フリーランス

Pocket

Pocket

フリーランスにならないとわからない、5つの真実

Pocket

フリーランスになって、1年がたとうとしています。ちょっと気が早いかもですが…。

そろそろ一旦まとめておこうかなと。

この記事では、フリーランスという働き方を実践してはじめてわかったことを

  1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する
  2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ
  3. フリーランス最強の敵は自分である
  4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい
  5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

の順にお伝えします。

「フリーランス的な生き方ってどうなんだろう…」

と迷っている人の参考になればなぁと思っております。

スポンサーリンク

1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する

だれか「世の中お金じゃないんだぜ。人情だぜ。」

ぼく「どこがだよ!お金だよ!死ぬぞ!」

ということを実感しております。

単純な話ですが、お金がないと死にます。

いろんな方法を使えば、この日本で物理的に死ぬことはそうそうないでしょう。が、健全な生活を送ることは難しいかもしれません。

  • 食べものを選ぶときに「値段」を優先して、栄養は二の次に
  • 「お金がない状態の自分」という状態が、精神的な負担になる
  • 社会に対して価値を提供できていないかもしれない、という無力感

などなど、最低限のお金すら稼げないと、こんな感じになるんじゃないかなと。

幸い、いろんなかたにお世話になりつつ、お金を稼げているのでなんとかなっております。ありがたや。

大事なのは、複数の収益源をもつこと

「同じカゴに卵を盛らない」精神で、いろんな収益源をつくりたいとアレコレやっている今日このごろです。

最近はデザインに力を入れております。ブログもこれからがんばり…ます。

自分の名刺をデザインしたりと、身近な作品を作りながらデザイン力をのばしていきたいところ。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

このほかにも、いくつかゴニョゴニョしております。

どれから芽が出てくるかなぁ…と楽しみにしながらパソコンと向き合う日々ですね。

2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ

資本…というとどうしてもお金のことを考えがちですが、フリーランスにとっては「身体」が最大の資本です。

だって、有給休暇なんてないんだもの。

働いた分だけしかもらえない、よく言えばフェアなお金の稼ぎかたをしています。

ゆえに、体調が悪くて1日がつぶれると、その日の収入がなくなるというですね。

大きな病気をしたら…ああ!目も当てられない!

というわけで、健康には人一倍きをつけています。

もはや健康オタク!?ぼくの健康法をちょっとだけ紹介

1年で健康オタクもびっくりなほどいろんな方法を調べて、試しました。

細かいところまで見ていくとあふれ返ってしまうので、ざっくりと紹介すると

  • 午後のカフェインは眠りに影響するので控える
  • 高GIの食品(白米、うどんなど)をできるだけ避ける
  • ショートニングが入っている食べもの(コンビニのパンとか)を避ける
  • FitBitで睡眠・カロリー・活動量を管理
  • 野菜とタンパク質を中心に食べる

などなどです。毎日のランニングは挫折しました。

もっとわかりやすく言えば「食事」「睡眠」「運動」の3つに気をつけています。

それぞれがかなり奥が深く、まだまだ最適だとは言えないのが現状です。

が、今のところカゼをひかず過ごせているので、効果はあるんじゃないかなと。

お金や時間とのかねあいもあるので、

  • 安くて、早くて、かつ健康にいい習慣

を作ることが目標です。

もっと詳しく知りたい方は「[レビュー]Fitbit Alta HRをつけて、自動でカラダを管理してます。」とか「作業イスがわりにバランスボールへ座るメリット・デメリット」とかをご一読ください。

3. フリーランス最強の敵は自分である

「無理を言ってくるクライアントはフリーランスの一番の敵だ!徹夜したくない!」

と思っていたのですが、もっと強い敵が身近にいました。

自分です。

良くも悪くも「自分の意思ひとつ」で、1日の過ごし方が変わるのがフリーランスであります。

個人的に最悪の1日が「ダラダラと仕事をしてしまった日」です。仕事をした気になってるにもかかわらず、成果はあんまり出ていない…というやつ。

休むならしっかり休んで、仕事するときはしっかりやる、というメリハリの付け方が大事ですね。

4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい

ぼくが「フリーランスになってよかったなぁ」と思うことの一つです。

Web系のフリーランスであることもあって、

  • 仕事をする場所
  • いっしょに仕事をする人
  • 仕事をする時間

などなど、仕事に対する決定権はかなり持っていると自覚しています。

また、仕事のほかにも

  • 住む場所
  • 休みの日
  • 起きる時間

など、人生全般に対する決定権が自分にあります。

「自分で全部決めたいんだ!」

というコダワリを持っている人は、フリーランスのほうが生きやすいはず。

自由と責任は必ず同居するものですが、責任がある自由こそ本当の自由だと思っています。

自分の人生に責任を持って、自由に決められる権利があるのはフリーランスならではなんじゃないかと。本来、すべての人間にあるべきでは…と思いますが、まあ、いろいろ、ね。

5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

ここまでの話だと

「フリーランス=孤高に生きる一匹狼」

みたいな印象があるかもしれませんが、フリーランスはとっても孤独です。

だって、全ての仕事がお家で完結してしまうんですもの。

いまフリーランスじゃないかたで

「お家大好き!フリーランスならずっといれるじゃん!サイコー!」

と思っているかたもいるかもしれませんが、筋金入りのお家好きじゃないとずっとお家にいるのは難しいでしょう。具体的に言えば「もはや家と同化してるレベル」です。

何より、人間とフェイストゥフェイスで話すチャンスが激減します。

だって、全ての仕事がパソコン1台で完結してしまうんですもの。

フリーランスになるならコミュニティの存在は必須だと思った

個人的な意見ですが、フリーランスになるならコミュニティの一つや二つには入っておいたほうがベターです。

ぼくなら「まるも」ですね。

いろんな人が住んでいて、いろんな人がやってきて、いろんな人が出ていく。

そんな場所で過ごしていると、自分以外の視点から意見をもらうことができて、勉強になります。視野も広くなります。

自分でビジネスをするうえで、「さまざまな視点から広く考えられること」はとっても大事なんじゃないかなと。

仕事やプライベートのことに対して、いろんな人が遠慮なくやんややんやと言ってくれる場所を持つことは、フリーランスにとって必要不可欠です。

これからフリーランスになりたいと思っているかたは、ぜひいちどまるもへ。

ぼくも待ってますよ〜。

フリーランスになってからわかったことのほうが、当然おおいよ

てなわけで、ざっくりとここ半年の気づきをまとめました。

  1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する
  2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ
  3. フリーランス最強の敵は自分である
  4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい
  5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

細かいところを見ていけばほかにもあるのですが、まぁこんな感じです。

大学生だったころから

「フリーランスになるってどうなんだろう…」

といろんなことを頭で考えていましたが、実際やってみたほうが軽く100倍は気づきがあるもんです。

ふり返って思うのですが、足踏みの期間って無駄なんじゃないかなと。想定していることは、あくまで想定でしかありません。

シュミレーションは最低限にとどめて、あくまで行動なんだよなぁ、と肌で感じている今日このごろであります。

Pocket

実は、2017年12月に「月収100万円」を達成してました。

Pocket

年が明けたと思ったらすでに2月に入りました。時間が進むのが早すぎる気がしています。

さて、2017年のざっくりとした振り返りでもお伝えしたのですが、12月は100万円の目標を達成しました。

まだちゃんと記事を書けていないのですが、実は2017年の目標を達成していまして。12月は100万円以上の売上になりました。我ながらブチ抜けましたね…!
引用:2017年のざっくりとした振り返り

ようやく落ち着いてきたこともあり、報告をしつつ振り返ろうかなと。2017年の11月と12月をまるっといきます。

スポンサーリンク

フリーランス1年目の目標を達成しました!

ひとまず12月に目標の100万円を達成したというのが、何よりよかったと思います。

とはいえ、コンスタントに100万円稼げているかというとそうでもなく、11月は33万円くらいでした。振り幅がすっごい。

で、仕事について言えば数字を積み重ねるのが楽しく、ゲームのレベル上げみたいな感覚です。

なんというか、お金を使うときの金銭感覚と、稼ぐときの金銭感覚がかなり離れている感じがします。

ふだんは「白菜298円とか高すぎない…?」と思っているのに、仕事になると急に10000円が増えた減ったの世界になるというか。ちょっと大げさに言い過ぎましたが、そんな感じです。

(というか、よく考えると会社で働いてもそんな感じですよね)

てなわけで、内訳もどうぞ。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じです。

【2017年11月:33万円】

  • サイト制作:17.5万円
  • ライティング:15万円
  • ブログ:0.5万円

【2017年12月:144.5万円】

  • サイト制作:72万円
  • ライティング:72万円
  • ブログ:0.5万円

12月は「寝て起きたら次の仕事が入ってる」みたいな状態で、1年のスパンで見ても異常な1ヶ月だったことがよくわかります。

会社の予算を使い切るとか、関係あるんですかね。とにかく、営業しなくてもジャンジャカ仕事が入ってきてました。

とはいえ、これまでの実績や信頼がぼくの代わりに営業してくれてたんだよなぁ、と思っています。ネットにあるぼくの記事を見て依頼をくださったクライアントもいてですね、我ながらびっくりしました。

日々の仕事を1つずつきっちり仕上げることの大切さですね…まだまだ浅学な身なので、おごらずやっていこうと思います。

じゃあ、なにに使うの?というのが一番の問題だったりします

23歳になったので、やりたいことをふんわり考えてみた。」という記事でも書いているのですが、別にお金が欲しかったわけじゃないんですよね。

「お金が欲しい!!」というよりは、それを実現したときの変化がすごく気になるんです。

自分がどう変わるのか。まわりはどう変わるのか。はたまた、なに一つとして変わらないのか。
引用:23歳になったので、やりたいことをふんわり考えてみた。

とまあこんな感じで、「近ごろの若者は欲がない!家を買いたいとか、車がほしいとかないのか!」と言われそうなことをしています。

が、お金を使うことにそこまで関心がないのはどうしようもない事実でして。最近だと、寒すぎてユニクロの超極暖を1万円分くらい大人買いした程度です。あったかい…。

あ、海外のビールはちょいちょい注文してますね。もはや現地に行くほどハマっているレベルですが、とはいえお酒が強いほうでもないので1ヶ月に3回くらい飲めれば満足するという。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

話がそれましたが、結局のところ100万円かせいでも、そこまでマインドが変化した感じはありません。未だに鶏むね肉の値段で悩みますし、「緑黄色野菜も食べないと!」と言われるくらいモヤシで生きています。

金銭感覚は大学生のままで、ガッツリかせいで投資に回す…というのが現状におけるベストかなと。長い目で見て、いろんな体験にお金を使いたいと思っています。

実は、これがラストの売上報告です

言いそびれていましたが、これをラストの売上報告にしようかなと。

もともと、ブログでの売上報告は「月収100万円の目標をブログで公言して、かつ月の売上を報告でもしないと、途中でダメになるかもなぁ」と思ったことがはじまりです。

で、目標を達成してしまったので、もういいよねと。(これからダメになるという意味ではございませんので、あしからず…!)

今年は時給1万円を目標に活動しているので、「今月の時給!」みたいな感じで発表できたらなと。

いまどうやったら簡単に時給を計算できるか、仕組みを作っているところなのでしばしお待ちください…。まずは、労働と趣味や勉強との境界線をちゃんと引くことからですかね。(いきなり難しいというですね…)

Pocket

2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指します。

Pocket

  • 今年は月◯◯万円かせぐ!
  • 海外へ移住する2018年にする!
  • やせてキレイになる!

など、年初らしく意識のアルプス山脈が立ち並ぶなか、

「2018年どーしよっかなー」

と思っている方、こんにちは。ぼくも2018年をどうするか決めるのに、意外と時間がかかっちゃいました。

というのも、仕事に追いかけ回されていた日々でして。自分のことを広くながめてなかったんですよね。それが年末年始で少しは余裕が出てきまして、長い目で見るチャンスができました。

んで、『そうだ、2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指そう』と思い立った次第であります。

スポンサーリンク

「自分がすでにできること」は誰かにまかせる

「新卒ぶぜいが1年たらずで集めた方法論に、価値なんて1ミリもないよなぁ」

と思っていたのですが、「すごい!」と思ってもらえることもあるとわかりました。具体的には、タスクや健康の管理、サイト制作やライティングのスキルなどです。

未完成であることを自覚しているからこそ、自分の全てを疑ってガンガン改善できたのかなと思っています。(というか、単純にオタクなんですよね。やるからには極める、的な。)

で、話を戻しますと、自分ができるようになったことは他の人に教えてやってもらいたいのです。ただ、会社を作るとかそういう話ではなく、現時点ではフリーランスどうしでゆるいチームを作れたらなと思っています。

もちろん「ゆるゆるダラダラやろうぜ」という話では一切ありません。

「いくつのチームを行き来できるレベルの依存度」という意味で”ゆるいチーム”という言葉を使っています。むやみやたらにチームをデカくしてもしょうがないので、最小限で最大の成果を出せる形を見つけられたらうれしいですね。

ちょっとした予想:複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増える

あくまで個人的な予想ですが、複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増えるんじゃないかなと思ってまして。言い方をわきまえずに言うと、コミュニティの使い分けが出てくる(というか、出てきている)と思うのです。

フリーランスって、仕事のコミュニティがほしいんですよね。1人で仕事するのが寂しかったり、仕事をシェアしたかったりと、理由はさまざま。しかしながら、今まではフリーランス自体が少なくてコミュニティができにくかったのです。

が、最近フリーランスが増えていることで、徐々にフリーランスのコミュニティが増えてくるんじゃないかなと思っています。

身近なところでいくと、ぼくが住んでいるまるも周辺にはPont!(ポント)というフリーランスコミュニティがありまして。入ったり運営したりしているわけではないので詳しくはわかりませんが、Pont!公式ページから引用すると

Pont!とはフリーランス向けのコミュニティです。

普段ひとりで仕事をしているフリーランスが集まり、気軽に相談できたり、案件の共有ができるコミュニティです。

とのこと。

近くで見ていて「いい感じのコミュニティだなー」とは思いますが、単一のコミュニティに属するのってリスキーだとも思っています。(というか、なににしろ「単一であること」はリスキーだと思っています。単一民族国家に住んでるというブーメランは無視しましょう。)

で、「純粋なフリーランスコミュニティってまだまだ少ないし、コミュニティはいろいろあったほうがいいよね」と考えて”ゆるいチーム”を作ろうと思ったわけです。

目指すのは時給1万円

で、チームを作りながら自分の価値をガンガンに上げたいとも思っていまして。定量的な目標として「時給1万円」を掲げています。ちなみに今は5000円くらいです。

昨年は「新卒でフリーランスでも稼げることを証明してやるよ!」と思って、体力と物量のかぎりを尽くして勝負していました。ただ、それって学生のときとやり方が変わらないんですよね。

いくら効率化したところで、結局は24時間のあいだでの効率アップでしかないんです。ガリッガリに効率よくしても、どこかで限界にぶち当たります。

仕事ばかりでインプットや考えを深める時間が少ないと感じていたこともあり、時間あたりの単価をガンガン上げようと思った次第です。

大事なのは「お金を稼いだ先に何があるか」

やれば稼げることは昨年で証明したと思ってて、次は稼いだお金をどう使うか考える段階かなと。

痛感しているのですが、お金って稼ぐよりも使うほうにセンスがいるんですよね。

「酒!女!高級車!タワマン!」

みたいにあぶく銭として使っても、あんまり意味ないですし、センスもない(興味もない…)

なので、今後は

  • かける時間を減らし、かせぐお金を増やす
  • つかうお金を減らし、かせぐお金を増やす

みたいな考え方で時間とお金をかせぎながら、新しい事業に手をだすのが楽しそうかなと思っています。ひとまずは、AIがほぼ自動で運用してくれる投資サービスをはじめました。

なんとなくですが「自給自足で生活コストを限りなくゼロに近づけて、仕事ではガンガンにかせぐ」みたいなライフスタイルが最強なんじゃないかと。やりたいことはまだまだ増えるばかりですね…!

ものづくり系とか、食べもの系とか、アート系とか、いろいろと興味は広がるばかりでありまして、ネット以外のこともやってみたいなと企んでいたりします。たぶん直近でやることはなさそうですが。

ひとまずはその一歩目として『”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指す』1年にしようと思ったわけであります。

さて、あなたは2018年をどんな1年にしたいですか?ちょっと時間をとって考えるだけでも、意外とアイデアが浮かぶものですよ。

Pocket

フリーランス必見!メンタルに安定感を出すためのヒケツを教える

Pocket

メンタルがブレまくっているフリーランスのみなさん、こんにちは。

個人で仕事をしていると、

  • 永遠にひとりで仕事
  • 〆切に追われて深夜のデスマーチ
  • 収入が不安定っちゃ不安定

てな感じで、メンタルがブレやすいんですよね。

ぼくも「なんだかよくわからないけど、やる気が全然ない…」となることもたまにありました。が、いろいろと試した結果バツグンに安定感が出てきました。

おかけでコンスタントに成果が上がりつつあります。ちなみに、10月は59万円かせぎました。

そこで今回は、新卒で50万円以上かせぐフリーランスが、ブレないヒケツを5つお伝えします。ふだんからメンタルが不安定で、コンスタントに成果が出ない…というかたはお試しあれ。

スポンサーリンク

自分をブラさないために大切な5つのこと

さっそくですが、ブレないためのヒケツを

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の順に5つお伝えします。それでは、いってみましょう。

1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ

メンタルがぶれているときって、だいたいフィジカルがぶれているんですよ。

なので、健康を徹底的に管理するのがなによりも大事です。

例えば、昼ごはんを低糖質(ロカボ)にしてみたりパソコンやスマホで疲れた目をこれでもかとケアしてみたりバランスボールに座って作業してみたり

ありとあらゆる面から健康になるような環境を整えました。

そうそう、睡眠と運動はFitBitをつけて自動で管理しています。つけているだけなので、忘れてました。

健康オタク…になる必要はないかもしれませんが、とはいえある程度のお金は突っ込んで損はしません。

2. 生活にルーティンを作る

ひと昔前にちょっと流行りましたよね。ほら、だれでしたっけ。一郎丸、二郎丸、三郎丸…うーんと忘れました。

まあ、その五郎丸さんがやっていたポーズがルーティン(お決まりの手順みたいなもの)です。

で、日々の生活で五郎丸ポーズをしろ…というわけではなく、お決まりの手順を作る必要がありますよ、と。

ぼくの場合だと、朝にやることと夜にやることをルーティン化しています。

別に特別なことする必要はないんですよ。歯をみがいて、顔を洗って…みたいなことの順番を決めるんです。

するとあら不思議。「いつもの自分」がどこかからやってきます。

また、ルーティンを作ると考えなくてもよいってのも大きなメリットです。考える間もなく身体が勝手に動き出したら、ルーティンの構築は成功ですね。

3. 大事なこと以外に気を使わない

人間ってほっとくといろんなところに気が散っちゃうんですよね。SNSやらテレビやら。

そして気がついたら「ああ!アレもしなきゃ!コレもあった!…」みたいな。

そんなときは「これって本当に全部やる必要あんの?」と自分にいちど聞いてみてください。別にそこまで大切じゃなかったことも、なんならたっぷりあるはずです。

ぼくはこちらの『DEEP WORK』を読んでから、かなりやることが減りました。

科学データをもとに書かれた本で、全てにちゃんと根拠があるんですよね。

やるべきことがシンプルに整理できて、心がスッキリします。

4. 自分の世界への入り口を広くつくる

自分の世界をちゃんと保って、入りたいときに入れるようにしておくとメンタルって安定します。

なので、自分の世界に入るための方法をたくさんもっておきましょう。

  • 瞑想
  • コーヒーを淹れる
  • ランニングする

など、自分に集中するツールを用意しておきます。

ルーティンをつくるのとちょっと似ているかもしれませんね。

5. 環境をうまく使う

メンタルがブレるときって、環境がブレていたりします。ぼくの場合だと

  • 暑い・寒い
  • 混んでいる
  • うるさい

てな感じの場所はよくないです。気が散ってメンタルがブレます。

環境を変えるか、もしくは「集中しなければならない作業ではなく、淡々とやる作業」のようにやることを変えましょう。

「ここならいつでも集中できる」という場所を持っておくの、おすすめです。自室はキレイに保つべきですね。

補足:たまにブラして、戻す

やっぱり人間ですから、淡々とやってると飽きてくるものです。そんなときは環境をガラッと変えて、そこから戻してみましょう。

参考:いざアメリカへ。「ビール・コーヒー・場づくり」を見てきます。

わざとブラすことで気分のリフレッシュになりますし、ふだんの環境にある問題点が見えることもあります。

ブラして戻し、またブラしては戻し…というサイクルを経て、よりベストな状態に向かっていくイメージです。

生活に問題があるわけじゃないけど、なんだか気分が乗らないときにおすすめ。

自分のなかにメンタルの軸をつくる

ブリーランスとして1人で活動していてもブレないためのヒケツとして、

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の5つを紹介しました。

メンタルをぶらさないためには、できるだけ管理する要素をしぼるのが大切です。

あれもこれも…となる気持ちもわかりますが、軸を1本つくりましょう。

まずは「毎日おなじ時間に起きる」レベルでいいので、日々のちょっとした習慣づくりからはじめてみてくださいね。

生産性アップについて、もっと知りたいかたは「[随時更新]徹底的に生産性を上げるための戦略ノートをどうぞ。

Pocket

10月の売上報告。過去最高の「59万円」でした

Pocket

10月の月収は59万円でした。

「ようやく停滞から抜け出せたかな…」

と思っています。

6月に月収50万円を達成してから、一息ついてしまった感があったんですよね。(われながら長い一息でした…)

んで、10月にようやくちょっと突破できたというわけです。

まだまだイケるぞ感はあるので、スキルを深めつつさらに伸ばしたいところ。

ここからグングンいくためにも、作戦を立てなければ…とも思っています。

というわけで行ってみましょう。

スポンサーリンク

サイト制作でガッツリかせぎました。

まずは月収の報告から。金額で言えば59万円で、サイト制作がガッツリ入ったのでこの結果となりました。

デザインも担当しはじめたので、これからさらにスキルがつけば伸びていくんじゃないかなと思っています。

「企画→デザイン→コーディング→ライティング」というメディア運用の流れをまるっと取れるようになりたいですね。日々、修行であります。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じです。

  • サイト制作:48.5万円
  • ライティング:10万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作が伸びてきたといいますか、だんだんと偏ってきたといいますか。スキルをつけることに対するパフォーマンスでいえば、一番いいんじゃないかなと。スキルがつくとすぐに報酬もついてきます。

逆に、ライティング・ブログはまだまだ停滞…。もうちょいテコ入れしよう。

今後の課題

これからやるべきこととしては、

  • 外注・投資など、事業の拡大にお金を使う
  • デザインスキルをより確立する
  • 生活の効率化をゴリゴリに

の3つかなと。

それぞれ詳しくいってみましょう。

外注・投資など、事業の拡大にお金を使う

自分ではないだれかに仕事をお願いしていきたいと思っていまして。いまもちょっとだけやっているのですが、もう少ししっかりやっていきたいなと。

とはいえ、自分で仕事をするのとはまた違った種類の難しさに手こずってます。任せるのって難しい。

また制作に便利なソフトなど、設備への投資は金に糸目をつけずやっています。とはいえ、1ヶ月で数千円レベルですが…。ケチなんですよね、ぼく…。

まぁ、よく言えばシビアなわけですが、もうちょっと冒険心があってもいいのかなと思っています。

デザインスキルをより確立する

デザインは新しく芽が出たばかりのスキルなので、水と肥料をうまくあげてグングン伸ばしていきたいです。

「とりあえずなんでもかんでも作ってみる精神」で、フライヤーを作ったりしていました。

Webデザインをメインにしていく予定ですが、今はひとまず手を動かしまくる時期だと思ってまして。作らないと得られない発見もあり、楽しんでおります。

生活の効率化をゴリゴリに

「毎日の生活で1分カットできれば、年間で365分(≒6時間)じゃん?もしかして、天才?」

ということに気づいてしまい、生活の効率化に投資しています。

その結果「なんで今まで手でやってたんだろう…アホだったのかな…」と、まる3日へこむほど効率化できています。

この勢いで

  • 洗濯乾燥機
  • 食洗機
  • ルンバ

あたりも導入してやろうかと思いましたが、シェアハウス暮らしワンルームということを思い出して終わりました。

他にも、料理はまとめて作ったりとか、かなり基本的なところから見直しています。『1440分の使い方』という本が参考になりました。Kindle版だと540円なクセに良書です。

時間への考え方を根っこから見直すいいキッカケになりました。リアルなエピソードから、大事なところだけをまとめているのがGOOD。

「お金を使ってお金を稼ぐ」のが次の一歩な気がしています

まとめると、さらに稼ぐためのステップは「うまいことお金を使う」なんじゃないかと。お金を回す、みたいな表現がしっくり来ます。

ひとまずウェルスナビに30万円つっこんでみて、経過を見守っています。

んで、いざやってみるとわかるのですが、お金を使うってセンスがもろに出るんですよね。お金を稼ぐよりよっぽど難しい。

「酒!女!外車!」みたい人を否定するわけじゃありませんが、ぶっちゃけセンスないなと。見ててつまらない。

というわけで、お金持ちの人ってどんなふうにお金を使っているのかな…という研究もしています。ネーミングがそのままですが『お金持ちの教科書』は、リアルなインタビューがのっていてイイ感じでした。

こちらはKindleUnlimitedで読みました。こんな良書もあるんです、Unlimited。

『お金持ちの教科書』は「[随時更新]KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)のおすすめ本をご紹介。」にもまとめてますので、よろしければどうぞ。

Pocket

もう11月ですが、9月の売上は43万円でした。安定…

Pocket

ええ、わかっています。もう11月だということは。

手短に9月の売上報告を…。

結論を先に言うと9月は43万円の売上だったわけですが、なんだか安定「してきてしまった」気がしています。

安定しているのはありがたいことです。が、もっと攻めたいんですよ。

それでは、詳しくいってみましょう。

スポンサーリンク

安定しててイイ感じだけど、面白みに欠ける?

とってもありがたいことなのですが、安定して楽しいお仕事をいただけています。

そして売上までも安定している…これはイカンですよ。

関連:8月の売上は42万円でした。まだまだイケるぞ

いやぁホントに「まだまだイケよ」って感じです。

しかしながら忙しいっちゃ忙しいので、まだまだ修行が足らんなぁと。もっと時間を作って新しいことをしていかねば。

時間の使い方やそもそもの生活から見直しているところであります。そのうちブログにしたいと思っていますが、いかに…。

内訳もどうぞ

さてさて、内訳はこんな感じです。相変わらずサイト制作のパワーがすごい。

  • サイト制作:24万円
  • ライティング:18.5万円
  • ブログ:0.5万円

ブログの低め安定さが抜けませんが…コツコツやっとります。

徐々にアクセスが改善したり、「おっ!いけるんじゃね」と思うこともありますが、結局これくらいの数字で落ち着くというですね。もうちょいやってダメなら方向転換ですね。

今後の課題は10月の売上報告にて

てなわけで9月の売上報告でした。

人間というのはないものねだりなものでして、「安定したい!」と思っていて安定すると「安定はイヤだ!」となるんですよ。

で、その原因もなんとなくわかっておりまして。ぼくが住んでいる金谷にはお金を使うところがないんですよ。

40万以上かせいで、ふつうに生活していたら余るわけです。すると無欲になるんですよね。

なんか、こう、「やったるぞ!」みたいな気合が足らんのですよ。ハングリー精神が大事ってiPhoneつくったオジサンが言ってた気がしますし、大事だなと。

だからこそお金を使うセンスが問われるという。それはそれで楽しい考えごとなんですが、お金を稼ぐよりもよっぽど難しいです。

極端な話、サギをしてもお金をかせげるんです。「もそもそ?オレだよオレ」って言って。

でも、お金を使うのってモロにセンスが出ます。ここまで難しいとは…。

んで話を戻しますと、今後の課題もまとめるはずでした。が、なにせ売上報告が渋滞しておりまして…。管理はちゃんとしているのですが、ブログとなると、ね…?

てなわけで現状の課題は10月分にてまとめようかと。たぶんすぐ出します。たぶん。

Pocket

8月の売上は42万円でした。まだまだイケるぞ

Pocket

9月が終わる前に8月の収益報告をねじ込んでおきます。

ドカンと大きな案件が入り、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った8月でした。

7月のときも同じようなことを言ってます。

関連:収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

ライティングでベースとなるお金を稼げているので、安定感はあります。

そこにサイト制作でガッツリ乗せるイメージ。

崩壊しかけていたタスク管理も復活して、いい感じでございます。

てなかんじで、8月の収益報告いってみましょう。

スポンサーリンク

40万円台まで復活しました

実をいうと、7月はフリーランスになってはじめて収益が下がった月でした。

「直近のお金がない!」というわけではないので焦らずに過ごせましたが、やっぱり稼がないと不安だなと。

タスク管理や日々の生活リズムなど、ベースから見直した1ヶ月でした。

1ヶ月の半分くらいは大阪や福井にいつつも、しっかりと稼げたのはGOODですね。

ただし、バタつきがちでして。この収益報告も9月下旬になってようやく書いております。

内訳もどうぞ

だいたいの内訳です。

  • サイト制作:32.5万円
  • ライティング:9万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作がドッカンとのっかっています。

ライティングが減り始めたのですが、サイト制作のほうをもうちょい強くしていこうかなと。

ブログは引き続きリライトしております。伸びてくれ〜。

今後の課題

これからやるべきことは

  • デザインの力をつける
  • スピードをアップする
  • 新たな収益源をつくる

の3つですね。

デザインの力をつける

実は、今まではサイトのコーディングを担当していることがほとんどでした。

カンタンに言うと

  1. 誰かがつくったデザインのデータをもらう
  2. そのデータ通りにコードを書く
  3. できあがったものをお客さんに送る

という仕事の流れでした。

が、デザインもまるっと受けられるとよいなと。

元から興味もありましたし、そんなにニガテではないはず。

まずは身近なデザインから…ということで名刺を(やっと)作りました。

要相談ですが、実績を作る意味でも今だけお安くデザインしようかなとも思っています。

「ちょっと気になる…!」というかたがもしいらっしゃれば、お問い合わせフォームからどうぞ。

スピードをアップする

もっと作業のスピードが上がらんもんかねぇ、と悩み中。

今までも、Vimiumなり、GoogleIMEなりと、ツールを導入してきました。

関連:ネットサーフィンを効率化したいなら、Chromeの拡張機能「Vimium」だよ

関連:タイピングを速くしたいなら「Google日本語入力」がオススメな理由

タイピングもかなり早くなりましたが、もっと早くなれるぞと思っています。

キーボードを叩きまくる以外の方法がないものですかね…。日々精進、という感じ。

ブログエディタも悩んでおりまして。MarsEditってどうなんだろうなぁ…と思っています。

4,000円くらいするのでためらっているのですが、効率が著しく上がるならいいなぁと。

誰か偉い人おしえてください。

新たな収益源をつくる

デザインもそうなのですが、新しい収益源を作ろうと思っています。

具体的には

  • デザイン
  • アフィリエイト
  • 動画

あたり。

かなり時間を投入しないといけないので、いつごろ芽が出るのかわかりませんが、コツコツやっていきたいところ。

撤退ラインはちゃんと決めつつ、早めに成果が出るようにしたいです。

まとめると、

  • 8月の売上は42万円
  • サイト制作が伸びてきて、かつもっと伸ばしていきたい
  • これからやるべきことは、①デザインの力をつける②スピードをアップする③新たな収益源をつくるの3つ

でした。

最初の伸び率から考えると、若干伸び悩みの時期なのかなと思っています。

もっと言えば、新しい投資をする時期なのかなと。

1つ芽が出たら儲けもんでしょ、くらいのノリでいろいろやってみます。

お金をどんなふうに使うかを考え中です

もともと使うお金は少ないのですが、食費がガンガン減っております。

最近の昼ごはんはオムレツやらとうふやらなので、40円(!)くらいと破格の安さ。

稼ぐことと、かつお金を使わないことを両立していきたいなと思う所存です。

問題は「使い方」なのかなと。

消費ではなく、なんかしらの投資に使いたいなと思っているのですが、迷い中。

攻めと守りをうまくやりつつ、お金をドンドン増やしていきたいなと思っている今日このごろです。

Pocket

収益報告!7月の売上は33万円でした。(下がった…)

Pocket

案件が思ったよりも入らず、

「フリーランスって不安定だよなぁ」

と思った7月でした。

が、33万円くらいかせいだので、徐々に底が上がっている感じ。

個人的には、タスク管理が下手な1ヶ月でした。

やることの管理については、かなり根っこから見直しているところです。

てなわけで、7月の収益報告でございます。

スポンサーリンク

月収50万円キープできず…

「月収50万円をキープできたら…いいじゃん?」

と思っていたのですが、そこまで甘くなかったようです。

関連:2017年7月の目標。月収50万円の維持、コンテンツ・スキルの充実

7月の収益は全体で33万円でした。

案件の終了が重なったので、全体的にドカッと下がっています。

気持ち的にも、ノンビリした1ヶ月だったんじゃないかと。

田舎フリーランス養成講座の講師が終わり、ホッとした部分もあったのでしょうか。

反省どころの多い1ヶ月でした。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じ

  • サイト制作:17.5万円
  • ライティング:15万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作もライティングもまだまだ伸ばせる感覚はありますね。

地味に思うのが、ブログ伸び悩んでるよね…ということ。

いまはアクセスのベースを上げるために、過去記事をリライト・追記しています。

今後の課題

これからやるべきこととしては、

  • 営業力をつける
  • ほかの人にドンドン頼む
  • 健康オタクになる

の3つかなと。

それぞれ詳しくいってみましょう。

営業力

スキルは着実に上がっているのですが、仕事がとれるかどうかは別の話だなと。

それに単価を上げるのも、営業の力ですよね。

  • 成果をしっかり出すのは大前提
  • クライアントが払うお金を増やすメリット

をちゃんと提示していきたいなと。

勝手に仕事を運んできてくれるレベルの仕事をじゃんじゃかやっていくのもだいじ。

ほかの人にドンドン頼む

ガンガン仕事をとって、ほかの人にどんどん頼むのもだいじ。

ですが、それはそれでまた別の力が必要です。

人への頼みかた、頼んだあとの調整なんかもうまくなりたい。

健康オタクになる

フリーランスの場合、自分の健康がそのまま収入に直結します。

(というか、どんな職業にせよ、健康で損はしないと思うのですが…)

健康だいじ。それにつきます。

  • 短時間の筋トレ
  • ランニング
  • 高タンパクな食生活
  • 早寝早起き
  • 瞑想
  • 砂糖だらけの食べものをとらない

は、すでに実践しつつあるので

  • Fitbit
  • 定期的なマッサージ
  • 定期的な歯のケア

あたりを試したいなと。

余談ですが、先日マッサージをはじめてしてもらいまして。

「耳と眉間」しかやってないのですが、それでも全然ちがいました。びっくらこいた。

「まだ23歳だし、マッサージとかいらなくね?」

と思っていたのですが、これはちょっと悩む。

使うお金は減りました

7月はナッツを買ったりしてまして。健康によさげ&おいしいので。

でも、もらいもんをちょくちょくいただいていたせいで食費は減りました。

お金をためたいなら田舎に住んでガッツリ稼ぐのがベストだと確信。

あと、ジュース・お酒をほとんど買わなくなったのも大きいですね。

マネーフォワードで管理しているのですが、具体的には「外食ふくめて24,000円くらい」。

部屋の環境もぼちぼち整ってきて、もはや税金と食費しかお金使ってないんじゃ…というくらい。

というのは言いすぎですが、だんだんとたまってきています。

経験やら知識やらへの投資も増やしつつ、株やら投資やらはじめたいなと。

ロボット投資って、どうなんですかね。

お金の使い方って思ったより難しいと気づきはじめ、いろいろと考えすぎる今日このごろです。

Pocket

ライターになりたい大学生が、まずチェックしたい5つのポイント

Pocket

「ライターになりたいんです!…でも、どうしたらいいんですか?」

という、なんともざっくりした質問を、大学生からされることがあります。

ぼくも大学生からライターをしていた身ですし、質問されるのはうれしいことです。

が、同じ質問が続くと、ついまとめたくなるのがぼく。

この記事は

「ライターになりたい?なら、まずはここから押さえていけばオッケー!」

という内容です。

とはいえ、ライターをしているかたからすれば、当たり前のことばかり。

これがスタート地点だと思って読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

「ライター」ってどんな人?

「ライター」とひとくちにいえど、いろーんな人がいます。

  • コピーライター
  • ルポライター(ジャーナリスト)
  • トラベル(旅)ライター
  • フードライター
  • テクニカルライター

などなど、ライターのなかでもやることによって業種はさまざまです。

ここでは、ぼくが仕事としている「Webライター」についての話をします。

Webライターとは、

  • ホームページ
  • ブログ
  • メルマガ

などにのせる文章を書く人です。

このブログも実は別のWebライターさんが…ということはありませんが、「寄稿」という形で個人のブログに記事を書くこともあります。

ランサーズなど、クラウドソーシングと呼ばれるサイトで見つけやすいのも「Webライティング」という仕事ですね。

ライターになるなら、ひとまずチェックしたい5つのポイント

ここからは、Webライターになりたいならチェックしておきたいポイントを

  1. ともあれ、まずはブログでも書いてみたら?
  2. 在宅でもできるけど、うまくやらないとキツイ
  3. 最初はインターン・アルバイトでもいいかも
  4. ボキャブラリー・文章のコツはそこまで重要じゃない
  5. おもしろ系ライターはハードルが高い

という順番で紹介していきます。

1.ともあれ、まずはブログでも書いてみたら?

「ライターやってみたい!…でも、実績とかなにもないしなぁ」

という大学生のかたが大半かと思います。

そんなかたにおすすめなのがブログです。

「私はこんな記事が書けますよ!」

というのをブログで証明しましょう。

ライティングの仕事を頼む人も「この人はいったいどんな記事がかけるんだろうか…?」と心配なものです。

ゆえに、自分がどんな文章を書けるのかを見せることは、とても大事。

ロリポップ!とかでサーバを借りて、ドメインを取ってWordPressをインストールしてウンタラカンタラ…

とやってもよいですが、初心者にはなかなかハードルが高いのも事実。

(「Webサイトを1から作れるようになりたい!」というかたは、ぜひチャレンジしてみてください)

まずははてなブログあたりでブログを書いてみるとよいかと。

2.在宅でもできるけど、うまくやらないとキツイ

ライターのお仕事は、確かに在宅でもできます。

しかし、仕事をとるほど家から出るチャンスを失っていくため、うまくやらないとキツイです。

それに加え、単価の低い仕事をとってしまうと、それはまさに生き地獄。

ランサーズでも、「文字単価1円」を基準にライティングの仕事を探してみましょう。

実績がないうちはなかなか仕事が取りにくいかもしれないので、やっぱりブログはおすすめだったりします。

3.最初はインターン・アルバイトでもいいかも

クラウドソーシングなどのサイトを使って、自分で仕事を取ろうとするのはなかなか大変です。

なので、大学生なら最初はインターンとかアルバイトとかを足がかりにしてもいいんじゃないかなと。

LINEバイト公式サイトタウンワークなど、普通のアルバイトサイトにも意外とあったりします。

教えてくれる人がいつつ、記事を書いてちゃんとお金をもらえるという意味では、最初はアルバイトからはじめるのもいいんじゃないかと。

大事なのは「実績をつくる」という意識です。

実績をつみあげて、どんどんと上に行っちゃいましょう。

4.ボキャブラリー・文章のコツはそこまで重要じゃない

あえて言い切りますが、ボキャブラリー・文章のコツはライターにとって重要ではありません。

それよりも大切なのは「わかりやすく書くこと」です。

あくまでWebライターの話ですが、技巧をこらした伝統工芸品のような文章を書いたところで

「なんじゃこりゃ、読みにくいな…他のサイトへ行こうっと」

と読み手は別のサイトにうつるだけです。

そもそもあなたの書く文章を読みたくて来ている人であれば、複雑な表現をしてもよいかもしれません。

が、それはWebライティングに必要のないものです。

とはいえ、あるに越したことはないので、徐々につけていくくらいのスタンスがぴったりかと。

おもしろ系ライターはハードルが高い

20人に1人くらいはいるんです。

「おもしろい記事を書けるライターになりたいんです!!」

というかたが。

うん、よいとは思います。が、難しいとも思います。

というのも、おもしろい記事には企画力が必要です。

情報を調べ上げて記事を書くよりも、何倍もの労力、何倍もの実力、そして何倍もの才能がいります。

ARuFaさんヨッピーさんをはじめとして、おもしろい記事を書くライターは

  • 計算しつくしてバカな記事を書いている
  • 圧倒的な才能でバカな記事を書いている

のどちらかです。

ガハハと笑って読める記事を書くのは、笑うほど難しいのです。

という感じで、

  • 計算高くおもしろさを追求できる人
  • そもそも突き抜けて面白い人

はおもしろ系ライターにチャレンジしてみてもよいかもしれません。

結論、まずは試しにやってみよう

  1. ともあれ、まずはブログでも書いてみたら?
  2. 在宅でもできるけど、うまくやらないとキツイ
  3. 最初はインターン・アルバイトでもいいかも
  4. ボキャブラリー・文章のコツはそこまで重要じゃない
  5. おもしろ系ライターはハードルが高い

という5つのポイントを紹介しました。

結論としては「やってみないとわからないし、とりあえず記事を書いてみたらよいのでは」という感じです。

ライターへの向き不向きをアタマで考えたところで、どうにもなりません。

という感じで、まずは書いてみるところからはじめてみましょう!

Pocket

早くも「50万円」の目標達成!6月の活動報告です。

Pocket

5月の報酬は32万円で、「よしよし、この調子なら7月には50万円いきそうかな…。」とか思ってました。

が、6月で目標達成。バンザーイ。

てなわけで、6月の報酬は50万円ぴったりでした。

健康に気をつけつつ、いけるところまでいってみますかね。

スポンサーリンク

思わぬ目標達成

正直なところ「今月は40万円くらいいけば、7月で目標達成できそうかなぁ」とか妄想していました。

関連:2017年6月の目標。月収50万円へのタッチ、自分以外の目標達成。

が、スコーンときれいに7月の目標額へ届いちゃったという。

だんだん案件が増えてきたので、しっかり整理しながら取り組みたいものです。

内訳もざっくりと

てなわけで、内訳をどうぞ。

  • サイト制作:19.1万円
  • ライティング:30.1万円
  • ブログ:0.8万円

ライティングがガンガン伸びた1ヶ月でした。

逆に、サイト制作はちょっと落ちています。

サイト制作の案件は突然ドカッと入ったり、逆に全然ダメだったりと安定感がないので、ライティングでベースをかせぐのは大事。

ブログも少しずつ伸びています。もうちょいがんばりたい…!

今後の課題

まだまだ課題は山積みです。

という感じで、今後の課題をレビュー。

単価を上げる

さすがに労働量ではカバーできない段階に、なりはじめてるかなと。

実力を上げるのを怠らず、しっかり交渉して単価も上げていきたいですね。

単価を上げて、ゆくゆくは受託にかける時間を減らしていきたいなと思っています。

断る力をつける

「カフェでお話でも!」とか「相談のってください!」とか、見ず知らずのかたであればバッサバッサ断っていかねばなと。

なんかそろそろ変な人が出てきそうな気がするんですよね。夏ですし。

仕事量を確保するためにも、しっかりと丁寧に断る力は大事だなと思います。

「次につなげつつ、ちゃんと断る力」ってのが一番しっくりくるかも。

まわりへの配慮は忘れず

忙しくなると、いつの間にか気を配れなくなりそうな感じはありまして。

そもそも自分のコンディションを整えろという話ではあります。

が、雑談とかも大事にしたいですね。

それがめぐりめぐって自分に返ってくる感じがあるのです。

食事への支出がやや増えた気もします。

ここからは支出についてです。あいも変わらずの健康オタクでして。

ついにナッツを買ってしまいました。

その他にも、食べ物にちょっとお金をかけた6月でした。

試しながらコスパを比較して、最適解を見つけていければと思う今日このごろです。

効率よく質の良いカロリーをとれて、しかも安い食材ないかな…。

Pocket