アイデアが浮かばない!そんなときに試したい5つの方法

Pocket

ブログへのアクセス数を増やしたいときに、まずはコンテンツの数を増やすというのは定石の一つです。要するに、たーくさん記事を書くとアクセスしてくれる人が増えるよ、という話です。

プロブロガーとして有名な、かのイケダハヤトさんも「とにかく記事を書く」ことを重要視されています。

とはいうものの、毎日ブログを書くことはなかなかムズカシイものです。なにせ記事のアイデアが浮かばないんですよね…。

これって別にブログにかぎらずとも、どんなことをしていても起こりうる状況です。

いくらうなってもアイデアが降りてこない…。そんなときに、ぼくがやってみてよかったことを3つにまとめました。

スポンサーリンク

1.いまいる場所から離れる

いまいる場所から離れましょう。「アイデアは移動距離に比例する」という言葉がありますが、あれは同じところにとどまらないほうがアイデアは出てくるという意味だと思っています。

つまり、アイデアが出ない原因は、身の回りの環境が変わらないことにあるかもしれないというわけです。

部屋に引きこもってブログを書いていても、どうしてもアイデアにつまることがあります。そんなときは、ぼくはいったんスーパーへ買いものをしに行くことが多いです。

歩くこともアイデアを出すために有効らしいので、わざと歩いて買いものに行ったりしますね。

「アイデアが出ないたびにいちいち買いものに行ってられるか!」という方は、定期的に水分をとることでトイレへ行く時間を強制的にとるというのも一つの手段です。

2.いったん寝てから考えることにする

アイデアが出ないパターンの一つとして、単純に寝不足ということがあります。アタマを働かせるために、睡眠は必要不可欠なものです。

ぼくの場合、とりあえずパソコンを閉じて寝ます。そのまま机につっぷして寝るか、自宅なので布団で本格的に寝るかします。

いったん寝てしまうと、とりあえずアタマがすっきりします。そうすると、単純な話ですがアタマの回転が早くなります。アイデアを出すまでの思考の整理がしっかりできるようになります。

アイデアといっても、結局は論理の積みかさねです。いきなりひらめくなんてことは、よっぽどの天才でもない限りほとんどありませんよ。

そのため、「いま自分のアタマはちゃんと働いているのかどうか」は常に考えるべきでしょう。

3.本やネット記事を読んで知識をインプットする

自分のアタマに知識があることは、アイデアを外に出すために大切なことの一つです。というか、まず知識がないとアイデアは出ません。アイデアが天から降りてくる、なんてことはないんですよ。

アイデアを出すための作業に集中していると、意外と知識をとりいれる作業をないがしろにしている場合が多いです。

これは日々の積みかさねもありますが、アイデアを出す段階で知識を探すことも必要です。そのほうが「いま必要な知識」は探しやすいですからね。

アイデアは道ばたに落ちているものではありません。とりあえず、ググりましょう。だいたいの知識はGoogle先生が持っていらっしゃいます。

4.なんかとりあえず書いてみる

パソコンで書くことをしていると忘れがちなのが、自分でペンを持って書くこと。

「パソコンの方が早く書けるだろ」とは思いますが、それとアイデアが出るかどうかにはなんの関係性もないんですよね。

いくら早く書いたところで、アイデアが出なければ意味がありません。目的は早く書くことではなく、よいアイデアを出すことなので、必ずしもパソコンで打ちこむ必要はありません。

紙に書くことで脳に刺激がいくのか、はたまたパソコンと比べて紙のほうが自由になんでも書けるからなのか、アイデアが出てきます。

個人的には、「情報の整理はパソコンで、アイデア出しは紙で」という方法がよいのかなと思っています。書いた情報がバラバラになったりなくなったりしないので、ノートに書いたほうがよいかと。

有名どころだと、モレスキンとかがよいんですかね。なんでも一度使うと次も使いたくなってしまうらしいので、一回使ってみたいようなやめておきたいような…。

5.他の人と会話をして考えを整理する

自宅にこもっているとなかなかムズカシイのですが、他の人と会話をすることで新たなアイデアがうかぶことはあります。

人と話すことで自分にはなかった考え方やアイデアを得ることができます。三人寄れば文殊の知恵ということわざもあるように、一人で考えるよりも何人かで考えたほうがよいのです。

また、チームでアイデア出しをしている場合には、チーム外の人と話しましょう。身内とはまた違った視点からの意見を聞くことができるはずです。

他の人と話すさいに重視したいのが、「時間を大切にすること」です。相手の時間をもらっているということは忘れないようにしたいものです。

制限時間をもうけることで、自分にとってもメリハリのある会話ができます。ダラダラとアイデアを考えるよりも、時間を決めてやったほうが成果が出やすいんですよね。

アイデアが浮かばないときは、なにかを変えよう

すべての方法に共通しているのが、「なにかを変えている」という点です。現状維持ではアイデアはなかなか出てきません。

場所なのか、体力なのか、知識なのか、書き方なのか、人なのか。ポイントは様々ですが、どの方法も何かしらを変えています。

ただし、「これを変えれば絶対にアイデアが出る!」という方法はありません。あしからず。

とにかく試してみてダメだったら別の方法を、という風に試行錯誤をくり返す必要があります。イスに座ってウンウンうなっていればアイデアが出てくるんなら苦労はしないんですよ。

ブログを書くにしろなんにしろ、アイデアを出す際には試してみてください。

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。