就活の会社説明会でなにをメモするか不安になった話をしたい

「説明会でみんなメモしてるけど、いったい何をメモしてんの…?」

と思っている方。ぼくも会社説明会に行っているのですが、熱心にメモしまくっている就活生って1人は絶対いますよね。なにをメモしたらいいのやらわからないぼくにとっては、もはや大学の宿題でもしてんじゃないかってレベルでした。

説明会にいる就活生ひとりひとりに「ねえ、なんのメモしてんの?ねえねえ見せてよダメ?」と話しかけてもいいのですが、十中八九ウザがられそうなので自分で考えてみました。

「説明会でのメモの取り方、ポイントを知りたい!」

と思っているかたは、以下で一緒に考えていきましょう。

「説明会 メモ 取り方」で、とりあえずググってみる

「えっ、そんなにメモすることある…?話してることよりメモのほうが多くない…?なにをメモしてるの…?」

と説明会で思ったことは数知れず。

てなわけでまずはググってみます。「説明会 メモ 取り方」で調べたところ、会社説明会やセミナーでのメモの取り方が出てきました。

会社説明会・セミナーの際に就活ノートに書く項目としては下記のものが挙げられるでしょう。

  • 会社名、スピーカー社員の部署名、名前
  • 説明会・セミナーの内容
  • 説明会・セミナーでの気付き
  • 会社についての印象分析

引用:失敗しない就活ノートの作り方【説明会・セミナー編】|就活総研

なんかピンと来ないですね…。あなたはこれを見て「そうか!メモの仕方がわかったぞ!」となりましたか?

説明会は意思を決める場所にしているので、ぶっちゃけ社員さんの名前とかセミナー内容とか書いてもしょうがないなと思いました。

以下で詳しく説明しますね。

「名前を覚えてますよアピール」は効果があるのか

スピーカー社員の部署名・名前をメモしたほうがいい理由は、説明会で話す社員はその会社のエース社員であることが多く、のちの面接でも話す可能性が多いからだとか。

要するに、覚えていますよアピールができるということでしょうか。効果…あるんですかね。

そういえば、まだスピーカー社員の自己紹介にもかかわらず、親のかたきかのようにメモしている就活生がいたような気もします。とはいえ、その社員さんとまたお会いしたときに名前をたずねればいいんですよ。

「以前の説明会で◯◯の話が印象に残っておりまして…」みたいな感じで。

むしろ、名前よりも

  • 社員さんの顔
  • 印象に残ったエピソード

メモしておくべきです。いくら名前をメモしても、顔を忘れては元も子もありませんし。

企業説明会は「その会社を受けるべきか」決める場所

ぼくは説明会を「ダイレクトに話を聞いて、受けるかどうか決めるところ」だと思っています。そもそも、ぼくは事前にインターネットでその企業のことを徹底的に調べて、話を聞きたいと思った企業の説明会だけに行ってるんです。

星の数ほどある説明会に直感で行っていては、お金も時間もスッカラカンになっちゃいます。すると、おのずと企業のことを調べますよね。

会社についてカンペキに調べておくと、そんなにメモすることがないです。むしろ、たくさんメモをとると見返したときにどこが要点なのかわからなくなりますよ。

メモは印象に残ったところだけでいいでしょ

結論、メモはポイントをしぼったほうがよい派です。いくら大量にメモしても、要点がわからなければそのメモはなんの意味もありません。大事なところを探す時間ももったいないです。

それに、そもそも書いたメモを見なおすのかという問題はありますよね。ぐちゃぐちゃに書いて見返す気も失せた経験があるかたもいるのでは?

説明会では、あとで見たときに「企業に対して自分がどういう印象・考えをもったのか」というその場でしか感じられないことだけメモすべきです。説明会の内容も印象に残ったところだけでOKでしょう。社員さんの名前や部署名は書かなくても大丈夫。直接しゃべるときに聞けばいいです。

何十社とエントリーするのが普通の時代です。山ほど聞かなければならない説明会で、ノートを使いきらんばかりに大量のメモをしてもしようがありません。一社一社の選考を丁寧に受けるためには、どこかで効率を求める必要があります。時間を大切にしながら就活をしたいと思う今日このごろです。

「就活ってもっとラクにできないの…?」

と思っているかたは、「就活がつらいキミへ。楽に就活を終えるためのサービス厳選まとめ」をご一読ください!

また、メモについては「想像以上!「なんでもかくノート」を使った効果を解説。」という記事も書いています。