信用してはいけない!お金まわりがゆるい人の特徴3つ

Pocket

ぼくの中で「絶対に信用してはいけない」人の基準みたいなものがありまして。

それは、お金まわりのことがきちんとできない人です。これホント。

お金についてガバガバな人って、他のことでもガバガバな人が多かったりします。

銭ゲバになれとかそういう話ではありませんが、お金のことに関してはちゃんとやっていきたいものですね。

スポンサーリンク

お金まわりがゆるい人の特徴3つ

お金まわりがダメな人には以下の3つの特徴があります。

  1. お金の話をぜんぜんしない
  2. お金の話になるとフワッとした話し方になる
  3. 時間にもルーズなことが多い

個人的にこのうち2つが当てはまってくると「おや〜?」と思うようになりますね。

1.お金の話をぜんぜんしない

一般的にお金の話にはどこかタブーな感じがあるのか、話をすすめていてもお金のことに触れようとしない人は多いです。

が、あまりにもお金の話をしない人は要注意。

そもそもお金に対する意識が低いことが多いので、注意しながら見守る必要があります。

2.お金の話になるとフワッとした話し方になる

お金のことになると急にフワッとした話し方になる人は、十中八九アカン。

一番ダメなのは「だいたいこれくらいの値段で〜」とか言いながら確定してこないパターンで、9割がた確信犯。

どうしても値段がわからない場合はもちろんありますが、「いや、決めろや」とツッコミを入れたくなったら警戒しておいて損はないでしょう。

3.時間にもルーズなことが多い

遅れるのがデフォ、みたいな人はお金についてもテキトーなことが多いです。

逆に、時間を大切にしている人はお金にもきっちりしています。二度手間をはぶきたいからでしょう。

時は金なりとはよく言ったものですが、時にルーズな者は金にもルーズなりとも言えますね。

別に1円単位でワリカンしたいわけじゃないけども

カネカネ言っておりますが、「1円単位でガチガチに決めようぜ!」というわけではありません。

そんなところまで気にするわけではありませんが、しめるところはちゃんとしめていたい、というだけなのです。

それに、お金がどうこうよりも、信用がどうこうというのが大切なところです。信用は大事。

お金をきっちりすることは信用をつくること

人間なのでまちがったり忘れたりすることはありますよ、そりゃ。

ぼくだってお金をはらうのを忘れてたりすることがあります。逆に、飲み会のお金をもらった瞬間にわすれてしまって、「もらったっけ?」と聞いたこともありましたね…。

ただ、その後にどうするかによって信用がなくなったり、逆に信用ができたりします。

もちろん、信用ができるのはお金のことがきっちりできている人です。

少々のお金のことでも、ないがしろにはしたくないものですね。自戒を込めて。

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。