[大阪]絶品天ぷらが食べられる、夜の名店「天市」に行ってきた。

Pocket

大阪には、夜から明け方にかけて営業している天ぷら屋さんがあります。

それがこちらの「天市」。七福神のでっかい絵が目印です。

img_7446

今回は「深夜に天ぷら」というなんとも背徳感のあるシチュエーション。

絶品の天ぷらを食べたいときにはぜひ立ち寄りたい名店です。

スポンサーリンク

絶品天ぷらとご対面!

お店は10席ほどのカウンターなのですが、運よくすんなりと入ることができたので早速オーダーしていきます。

一応、カウンターにメニューを置いているのですが、壁などいたるところにメニューがあるので、キョロキョロしながら食べたいものを考えましょう。

img_7442

そして、箸や調味料といっしょに置かれている紙に食べたいものを書いていきます。

img_7445

「天ぷら盛り合わせ」「貝柱」あたりを注文。

「鰆のたたき」がオススメとのことだったので、そちらも書いたのですがすでに売り切れていました。今度は開店直後をねらって行こう…。

注文してから15分くらいで天ぷらが登場しました。一気にドーンとやってきます。大迫力。

img_7440

こちらの天つゆにつけて。大根おろし入りでさっぱりといただくことができます。

img_7441

注文の紙などといっしょにおいてある調味料をかけてもおいしいかと。抹茶塩、カレー粉、ゆかりなどなど、調味料のバリエーションが豊かでした。

アサリの貝がらは下に捨てる!?

天ぷらといっしょに「貝汁(アサリのみそ汁)」を注文していたので、そちらもいただいていきます。アサリがもりもり…というかほぼアサリです。

img_7438

アサリを食べたあとの貝がらは地面に捨てていくのがこのお店のスタイルで、どのお客さんもポイポイと貝がらを捨てていきます。

img_7439

なんだか悪いことをしている気分になりますが、それもまた楽しい。

貝汁を飲みきったところでお会計をして、お店をあとにします。

自分が捨てた貝がらをバキバキとふみながら退店。オシャレなくつをはいてくるには不向きでしょう。

深夜の天ぷらは禁断の味だった

「天市」では、新鮮な食材をその場で揚げたての天ぷらでいただくことができるので、どれを食べても絶品でした。

あと、個人的な感想ですが、深夜の天ぷらっておいしいんですよね。物理的にはもちろんのこと、心理的にもおいしい天ぷらといいますか。

実は、本当に行きたかった「大吉」という天ぷらのお店が定休日だったのでフラッとよったのですが、「天市」も負けず劣らずおいしかったです。

「18:00〜翌6:00」というロングラン営業なので、夜に天ぷらが食べたくなったときにはぜひ。

店舗情報

天市(てんいち)
営業時間:18:00~翌6:00
定休日:月曜日
TEL:072-228-9898
住所:大阪府堺市堺区栄橋町2-4-28 堺魚市場内

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。