新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

【実体験】就活前にやるべきこと5つ【やっておけばよかった…とならないために】

「まだ就活までは時間があるけど、やっておいたほうがいいことってなんだろう…」

と思っている方。

一般的に言われている”就活前にやっておくべきこと”って、インターンや留学、資格の習得などですよね。これらの活動をしていれば、ひとまず他の就活生よりは一歩抜きん出ることができます。

とはいえ、他の就活生も考えることは同じ。だとすると何をしたらよいかわからなくなりますよね。

そこでこの記事では、ぼくが就活前にやっておいてよかったと思うことをランキングでまとめました。どれも実体験です。

変わったこともやっているので、他の就活生と差別化したい方はぜひご一読ください!

第5位:全国各地に友だちをつくった

「就活までに各地に友人をつくるそ!」という理由で友人をつくったわけではもちろんありません。が、全国各地に友人がいるのは就活においてかなり心強いです。

というのも住んでいる地域によって就活事情はかなり異なっており、全国からナマの就活情報を仕入れることができます。自分の大学の友人だけだと、かなり片寄った就活情報を仕入れているんですよね。

ぼくの場合、各地に友人がいるので、就活が全体的にどのようなうごき方をしているのかを把握できました。全てを把握しているとは限りませんが、全国的にみたおおよその自分の位置もはかることができます。

サクッと各地に友人を作るなら、リゾートバイトがおすすめ

てっとり早く各地に友人をつくりたいなら、リゾートバイトがおすすめ。日本全国のリゾートを選ぶことができて、バイトをしながら、遊びながら、全国各地の友人を作ることができるという、まさに一石三鳥のアルバイトです。

しかも宿泊や食事、水道光熱費がタダなので、リゾバならお金を節約しつつ稼ぐことができます。

リゾートバイトを探すなら「はたらくどっとこむ」がおすすめです。業界No.1の高時給でガッツリ稼ぎながら、友人をつくることができますよ。

第4位:イベントを企画、開催した

ぼくは自分でイベントを企画したり、開催したりしています。

それによって、結果的に就活の役に立つスキルがつきました。例えば、

  • 「ゲストと打ち合わせをして意見をすり合わせるスキル」
  • 「イベントの予算内に全てをおさめるスキル」

などです。大学に通っているだけでは身につかないスキルなんじゃないかなと。

意識高いなー、と言われることもしばしばあります。が、所詮ガヤなので気にしなくてOKです。

ちなみにですが、イベントのテーマは昆虫食だったりしました。意識高いですか?コオロギ、美味しいですよ。

第3位:カフェバーで店長をした

IMG_4201
↑店長をしているぼくです。

ぼくは週間マガリというカフェバーで店長をしていました。店長といっても1日店長で、どちらかというとイベント主催者に近い感じ。

これのなにが就活に役立つの?と思う方もいると思いますが、意外に役立つんです。

まず、社会人慣れします。当然ながら、バーには大人の方がたくさんいらっしゃいます。

詳しくは言えませんが「学生生活では絶対に出会えないな」という方もちらほら。するとどうなるかというと、たいていのイレギュラーには対処できるようになります。

つまり、面接でどんなことを言われても対応できるスキルがつきます。イレギュラーもどんとこい。

次に、関係性をつくるスキルがつきます。

年齢も職業も違う方との関係性をつくるのは、学生にはなかなか難しいです。なぜならやったことがないから。学生のうちに年齢も職業も違う方との関係をつくる経験をするのはそう多くないです。

しかし、面接で話すのは年齢も職業も違う人です。普段から関係性をつくるスキルを身に着けていると、面接官ともすぐに打ち解けることができます。

最後に、お酒に関する知識がつきます。社会人の方は大学生よりもお酒好きな方が少なくありません。ちょっと間が空いたときに好きなお酒の話で盛り上がることができます。そして、飲みに連れていってもらえることも…あるといいなあ(願望)

第2位:ビジネスコンテストに出た

これもまた「意識がお高い」と揶揄されそうなことですが、ビジネスコンテストはぶっちゃけ参加してよかったです。良かった点は以下の3つ。

  1. ビジネスについての知識がついたこと
  2. 各地に友人ができたこと
  3. 社会人の方とのつながりができたkと

まず1つ目が「ビジネスについての知識がついたこと」です。ビジネスコンテストですから、当然ですがビジネスについて四六時中考えることになります。

ぼくは「寝言でなんかビジネス用語っぽいことを言ってたよ」と友達に若干引かれたくらい、ビジネスのことについて考え尽くしていました。そうすると、当然ですがビジネスや会社についての知識がつき、就活でも結果的に有利になっています。

そして2つ目が「各地に友人ができたこと」です。全国各地からビジネスコンテストに参加するために学生が集まっていたので、さまざまな地域に住んでいる友人ができました。各地に友人をつくることのよさについては「第5位:全国各地に友だちをつくった」をお読みください。

最後に3つ目が「社会人の方とのつながりができたこと」です。就活のことについて相談できるのはもちろん、美味しいご飯も食べれます。ビビるくらい美味しいご飯を社会人の方は食べているんだな、と思いました。就活生のみなさん、社会人の方は美味しいご飯食べてますよ(ボソッ)

社会人とご飯を食べつつ就活をするならニクリーチもおすすめ。人事に焼き肉をおごってもらいつつ、会社の深い話も聞けるという、一石二鳥のサービスです。

ふつうの就活では聞けない話や人事とのつながりを求めている就活生の方にもぴったりですよ。

当然ながら登録は無料なので、気軽にチャレンジしてみてください。

第1位:資格をとっておいた

世の中コネだ人脈だといいながら、最後に自分を守ってくれるのは資格です。ぼくは商学部に所属していることもあって、1年生のときに簿記を2級までとってしまいました。

社会人になってから資格を取ろうとすると、仕事と並行しながらになるので時間がかかります。ぜひ学生のうちに簿記やファイナンシャルプランナーなどの資格を取ってしまいましょう。

資格の勉強法については独学でやるのもいいですが、効率よく勉強するなら講座の受講がおすすめ。試験までのスケジュールを個別で考えてくれたり、プロの講師の方に教えてもらえたりするので、独学よりも進歩が早いです。

簿記なら「AVIVAの簿記経理講座」、FPなら「AVIVAのファイナンシャルプランナー講座」がおすすめ。

就活前にいろんな経験をして、自分だけのオリジナリティを出す

今回紹介したのはぼくが就活前にやっていたことのほんの一部です。全体のなかでも特に「就活でも役に立っているな」と思ったことを紹介しています。ほかにもいろんなことをしていて、それらも全て就活の役に立っているといえる部分はあります。

なので、このランキングのほかにもいろんなことをしてみることをおすすめします。自分だけの経験を武器に、就活をクリアしましょう!

短期集中で就活を終える方法は「就活で楽になりたいなら、短期集中でやるべき。ダラダラしないための方法を具体的に紹介します。」で紹介しています。気になる方はこちらもご一読ください。