コラム

みんな「フリーランスで不安ないの?」くろぽん「不安がないことってあるの?」

Pocket

新卒でフリーランスになったこともあってか

「フリーランスって不安じゃないの?」

と聞かれることがちょいちょいあります。

そりゃ、ありますとも、不安。

ただ、思うんですよね。

「逆に、生きてて不安がないことってあるの?」と。

スポンサーリンク

不安=未完成であること

  • 進学
  • 就職
  • 結婚
  • 老後

などなど、人生にはいろんな不安がありますよね。

それは自分が未完成なことからきている不安がほとんどです。

カンペキなら不安なんてないはず。ただ、そもそもカンペキなどないのです。

ぼくからすれば不安なコトがないときのほうが、その場で足踏みしてるんですよ。不安がないように見えているってことは、進んでいない証ですからね。

不安がない、なんてことはないはずなのに、不安がない。それって不安じゃないんですか?(ややこしい)

不安は「考えるための原動力」

ぼくにとって不安は、ちゃんと考えるためのエネルギーだったりします。

不安になりすぎて動けないようではいけませんが、ちょうどいい不安は自分を前に進めてくれますよ。

テスト前とかそうじゃないですか。

「単位とれるかな…留年したくない!勉強するぞ!」

みたいな。

フリーランス的に言えば、

「来月のお金がない…死にたくない!働くぞ!」

みたいな。(もうちょっと考えるべきでは…とは思いますが)

進化に必要なのは、適切な恐怖です。ギリギリでアグレッシブさを失わないレベルの不安がベストだと思っています。

ちゃんと不安をコントロールできてる?

話をまとると、

  • 人生に不安はつきもの
  • 不安も前進するエネルギーに変えられる
  • 不安をコントロールする身体・精神づくり

という感じです。

不安に飲まれるときって、だいたいカラダ・ココロのどちらかがうまく機能していないんですよね。

というわけで、最近はもっぱらコンディションづくりに力を注いでいます。

栄養の勉強をしたりだとか。

筋トレの勉強をしたりだとか。

マインドフルネスの勉強をしたりだとか。

多くのかたが安心して人生を送りたいと思っているかもしれません。

しかし、本当に大事なのは不安とうまくつきあうことです。

完全な安心なんてものは、ないんですよ。これまで生きてきて、完全に安心したことはありましたか?

まずは不安をしっかり見つめることが大事。んで、自分の原動力にする力をつけましょう。

不安とか焦りとかをうまくコントロールできることが、生きていくうえで大切だなと思う今日このごろです。

Pocket

タダでヨーロッパへ行ける話により、卒業旅行ついに決定か…?

Pocket

タダでヨーロッパに行ける話がありまして。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-5-21-02

世界一周団体TABIPPOという会社が運営するメディアで見かけた記事なのですが、これは…!となりました。

卒業旅行でどこへ行くのか、うんうんと悩んでいた矢先のことでしたが、これはヨーロッパへ行くしかないでしょ。

今まで行き先が決まらなかったのは、これを発見するためだったんですね。なるほどなるほど。

スポンサーリンク

ヨーロッパへの渡航費・移動費がゼロ…!?

今回のキャンペーンでもらえるものとしては以下のような感じです。要するに、渡航費と移動費をはらってもらえるわけですよ。

  • ①ユーレイルセレクトパス2等 (2カ月間の内、8日間お好きな日付でご利用頂けます。)
  • ②ヨーロッパ行き往復航空券

予定をがちごちに組まれた、ツアー的な感じではないのもGOOD。

観光地をひたすらまわらされてヘトヘトになる旅は好きじゃないので、むしろチケットだけのほうが好都合です。

自分の行きたい場所、見たいもの、食べたいものに所持金を惜しみなくつっこめるのは最高のひとことに尽きます。

タダで行くには、条件があるらしい

ただし、チケットをもらえるのは条件を満たした応募者のなかから抽選で2名です。

その条件とは以下のとおり。

・対象年齢: 満18歳以上27歳以下の方(ご旅行開始時点)
・募集人数: 合計2名様(ペアでの応募、1名様での応募、どちらも可)
・旅程: 2017年02月10日~2017年03月20日中にご旅行可能な方
※ただし搭乗日は平日のみとさせていただきます。
※お友達やカップルでの応募も大歓迎です♪

・1日に少なくとも1回、指定ハッシュタグを付けインスタグラムへ写真を投稿できる方。
・ご帰国後旅行中の日記またはコラム(写真付き、動画も可)を1週間以内に提出できる方。
・有効なパスポートを所持している方。
・ご自身で考えたヨーロッパ2カ国以上を周遊する旅程を事前に提出できる方。
・コラム掲載時にご自身のお名前(ペンネーム可)・顔写真を出せる方。
・帰国報告と撮影物(動画、写真など)の納品していただける方。

募集記事のタイトルにも「ユーストラベルライターを募集」とあるように、旅の途中で写真をとって発信することや帰国後にコラムをつくることが条件です。

対象国はざっとこんな感じ

旅程に組みこむことができる国はざざっと以下のとおりです。線路が通っているヨーロッパの国、といったところでしょうか。

フランス・ドイツ・スイス・イタリア・スペイン・ポルトガル・ベネルクス※・オーストリア・ハンガリー・チェコ・ルーマニア・デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・ギリシャ・アイルランド・スロベニア&クロアチア※1ブルガリア・トルコ・ポーランド・スロバキア・セルビア&モンテネグロ※1

※1:オランダ・ベルギー・ルクセンブルクは3つで1ヶ国(ベネルクス)扱い、スロベニア&クロアチアとセルビア&モンテネグロは2つで1ヶ国扱いとなります。

旅する国はヨーロッパ27か国の中からお好きな2~4か国を選択可能!

複数国が一カ国あつかいになっているところを選んだほうがおトクなのかな、とか考えたりしながら決めていきます。

鉄道で移動するんだし、ちゃんと陸続きになっている国を選んだほうがいいのかな…。

…敵が増えるな。

こんな風に調子にのって、ブログに書いたりなんかしてると応募者が増えますよね。つまり、敵が増えるのです。

でも…ブログのネタにしたかったし…これで選ばれたら楽しいじゃないですか…。

どうせ記事自体がもう3800PVくらいあるので、激戦にはかわりがないんですよ。

全体のPVのうち5分の1がぼくみたいに何度もページに訪れている人、彼らを引いたのこり5分の4のなかで仮に半数が応募するとしましょう。

3800 × 4/5 ÷ 2 = 1520人

ざっくり1500人、どれだけ少なくても1000人が2枠を争うんですよ。もう何人でもどんとこい。

というわけで、興味のある方はぜひ。タダでヨーロッパに行ける…かも。

渡航費・移動費ゼロ♡ヨーロッパを旅してくれるユーストラベルライターを募集します!

カテゴリ:卒業旅行

Pocket