新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

他人の時間を大切にできる人に、ぼくはなりたい。

他人の時間を大切にできない人、多いんですよね。

遅刻する人とかもそうですし、関係ない話を永遠にする人とかもそうです。

現代人は忙しいと言いますが、実際は時間を大切にできていないことがその忙しさの原因になっているのではないでしょうか。

時間を大切にできているか、いったん見なおしてみましょう。

お金よりも時間が大切

あなたは、お金と時間のどちらが大切ですか?

ぼくが大切にしているのは、圧倒的に時間です。

お金は時間をうまく使うことで限界なくかせげる可能性があります。しかし、時間はかせぐにしても絶対に限界があります。人間は必ず死にますので。

そう考えたときに、本当に必要なことがしぼられて来るのではないでしょうか。その飲み会、必要ですか?という話です。

やりたくもないことに時間をとられて「忙しい」「時間がない」と言っている人を見ると、「当たり前じゃん」と思います。

自分の使ったお金を家計簿に書くように、自分が1日のうちで何にどれだけ時間を使っているのかを見直したほうがよいでしょう。

これをするだけで、ムダにしている時間を洗い出すことができます。

秒レスは時間を大切にする行為

ぼくは基本的に秒レス(すぐに返信を返すこと)を心がけています。返信が早い、とほめられることもしばしば。

参考:「秒レス」できてる?ぼくが秒レスを心がける3つの理由

秒レスをするようにしているのも、時間を大切にしたいからです。自分の時間はもちろん、相手の時間も大切にする手段です。

秒レスをすることによって、相手が返事を待っている状態をなくすことができます。

そして、こちらとしては後で返事を返すことを覚えておかなくてよくなります。そうすることで、返事を忘れることもなくなりますし。

このように、すぐに返事を返すだけでも、時間を大切にすることはできます。

大切にすることで時間は生まれる

時間がないと常に言っている人は、時間を大切にできていないだけです。どんな人であっても、1日は24時間です。これは変えようのない事実です。

おもしろいのが、忙しい人が必ずしもお金持ちではないということです。お金を持っている人の方がヒマそうにしていたりすることも。

ただし、お金持ちの人は共通して、時間を大切にしています。これはまぎれもなく事実です。

時間がないアピールをいくらしたところで、時間は生まれません。秒レス、遅刻をしないといったことで時間を大切にしていると、時間は生まれてきます。

大学生のように時間があり余っているなかなか時間を大切にする感覚は身につけにくいのかもしれませんが、徐々に身につけたい感覚の一つですね。