タクシー

人身事故で終電を逃した!そんなときは冷静にタクシー代をもらうべし

Pocket

「終電…なくなっちゃったね。」

男なら生きてるうちに一度は聞いてみたいセリフではありますが、自分が言うとなると話は別です。

終電を、しかも知らないだれかのせいで逃した!とイライラするのもわかります。ただ、冷静に手続きをしたらちゃんと帰宅できる場合があるんです。

「じゃあ、朝までいよっか…(一人で)」と悲しい結末を迎えないためにも、事故で終電を逃した場合はしっかりタクシー代をもらいましょう。

スポンサーリンク

タクシー代をもらうには「代行輸送依頼書」が必要らしい?

ここからは、終電を人身事故で逃してもタクシー代を負担することなく、かつタクシーに乗って家まで帰る方法を説明します。

なんでも、タクシー代をもらうには「代行輸送依頼書」なるものが必要なようで。

必要なもの

駅からのタクシー代をちゃんともらうためには、お金を払って電車に乗ったという証明が必要です。たとえば、以下のようなものが当てはまります。

  • タクシーで帰りたい駅が行き先のきっぷ
  • ICカード(SuicaやICOCAなど)の記録

とにかく、どこかの駅から電車に乗った結果こうなったということを証明する必要があります。

乗車したのが無人駅…なんてイレギュラーな場合は、どうなんですかね。駅名と時間帯をちゃんと言うことができれば大丈夫だとは思いますが。

必要な手続き

で、肝心のタクシー代をもらうために必要なのが「代行輸送依頼書」です。

「代行輸送依頼書」は、必ず駅の改札を出る前にもらいましょう。

そうしなければ、どこかの駅から電車に乗ってきたことを証明しづらくなりますからね。「本当は電車に乗ってないんじゃないですか?乗車を証明できるものを出してください」と言われて困る前に、手続きを済ませてしまいましょう。

「代行輸送依頼書」があれば、無事に帰ることができます。現場はバタバタしているかと思いますが、どうか冷静に対処してください。

実際、そんな依頼書はなかった

で、ここまで説明しておいてアレなんですが、ぼくが実際に人身事故で終電を逃したときには、依頼書なんてものはありませんでした。

ざっくり流れを説明すると、こんな感じ。

  1. 改札を出る前に、同じく終電が消えた人たちの列へ並ぶ
  2. 行き先を駅員さんに説明すると、だいたいの行き先ごとに並ばされる
  3. 4人くらいずつタクシーに乗って輸送される

なんの書類ももらうわけでなく、タクシーで送っていただきました。

こちらとしては、「代行輸送依頼書、見たかったなー…。」という感じ。

行き先を家にすることはできるの?

ケースバイケースではありますが、ぼくの場合はできました。

駅員さんは「駅までしか送れませんので!」とおっしゃってたんです。

が、タクシーの運転手さんは「いやー、タクシーなのに駅までしか送れないって、そんなことあきまへんやろー」と、全員を目的地まで送ってくださいました。

運転手さんがいい人だっただけかもしれませんが、ぼくの場合はいけました、とだけ。

タクシー代はだれが出してくれてるの?

あなたがタダで乗ったタクシーの代金、たぶんすべて人身事故で亡くなったかたの親族が払っているのでしょう。

よく言う「電車に飛び込むとすんごいお金がかかる」理由は、止まった電車に乗っていた人の保証をするためでもあるのです。

身をもって人身事故を体験すると、「絶対に電車を止めるようなことはしたくないな…。」と思いますよ。

焦らず、怒らず、ちゃんと帰ろう

終電ということもあり、よっぱらっている人や疲れている人がそこかしこでイライラしているかもしれません。

実はこの記事を書いているいま、じっさいに終電を人身事故で逃しているんですw

実際、車掌さんに怒鳴っている人や、一人でブツブツ文句を言っている人がちらほらといらっしゃいます。

ただ、イライラしても電車は動きません。冷静に、だれとももめずに、確実に手続きをふんで家に帰りましょう。

Pocket

タイで快適に移動したいなら、UBER(ウーバー)一択です。

Pocket

前に日本でUBER(ウーバー)を使ったことはありましたが、今度は海外でもUBERをたのんでみました。

個人的に、海外旅行で最も不安になるのがタクシーなんですよね。

  • 本当に目的地へ向かってるの?
  • 変なところに連れられないか心配
  • 料金をぼったくられるんじゃないか…

とまあ、こんな不安をUBERはサッと消し去ってくれるので、安全に旅行したいかたにはおすすめですよ。

スポンサーリンク

アプリでポチッと呼ぶだけ

UBERはアプリを使って車を呼ぶので、道で流しのタクシーを探す必要はありません。

アプリ上で目的地を設定すれば、すぐに近くの車がブィーンとやってきます。

登録など詳しい使い方に関してはこちらの記事をどうぞ。

関連:はじめてのUBER(ウーバー)で、運転手さんにあれこれ聞いてみた。

流しのタクシーの不安をことごとく解消するUBER

海外で流しのタクシーに乗るとなれば、次のような不安がつきまといます。

  • そもそも本物のタクシーなのか
  • 目的地ではないところに連れて行かれないか
  • ツアーなどの営業をしつこく(場合によっては強引に)されないか
  • 料金をぼったくられないか
  • 英語はちゃんと通じるか

UBERであれば、以上のような不安はまったくありません。

乗車前にアプリ上ではっきりした値段を提示してくれて、目的地にきちんと向かってくれます。

しかも、ドライバーの個人情報もきちんと管理されているので安心です。

ドライバーを評価するシステムもあり、乗車前にドライバーの評価を確認できるのもいいですね。

タイのチェンマイでUBERに乗ってみた

UBERでチェンマイ空港まで向かいました。海外初UBER。

アプリでUBERを呼ぶと、こんな感じでリアルタイムの位置情報と到着までの時間を確認することができます。

  • どんな顔をしたドライバーか
  • どんな車で来るのか

もわかるので、

「頼んだはいいけど、UBERと出会えなかった…」

となることはまずないでしょう。

んで、空港までスイスイ~っと送っていただきました。

アプリ上で目的地がわかっている状態での乗車なので、「どこいくの?」とかは聞かれません。

しかもクレジット決済なので、財布を出す必要はなし。

今回は空港までだったので、一律150バーツ(450円くらい)でした。

が、同じくらいの距離(だいたい車で30分くらい)で空港までじゃなければ50バーツくらいだそうな。

…トゥクトゥク乗るより安いような。あれ、おかしいな?

海外の移動が不安なときは、UBERを使ってみよう

海外のUBERに限った話ですが、タクシーなどの移動手段と比べても値段はそこまで変わりません。

場合によっては、UBERのほうが安いかも。

それでいて

  • 安心・安全
  • 会計も楽ちん
  • 目的地はアプリ上で表示される(言葉で伝えなくてもいい)

など、メリットはたくさんあります。

しいていうなら、登録のときに個人情報を入力するがめんどくさいくらいですかね。

でも、それも初めだけですし。

とても便利なサービスなので、ぜひぜひ使ってみてください。

招待コードを入力すると、初回利用がお安くなります

以下のプロモーションコードを入力すると、初回利用時に割引を受けることができます。

その額は都市によって違うようですが、ものは試し。

海外でも快適な移動をしたいなら、UBERは非常によい選択ですよ。

UBERやGrabなど、いわゆる「配車サービス」の規制が強まっており、違反をとられたり、場合によっては禁止になるという話も。

とはいえ、くり返しになりますがUBERのサービス自体はとっても便利です。

いやー、これはタイのトゥクトゥクとかタクシーとか、いずれなくなっちゃうんじゃないかな…。

Pocket

はじめてのUBER(ウーバー)で、運転手さんにあれこれ聞いてみた。

Pocket

このあいだ、はじめてUBER(ウーバー)を使いまして。

めちゃくちゃざっくり説明してしまうと、UBERとは「ハイヤーを呼べるサービス」です。しかもアプリを使ってポチー、ですよ。それで車を呼べてしまうという。

最近は、UBER EATSという出前のサービスもはじめたりとなにかと話題を欠きません。

前々から気になっていたこともあって、「いつかUBERを呼んでやるぞ…!」と一人で燃えていたのです。

ただ、なにせ今のところ東京でしか利用できないので、大阪在住のぼくとはタイミングが合いませんでした。

そして先日、ついに念願のUBERに乗ることができたので、興奮のあまり運転手さんを質問攻めにしてしまったということの運びであります。

スポンサーリンク

アプリでポチーっと呼んでみる

使い方としては、アプリを使ってポチッと呼ぶだけです。すると、UBERの車内にあるタブレットに通知が来て、それに運転手さんが応答するという形です。

料金の支払いはクレジットカードからの引き落としなので、事前にアプリからクレカを登録しておくとスムーズにいきます。

GPSでこちらの現在地を判断して迎えに来てくれるので、「どこそこの近くで〜」みたいなめんどくさい説明を電話でするなんてことは不要。

今回は10分でこちらまで来てくれるようです。

img_7489

だんだん高まるぼく

車の位置に関してはGPSを利用しているので、当たり前なのですが、リアルタイムで近づいてくるのがわかります。

最初の利用だったので、UBERが近づいてくるにつれて、だんだんぼくの方も高まっていきます。ついに来るぞ…!みたいな。

img_7490

UBERが来た!!

もはや興奮と緊張でスクショすら5分前からあとは残っていないのですが、UBERが到着します。

img_7491

UBERが到着すると、アプリから通知が来るので見逃すことはありません。

到着したのが任侠映画でしかまじめに見たことがないような黒塗りのセダンでビビり倒していたのですが、ドライバーさんはいたって物腰やわらか。

ドライバーさんが車内から出てきたあとは、軽く自己紹介をして、ぼくの名前を確認します。

確認が済んだところで、乗車。自分で呼んだくせに、この時点でぼくは緊張でガチガチです。

リラックスしてきたところで、勝手に質問タイム

乗車後、「遅くなってしまってすみません!お待たせしました。」とドライバーさん。

ドライバーさんの物腰のやわらかさもあり、緊張はすぐになくなりました。

そこで、勝手ですが質問に移らせていただきました。

Q.どんな人が使っているのか

ネット界隈ではわりと話題になっているUBERですが、大学の友人でも知らない人が多い印象があり、世間的な認知度は高くはないのではと推測しています。

実際にどんな人が使っているのでしょうか…。

ドライバーさん(以下「ド」):そうですねぇ。お客さん(ぼく)のような20〜30代の方が日本人では多いですね。ただ、観光でいらっしゃっている外国人のかたが一番多くて、だいたい6割くらいでしょうか。

ぼく:外国人の方が一番多いんですね…!

:ええ、UBER自体がアメリカ発のサービスということもあって、外国人の方が多いです。そして、20〜30代の日本人の方が3割くらいですかね。

ぼく:(あれ…1割たりない気が…)

:そして、残りの1割はというと、芸能人の方がお使いになられます。しかも、旬の芸能人の方です。たとえば◯◯さんとか△△さんとか。

ぼく:へええ…(ガチで旬じゃん。)

:あぁ、そういえばちょうどついさっきまで◯◯さんがいまお客さまのいらっしゃるところに座っていましたよ。

ぼく:あsdfghjkl(驚きのあまり言語能力を失う)

Q.酔っぱらいのおじさんは来ないの?

タクシーというと、酔っぱらいのおじさんが「ヘイ、タクシィー」と呼んでいる印象がどこかしらあります。

そんなタクシーの競合と言われているUBERには、酔っぱらいのおじさんはUBERに乗らないのでしょうか…。

:まあ、ご乗車されることはありませんね。おそらくですが、UBERというサービスがあることすら知られていないと思います。スマホアプリに詳しい年代の方しか乗らない、といっても過言ではありませんよ。

ぼく:ほぅ…。じゃあ、面倒なトラブルになることは少ないんですね。

:ええ。しかも、UBERだとクレジットカードで本人確認が取れていますので、もしトラブルがあったとしても対処がしやすいんです。

ぼく:確かに。

Q.ぶっちゃけ、距離が短い客ってイヤじゃないの?

タクシーだと嫌がられることも多い、移動距離が短い客。

今回ぼくは歩いても30分くらいの距離を移動するためにUBERを使ったのですが、実際イヤじゃなかったのでしょうか…。

:ドライバーの評価項目に、「お客さまからの通知への応答スピード」というものがあります。これは、お客さまに対していかに素早く応答できたかということを評価されているということです。

ぼく:ふむ…。

:つまり、お客さまに対してUBERがどれだけ素早く丁寧なサービスをするか、という点をドライバーの評価システムの中に入れているんですよ。

ぼく:サービスの向上とドライバーのメリットが一致しているというわけですね…! すごいな…。

Q.前職はタクシードライバーだったの?

すごく物腰やわらかで、こちらの質問に対しても丁寧に答えてくださるドライバーさん。

どういう経緯でUBERのドライバーになったのかが気になります。やっぱり、前はタクシーのドライバーさんだったのでしょうか。

:いえ、前は飲食チェーン店の店長をしていました。その後、UBERのドライバーになった、という感じですね。

ぼく:意外ですね…。タクシーの運転手さんをされていたのかと…。

:いえいえ。タクシーの運転手だけにはなりたくない、と今でも思っています。

ぼく:まじすか。UBERのドライバーはタクシーの運転手さんとは違うんですね。

:ええ、違いますね。まず、UBERの場合はお客さんをこちらから捕まえなくてもいいんですよね。アプリに通知が来たら応答するだけで大丈夫なので。タクシーの列に並んで客待ちをする、ということをする必要は一切ありません。

ぼく:ああ、確かに。

:しかも、現金を用意する必要がありません。全てクレジットカードでの支払いですので、タクシー強盗のような心配もないです。

ぼく:(そもそも、黒塗りのセダンに強盗しようとか思わないんじゃ…)

:さらに、タブレットがナビになっているので、道を覚えなくてもいいんですよ。お客さまに道を聞くなんてことももちろんありません。

ぼく:タクシーの運転手とは全然違うんですね…!

結果、UBERは快適すぎた

ドライバーさんを質問攻めにしていると、目的地に到着しました。

「またのご利用をお待ちしております!」とドライバーさん。最後まで丁寧すぎるほどのサービスで、これはまた使うやつだ…!

決済はクレジットカードによって口座から引き落とされるだけなので、スムーズに降車することができます。

また、降車後はアプリ上でドライバーさんを評価するシステムになっています。もちろん、大満足の星5つ。

おそらく、この評価もドライバーさんへの報酬に関係している気がします。

どれだけユーザーのためになるサービスができたかという点を、とにかく重視しているサービスだなと思いました。と同時に「これはタクシー業界やばいんじゃない?」と思いました。

ユーザーとしては「これを機にタクシーのサービスとか料金とかがもうちょっと改善されたりしないかな」とか思ったり。

「タクシーのサービス改善が先か、タクシーがUBERに駆逐されるのが先か」みたいな構造になっていくと、ユーザーとしてはハッピーなのですが、タクシー屋さんとしてはなかなか大変そうです…。

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

※運転手さんのプライバシーもありますので、一部内容にフェイクやモザイクを入れています。
※あくまで運転手さん一個人の経験談ですので、UBER全体の話ではない場合もあります。

Pocket