新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

iPhoneから乗り換え。Huawei「mate9」を買ったのでレビュー

「iPhoneを使ってるけど、そろそろAndroid端末にしようかな…HuaweiのMate9ってどうなんだろう…」

と思っている方、こんにちは。

実は、つい最近モサモサしたノロマなiPhone5からAndroid端末に買いかえまして。

中国メーカHuawei(ファーウェイ)の「mate9(メイトナイン)」という機種にしました。

ぶっちゃけ

「中華スマホってどうなの?あやしい…」

とも思ったのですが、いざ使ってみるとサクサク快適です。

iOSからAndroidへの乗りかえでもありましたが、大きく困ることはありませんでした。

  • SIMフリースマホがほしい
  • 今までiPhoneだったけど、Androidも試してみたい
  • 画面の大きなスマホを使いたい
  • 写真をバッチリとれるスマホがいい
  • 安くてハイスペックな、コスパ抜群のスマホにしたい

このように考えているかたは、mate9がオススメ。

スマホの買いかえを考えているなら検討する価値ありですよ〜。

Huawei(ファーウェイ)ってどんなメーカー?

「中国メーカーのスマホ…あやしくない?危険じゃない?バッテリー爆発しない?」

と考えているかたもいるかと思います。ぼくもそうでした。

日本ではまだなじみが薄いHuaweiですが、実は

  1. Apple
  2. Samsung(サムスン)

に続く、世界シェア3位のメーカーなんです。びっくり。

もはやSONY、SHARPなどの日本メーカーよりもシェアが大きいんですね…。

世界中で使われているだけあって、安心感があります。

ざっくりとHuaweiについて説明したところで、さっそくmate9を開封していきます!

思った以上にリッチな外装

中国製のスマホということで、かなり偏見がありましたが(箱がダンボールなんじゃないか、とか…)。思った以上に高級感がある箱です。

パカッと開けると、すぐにmate9とご対面。

付属品が充実していてこれまた驚き

付属品はこんな感じです。

  • 保証書
  • クイックスタートガイド
  • 充電器
  • イヤホン
  • 充電ケーブル
  • SIMピン
  • 変換アダプタ
  • 本体ケース

なんと、本体ケースが付属してるんです。驚き。

いちいちケースを買い足さなくてもオッケー!と言いたいのですが、角しか守ってくれません。

なので、Amazonで別のものを買いました。

米軍の規格を取得しているケースで、衝撃吸収に定評があっておすすめ。さすがに銃で撃たれたらダメでしょうがw

購入して3ヶ月ほどたちましたが、キズ一つたりともついていません。
ケースにフチがあるので、画面を下に置いてもやや浮くのが個人的に好みです。(2017/07/21追記)

で、強化ガラスフィルムも購入。

画面が大きく、手で持つのもちょっとコツがいります。で、落としたらすぐ割れそうなんですよね。なので、フィルムは貼っておきたいところ。

フィルムによってはケースと干渉して浮くらしく、一回り小さいものにしました。

とはいえ、本体にはじめからついているフィルムでもふつうに大丈夫です。買う必要なかったかも…?
→1年以上つかってますが、まだフィルム使ってないです。ひとまずはいらないかなと…(2018/06/08追記)

自分の気に入ったアクセサリを買うまでは、付属のものを使っておくとよさそうです。

Huawei mate9のスペックはこんな感じ

mate9のスペックはこんな具合です。じゅうぶんハイスペックモデルの部類に入るかと。

デレステなど、重そうなゲームをやるとなるとモッサリするらしいのですが、通常はヌルヌル軽快に動いてくれています。

OSAndroid™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPUオクタコア 2.4GHzx4+1.8GHz×4 HUAWEI Kirin 960
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ5.9インチ
解像度1920×1080
カメラ背面ダブルレンズ(1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー)/前面800万画素
バッテリー4000mAh*急速充電対応
サイズ156.9 x 78.9 x 7.9mm
重さ190グラム
連続待受LTE 610時間、3G 630時間、ビデオ再生20時間、Web閲覧20時間
充電時間不明、ただし20分の充電で約1日使用可能との記載あり
本体カラーシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
価格57,195円(NTT-X Store)

Huawei Mate9のメリット6つ

使ってて「こりゃいいな!」と思ったところを

  1. カメラが高性能
  2. 指紋認証が早くて便利
  3. 電池持ちがよすぎる
  4. 安くてコスパもGOOD
  5. 付属品にケースがついてる
  6. DSDSがすごい

の順に、ざっくりと紹介していきます。

1. カメラが高性能!

iPhone7にも劣らないぼどのカメラ性能…だそうで。

ざっくり言ってしまえば、素人でもわかるくらいキレイに撮れます。バシッと。

それもそのはず、あのライカが監修したダブルレンズが搭載されているのですから。

カメラはまったく詳しくないぼくでも「おお!あのライカか!」となるレベル。

他にも

  • シャッター音が静か(スピーカーをおさえればほぼ無音にもなる)
  • カメラの起動もスピーディ
  • ズームで撮影しても、ほとんど画質が落ちない
  • 解像度を選ぶことができる
  • モノクロセンサーは「2000万画素」という驚きの画素数

など、カメラ性能はバツグンです。

ぼくみたいな素人だと、もはやもてあますレベル。

カメラ勉強するかな…。

2. 指紋認証が早くて便利!

mate9の背面には、カメラレンズの他にも指紋センサーがついています。

そのセンサーに指をのせることで、パスワードの入力を省略できるのです。

「いやいや、パスワード打てばいいじゃん」と思うかもしれませんが、使いはじめると便利すぎてパスワードなんて一生使いたくなくなります。

いざというときにパスワードを忘れる危険性があるのがアレですが…。

3. 電池持ちがよすぎる!

バッテリーが40%も残っているのに

「すまんなボウズ…」

と突然死をくりかえしていたiPhone5と比べると、圧倒的なまでの電池持ちです。

冗談ぬきで「充電は2日に1回で十分」なんじゃないかと思うくらい。

しっかり使った日でも、ちゃんと1日もちます。ゲームをするとわかりませんが、ふつうに使うだけならバッテリーの持ちはかなりいいんじゃないかなと。

4. 安い!コスパもGOOD

実はiPhoneSEを考えてたんですよ、前までiPhoneユーザーでしたし。

ただ、mate9もそんなに価格が変わらないんですよね。

ざっくりとですが、iPhoneSEが52,000円くらいで、mate9が57,000円くらい。

後述しますが、mate9とSIMカードをセットで購入すると50,000円くらいになります。

で、スペックとコスパを考えたら「うーむ、いったんAndroidスマホもありかなぁ」となりました。

結果的に正解でしたね。

5. 付属品にケースがついてる!

びっくりしたのが、付属品でケースがついているんですよ。そうです、スマホケースです。

で、画面にフィルムもついてるんです。簡易的なものと説明書にはありますが、普通に使えるレベル。

ケースもフィルムも別のものを買いましたが、とくにこだわらない人は付属品を使っても問題ないかと。

6. DSDSがすごい!

DSDSとは、(デュアルシム・デュアルスタンバイ)の略で、簡単に言えばSIMカードを2枚指して、その2枚ともをいっしょに使えるという機能です。

「なにが便利なの?」

と思うかたもいるかもしれませんが、DSDSを使うと電話するSIMとデータ通信するSIMを分けることができるんですよね。

例えば、

のように、別々のSIMを使って電話とデータ通信ができちゃうんです。すごいぞMate9!

デメリットもわかってきました

これよくないな…というところももちろんあります。

ここでは

  1. でかい
  2. 通知がわかりにくい

の2つを紹介しますね。

でかい

画面が大きくて見やすい反面、持ちにくく、重く、落としやすいのがmate9。ぼくは手が大きいので大丈夫ですが、女性とかだと片手で操作はムズカシイかと。

それに、ギリッギリまで画面なのはうれしいですが、そのぶん割れやすい気がするんですよね…。

まあ、なにごともトレードオフ…ということです。

通知が来ない…?

OSがiOSからAndroidに変わったので、そのためかもしれませんが。

通知が全然わからない。何度も見逃しました…。

で、対策としては全ての通知を切りました。ズバッと。

そして、メッセージを一気にチェックする時間を作りました。そのほうが通知に注意をとられることなく健全ですし。

mate9と相性のよいSIMは?

スマホ本体とSIMを同時に購入するのであれば、楽天モバイルがおすすめです。分割で「月額2,159円(税・手数料別)〜」、一括で「51,800円(税別)」という価格で、楽天カードで料金を支払うとポイントがザクザクたまります。なので、楽天カードを使うかたであれば、楽天モバイルのオトクさはトップクラスです。

>>楽天カード

>>【楽天モバイル】

ですが、結局ぼくはSIMとスマホを別々で買い、LINEモバイルにしました。

楽天モバイルでもよかったんですが、カウントフリー機能が魅力的でつい…。

LINEはもちろんのこと、インスタやFacebook、TwitterといったSNSはカウントされず、3GB音声通話つきで月1,690円です。安い。

関連:キャリアからLINEモバイルに乗りかえ。1ヶ月たったのでレビュー

で、LINEモバイルはmate9のセット購入をあつかっていないので、スマホ本体は別で買う必要があります。

ヨドバシなどのポイント還元とも比較したのですが、本体を買うのはNTT-Xストアが一番お買い得という結論に。

>>PC・家電商品がお買い得!NTT-X Store

税込57,000円くらいで本体を購入。そして、月々の通信費は1,700円くらいになりました。

海外スマホも選択肢に入ってきてます

中華メーカーや韓国メーカーはなんとなくビミョーなイメージがありますが、実際のところ、うまく選ぶとコスパが高いものもあります。

mate9に関してまとめると、こんな感じです。

iPhoneの値段が10万円を超えたあたりから「え!?これってパソコン買うのと変わんないじゃん…」と思うようになりました。

じっさい、iPhoneのコスパは高くないと言えます。確かに快適ではありますが。ほぼ同じスペックで、Huaweiのmate9なら5万円台で買えてしまいますからね。

人によってはiOSからAndroidへの乗り換えはおっくうかもしれませんが、思っているほどの苦労はありません。

Androidスマホは意外にありですよ。ぜひ。

2018/01/13追記:9ヶ月使ってみた感想

iPhoneからMate9に変えて9ヶ月がたちました。その感想は、「iPhoneなんてコスパが悪いだけだった…」です(笑)

ぼくがMate9を使っている間にiPhoneXが出ましたが、いっさい目移りしませんでした。

Face IDよりも指紋認証のほうが早いですし、カメラ機能は同じくらいですし、何より、値段が全然ちがいます。iPhoneXを1台と、Mate9を2台の値段が同じくらいって、…どういうこっちゃ。

と、いうわけで。Mate9おすすめですよ。iPhoneから乗り換える価値は保証します。

そう言えば最近、Mate10が出たみたいで。こちらもNTT-Xストアから買えますね。うーん、買っちゃおうかな…。

>>PC・家電商品がお買い得!NTT-X Store