新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

チェンマイのカフェ「flour flour」で至高の朝ごはんに出会った。

まさかタイでこんな朝食に出会えるなんて思っていませんでした。

タイのチェンマイには、おしゃれなカフェがたーくさんあるんですよ。ぼくも行ってからびっくりしました。

小汚い食堂や屋台も当然あるのですが、力の限りフォトジェニックなカフェも乱立しています。

中でも「flour flour」はとくによかったですね。天然酵母のパンと丁寧にドリップされたコーヒーが、至高のモーニングを演出してくれました。

「(直訳すると『小麦粉小麦粉』だよな…)」と思いましたが、店名とかどうでもよくなるくらいおすすめです。

こんなのタイの朝食じゃない!(もちろん良い意味で)

口が燃えるんじゃないかと思うくらい辛い料理に、砂糖の量をミスってるんじゃないかと思うくらい甘い飲みもの。

タイのごはんというと、こんなイメージがあります。

ええ、おいしいんですけどね。ただ、朝ごはんでもお構いなしに辛いのはちょっと…。

ですが、flour flour の朝ごはんは違います。

なにこれタイのごはんじゃないみたい。おしゃれかよ。

もちろん味もおいしい。自家製パンのオープンサンドイッチに、1杯ずつ丁寧にハンドドリップされたコーヒー。

強い味のごはんばかり食べていた身体に染みわたる、優しい味でした。

家族でやっている店の雰囲気もいい感じ

10人も座れないような狭い店内なのですが、こぎれいで(タイなのに)、静かで(タイなのに)、おだやかな(タイなのに)雰囲気なのです。

「こういうパンのCM見たことあるわ…。」と思うようなカフェなんですよ。

話を聞いてみると、家族で経営しているカフェだそうで。

なにそれめっちゃええやん。

おみやげも買っちゃいました

ごはんがおいしいということは、おみやげもさぞかしおいしいんでしょうな…と。

タイの甘いものって全力で甘いのが特徴なのですが、こちらのアーモンドバターはホントに優しい甘さ。

トーストにぬればあら不思議、理想の朝食が完成です。ちなみにこちらもハンドメイドだそうな。

タイまで買いに行きたい…とはなりませんが、近くに行ったときはまた寄りたいと思うカフェでした。

チェンマイに滞在している方は、ぜひニマンヘミン通りにある「flour flour」で最高の朝を迎えてみてください。

店舗情報:flour flour

住所:Nimmanhemin, Chiang Mai 50300(ニマンヘミン通りを目指して行けばつくはずです)
営業時間:平日8:30~16:00、土日10:00~18:00
定休日:火曜日
TEL:+66 92 916 4166
Facebookページ:flour flour
Instagram:flourflourbread