Pocket

Pocket

ハチミツが輝いている!ミツバチの採蜜をやってみました

Pocket

ぼくが住んでいる金谷という地域で「アマチュア養蜂家(ようほうか)養成講座」なるものが開かれまして。

養蜂のなかでもメインイベントである、採蜜(さいみつ)を体験できるそうで。

「なんだよそれ…ぜったい楽しいやつじゃないか!」

ということで参加してきました。

わいわいしたミツバチに、ガラの悪いスズメバチに、リアルな虫たちの話までたっぷり聞けて大満足。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

まずは座学でハチのあれこれを知る

いきなりハチミツをとりに行きたいところですが、まずはお勉強から。

  • ミツバチのカラダのつくり
  • 養蜂の歴史
  • セイヨウミツバチとニホンミツバチの違い

といった、ミツバチ初心者でもわかりやすい解説が続きます。

「ハチの巣は若いハチと年よりのハチがバランスよく入っていることが重要です。会社みたいですね〜。」

だそうで。

ハチって社会性のある昆虫なんですね…!

ハチミツをとってみる

いよいよメインイベントのハチミツとりへ。

ちなみに今回のハチミツは、金谷にもともといたミツバチを集めて、金谷に咲いている花からとったもの。

環境があれば地域オリジナルのハチミツも作れるんですね。

さて、巣箱を上からパカっとあけて、ハチミツをいただいていきます。

このあたりからミツバチがワイワイしはじめました。

そりゃあ、

  • 家(ハチの巣)
  • 食料(ハチミツ)
  • 子ども(ハチの子)

をガッツリもっていかれるんですから、当然ですよね。

防具はつけていますが、ここまでハチと近づいたことはないので緊張します。

動画で見ると、よくわかりますね。ブンブン。

てな感じで、ハチミツをいただきました。

ちなみに、作業後のハチの巣はこんな感じです。

半分くらいは巣を残して、ハチたちが冬を越せるようにしておきます。

とりたてのハチミツを実食レポート

いよいよメインディッシュ、実際にとったハチミツを食べます。

「とりたてのハチミツ」なんて、なかなか味わえません。くまのプーさんかよ。

太陽の光があたって、キラキラしていました。こんなに美しいハチミツを見たのは初めてです。

「ハチの巣ってそのままでも食べられるの?」

と思っていましたが、ふつうに食べられるとのこと。

石窯でピザ生地を焼いて、フォカッチャっぽくしたものにのせていきます。

こんな感じで焼けたものに、ハチミツを巣ごとのせて。超絶ゼイタクだ…!

ちなみにハチの巣は、それだけで食べるとクチの中に残りますが、パンとかといっしょなら残りません。ふしぎ。

ハチミツだけでなく、ハチの子も!

ハチの巣をとれば、そりゃハチの子もついてくるってもんです。

てなわけで、こちらもありがたくいただきます。命ですね。

バーナーであぶって食べましたが、サクサククリーミーでうまし。

余談ですが、とったハチの巣からもミツバチの赤ちゃんがどんどん生まれてきます。

ハネや毒針はやわらかくて、飛べない・刺せないだそうで。よちよち歩きがカワイイ。

この子たちは食べずに巣に戻します。がんばって一人前になるんだぞ。

昆虫食に興味があるかたは、こちらもあわせてどうぞ。

関連:昆虫には無限の可能性が…!「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」を開催しました

ハチミツだって「昆虫食」だよ?

てな感じで、ハチミツを楽しくとって美味しくいただきました。

教えていただいた養蜂家のかたの言葉ですがハチミツだって昆虫食なんですよね。

「虫は気持ち悪いけど、ハチミツをかけたパンケーキは大好き」

というのは、なんだかふしぎなもんです。

何を食べて、何を食べないようにしているのか。

何を見て、何を見ないようにしているのか。

あくせく飛び回るミツバチを見て、そんなことを考えた1日でした。

Pocket

昆虫には無限の可能性が…!「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」を開催しました

Pocket

虫、おいしいですよね。

日本酒、おいしいですよね。

というわけで、昆虫食と日本酒のマリアージュを楽しむイベントを開催しました。

その名も「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」。

関連:ムシできない!「昆虫食×日本酒」のイベントを開催します

虫だけにムシできないイベントになりました!

以下、レポートです。

※ 昆虫を食べるなど、人によっては激しく感じる写真が含まれます。苦手なかたはそっとシェアだけしていただけると…。

そもそも昆虫食ってなに?

「え?昆虫って食べれるの?なにそれどういうこと?」

と思っているかたのために、昆虫食についてざっくりとお伝えしますね。

昆虫食とは、「昆虫を食べること」です。…そのまんまですね。

東南アジアやアフリカなどでは、昆虫はタンパク源として今でも親しまれています。

これはタイに行ったときの写真。

カラッと揚がったカイコが屋台で売られていました。

「とはいえ、昆虫食って一部の外国でしかやってないヤツでしょ?」

とか思っているかたのために言うと、日本でも昆虫を食べる県はあるんです。

  • 長野県:ハチの子
  • 岐阜県:ザザムシ

など、とくに海に接していない県では、魚に代わるタンパク源として古くから愛されてきました。

イナゴの佃煮なんかもメジャーですよね。

ゲテモノのように見られがちな昆虫食ですが、実は昔からあった「文化」なのです。

イベントレポート「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」

では、イベントのレポートに移っていきましょう。

大まかな流れは、

  1. まずは自分で昆虫を採って、食べてみる
  2. プロが作った昆虫料理と日本酒をマリアージュする

という感じ。

まずは自分で昆虫を採って、食べてみる

採るところから、食べるまでが昆虫食です。

てな感じで、まずは金谷の虫たちをとりにいきます。

「虫あみ持つなんて何年ぶりだろう!?」

と、みなさんテンションが高めです。

草むらで虫を採ったり。

山道で虫を採ったり。

やってみるとわかるのですが、ハンティング的な要素があるんですよね。

「とったどー!」的な。

3時間ほど採って、虫かごがワイワイしてきたところで終了。

ここから実食です。

昆虫食をつくって食べよう

「昆虫ってどうやって食べたらいいの?」

と思うかたも多いかもしれませんが、基本は素揚げ+塩です。

要するに、シンプル・イズ・ベスト。素材の味を楽しみます。

てな感じで、じゃんじゃん揚げていきましょう。

生きているものを調理することって、実はあんまりないんですよね。

肉にしろ、魚にしろ、すでに死んでいるものを調理するのがほとんど。

なので、生きている昆虫を調理するとどこか罪悪感が生まれる人も。

「生きものの命をいただく」という点では変わらないのに、不思議ですね。

そんなことを考えていると、カラッと揚がりました。

みなさん恐る恐るですが、クチに運んでいきます。

このへんから

「…あれっ、おいしい!」

と声があがるように。

そうなんです。昆虫ってふつうにおいしいんですよ。

味はだいたいエビのような感じで、サクッと香ばしいのが特徴です。

虫が食べているものによって風味が違って、例えばセミならナッツみたいな味が、バッタなら若草のような香りがします。

最後には取り合いになるほど、参加者のかたは昆虫にハマってしまったようでした。

よかった〜!

ですが、これはまだまだ前半です。

ここから、さらにおいしい「ガチンコの昆虫食」が登場します。

プロが作った昆虫料理と日本酒をマリアージュする

「昆虫をプロが料理すると、どうなるんだろう…」

これは以前からの大きな疑問でした。

昆虫ってただでさえ未知の食材で、どんなふうに料理をすればいいのかなんて素人にはわからないんですよね。

だからこそ、とりあえずカラッと揚げて塩をかける、というのはあります。

そこでバグカナヤではプロの料理人さんにお願いして、「昆虫食と日本酒のマリアージュ」を実現することに。

先述のとおり、昆虫ってエビの風味に似ているので、

「日本酒とか合うんじゃないかなぁ」

とはなんとなく思っていたんですよねぇ。

てな感じで、料理人さんにお願いした次第であります。

メニューは

  1. 真アジとバッタのなめろう
  2. 牛モモのたたき~シルクワームと燻製ナッツのソース~
  3. しらすとカリカリ梅のおにぎり

の3品。

そこに合わせる日本酒は

  1. いづみ橋 夏ヤゴ ピンク[燗冷まし・冷]
  2. 仙禽(せんきん) かぶとむし[冷]
  3. 三井の寿(みいのことぶき) チカーラ 夏純にごり[冷]

の3種です。

すべての日本酒においてラベルが昆虫というこだわりよう。

それでは料理の登場です。ドドン!

昆虫の料理…?という感じですが、全てに昆虫が入っています。

今回は、TAKEO(タケオ)というメーカーさんの

  1. フタボシコオロギ
  2. ヨーロッパイエコオロギ
  3. シルクワーム(カイコ)
  4. バッタ

という4種の昆虫パウダーを使いました。

  • 味の複雑さ
  • 栄養価

がアップするので、ふだんの料理にも気軽に試せますよ。

ユーグレナ(ミドリムシ)的な感じですね。

こちらはすでにコンビニでも発売されるほどメジャーなんですよね。

話を戻して、昆虫料理を食べてましょう〜!

1. 真アジとバッタのなめろう×夏ヤゴ ピンク

まずはなめろうから。

金谷はアジが有名でして、それをバッタとともになめろうにしました。

合わせる日本酒は、いづみ橋という酒蔵の「夏ヤゴ ピンク」。

  • 冷(冷蔵庫で冷やしたもの)
  • 燗冷まし(一度あたためて、常温に戻したもの)

という2つの温度帯で楽しみます。

燗冷ましって何の意味があんの?常温じゃないの?と思ったのですが、料理人さんいわく「お酒の角がとれる」とのこと。

たしかに、酸味やアルコール感がまろやかになっていました。

で、酸味がとれたぶん、すだちを絞って違った酸味を追加するという。

この時点でみなさん悶絶です。

黙々と食べるのみ…!

2. 牛モモのたたき~シルクワームと燻製ナッツのソース~×かぶとむし

お次は牛モモのたたき。

シルクワームと燻製ナッツのソースでいただきます。

ちゃんと燻製するところから仕上げた、こだわりの逸品。

  • 白髪ネギ
  • おかひじき
  • 菊の花びら

を巻いて、ソースにつけてパクリ。

ソースは燻製紅茶でのばしてあるので、スモーキー感がなんとも牛肉にピッタリ。

そして、シルクワームのエビ味噌のような風味がフワッと香るんです。

からの、日本酒。かぶとむし。

ウマみの波状攻撃を仙禽かぶとむしの酸味がサーッと洗い流して、お口の中はまるでなにごともなかったかのよう。

そして箸はふたたび牛モモのたたきに…。

3. しらすとカリカリ梅のおにぎり×チカーラ 夏純にごり

シメはおにぎりをどうぞ。

  • しらす
  • カリカリ梅
  • コオロギパウダー

が入ったおにぎりです。

とろろこんぶを乗せていただきます。

そして日本酒。セミのパッケージが眩しい。

このころには「うまぁ…」以外のボキャブラリーを失っていました。

悶えるウマさとはまさにこのことですよ。

虫は可能性たっぷりの「食材」です

てな感じで、金谷でのはじめてのイベント「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」は無事に終了しました。

参加したかたには、昆虫のおいしさ、可能性を感じていただけたみたいで、なんとか目的を達成。

金谷にはまだまだたくさん昆虫がいるので、第二弾も…とか思ったり、思わなかったり。

気になるかたは、ぜひ昆虫をご賞味あれ。

Pocket

【越前市】肉!地魚!そば!「焼肉あおしん」は、福井の隠れた名店です。

Pocket

「福井に来たら魚でしょ!」

と思っているかたに、あえて言いたいのであります。

「福井に来たら肉も食え!」

と。

今回ご紹介する「あおしん」は、1人5,000円もあればたらふく飲んで食べられる焼肉店です。

地元民のぼくもゲキ推し。

車が必要なのがネックですが、おいしさは保証します。

地魚・そばなど福井の名物も食べられるので、レンタカーで観光ついでにもオススメです!

スポンサーリンク

国道沿いにただよう肉のニオイ!

お店はこのへんにあります。いわゆる国道沿いです。

まわりに何もないのはご愛嬌。

最寄り駅という概念がないので、車で行きましょう。

お店の外観です。

おいしい焼肉屋さんって、だいたいこんな感じな気がします。

え?わからない?

まあ、肉を見てみましょう。

何も言わずに肉を食うべし

とりあえず「あおしんスペシャル」を注文。

盛り合わせで、要するにお肉がワイワイ来るやつです。最高。

まずは塩焼きから。いい景色です。

バクバク食べていると、タレ焼きが登場。

ちなみに、焼き肉はハラミが一番おいしいと思っています。

あおしんはお肉だけでも満足なのですが、他のメニューも要チェックなんですよね。

福井の地魚メニューも充実してます

お店の人がもともと海のほうから来ているらしく、魚介も充実しています。

ちなみに、前に海鮮サラダを頼んだときは、魚の刺身がドカドカのったサラダだったような…。

産地なので、かなりゼイタクな品が安く楽しめるんですよね。

シメは「越前おろしそば」をどうぞ

焼き肉のシメといえば?

冷麺?ビビンバ?お茶漬け?

いいえ、越前おろしそばです。

越前おろしそばとは、福井県の隠れた名物なのです。

大根おろしを混ぜたつゆをそばにかけて、ネギ・カツオ節をのせればハイ幸せ。

焼き肉のあとでもサッパリいけるので、非常におすすめ。

肉はもちろん、福井ならではの名物も味わえるのは、ふつうの焼肉屋さんにはないポイント。

ちなみに食べログにレビューがほとんどなく、地元民の隠れた名店であります。

チャンスがあれば食らいついていきたいお店です…!

店舗情報:あおしん

営業時間:12:00~24:00(月曜日は16:00~)
定休日:木曜日
予約:0778-24-3983

Pocket

ムシできない!「昆虫食×日本酒」のイベントを開催します

Pocket

夏ですね。

虫の季節ですね。

ということで、昆虫食のイベントを金谷で開きます!

テーマは「昆虫食と日本酒のマリアージュ」。

”プロの料理人さん”にお願いして、本当においしい昆虫食を日本酒といっしょに出そうかと。

金谷へ小旅行がてら、昆虫食を体験できますよ。興味のあるかたはぜひ。

前置きはいらん!イベントの概要だけ教えてくれ!というかたは、こちらをポチッとしてください。

スポンサーリンク

そもそも「昆虫食」って?

「昆虫食」とは、文字どおり昆虫を食べることです。

昆虫食というと、

  • おいしくなさそう
  • 見た目が気持ち悪い
  • なんかイヤだ

というイメージをもっているかたも少なくないでしょう。

しかし、実は昆虫食は”世界の食糧危機を救う”として、あの国連も注目しているんです。

そのため、見た目やイメージをよりよくするために、いろんなかたががんばっています。

なぜ昆虫が”世界の食糧危機を救う”のか

「そもそも、昆虫なんて食べないし、食糧危機を救うとか言われてもよくわからない」

と思うかたもいらっしゃるかもしれません。

簡単に説明すると、昆虫は牛などに比べて少ないエサでたくさん増えるんです。

みんな大好き牛肉が1kgあるとしたら、それを育てるためにだいたい10kgくらいのエサがいるんだとか。

対して昆虫なら、1kg育てるのにおよそ2kgくらいのエサで済むそうで。

しかも、昆虫は栄養価も高い。

まさに世界を救う”優秀なタンパク源”なのです。

金谷で昆虫食のイベントをします

そんな昆虫食のイベントを千葉県の「金谷」でやります。

その名も「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」。

  • 「昆虫食って聞いたことあるけど、まだ体験してないな…」
  • 「一回でいいから、昆虫を食べてみたい!」
  • 「なんでもいい!夏の思い出を作りたい!」

そんなかたは、ぜひ8月19日に金谷へおこしくださいませ。

昆虫食の体験から、プロが作った昆虫料理まで、昆虫食の世界をたっぷり味わえるイベントを用意して待っています。

「バグカナヤ〜虫と日本酒と私〜」の概要

イベントのざっくりとした流れは、

  • [第一部]金谷の昆虫を採集するところから、実際に食べるまでを体験。(見学もOK)
  • [第二部]料理人の石丸さんによる、”虫料理と日本酒のマリアージュ(組みあわせ)”

という二本立てになっています。

概要は以下の通りです。

■ 日時:8月19日
■ 会場:炊きた亭
 - 金谷に住んでいる「滝田さん」のお宅です。広い草むらがあって、虫がたくさん採れます。当日は滝田さんも参加予定。
■ 集合場所:コミュニティスペースまるも( http://marumo.net/ )
 - 千葉県の片田舎「金谷」にある、コミュニティスペースです。フリーランス向けの仕事場、企業向けの合宿スペース、地域のコミュニティスペースと、その顔は様々。
■ 参加費
 - 第一部:1,000円
 - 第二部:1,500円
 - 第一部・第二部 セット:2,000円

第一部では、昆虫を「採る→調理→食べる」という一連のプロセスを体験します。

ふだんの生活ではなかなか味わえない、”生き物を食べている”感覚を再確認したいなと。

また、第二部では、プロの料理人である石丸さんがつくった、本気の昆虫料理3品と日本酒のマリアージュ(組みあわせ)が登場。

料理人と昆虫が出会ったときに何が起こるのか…?個人的にもとても楽しみだったり。

チケットはAnyPayで購入できます

気になった方は以下のリンクからチケットをどうぞ。セットだとおトクです。

>>第一部 昆虫食を体験する

>>第二部 昆虫食を味わう

>>第一部・第二部 セット

イベントの情報はTwitterにて

実をいうと、まだ料理と日本酒の内容はしっかり決まっていなくてですね。

徐々に公開していこうと思っています。

作戦ですよ?ええ、作戦ですとも。

というわけで、イベントの情報が気になるというかたは、Twitterをフォローしていただけると。

ぜひぜひふるってご参加ください!

気になった方は以下のリンクからチケットをどうぞ。セットだとおトクですよ〜。

>>第一部 昆虫食を体験する

>>第二部 昆虫食を味わう

>>第一部・第二部 セット

Pocket

究極体は、農業。週末限定の移動式コーヒー店「kou’s café」

Pocket

金谷を見下ろす「鋸山(のこぎりやま)」の登山道。

その入口に、ぽつりとたたずむ一台の車。

それが移動式コーヒー店「kou’s café」です。

kous-cafe01

「ただでさえ人が少ない金谷の、さらに人が少ないところに店を出してどうするんだ…」

と思いますが、移動販売車なのでそんな心配はいりません。なんなら、すでにいろんなところで出店しているそうな。

まるもから歩いてすぐなので、ふらりと行ってきました。

スポンサーリンク

「珈琲」のマークが目印

JR浜金谷駅から登山道へ、てくてくと歩いていくと「珈琲」の旗が見えてきます。

kous-cafe02

場所で言うと、このあたりです。目印とかはありません…。

(まるもに来てくれたら案内するかも、とコッソリ言ってみる)

シンプルかつコダワリを感じるメニュー

ラーメン通の友人が「うまいラーメン屋はメニューが少ない」と教えてくれたことがありまして。

一つ一つのメニューにこだわりだすと、そこまで多くのメニューを出せないというのは、非常に道理が通っています。

で、kou’s caféのメニューはこの通り、シンプル極まれりです。

kous-cafe03

  • ハンドドリップ珈琲
  • 水出しアイス珈琲
  • コーヒーグラニテ
  • 辛口ジンジャーエール
  • HOTジンジャー

「グラニテ」というのは、コーヒーのシャーベットみたいなものだそうで。

暑い日にはさっぱりとおいしそう。

水出しコーヒーは、店頭でディスプレイされています。

kous-cafe04

が、これはそのまま売らずに、1日寝かせてから提供するのだとか。コダワリがすごい。

コーヒーは3種類からお好みで

コーヒーは、世界各国から取り寄せた、これまたコダワリの3種類。

kous-cafe05

その中でも「ワインのような香りがする豆で〜ウンタラカンタラ」と熱弁していただいた「ハートマンズ・ワイニー」というコーヒーを注文。

kous-cafe06

2年に1度くらいしか日本に入ってこず、しかも数少ない飲食店でしか扱っていないそうで。

ボキャブラリーが貧困なので、「コーヒーじゃないみたいなコーヒー」以上の表現が思いつきません。

…とにかくおいしかったです。

究極体は、農業だ

kou’s caféのオーナーいわく、最終的には材料を作るところから全て自分でやりたいとのこと。

大手企業のような規模でやってしまえば、農家さんと契約してこだわりのものを大量に作る…なんてこともできます。

ただし、それでは全くつまらないのでしょう。

自分で納得するプロセスを経て、「これなら大丈夫」という納得感がないといけない。

そんなこんなで、コーヒー屋さんをやっているはずなのに、いつのまにか材料を育てるところから考えてしまうそうで。

…コーヒー店の究極体って、実は農業なのでは?

オーナーさんのコダワリが、金谷でどこまで広がっていくのか、今からワクワクするようなひとときでした。

店舗情報

店舗名:kou’s café
場所:鋸山(のこぎりやま)のふもと
営業日:日曜日(土曜日もやっているというウワサも…)

詳しい情報はkou’s caféのFacebookページからどうぞ。

Pocket

[いすみ市]「源氏食堂」で肉厚ムチムチのいすみ豚をほおばってきた。

Pocket

いすみの名店「源氏食堂」に行ってきまして。

お肉屋さんが営んでいる食堂で、いすみ市の名産「いすみ豚」を使った料理がウリです。

これがまたムッチムチの肉厚でおいしいのなんの。

それではさっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

昭和感あふれるシブい外観

まずは外観から。この昭和な感じがなんともそそります。

genji-restaurant01

店名の手書き感もまたよし。達筆ですね。

genji-restaurant02

そのすぐとなりにはお肉屋さんが併設されており、名産の「いすみ豚」を買うことができます。

genji-restaurant03

いすみ豚のトンカツとご対面!

実は!この源氏食堂、孤独のグルメにて登場した名店でありまして。

その際に取り上げられた「ブタ肉塩焼ライス(上)」を頼もうかなとも思ったのですが、トンカツの訴求力が強すぎました…。

というわけで、「トンカツライス(並)」を注文。

見てくださいよ!この!美しさ!

genji-restaurant04

迫りくるトンカツの波!

genji-restaurant06

ソースをかけて断面を確認。この厚みですよ!

genji-restaurant05

これだけ厚いと、パサついているかと思いきや、中はしっとり。ムッチムチでジューシーな肉の旨みが広がります。

ちなみにメニューの(並)と(上)の違いは肉の厚みだそうで。

ぼくの食べたトンカツは(並)なのですが、(特上)かと思うほどの厚みでした。人生で一番厚いトンカツかも。

しかも、「シンプルに塩だけでもウマいな…」と思うほど、豚肉そのものにウマさがありました。

いすみ…恐るべし…。

あと、おいしすぎて写真をとり忘れたのですが、トンカツライスにセットでついてきた豚汁も最高でした。

「焼肉かよ」みたいな厚みの豚バラが、たっぷり入っていまして。

あまりの美味しさにカメラを置きました。

ちゃっかりお土産も買いました

源氏食堂の隣のお肉屋さんで、スモークハムを購入することができます。

これがまた美味しいんですよ…!

カラシと白髪ネギをそえれば、そこに広がるのはワンダーランド。しっかりスモーキーでおいしかったです。

こりゃまた行かねばなりませんね…!最後までごちそうさまでした!

店舗情報

住所: 千葉県いすみ市大原8701-2(大原駅から徒歩3分)
TEL: 0470-62-1048
営業時間: 10:00~14:00

Pocket

知ってました?健康に気をつかうと「時間が増える」んですよ。

Pocket

最近、食事を固定化しているわけですが。

「若いうちに好きなもん食べたらいいじゃん!なにガマンしてるの!?」

と言われることもあります。

確かにそれはごもっとも。好きなものを好きなだけ食べるのは、健康なうちしかできないことですよね。

ただ、好きなものを食べて時間が減ったらダメだなと思っているわけです。

そう、健康でいることは、時間を増やすことなんですよ。

スポンサーリンク

病気でパタリ、収入もパタリ

働いた分だけ報酬がもらえるのが、フリーランスの特徴です。

つまり、有給なんぞものはありません。

風邪でパタリと倒れたら、そのとたん収入もパタリと途絶えてしまいます。

なので、そもそもフリーランスは、健康じゃないと生活がなりたたないのです。

病気でダウンしてる時間ってもったいないよね?

仮に有給があったとしても、病気でダウンしている時間がもったいないことには変わりません。

身体のどこかがいつもより悪い状態にあるわけですから、本を読むにせよ、映画を見るにせよ、その集中力はガタ落ちです。

日ごろからちょっとずつ気をつけるだけで、集中できる時間を増やせるなら、悪い投資ではないと思いますけどね。

健康のほうが集中できる

お腹が痛かったり、頭が痛かったりして、目の前のことに集中できなかった経験は、だれしも持っていることでしょう。

単純な話で、身体が不健康だと集中力が分散してしまうのです。

逆に言えば、身体が健康なほうが集中力も上がります。

遊びにせよ仕事にせよ、目の前のことにちゃんと集中したければ、まずは健康からですよね。

長生きしたほうがいろんなものを見れる

それに、健康で長生きしたほうが、楽しいものがいろいろ見れるじゃないですか。

丈夫な身体を持っていれば、どこにだっていけます。

還暦をすぎてもバリバリ健康で、そこらじゅうを旅行しまくれるってステキ。

それに、未来のテクノロジーなんかも拝めてしまいます。

「身体のあちこちを治療してまで生きていきたいか」と言われればビミョーですが、健康なまま長く生きるのは大歓迎でしょう。

健康の範囲内で好きなものを食べる

とはいえ、毎食アホみたいに健康的な食事をするのも飽きます。

たまにはカップ焼きそばとか、「ダイレクトで脳に語りかけてくるおいしさ」があるものも食べたいじゃないですか。

いくら健康によい成分があるからといって、好きじゃないものを延々と食べ続けるのは精神的によくありません。

ただ、時間が欲しい、今よりも集中できる時間を増やしたいというのであれば、健康的な食事に行きつくのではないでしょうか。

まだまだ食事については科学的な理論も諸説ある状況で、開拓しがいがありますね…!

Pocket

食事のメニューを固定化するメリット・デメリット

Pocket

最近、食べるものがだんだんと固定されてきまして。

別にダイエットをしているわけでもないのですが、固定したほうがラクなんですよ。

栄養は…どうなんでしょうね。

油まみれのスナック菓子や砂糖だらけのジュースを毎日とっているわけではありませんが、品数が少なくなるのは考えもの。

というわけで、最近の食生活をまとめてみました。

スポンサーリンク

毎日こんな感じで食べています

最近は毎日だいたい以下のような感じで食べていますね。

  • [朝食] 玄米 + たんぱく質(納豆・卵・とうふ・鶏むね など)
  • [間食] ヨーグルト + はちみつ
  • [昼食] スムージー + 食パン
  • [間食] バナナ(模索中)
  • [夕食] 自由(自炊・外食・パーティなど)

時間帯はざっくりとです。基本は「こまめに食べる」ようにしています。

食事制限をしているわけではありませんよ。固定化した、というだけです。

ダイエット?いいえ、効率です

エネルギー効率がいいらしいので…。ダイエットとかはしてません。

「回復→消費→回復→消費」とエネルギーを回していくのがよいらしいですね。できるだけ血糖値を一定にするのがベストなのだとか。

ただ、身体の中にいつも食べものがあるのって、臓器的にはよくないんだろうな…と思っています。

そのうち対策をたてねばですね…。

食事を固定化するメリット

まずは固定化のメリットを。

  1. 買うものを考える手間がない
  2. 作るものを考える手間がない
  3. 1ヶ月の食費を予想しやすい
  4. (ちゃんとやれば)栄養を管理できる

「さて…何を食べようかな…」と迷うことがなくなるのは、固定化の大きなメリットです。

足りない食材を見える化しやすく、管理もラクチン。

いくつかのメニューを一定期間でローテーションさせれば、栄養管理もちゃんとできるのかな…と思っています。

食事を固定化するデメリット

逆に、固定化することで悪いこともあります。

  1. 食事に飽きる
  2. 栄養がかたよりやすい

まだ飽きていませんが、半年とか続けていくと「またこのメニューかよ…」ってなることもあるんじゃないかと。

夜の食事は自由なので、今はそこでガス抜きをしていますね。

栄養に関しては、まだ考え中です。身体に悪いものを入れているわけではありませんが、偏るのはよくなさそう。

これからは、無理なくヘルシーに続けていく方法を、探していく感じですね。

食事で生活は変わる

当たり前の話ですが、食事が変われば生活が変わります。

最近こんな食事になったのですが、以前よりなんとなく調子がいいです。

それに、「食事を考えるのに疲れる」ことがなくなりました。

考え疲れをすることがなくなり、ほかのことに頭を使えるようになったのは、大きな収穫です。

というわけで、いまいちど食事を見直してみるのはありかと。

Pocket

大阪でクラフトビールを飲むなら「Marca(マルカ)」はおさえるべし

marca06
Pocket

クラフトビールって流行ってますよね。

アサヒとかキリンとかのほうがおいしい!という人もいますが、ぼくは好きですよ、クラフトビール。

ちょっと高いのがたまにキズですが、それでも何度も飲みたくなるんですよね。

というわけで、今回は大阪の堀江にある「Marca Cafe & Beer Factory(マルカ カフェ アンド ビア ファクトリー)の紹介です。

店内でつくられたビール(!)をその場で、しかもおいしいごはんと一緒に食べられるというお店なので、お近くに立ち寄ったさいはぜひ。

スポンサーリンク

モダンな店構え

大阪のオシャレエリア「堀江」に店をおいているMarca。

モダンな店構えが特徴です。ビルがポンポン立ち並ぶなかにあるので、見逃すことはないでしょう。

入り口は全面ガラス張りで、白をベースとしたスタイリッシュな店内がうかがえます。

工場を思わせる店内

店内はカウンター席のみで、奥にはビールの樽(たる)が見えます。

男心をくすぐるといいますか、こういうメカニックなものはそそられますね。

Marcaはビール醸造所とバーが一緒になっているお店なので、お店で作られたビールをその場でいただくことができます。

つまるところ、できたてに近い鮮度バツグンのビールがいただけるというわけです。すばらしい。

メニューは時期によります

ぼくが訪れたときのメニューはこんな感じでした。

お店で作られたビールしか置かないこだわりよう。どれも個性豊かな一杯に仕上がってそうです…!

フードは軽めのものがほとんどなので、できれば2軒目に訪れるのがオススメ。

まったりのんびりビールを楽しむ、といった過ごし方がよさそうですね。

新鮮なビールとご対面…!

というわけで、Cascade Hop Pale Ale(カスケードホップペールエール)を注文。

しっかりと苦味があって、飲みごたえもバツグン、それでいて香りもすばらしいビールでした。

作ったその場で出されていることもあって、鮮度もピカイチ。醸造所つきのバー(バーつきの醸造所とも言う)、めちゃくちゃいいですね…!

写真を忘れるくらいおいしかったです

で、気づいたら1杯目しか写真をとらずに楽しんでいました。

まぁ、他のビールやフードは実際に行って確かめてください、ということでどうですかね…。

ちなみにですが、基本的にメニューはビールを中心につくられています。

なので、ビールが極端にニガテなかたは食べる専門になってしまうかも。

ふだん飲んでいるようなビールとはひと味もふた味も違ったものが楽しめるので、チャレンジしてみてもよいかと。

近くにお立ち寄りのさいは、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

Marca(マルカ)
営業時間:18:00~22:30
定休日:日曜日、月曜日
TEL:06−6710−9487
住所:大阪府大阪市西区北堀江3丁目728

Pocket

おいしさが、飛び跳ねる。新宿で『「虫」つけ麺』を食べてきた。

Pocket

おいしすぎてびっくりしましたね。

新宿の有名なラーメン屋さん「ラーメン凪」で、虫つけ麺が食べられるとの話を聞きつけて、いてもたってもいられず来ちゃいました。

15時くらいに行ったのですが、この並びよう。大人気にもほどがあるわ。

それもそのはず、おいしいんですよ。ゲテモノ的なやつではなく、おいしく完食できる食べものです。

不定期開催なので次はいつやるかわかりませんが、タイミングが合えばまた行きたいなと。

*虫の画像はほぼありませんが、念のため閲覧注意でお願いします。

スポンサーリンク

入店前からビジュアルがぶっ飛んでます

まずは入店…の前に券売機で食券を買います。

が、なんだか気になるポスターが。

おいしさが…飛び跳ねる…!どアップのコオロギも、なかなかのぶっ飛び具合。

この時点で店内からはいい香りがただよってきています。オラ、ワクワクしてきたぞ…!

ハイセンスなメニューの数々

虫を使った料理はつけ麺のほかにもあるんですよ。

見てください、このセンスにあふれたメニューを。

  • 虫つけ麺 タレ1種 1000円
  • 虫つけ麺 タレ2種 1300円
  • 虫つけ麺 タレ3種 1500円
  • ワーム春巻き 300円
  • コオロギめし 350円
  • むしアイス 350円
  • タガメ酒各種 600円

ふつうのつけ麺と比べても高いように感じますが、まだまだ食品としての昆虫は一般的ではなく、値段が高くなってしまうのが現状です。

「どうせ来たんならタレ3種でしょ」とつけ麺のタレ3種、そしてワーム春巻きもおいしそうだったのでセットで券を購入します。

はてさてどんなつけ麺が出てくるのか…!?

いよいよ「虫つけ麺」とご対面

メニューのウラにある虫についての説明を見ながら麺の到着を待ちます。意外と知らないことばかりで、おもしろい。

しばらくすると「お待たせしました!」と虫つけ麺が運ばれてきます。

cof

あれ、意外と、ふつう…。ひと目では虫が入っていると思えないビジュアルです。

左からそれぞれ「コオロギ」「バッタ」「カイコ」が入っているそうで。なんともかぐわしい香りが食欲をそそります。

というわけでいざ実食!

コオロギ味のタレにつけてみた

まずはコオロギから。ちょっと黒めで「コオロギ色」って感じのタレですね。

麺をザブンとつけてすすると、こってりとした旨味の強いエビ味が襲ってきます。うまい。

コオロギのいいところだけが存分に引き出された、コクがあるタレですね。

バッタ味のタレにつけてみた

お次はバッタ味。コオロギと比べて色は薄めです。

じゃぶじゃぶとタレに麺をつけて、ズズズッとすすればバッタの香ばしさが突き抜けます。うむ、こちらもうまい。

あっさりめでうまみがあるエビ味といった感じです。

ショウガがアクセントで効いているので、飽きずに最後までいただくことができます。

カイコ味のタレにつけてみた

最後はカイコ味です。色は一番うすくて、ふつうの豚骨スープのよう。

これもうまいですね。カニ味噌のような強いうまみがガツンときます。

例えるなら、濃厚なうまみの往復ビンタ。あまりのうまみにノックアウト寸前です…。

サイドメニューもおいしい…!

つけ麺のほかにも「ワーム春巻き」を頼みました。見た目はふつうの春巻き。

ですが、ミルワームが具として入っています。ビジュアルは割愛。

こちらも香ばしくてサクサクいけてしまいます。たけのこの食感も楽しい。

で、「虫つけ麺」はどうやってつくってるの?

お店の人に堂々とコッソリ聞いたところ「豚骨ベースのスープに煮干しスープを合わせ、魚粉を入れる代わりに虫の粉末を入れている」とのこと。

要するに、魚介豚骨つけ麺の魚粉が昆虫になったのが「虫つけ麺」というわけなのです。

だからといって虫の風味が損なわれるわけでなく、まさに絶妙なあんばいのタレが仕上がっています。

昆虫食をしたことがない人でもチャレンジできるように、工夫に工夫を重ねた一杯なのでしょう。

昆虫たちはTAKEOさんのものを使用

虫つけ麺に使われている昆虫たちは、TAKEOさんが届けているそうで。

TAKEOさんとは、きちんと食品として認められた昆虫を販売している会社のことです。

昆虫食の通販ショップ|TAKEO

社長の「たけおさん」はラーメン店の前で昆虫を売っていました。

現状としては「罰ゲーム用」として昆虫を買う人が多いそうで、粉末のものよりも形がわかるもののほうが売れているとのことでした。

昆虫がちゃんと「食品」としてみなされるには、まだまだ時間がかかりそうです。

昆虫食情報は「地球少年」を要チェック

今回の虫つけ麺ですが、たまたま「地球少年」のツイートを見たことがきっかけでした。

昆虫食のほかにもおもしろい取り組みをしているので、ぼくも何度か遊びにいっています。

トレードマーク?の半袖半パンでラーメンを売っていました。まだ4月あたまなんだけどなぁ。


昆虫食についての情報は地球少年を要チェックですよ。

不定期ではありますが、今回のような昆虫食イベントを開催しているので、気になるかたは彼のTwitterをチェック。

Pocket