新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

入学3ヶ月でウェイ系大学生への道を諦めたぼくの大学生活を公開。

高校3年生のぼくは、キラキラした大学生活に思いをはせていました。

毎日ワイワイして、ガヤガヤして、ワイワイして…というなんともフワフワしたイメージでしたが、大学生ってさぞかし楽しいんだろうなぁと想像はふくらむばかり。

そして、大学受験を無事に終えて、入学です。これからの輝かしい大学生活へのワクワクが止まりません。

と思っていたのもつかの間、半年どころか3ヶ月でウェイ系大学生への道を諦めました。ウェイ…。

そこからおよそ3年が経過した現在のぼくの大学生活を公開します。ウェイ系をあきらめた大学生の行く末や、いかに。

毎日なにかを作っています。

文系だから…というよくわからない言い訳をしなければ、文系だろうがなんだろうがモノをつくることができます。

このブログだってそうです。サーバーを借りて、そこにWordPressを入れて…としましたが、文系だからできないなんてことはなーんにもありませんでした。

最近は友人たちと流しそうめんを竹からつくったりしています。夏なので。実験してみたら、意外と傾斜はゆるめでいいことがわかりました。水は思いのほかいい勢いで流れてくれました。

竹を置くための台をどうするかはまだ考え中です。安くて安定した台がほしいな…。

家で本を読んでいます。

大学生は本を読まないなんて話もありますが、どこ吹く風。家で読書しまくっています。引きこもりといわれると、否定はできませんね。

話したことを忘れるのが目的なの?というくらいめちゃくちゃな飲み会に行くくらいなら、本と飲みものを買いこんで家でまったりするほうがよっぽど楽しいです。

最近はKindleを導入したことで読書習慣がさらに加速しました。新しいモデルも出ましたし、これからさらにストアが充実する予感。

思ったよりも無料本におもしろい本が多いので、読む本の数は増えましたがむしろ出費は減っています。

普通に有名タイトルが無料だったりして、びっくりなんですよね。利益が出ているのか心配になるレベル。ブラックジャックによろしくとかも全巻無料です。

青空文庫も充実しているので、文豪たちが遺した不朽の名作も無料です。そしてますます家から出なくなっていく…。

非常識なくらい本が安かったり無料だったりするので、冗談抜きでAmazonや作者の方の利益が心配ですがガンガン利用していますw

バイトもお家でしています

大学生と言えばアルバイト!バイト仲間!まかないオイシイ!…と言いたいところなのですが、バイトもお家でしています。

クラウドワークスランサーズといったような、クラウドソーシングを利用しています。

無料で登録して、仕事を完了したときに手数料をとられる形なので、詐欺とかもなく安心です。

家から出ることなく仕事ができるので、移動時間をとられることなくすぐにお金をかせぐことができます。

ぶっちゃけ移動時間ってムダなんですよね。有効利用できるから…と言う方もいますが、外出の準備をしている時間がそもそももったいないという。

「仕事とれるのかな…」と思っちゃう人が多いでしょうが、意外ととれちゃいます。まずはサイトでどんな仕事があるのかながめてみることをオススメします。登録は無料ですし。

ムリして合わせなくても楽しいよ。

自分が楽しいと思っていることをしたら楽しい。大学生活ってそれだけのことです。これだけ自分が楽しいと思うことを突きつめることができるのも、大学生の醍醐味ですよね。

ムリしてまわりに合わせるのは、ぶっちゃけ大学生活のむだ遣いです。楽しかったらまあいいんでしょうが、がんばってウェイウェイしなくても他にやり方はいくらでもあります。

大切なのは、まわりを気にしないこと。自分の趣味嗜好によってまわりの環境は変わるものです。前は仲良しだった友だちと趣味が合わなくなってもしょうがないと思っています。

関わりがなくなったらなくなったでいいじゃないですか、またどこかで会うかもしれませんし。がんばって関係を維持することもないんじゃないかなと。

友だち1,000人!出会いに感謝!とはなっていませんが、一緒に楽しみを共有できる友人がいれば大学生らしさとかどーでもいいですよ。大学生らしさとか、しょせんただの主観です。

とりあえず流しそうめんを成功させたい一心で、最近は大学生活を送っています。