新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

札幌の近くで観光するなら「モエレ沼公園」が半日でまわれてオススメ

来てみてわかったのですが、北海道って観光地が点在してるんですよね。北海道はでっかいどー、というのがもはやシャレで済まないレベル。本気でデカイ。

とにかく移動で時間がかかるので、サクッと観光したいとなると札幌時計台とかになりがちです。日本3大がっかりですが…。

なんとかして札幌周辺で観光したいな…と思ったときは「モエレ沼公園」がおすすめです。

札幌駅から地下鉄とバスで1時間かからないくらいの場所にあるので、半日あれば余裕で観光できてしまいます。

ぼくは一人でぐるぐるまわりましたが、家族連れやカップルにもおすすめです。かなり広大なので、人がごちゃごちゃすることもなく快適ですよ。

到着したら、レンタサイクルを探しましょう

モエレ沼公園に到着したら、まずはレンタサイクルを借りれる場所を探しましょう。北海道らしい広大な敷地なので、歩いてめぐろうとするとひどい目にあいます。

そして、変なところから公園に入ると、レンタサイクルを借りるまでに疲れ果てることになります。バス停「モエレ沼公園東口」から入っていけば問題ないはず。

料金は、2時間で200円でした。ぼくはサクサクとまわったので、2時間でちょうどよかったです。

のんびりまわりたい場合は3時間がベストでしょう。2時間よりあとは、1時間ごとに100円ずつ加算されていくシステムです。

イザム・ノグチ設計の建築を心ゆくまで楽しめます

「地球を彫りたい」と語り、実際に地球を彫ってモエレ沼公園をつくり上げたイザム・ノグチ。モエレ沼公園では彼の建築を存分に楽しむことができます。

ガラスのピラミッド。中にはギャラリーやレストランなどが併設されています。そして、でかい。
img_7346

道中に見つけた作品。レンタサイクルで通ることができます。
img_7348

こちらはさっきのものより通りにくそう。
img_7350

そして、こちらは通れません。
img_7349

アーティスティックなすべり台。
img_7353

アーティスティックすぎて遊び方がわからない遊具たち。
img_7354

アーティスティックすぎる遊具…かと思いきやトイレ。
img_7384

「モエレ山」です。ゴミと土でつくられた人口の山。もともとゴミ処理場だったところを公園にしたとのこと。
img_7367

噴水ショーも楽しめます

時間が合えば、「海の噴水」でショーを楽しむこともできます。海をテーマにしていて、波打ち際にいるような錯覚すら覚えます。

豪快な水量。夏は涼しくて気持ちいいかと。

25mの高さがあるそうで、こちらまで水しぶきが飛んできます。
img_7372

ショートプログラムと、ロングプログラムがあるそうで。
img_7374

注意:まわりはなにもありません。

地図で見るとわかりますが、モエレ沼公園のまわりにはなにもありません。歩いて行ける範囲にはコンビニすらないのでは?と思うほど。

なので、食べものは事前に買っていくのがよいでしょうね。モエレ沼公園の芝生はキレイに整備されているので、芝生に座っておにぎりとか食べるのもよさげです。

先述のとおり、ガラスのピラミッドにはレストラン「ランファン・キ・レーヴ」が併設されています。が、値段が攻めの姿勢なのでフラッと入るにはつらい。

ミシュランに掲載されているような名店なので、むしろそれを目当てにするのもよさそうですが…。

食べログ:ランファン・キ・レーヴ (L’enfant qui reve ) – 札幌市東区その他

お弁当をもって、ピクニックがベスト

家族連れ、友人と一緒、などであればお弁当をもってピクニックがベストでしょう。

キレイに整備された芝生のうえで、シートを広げて昼ごはんとか最高ですね。一人ではちょっと…ですが。

逆に一人で行く場合であれば、市街地でごはんを食べてから行くことをおすすめします。ぼくはなにも食べて行かずに後悔しました。

札幌でサクッと観光したい、というときには参考にしてみてください。