新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

ぼくが「かせぐ」ことにこだわる5つの理由

「月収50万ほしいです!」と、言ったわけでありますが。

関連:2017年6月の目標。月収50万円へのタッチ、自分以外の目標達成。

お金をかせぎたい理由って、あんまり文章にしてこなかったんですよね。

ぼくは特別ぜいたくな生活をしたいわけでもなく、むしろ生活コストはできるだけ安いほうがよいと思っています。

だって、1回生活コストを上げると、それをまた下げるのが大変じゃないですか。

んじゃ、そもそもなんでぼくはお金をかせぎたいんだろうな…と。そんな話です。

1.お金で自分がどう変わるのかを知りたい

今まで経験したことない額のお金が入ってきて、自分はどうなるのかな…というのが知りたいです。

つい3ヶ月前まで、ぼくは学生でした。

関連:[お知らせ]新卒フリーランス、はじめました。(2017年4月3日)

極貧の学生生活!…ではありませんでしたが、ひと月に30万円も40万円もお金を稼いでいたわけではありません。

いわゆるフツーの学生生活を送っていたわけです。

それが、数ヶ月後には月収30万円をかせぎ、「月収50万ほしいです!」とか言い始めているんですよ。

月収が3ケタ万円を超えたらどうなるのかな…とか、かせぐ前から気になっています。

2.お金で他人がどう変わるのかを知りたい

「お金の価値は、その価値を世の中の人が過大評価していることだ。」

と、だれかエラい人が言っていました。

しっかりとお金をかせぐと、まわりの人はどう変わるのかな…というほうが気になるポイントだったりします。

目が「¥」になる人とかいるんですかね。楽しみですね。

それはそうとして、お金を使って他の人に投資できるといいなと思っています。

ぼくがお金を使って、他の人がよい方向に変わっていけたらいいなと。

直接的にお金をあげるだけじゃなくて、いろんな形で人のためになるお金の使い方ができたらいいですね。

3.数字で見える結果が欲しい

「新卒フリーランス?」「なにそれ?」「かせげるの?」「やめとけば?」

新卒でフリーランスをすると、そんな声も聞こえてきます。

かと言って、彼らを見返すことには興味がなく。

数字で見える結果があれば「ちゃんとやってますよ」感くらいは出せるかなと。

それよりも、自分ががんばった結果を金額ではっきりと見たいんです。

売上はすべてを癒やす、とはよく言ったものですが、数字として成果が見えると安心できますよね。

4.「意味のないストレス」を限りなく減らしたい

満員電車を筆頭に、日々の生活で「意味のないストレス」はできるだけ少なくしたいです。

タクシー、場合によってはUBERを使って、無駄にイライラしたくないなと。

関連:はじめてのUBER(ウーバー)で、運転手さんにあれこれ聞いてみた。

ただ、そのためにはお金が必要です。

現状はタクシーなんて高くて乗れませんし、UBERなんて正気の沙汰ではありません。

「ラッシュでもみくちゃにされるくらいなら、UBERに乗ればいいじゃないの」と言えるくらい稼ぎたいものです。

5.「お金がないこと」を理由にしたくない

お金がないから…という理由で何かをあきらめることほど、さみしいことはありません。

ものごとをやるかどうかは「やりたいorやりたくない」で決めたいです。

「やりたいorやりたくないor(お金の都合で)やれない」なんてのは、もったいない。

気になったもの・やりたいことにサッととりかかるためにも、しっかりとお金をかせぎたいですね。

お金で実現する豊かな生活ってなんだ?

いまの結論としては、

  • 知的な豊かさ
  • 物理的な豊かさ
  • 人間関係の豊かさ
  • 精神的な豊かさ

このあたりを満たすツールがお金なのかなと。

ただし、お金はあくまで「ツール」なので、それを使うためのベースが必要だとも思っていまして。

うまくお金をかせぎながら、うまくお金を使いたいなぁと思う、今日このごろです。