「アルメニアって…どこ?」からはじまる卒業旅行

Pocket

卒業旅行はアルメニアにしようと思っていまして。

(すでに「卒業旅行っぽい何か」をしている友人がチラホラといるのですが)そろそろ予定を立てないといつの間にやら卒業してしまう!という心中です。

そういえば、旅行までの計画を書いているブログってあんまりないんじゃないかな、というわけでエントリにしていきます。

スポンサーリンク

アルメニアに興味をもった理由

「あっ、これアルメニア行きたいかも。」と考えるようになった理由はこんな感じです。

  1. キリスト教をはじめて国教にした国である(昔からある教会が魅力的)
  2. 紀元前には王国があったほど、歴史がある国である
  3. 人口300万人ほどでありながら、なにげにIT立国である

要するに、「長い歴史がありつつ、なにげに今もいい感じの国だから」ということであります。

あとは、どうせなら全く知らない国に行ってみようということもありました。聞いたことないじゃないですか、アルメニアって。

で、アルメニアってどこにあるの…?

「行きたい!」と思ったものの、アルメニアがどこにある国なのかさっぱり検討がついていませんでした。

こんなときに頼りになるのは、そう、Google先生ですよね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-9-14-43

ぼく:「中東やんけ。」

一応、アルメニアは東ヨーロッパに含まれるのですが、パッと見は中東。いや、じっくり見てもこれは中東では…?

アルメニアって安全な国なの?

限りなく中東に近い東ヨーロッパにアルメニアがあるということがわかりました。

で、気になるのが治安です。いくらアルメニアで教会が拝めたとしても、そこで召されたくはありませんからね…。

外務省のページによると、2016年11月13日現在で以下のようになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-9-20-40

隣国のアゼルバイジャンとドンパチやっているらしく、国境周辺は終了しています。

…などとニュースをあさっていると。

過激派組織のイスラム国(ISIL)の指導者であるアブ・バクル・バグダーディー氏のものとされる音声メッセージが公開され、ISILの戦闘員や同調者に対して、トルコとサウジアラビアでのテロを呼びかけたことから、警戒を強化するよう呼びかけている。
引用:イスラム国指導者、トルコとサウジアラビアでテロ呼びかけ

アカン…。これはアカンやつや…。

「磯野ー!野球やろうぜー!」じゃないんだから

なんでも、2016年11月4日にISILの指導者が「みんなー!テロしようぜー!」と音声で呼びかけたとのこと。

「磯野ー!野球やろうぜー!」ならいいんですけどね、こちらは全然おだやかじゃない。

このニュースを見つけたときは、「(トルコとサウジアラビアだから、ギリセーフ…?)」とか思っていました。

からの、2016年11月13日のニュースです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-9-33-31

引用:Street battles rage in Mosul suburbs as ISIL hits back

あぁ、これダメなやつですね。

まとめ:中東は全体的にやばい

一連の流れを要約すると、ISILが「トルコとサウジアラビアでテロするよー!」って言っているのに、なぜかイラクのモスル市でストリートバトルしちゃってるということです。

…そもそも、国から話とちがうやんけ。

雑にまとめておくと、中東は全体的にやばいということになります。

さすがに銃撃戦のなか卒業旅行ができるほどタフではないので、いったん考え直す必要がありそうですね。

ふりだしに戻る

というわけで、ふりだしに戻りました。

アルメニアに行きたい気持ちはやまやまなのですが、卒業旅行で死にたくない気持ちもやまやまなのです。やまやまの気持ちが多すぎる。

卒業旅行は計画から実行までブログにまとめていく予定ですので、お楽しみに。

カテゴリ:卒業旅行

Pocket

The following two tabs change content below.

黒田 剛司

福井県出身。千葉(金谷)在住。新卒でフリーランスになりました。物書きをしています。サイトも作ります。ブログ、メディア記事、サイト制作、企画、イベント運営などをやります。

SNSでもご購読できます。