新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

就活生が気になるお給料。それで生活の豊かさは決まりません。

就活をしていると、やっぱりなんだかんだ気になるのがお給料の話。いくら働きがいのある企業でも、お給料が出てこその働きがいというところはあると思います。

しかし、お給料が高ければ高いほど、本当に生活は豊かになるのでしょうか。

会社員は働いた時間に対してお金をもらっている

会社員は働いたことに対してお金をもらっているわけではありません。働いた時間に対してお金をもらっています。そうでないと、残業代の存在理由がわかりません。

早くおわった人よりも仕事がおわらない人の方がたくさんお給料がもらえるというのは、単純に考えておかしいです。時間給のバイトでダラダラ仕事をしているのとまったく同じです。

仕事に対して対価が支払われた方がすべて効率的な気がするのに、そうはいかないのにはなにか理由があるのでしょうか。不思議です。

必ずしもかせぐ額が重要とはいえない

かせぐ額ばかりを見ていると、豊かさとはかけはなれていく場合もあると思います。なぜなら先ほどの話のように、いまの会社は時間給だからです。

会社員としてたくさんお金をかせごうとすればするほど、自分の時間がなくなっていきます。

あたりまえですが、時間には限りがあります。時間をめいいっぱい使って、お金をかせげるだけかせいで人生終了なんてのはぼくはごめんです。

働いてばっかりでお金を使うところがないというのも、なんともつまらない人生です。

また、意外と考えないのが可処分所得の話です。簡単にいうと、収入から費用を引いた「自分が自由に使えるお金」のことです。お給料よりもぼくはこちらのほうが大切だと思っています。

例えば、外資系コンサルに就職して、六本木のマンションに住んで、毎日働きづめで、たまの休みは同僚や先輩と派手に遊ぶという生活。結局、自由に使えるお金はどれだけあるのでしょうか。

同僚の金銭感覚というのも重要です。それが自分の使う金額に大きく関わってくることは間違いないと思います。

「つきあい悪いなあ」と思われてもかまわないという方は別でしょうが、ほとんどの場合は会社の人とのつきあいで、同僚と同程度のお金を自分も使うことになるでしょう。

ぼくの考える、会社員としての「豊かさ」

時間とお金のバランスが取れていること、それが会社員としての「豊かさ」なのではないかとぼくは思います。

時間給で働く以上は、お金をかせぐために時間がとられるのはしょうがないことです。なので、そのお金を使う時間とのバランスなのかなと思っています。

会社員になる以上、お金と時間のバランスをとることは避けることのできない問題なのではないでしょうか。俗にいう「仕事とプライベートのバランス」というやつです。

決して、毎日むちゃくちゃ働いて、お給料をガッツリかせぐことが豊かになる道だとは思いません。働くときは働く、楽しむときは楽しむというメリハリをどれだけつくれるかが豊かさのカギでしょう。

就活でも、つい説明会を入れすぎてバタバタしてしまいがちですが、メリハリをつけることを忘れずにいたいものです。