立った次第であります。

スポンサーリンク

「自分がすでにできること」は誰かにまかせる

「新卒ぶぜいが1年たらずで集めた方法論に、価値なんて1ミリもないよなぁ」

と思っていたのですが、「すごい!」と思ってもらえることもあるとわかりました。具体的には、タスクや健康の管理、サイト制作やライティングのスキルなどです。

未完成であることを自覚しているからこそ、自分の全てを疑ってガンガン改善できたのかなと思っています。(というか、単純にオタクなんですよね。やるからには極める、的な。)

で、話を戻しますと、自分ができるようになったことは他の人に教えてやってもらいたいのです。ただ、会社を作るとかそういう話ではなく、現時点ではフリーランスどうしでゆるいチームを作れたらなと思っています。

もちろん「ゆるゆるダラダラやろうぜ」という話では一切ありません。

「いくつのチームを行き来できるレベルの依存度」という意味で”ゆるいチーム”という言葉を使っています。むやみやたらにチームをデカくしてもしょうがないので、最小限で最大の成果を出せる形を見つけられたらうれしいですね。

ちょっとした予想:複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増える

あくまで個人的な予想ですが、複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増えるんじゃないかなと思ってまして。言い方をわきまえずに言うと、コミュニティの使い分けが出てくる(というか、出てきている)と思うのです。

フリーランスって、仕事のコミュニティがほしいんですよね。1人で仕事するのが寂しかったり、仕事をシェアしたかったりと、理由はさまざま。しかしながら、今まではフリーランス自体が少なくてコミュニティができにくかったのです。

が、最近フリーランスが増えていることで、徐々にフリーランスのコミュニティが増えてくるんじゃないかなと思っています。

身近なところでいくと、ぼくが住んでいるまるも周辺にはPont!(ポント)というフリーランスコミュニティがありまして。入ったり運営したりしているわけではないので詳しくはわかりませんが、Pont!公式ページから引用すると

Pont!とはフリーランス向けのコミュニティです。

普段ひとりで仕事をしているフリーランスが集まり、気軽に相談できたり、案件の共有ができるコミュニティです。

とのこと。

近くで見ていて「いい感じのコミュニティだなー」とは思いますが、単一のコミュニティに属するのってリスキーだとも思っています。(というか、なににしろ「単一であること」はリスキーだと思っています。単一民族国家に住んでるというブーメランは無視しましょう。)

で、「純粋なフリーランスコミュニティってまだまだ少ないし、コミュニティはいろいろあったほうがいいよね」と考えて”ゆるいチーム”を作ろうと思ったわけです。

目指すのは時給1万円

で、チームを作りながら自分の価値をガンガンに上げたいとも思っていまして。定量的な目標として「時給1万円」を掲げています。ちなみに今は5000円くらいです。

昨年は「新卒でフリーランスでも稼げることを証明してやるよ!」と思って、体力と物量のかぎりを尽くして勝負していました。ただ、それって学生のときとやり方が変わらないんですよね。

いくら効率化したところで、結局は24時間のあいだでの効率アップでしかないんです。ガリッガリに効率よくしても、どこかで限界にぶち当たります。

仕事ばかりでインプットや考えを深める時間が少ないと感じていたこともあり、時間あたりの単価をガンガン上げようと思った次第です。

大事なのは「お金を稼いだ先に何があるか」

やれば稼げることは昨年で証明したと思ってて、次は稼いだお金をどう使うか考える段階かなと。

痛感しているのですが、お金って稼ぐよりも使うほうにセンスがいるんですよね。

「酒!女!高級車!タワマン!」

みたいにあぶく銭として使っても、あんまり意味ないですし、センスもない(興味もない…)

なので、今後は

  • かける時間を減らし、かせぐお金を増やす
  • つかうお金を減らし、かせぐお金を増やす

みたいな考え方で時間とお金をかせぎながら、新しい事業に手をだすのが楽しそうかなと思っています。ひとまずは、AIがほぼ自動で運用してくれる投資サービスをはじめました。

なんとなくですが「自給自足で生活コストを限りなくゼロに近づけて、仕事ではガンガンにかせぐ」みたいなライフスタイルが最強なんじゃないかと。やりたいことはまだまだ増えるばかりですね…!

ものづくり系とか、食べもの系とか、アート系とか、いろいろと興味は広がるばかりでありまして、ネット以外のこともやってみたいなと企んでいたりします。たぶん直近でやることはなさそうですが。

ひとまずはその一歩目として『”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指す』1年にしようと思ったわけであります。

さて、あなたは2018年をどんな1年にしたいですか?ちょっと時間をとって考えるだけでも、意外とアイデアが浮かぶものですよ。

Pocket

チームで情報共有していないと命がいくらあっても足りない。

Pocket

ライターをはじめてはや3ヶ月ほど。ありがたいことにお仕事を何件かいただいています。

しかし、チャットやメールを通して思っていることを伝え合うというのはなかなか骨が折れるものです。

ライターをしておきながらアレですが、「日本語力が欠けている…」と猛省することもしばしば。

ただ、ぼくは個人でやっているので、情報共有という意味では楽ちんです。ひとりなので共有もへったくれもありませんからね。

問題は、お仕事の相手がチームだったときのことです。情報共有の大切さをひしひしと感じましたね。

スポンサーリンク

「相手は何人いるんだ!?」「わ、わかりません!」

メールとチャットの両方でやりとりをしながらする形のお仕事を受けていたときの話でした。

一般的にメールの本文というと、以下のような形式で届くことが多いです。

黒田 様

お世話になっております。
◯◯(所属や肩書)の□□(相手の名前)と申します。

〜要件〜

以上、よろしくお願いいたします。

□□(相手の名前)

この時点で「冗長でめんどくさい…」とは思うのですが、それはまた別の機会にお話できればと。

メールとチャットの両方でやりとりをしたお仕事での問題は、相手の名前がちょくちょく変わることでした。

やりとりをしていると、ちょくちょく山田(仮名)が鈴木(仮名)になったり、そこから田中(仮名)になったりするのです。

(ぼくの脳内)

「おい、いったい相手は何人いるんだ!?」

「わ、わかりません!」

「次のメールは誰にあてて書いたらいいんだ!?」

「わ、わかりません!」

「くそー!全軍突撃せよー!!」

もはや、あたまの中はパニックです。いったいぼくはだれとやりとりしているんだ状態でした。

混戦になったので、契約解除しました

結論として、おんなじことを何度も相手に伝えなければならなかったので、時間のムダだと思い契約を解除しました。

そして、またその契約解除のこともチームで共有できていないようで、「来月もよろしくお願いいたします。(ニッコリ)」と何度メッセージが来たことか…。もうウンザリでした。

作業時間から考えるとわりのいいお仕事でも、コミュニケーションコストを考えるとむしろわりに合わないこともあります。今回の件がまさにそうでした。

時給換算だと500円くらいなんじゃないかな…というくらいメールやメッセージで何度もおんなじやりとりをしていました。ぶっちゃけちょっとハゲた気がします。

チームで情報共有していないと、命がいくらあっても足りない

結論、Facebookメッセンジャーなり、チャットワークなり、Slackなりを使えばいいんじゃない?という話なのです。

ただ、それ以前に「情報共有は時間の大幅な節約になる」という意識をもつべきではないでしょうか。相手にとっても、自分にとってもメリットなんですから、やるに越したことはありません。

ムダなやりとりばっかりしてたら命がいくらあっても足りませんよ。

チームで情報共有していないというのは、手紙しかない時代だったら暗殺されるレベルです。

これだけネットが発達してもイライラするんですから、一回のやりとりに何週間もかかるときならなおさらです。

かけるべきところに時間をかけられるように、どんなに大きなチームでも丁寧な情報共有を心がけたいものですね。

Pocket

目的を先に決める必要なんてこれっぽっちもない。

Pocket

なにかにつけて「その目的は?」という人、ぼくもたまにそうなります。いや、目的を定めることは大切なんですけどね。

目的を定めることにこだわるあまり、その場で足ぶみしているだけで満足していませんか?

まだはじめてもないのに、達成感を味わったりしていませんか?

そんなお話です。個人の目的の話になるので、チームでの目的とは別ものだと考えてくださいね。

スポンサーリンク

目的を先に決める必要性はまったくない

新しいことをはじめる際に、なんでもかんでも先に決める必要はまったくありません。目的に関してもそうです。

「なんのためにやるの?」ということを考えるのは、確かに大切です。ただ、目的を考えているだけでは1ミリも前に進んではいないのです。

目的がないと新しいことをはじめられないような人になりたくない、と最近思います。自分が賢くなればなるほど、行動する前に考えてしまうようになりますので。頭でっかちというやつですね。

「〜のために・・・をやろう!」と始めることを否定しているわけではありません。最初から目的ありきでものごとを始めることももちろんよいことです。

ただ、自分がやろうと思ったことに対して、「目的は?」というその疑問で足ぶみをしてしまう必要はまったくないと言いたいのです。

当初、このブログを書く目的はなかった

このブログを書き始めたときを思い起こすと、たいした目的はなかったような気がします。あったかもしれませんが、現時点ですっからかんに忘れてしまっているので、なかったのとほぼ同義です。

ただ、書いていくうちにブログの思わぬよいところに気づいたことで、はっきりした目的が生まれました。それが「発信力をつける」ことです。

ぼくは将来は故郷である福井県でなにかしたいなあ、と常日頃からぼんやりと考えています。その際に発信力を持っていると強いんじゃないか、と高知県を訪れたときに思ったのです。

関連:田舎に圧倒的に必要なチカラは、ブロガーがもっている。

田舎とブログというのは思いのほか相性がよく、将来やりたいことにつながるニオイがしました。

結果、ブログを書く確固たる目的は、ブログを書き始めてから1ヶ月ほどたったときに見つかりました。

やってみてから目的を決めたっていい

やってみてから目的を決めたっていいんですよ。最初は直感ではじめたっていいんです。「なんとなく」という感性大切。

ぼくたちはついつい頭で考えてしまいがちですが。「なんかたぶんやったほうがよさそう」くらいの感覚が生まれたときに、見切り発車してしまうくらいでよいのではないでしょうか。

むしろ、やってみたからこそ本当の目的が見つかり、やっても意味がない場合はそれを気づくことができるのです。やらないことには気づかないことだらけです。

最近、まわりの友人がブログはじめようかなーなんて言ってくれるものなので、適当にはじめたらいいんじゃないか、と思った次第でした。目的はあとからついてきますよ。

Pocket