ビジネス

Pocket

Pocket

フリーランスにならないとわからない、5つの真実

Pocket

フリーランスになって、1年がたとうとしています。ちょっと気が早いかもですが…。

そろそろ一旦まとめておこうかなと。

この記事では、フリーランスという働き方を実践してはじめてわかったことを

  1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する
  2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ
  3. フリーランス最強の敵は自分である
  4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい
  5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

の順にお伝えします。

「フリーランス的な生き方ってどうなんだろう…」

と迷っている人の参考になればなぁと思っております。

スポンサーリンク

1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する

だれか「世の中お金じゃないんだぜ。人情だぜ。」

ぼく「どこがだよ!お金だよ!死ぬぞ!」

ということを実感しております。

単純な話ですが、お金がないと死にます。

いろんな方法を使えば、この日本で物理的に死ぬことはそうそうないでしょう。が、健全な生活を送ることは難しいかもしれません。

  • 食べものを選ぶときに「値段」を優先して、栄養は二の次に
  • 「お金がない状態の自分」という状態が、精神的な負担になる
  • 社会に対して価値を提供できていないかもしれない、という無力感

などなど、最低限のお金すら稼げないと、こんな感じになるんじゃないかなと。

幸い、いろんなかたにお世話になりつつ、お金を稼げているのでなんとかなっております。ありがたや。

大事なのは、複数の収益源をもつこと

「同じカゴに卵を盛らない」精神で、いろんな収益源をつくりたいとアレコレやっている今日このごろです。

最近はデザインに力を入れております。ブログもこれからがんばり…ます。

自分の名刺をデザインしたりと、身近な作品を作りながらデザイン力をのばしていきたいところ。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

このほかにも、いくつかゴニョゴニョしております。

どれから芽が出てくるかなぁ…と楽しみにしながらパソコンと向き合う日々ですね。

2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ

資本…というとどうしてもお金のことを考えがちですが、フリーランスにとっては「身体」が最大の資本です。

だって、有給休暇なんてないんだもの。

働いた分だけしかもらえない、よく言えばフェアなお金の稼ぎかたをしています。

ゆえに、体調が悪くて1日がつぶれると、その日の収入がなくなるというですね。

大きな病気をしたら…ああ!目も当てられない!

というわけで、健康には人一倍きをつけています。

もはや健康オタク!?ぼくの健康法をちょっとだけ紹介

1年で健康オタクもびっくりなほどいろんな方法を調べて、試しました。

細かいところまで見ていくとあふれ返ってしまうので、ざっくりと紹介すると

  • 午後のカフェインは眠りに影響するので控える
  • 高GIの食品(白米、うどんなど)をできるだけ避ける
  • ショートニングが入っている食べもの(コンビニのパンとか)を避ける
  • FitBitで睡眠・カロリー・活動量を管理
  • 野菜とタンパク質を中心に食べる

などなどです。毎日のランニングは挫折しました。

もっとわかりやすく言えば「食事」「睡眠」「運動」の3つに気をつけています。

それぞれがかなり奥が深く、まだまだ最適だとは言えないのが現状です。

が、今のところカゼをひかず過ごせているので、効果はあるんじゃないかなと。

お金や時間とのかねあいもあるので、

  • 安くて、早くて、かつ健康にいい習慣

を作ることが目標です。

もっと詳しく知りたい方は「[レビュー]Fitbit Alta HRをつけて、自動でカラダを管理してます。」とか「作業イスがわりにバランスボールへ座るメリット・デメリット」とかをご一読ください。

3. フリーランス最強の敵は自分である

「無理を言ってくるクライアントはフリーランスの一番の敵だ!徹夜したくない!」

と思っていたのですが、もっと強い敵が身近にいました。

自分です。

良くも悪くも「自分の意思ひとつ」で、1日の過ごし方が変わるのがフリーランスであります。

個人的に最悪の1日が「ダラダラと仕事をしてしまった日」です。仕事をした気になってるにもかかわらず、成果はあんまり出ていない…というやつ。

休むならしっかり休んで、仕事するときはしっかりやる、というメリハリの付け方が大事ですね。

4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい

ぼくが「フリーランスになってよかったなぁ」と思うことの一つです。

Web系のフリーランスであることもあって、

  • 仕事をする場所
  • いっしょに仕事をする人
  • 仕事をする時間

などなど、仕事に対する決定権はかなり持っていると自覚しています。

また、仕事のほかにも

  • 住む場所
  • 休みの日
  • 起きる時間

など、人生全般に対する決定権が自分にあります。

「自分で全部決めたいんだ!」

というコダワリを持っている人は、フリーランスのほうが生きやすいはず。

自由と責任は必ず同居するものですが、責任がある自由こそ本当の自由だと思っています。

自分の人生に責任を持って、自由に決められる権利があるのはフリーランスならではなんじゃないかと。本来、すべての人間にあるべきでは…と思いますが、まあ、いろいろ、ね。

5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

ここまでの話だと

「フリーランス=孤高に生きる一匹狼」

みたいな印象があるかもしれませんが、フリーランスはとっても孤独です。

だって、全ての仕事がお家で完結してしまうんですもの。

いまフリーランスじゃないかたで

「お家大好き!フリーランスならずっといれるじゃん!サイコー!」

と思っているかたもいるかもしれませんが、筋金入りのお家好きじゃないとずっとお家にいるのは難しいでしょう。具体的に言えば「もはや家と同化してるレベル」です。

何より、人間とフェイストゥフェイスで話すチャンスが激減します。

だって、全ての仕事がパソコン1台で完結してしまうんですもの。

フリーランスになるならコミュニティの存在は必須だと思った

個人的な意見ですが、フリーランスになるならコミュニティの一つや二つには入っておいたほうがベターです。

ぼくなら「まるも」ですね。

いろんな人が住んでいて、いろんな人がやってきて、いろんな人が出ていく。

そんな場所で過ごしていると、自分以外の視点から意見をもらうことができて、勉強になります。視野も広くなります。

自分でビジネスをするうえで、「さまざまな視点から広く考えられること」はとっても大事なんじゃないかなと。

仕事やプライベートのことに対して、いろんな人が遠慮なくやんややんやと言ってくれる場所を持つことは、フリーランスにとって必要不可欠です。

これからフリーランスになりたいと思っているかたは、ぜひいちどまるもへ。

ぼくも待ってますよ〜。

フリーランスになってからわかったことのほうが、当然おおいよ

てなわけで、ざっくりとここ半年の気づきをまとめました。

  1. 「生きることはお金を稼ぐこと」を実感する
  2. 最大の資本はお金じゃなくて身体だ
  3. フリーランス最強の敵は自分である
  4. 自分の人生に決定権を持つことは素晴らしい
  5. フリーランスは孤独。だからコミュニティに集まる

細かいところを見ていけばほかにもあるのですが、まぁこんな感じです。

大学生だったころから

「フリーランスになるってどうなんだろう…」

といろんなことを頭で考えていましたが、実際やってみたほうが軽く100倍は気づきがあるもんです。

ふり返って思うのですが、足踏みの期間って無駄なんじゃないかなと。想定していることは、あくまで想定でしかありません。

シュミレーションは最低限にとどめて、あくまで行動なんだよなぁ、と肌で感じている今日このごろであります。

Pocket

実は、2017年12月に「月収100万円」を達成してました。

Pocket

年が明けたと思ったらすでに2月に入りました。時間が進むのが早すぎる気がしています。

さて、2017年のざっくりとした振り返りでもお伝えしたのですが、12月は100万円の目標を達成しました。

まだちゃんと記事を書けていないのですが、実は2017年の目標を達成していまして。12月は100万円以上の売上になりました。我ながらブチ抜けましたね…!
引用:2017年のざっくりとした振り返り

ようやく落ち着いてきたこともあり、報告をしつつ振り返ろうかなと。2017年の11月と12月をまるっといきます。

スポンサーリンク

フリーランス1年目の目標を達成しました!

ひとまず12月に目標の100万円を達成したというのが、何よりよかったと思います。

とはいえ、コンスタントに100万円稼げているかというとそうでもなく、11月は33万円くらいでした。振り幅がすっごい。

で、仕事について言えば数字を積み重ねるのが楽しく、ゲームのレベル上げみたいな感覚です。

なんというか、お金を使うときの金銭感覚と、稼ぐときの金銭感覚がかなり離れている感じがします。

ふだんは「白菜298円とか高すぎない…?」と思っているのに、仕事になると急に10000円が増えた減ったの世界になるというか。ちょっと大げさに言い過ぎましたが、そんな感じです。

(というか、よく考えると会社で働いてもそんな感じですよね)

てなわけで、内訳もどうぞ。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じです。

【2017年11月:33万円】

  • サイト制作:17.5万円
  • ライティング:15万円
  • ブログ:0.5万円

【2017年12月:144.5万円】

  • サイト制作:72万円
  • ライティング:72万円
  • ブログ:0.5万円

12月は「寝て起きたら次の仕事が入ってる」みたいな状態で、1年のスパンで見ても異常な1ヶ月だったことがよくわかります。

会社の予算を使い切るとか、関係あるんですかね。とにかく、営業しなくてもジャンジャカ仕事が入ってきてました。

とはいえ、これまでの実績や信頼がぼくの代わりに営業してくれてたんだよなぁ、と思っています。ネットにあるぼくの記事を見て依頼をくださったクライアントもいてですね、我ながらびっくりしました。

日々の仕事を1つずつきっちり仕上げることの大切さですね…まだまだ浅学な身なので、おごらずやっていこうと思います。

じゃあ、なにに使うの?というのが一番の問題だったりします

23歳になったので、やりたいことをふんわり考えてみた。」という記事でも書いているのですが、別にお金が欲しかったわけじゃないんですよね。

「お金が欲しい!!」というよりは、それを実現したときの変化がすごく気になるんです。

自分がどう変わるのか。まわりはどう変わるのか。はたまた、なに一つとして変わらないのか。
引用:23歳になったので、やりたいことをふんわり考えてみた。

とまあこんな感じで、「近ごろの若者は欲がない!家を買いたいとか、車がほしいとかないのか!」と言われそうなことをしています。

が、お金を使うことにそこまで関心がないのはどうしようもない事実でして。最近だと、寒すぎてユニクロの超極暖を1万円分くらい大人買いした程度です。あったかい…。

あ、海外のビールはちょいちょい注文してますね。もはや現地に行くほどハマっているレベルですが、とはいえお酒が強いほうでもないので1ヶ月に3回くらい飲めれば満足するという。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

話がそれましたが、結局のところ100万円かせいでも、そこまでマインドが変化した感じはありません。未だに鶏むね肉の値段で悩みますし、「緑黄色野菜も食べないと!」と言われるくらいモヤシで生きています。

金銭感覚は大学生のままで、ガッツリかせいで投資に回す…というのが現状におけるベストかなと。長い目で見て、いろんな体験にお金を使いたいと思っています。

実は、これがラストの売上報告です

言いそびれていましたが、これをラストの売上報告にしようかなと。

もともと、ブログでの売上報告は「月収100万円の目標をブログで公言して、かつ月の売上を報告でもしないと、途中でダメになるかもなぁ」と思ったことがはじまりです。

で、目標を達成してしまったので、もういいよねと。(これからダメになるという意味ではございませんので、あしからず…!)

今年は時給1万円を目標に活動しているので、「今月の時給!」みたいな感じで発表できたらなと。

いまどうやったら簡単に時給を計算できるか、仕組みを作っているところなのでしばしお待ちください…。まずは、労働と趣味や勉強との境界線をちゃんと引くことからですかね。(いきなり難しいというですね…)

Pocket

副業が続かない人へ。とにかく最初の1円を最速で稼げ

Pocket

「副業で稼いで、ゆくゆくはフリーランスとして活動したい!けど、稼げないし続かない…」

と思っている方、こんにちは。

新卒でフリーランスになり、3ヶ月で月収50万円を達成したくろぽん(@ktsuyoc)です。

会社の他にも収入源がほしいとはいえ、いざやってみると稼げなかったり、続かなかったりしますよね。

ぼくに言わせれば、稼ぐことと続くことは強く関係しています。稼げなきゃ続きませんし、続かなきゃ稼げません。

そこで、この記事では副業で安定して稼ぐのに必要な「最初の1円を最速で稼ぐ方法」をお伝えします。

「副業をやってみたいけど、続くかどうか心配…」と思っているかたも、ぜひ参考にしてみてください。

ぼくも最初は1円を稼ぐところから始めました。この記事で、まずは最初の1歩となる1円を稼ぐ方法をつかみましょう!

スポンサーリンク

最初の1円を最速で稼ぐ3つのメリット

「なんで、最初の1円を最速で稼がせようとするの?せっかちなの?」

と思っている方もいるかもいるかもしれませんが、ちゃんと理由があるんです。

ここでは、最速で初めの1円を稼ぐことについて

  1. 「自分でお金を稼げる!」という自信がつく
  2. 「せっかく稼いだし、続けよう!」というモチベーションになる
  3. 「もっと稼ぐにはどうしたらいいんだろう?」という改善につながる

という3つのメリットをお伝えします。

1. 「自分でお金を稼げる!」という自信がつく

副業をはじめたころって、本当に稼げるか心配ですよね。「だって、会社で働くこと以外にお金を稼いだことないし…」という方は多いはず。

だからこそ、最初の1円をトップスピードで稼ぐ必要があるんですよ。グダグダ言わずに、さっさと稼いでください。

自分でお金を稼げるんだ!という自信をもてることは、副業を続けるための何よりも大きなモチベーションです。1円が稼げれば、もう副業家としてのスタートを切ったも同然ですね。

2. 「せっかく稼いだし、続けよう!」というモチベーションになる

副業で1円でも稼げると、やめるのがもったいなくなります。せっかく稼げるんだし続けようかな…と。

くり返しになりますが、稼ぐことと続くことは強く関係しています。稼げなきゃ続きませんし、続かなきゃ稼げません。

稼ぐためには続けるモチベーションが必要で、そのためには最速で1円を稼いでくださいね、という話です。

3. 「もっと稼ぐにはどうしたらいいんだろう?」という改善につながる

1円でも稼げると、「もっと稼ぐにはどうしたらいいんだろう?」と考えることができます。0はいくら掛け算をしても0ですが、1でもあれば、改善を重ねて増やすことができるんです。

で、改善して増えてきたならこっちのもの。増えると楽しいじゃないですか。さらに稼ぐための作戦を考えるようになりますよ。

そのためにも、まずは1円を最速で稼ぐべきなんです。そこをクリアすれば、あとは楽しみながら改善していくだけですね。

まとめると、最初の1円を最速で稼ぐメリットとして、

  1. 「自分でお金を稼げる!」という自信がつく
  2. 「せっかく稼いだし、続けよう!」というモチベーションになる
  3. 「もっと稼ぐにはどうしたらいいんだろう?」という改善につながる

の3つを紹介しました。

次は、最初の1円を最速で稼ぐ方法を解説していきます。

最初の1円を最速で稼ぐ方法

ここからは、副業で最初の1円を最速で稼ぐ方法を、

  1. クラウドソーシングで仕事をする
  2. BASEやココナラでスキルを販売する
  3. (スキルがなければ)正しい方法で勉強する

の順に紹介します。

1. クラウドソーシングで仕事をする

クラウドワークスランサーズのような、いわゆる「クラウドソーシング」と呼ばれるサイトで仕事をすることで、意外と簡単に最初の1円を稼げてしまいます。

ぼくがクラウドソーシングで仕事したものだと、

  • Webサイトの制作
  • 記事のライティング

の2つですね。他にも、データ入力やデザイン、翻訳などさまざまな業種があります。

おすすめはライティングです。

もし本業で

  • 人材系(転職とか、派遣とか)
  • 不動産系
  • 美容系(脱毛とか、エステとか)

などをしている方であれば、その経験を活かしたライティングもできます。(そして、経験を活かしたライティングは単価が高いことが多いんですよね)

まずは、どんな仕事があるのか、クラウドソーシングのサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。ぼくのおすすめは「クラウドワークス」です。

>>クラウドワークスを見てみる

2. BASEやココナラでスキルを販売する

元からある程度スキルがある方であれば、BASEココナラでスキルを販売するのもGOODです。

「そんなスキルなんてないよ…」と思うかもしれませんが、

  • Excelで資料を作ります!
  • 1ヶ月彼女やります!(「まじか」と思いました)
  • 何でも相談のります!

など、人によっては「こんなのでいいの…?」と思うようなスキルを売っている人もいて、もちろん買っている人もいます。なんだかできそうな気がしますよね。

BASEだと自分のネットショップを持つことができるのがメリットですが、お客さんに来てもらうのが難しいんです。BASEでちゃんと売れている人は、SNSやブログからお客さんを集めている印象があります。

なので、はじめはココナラのほうがおすすめです。ジャンルごとのランキングがあったり、売れるためのコツが紹介されていたりなど、初心者にやさしいサイトなのがポイント。

3. (スキルがなければ)正しい方法で勉強する

「ライティングも大変そうだし、ココナラで売るようなスキルもない…」

という方であれば、もはやスキルを作ってしまいましょう。正しい方法で勉強すれば、1ヶ月くらいでスキルがある程度つきます。そこまで時間がかかるものでもありません。

おすすめはプログラミングのスキルですね。なぜなら、いま需要があって、これからもその需要はあり続けると言われているからです。

ぶっちゃけ、プログラミングは儲かります。プログラミング言語の平均年収を見ると、軒並み年収500万円より多いです。ちなみに上限は1000〜2000万円くらい。すごい。

で、プログラミングのスキルをつけるために、まず考えるべきなのは、

  • Webのプログラミング
  • アプリのプログラミング

のどちらを学んでいくかです。

ざっくりとですが、「ホームページ作ってみたいなぁ」と思ったらWebのプログラミングを、「アプリ作ってみたいなぁ」と思ったらアプリのプログラミングを学んでみましょう。ちなみにぼくは「ホームページ作ってみたいなぁ」と思ってWebのプログラミングを学びました。

で、独立3ヶ月で月収50万円を達成しました。ちゃんとやれば稼げるもんです。

これからプログラミングを学びたいかたであれば、まずはTech Boostのようなスクールに通うのが最速でしょう。スクールのほうが、独学よりも圧倒的に早いです。

とはいえ、「ちゃんと勉強できるか心配…」というかたは、無料のカウンセリングから受けてみてください。相談するだけならタダですし、レッスンを受ける前に相談して不安を解消しておきましょう。

>>Tech Boostで相談してみる

まずは最初の1円を稼いで、増やす段階へ

何度でも言いますが、副業が続かない方は何よりも優先して「最初の1円」を稼いでください。

それが、お金を稼ぐモチベーションになったり、副業そのものを続ける動機になったりします。自分の力でお金を稼ぐのは大変な部分もありますが、楽しいですよ。

最初の1円を稼ぐことができれば、ある程度の方向性は間違っていないはずです。そこから「どのように増やすか」まで考えられると、さらにガッツリ稼げるはず。

副業をやってみたい、副業が続かなくて悩んでいる、というかたの参考になれば幸いです。

Pocket

2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指します。

Pocket

  • 今年は月◯◯万円かせぐ!
  • 海外へ移住する2018年にする!
  • やせてキレイになる!

など、年初らしく意識のアルプス山脈が立ち並ぶなか、

「2018年どーしよっかなー」

と思っている方、こんにちは。ぼくも2018年をどうするか決めるのに、意外と時間がかかっちゃいました。

というのも、仕事に追いかけ回されていた日々でして。自分のことを広くながめてなかったんですよね。それが年末年始で少しは余裕が出てきまして、長い目で見るチャンスができました。

んで、『そうだ、2018年は”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指そう』と思い立った次第であります。

スポンサーリンク

「自分がすでにできること」は誰かにまかせる

「新卒ぶぜいが1年たらずで集めた方法論に、価値なんて1ミリもないよなぁ」

と思っていたのですが、「すごい!」と思ってもらえることもあるとわかりました。具体的には、タスクや健康の管理、サイト制作やライティングのスキルなどです。

未完成であることを自覚しているからこそ、自分の全てを疑ってガンガン改善できたのかなと思っています。(というか、単純にオタクなんですよね。やるからには極める、的な。)

で、話を戻しますと、自分ができるようになったことは他の人に教えてやってもらいたいのです。ただ、会社を作るとかそういう話ではなく、現時点ではフリーランスどうしでゆるいチームを作れたらなと思っています。

もちろん「ゆるゆるダラダラやろうぜ」という話では一切ありません。

「いくつのチームを行き来できるレベルの依存度」という意味で”ゆるいチーム”という言葉を使っています。むやみやたらにチームをデカくしてもしょうがないので、最小限で最大の成果を出せる形を見つけられたらうれしいですね。

ちょっとした予想:複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増える

あくまで個人的な予想ですが、複数のフリーランスコミュニティに所属する人が増えるんじゃないかなと思ってまして。言い方をわきまえずに言うと、コミュニティの使い分けが出てくる(というか、出てきている)と思うのです。

フリーランスって、仕事のコミュニティがほしいんですよね。1人で仕事するのが寂しかったり、仕事をシェアしたかったりと、理由はさまざま。しかしながら、今まではフリーランス自体が少なくてコミュニティができにくかったのです。

が、最近フリーランスが増えていることで、徐々にフリーランスのコミュニティが増えてくるんじゃないかなと思っています。

身近なところでいくと、ぼくが住んでいるまるも周辺にはPont!(ポント)というフリーランスコミュニティがありまして。入ったり運営したりしているわけではないので詳しくはわかりませんが、Pont!公式ページから引用すると

Pont!とはフリーランス向けのコミュニティです。

普段ひとりで仕事をしているフリーランスが集まり、気軽に相談できたり、案件の共有ができるコミュニティです。

とのこと。

近くで見ていて「いい感じのコミュニティだなー」とは思いますが、単一のコミュニティに属するのってリスキーだとも思っています。(というか、なににしろ「単一であること」はリスキーだと思っています。単一民族国家に住んでるというブーメランは無視しましょう。)

で、「純粋なフリーランスコミュニティってまだまだ少ないし、コミュニティはいろいろあったほうがいいよね」と考えて”ゆるいチーム”を作ろうと思ったわけです。

目指すのは時給1万円

で、チームを作りながら自分の価値をガンガンに上げたいとも思っていまして。定量的な目標として「時給1万円」を掲げています。ちなみに今は5000円くらいです。

昨年は「新卒でフリーランスでも稼げることを証明してやるよ!」と思って、体力と物量のかぎりを尽くして勝負していました。ただ、それって学生のときとやり方が変わらないんですよね。

いくら効率化したところで、結局は24時間のあいだでの効率アップでしかないんです。ガリッガリに効率よくしても、どこかで限界にぶち当たります。

仕事ばかりでインプットや考えを深める時間が少ないと感じていたこともあり、時間あたりの単価をガンガン上げようと思った次第です。

大事なのは「お金を稼いだ先に何があるか」

やれば稼げることは昨年で証明したと思ってて、次は稼いだお金をどう使うか考える段階かなと。

痛感しているのですが、お金って稼ぐよりも使うほうにセンスがいるんですよね。

「酒!女!高級車!タワマン!」

みたいにあぶく銭として使っても、あんまり意味ないですし、センスもない(興味もない…)

なので、今後は

  • かける時間を減らし、かせぐお金を増やす
  • つかうお金を減らし、かせぐお金を増やす

みたいな考え方で時間とお金をかせぎながら、新しい事業に手をだすのが楽しそうかなと思っています。ひとまずは、AIがほぼ自動で運用してくれる投資サービスをはじめました。

なんとなくですが「自給自足で生活コストを限りなくゼロに近づけて、仕事ではガンガンにかせぐ」みたいなライフスタイルが最強なんじゃないかと。やりたいことはまだまだ増えるばかりですね…!

ものづくり系とか、食べもの系とか、アート系とか、いろいろと興味は広がるばかりでありまして、ネット以外のこともやってみたいなと企んでいたりします。たぶん直近でやることはなさそうですが。

ひとまずはその一歩目として『”ゆるいチーム”を作って「時給1万円」を目指す』1年にしようと思ったわけであります。

さて、あなたは2018年をどんな1年にしたいですか?ちょっと時間をとって考えるだけでも、意外とアイデアが浮かぶものですよ。

Pocket

フリーランス必見!メンタルに安定感を出すためのヒケツを教える

Pocket

メンタルがブレまくっているフリーランスのみなさん、こんにちは。

個人で仕事をしていると、

  • 永遠にひとりで仕事
  • 〆切に追われて深夜のデスマーチ
  • 収入が不安定っちゃ不安定

てな感じで、メンタルがブレやすいんですよね。

ぼくも「なんだかよくわからないけど、やる気が全然ない…」となることもたまにありました。が、いろいろと試した結果バツグンに安定感が出てきました。

おかけでコンスタントに成果が上がりつつあります。ちなみに、10月は59万円かせぎました。

そこで今回は、新卒で50万円以上かせぐフリーランスが、ブレないヒケツを5つお伝えします。ふだんからメンタルが不安定で、コンスタントに成果が出ない…というかたはお試しあれ。

スポンサーリンク

自分をブラさないために大切な5つのこと

さっそくですが、ブレないためのヒケツを

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の順に5つお伝えします。それでは、いってみましょう。

1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ

メンタルがぶれているときって、だいたいフィジカルがぶれているんですよ。

なので、健康を徹底的に管理するのがなによりも大事です。

例えば、昼ごはんを低糖質(ロカボ)にしてみたりパソコンやスマホで疲れた目をこれでもかとケアしてみたりバランスボールに座って作業してみたり

ありとあらゆる面から健康になるような環境を整えました。

そうそう、睡眠と運動はFitBitをつけて自動で管理しています。つけているだけなので、忘れてました。

健康オタク…になる必要はないかもしれませんが、とはいえある程度のお金は突っ込んで損はしません。

2. 生活にルーティンを作る

ひと昔前にちょっと流行りましたよね。ほら、だれでしたっけ。一郎丸、二郎丸、三郎丸…うーんと忘れました。

まあ、その五郎丸さんがやっていたポーズがルーティン(お決まりの手順みたいなもの)です。

で、日々の生活で五郎丸ポーズをしろ…というわけではなく、お決まりの手順を作る必要がありますよ、と。

ぼくの場合だと、朝にやることと夜にやることをルーティン化しています。

別に特別なことする必要はないんですよ。歯をみがいて、顔を洗って…みたいなことの順番を決めるんです。

するとあら不思議。「いつもの自分」がどこかからやってきます。

また、ルーティンを作ると考えなくてもよいってのも大きなメリットです。考える間もなく身体が勝手に動き出したら、ルーティンの構築は成功ですね。

3. 大事なこと以外に気を使わない

人間ってほっとくといろんなところに気が散っちゃうんですよね。SNSやらテレビやら。

そして気がついたら「ああ!アレもしなきゃ!コレもあった!…」みたいな。

そんなときは「これって本当に全部やる必要あんの?」と自分にいちど聞いてみてください。別にそこまで大切じゃなかったことも、なんならたっぷりあるはずです。

ぼくはこちらの『DEEP WORK』を読んでから、かなりやることが減りました。

科学データをもとに書かれた本で、全てにちゃんと根拠があるんですよね。

やるべきことがシンプルに整理できて、心がスッキリします。

4. 自分の世界への入り口を広くつくる

自分の世界をちゃんと保って、入りたいときに入れるようにしておくとメンタルって安定します。

なので、自分の世界に入るための方法をたくさんもっておきましょう。

  • 瞑想
  • コーヒーを淹れる
  • ランニングする

など、自分に集中するツールを用意しておきます。

ルーティンをつくるのとちょっと似ているかもしれませんね。

5. 環境をうまく使う

メンタルがブレるときって、環境がブレていたりします。ぼくの場合だと

  • 暑い・寒い
  • 混んでいる
  • うるさい

てな感じの場所はよくないです。気が散ってメンタルがブレます。

環境を変えるか、もしくは「集中しなければならない作業ではなく、淡々とやる作業」のようにやることを変えましょう。

「ここならいつでも集中できる」という場所を持っておくの、おすすめです。自室はキレイに保つべきですね。

補足:たまにブラして、戻す

やっぱり人間ですから、淡々とやってると飽きてくるものです。そんなときは環境をガラッと変えて、そこから戻してみましょう。

参考:いざアメリカへ。「ビール・コーヒー・場づくり」を見てきます。

わざとブラすことで気分のリフレッシュになりますし、ふだんの環境にある問題点が見えることもあります。

ブラして戻し、またブラしては戻し…というサイクルを経て、よりベストな状態に向かっていくイメージです。

生活に問題があるわけじゃないけど、なんだか気分が乗らないときにおすすめ。

自分のなかにメンタルの軸をつくる

ブリーランスとして1人で活動していてもブレないためのヒケツとして、

  1. 食事、運動、睡眠を一定のバランスに保つ
  2. 生活にルーティンを作る
  3. 大事なこと意外に気を使わない
  4. 自分の世界への入り口を広くつくる
  5. 環境をうまく使う

の5つを紹介しました。

メンタルをぶらさないためには、できるだけ管理する要素をしぼるのが大切です。

あれもこれも…となる気持ちもわかりますが、軸を1本つくりましょう。

まずは「毎日おなじ時間に起きる」レベルでいいので、日々のちょっとした習慣づくりからはじめてみてくださいね。

生産性アップについて、もっと知りたいかたは「[随時更新]徹底的に生産性を上げるための戦略ノートをどうぞ。

Pocket

10月の売上報告。過去最高の「59万円」でした

Pocket

10月の月収は59万円でした。

「ようやく停滞から抜け出せたかな…」

と思っています。

6月に月収50万円を達成してから、一息ついてしまった感があったんですよね。(われながら長い一息でした…)

んで、10月にようやくちょっと突破できたというわけです。

まだまだイケるぞ感はあるので、スキルを深めつつさらに伸ばしたいところ。

ここからグングンいくためにも、作戦を立てなければ…とも思っています。

というわけで行ってみましょう。

スポンサーリンク

サイト制作でガッツリかせぎました。

まずは月収の報告から。金額で言えば59万円で、サイト制作がガッツリ入ったのでこの結果となりました。

デザインも担当しはじめたので、これからさらにスキルがつけば伸びていくんじゃないかなと思っています。

「企画→デザイン→コーディング→ライティング」というメディア運用の流れをまるっと取れるようになりたいですね。日々、修行であります。

内訳もどうぞ

内訳はこんな感じです。

  • サイト制作:48.5万円
  • ライティング:10万円
  • ブログ:0.5万円

サイト制作が伸びてきたといいますか、だんだんと偏ってきたといいますか。スキルをつけることに対するパフォーマンスでいえば、一番いいんじゃないかなと。スキルがつくとすぐに報酬もついてきます。

逆に、ライティング・ブログはまだまだ停滞…。もうちょいテコ入れしよう。

今後の課題

これからやるべきこととしては、

  • 外注・投資など、事業の拡大にお金を使う
  • デザインスキルをより確立する
  • 生活の効率化をゴリゴリに

の3つかなと。

それぞれ詳しくいってみましょう。

外注・投資など、事業の拡大にお金を使う

自分ではないだれかに仕事をお願いしていきたいと思っていまして。いまもちょっとだけやっているのですが、もう少ししっかりやっていきたいなと。

とはいえ、自分で仕事をするのとはまた違った種類の難しさに手こずってます。任せるのって難しい。

また制作に便利なソフトなど、設備への投資は金に糸目をつけずやっています。とはいえ、1ヶ月で数千円レベルですが…。ケチなんですよね、ぼく…。

まぁ、よく言えばシビアなわけですが、もうちょっと冒険心があってもいいのかなと思っています。

デザインスキルをより確立する

デザインは新しく芽が出たばかりのスキルなので、水と肥料をうまくあげてグングン伸ばしていきたいです。

「とりあえずなんでもかんでも作ってみる精神」で、フライヤーを作ったりしていました。

Webデザインをメインにしていく予定ですが、今はひとまず手を動かしまくる時期だと思ってまして。作らないと得られない発見もあり、楽しんでおります。

生活の効率化をゴリゴリに

「毎日の生活で1分カットできれば、年間で365分(≒6時間)じゃん?もしかして、天才?」

ということに気づいてしまい、生活の効率化に投資しています。

その結果「なんで今まで手でやってたんだろう…アホだったのかな…」と、まる3日へこむほど効率化できています。

この勢いで

  • 洗濯乾燥機
  • 食洗機
  • ルンバ

あたりも導入してやろうかと思いましたが、シェアハウス暮らしワンルームということを思い出して終わりました。

他にも、料理はまとめて作ったりとか、かなり基本的なところから見直しています。『1440分の使い方』という本が参考になりました。Kindle版だと540円なクセに良書です。

時間への考え方を根っこから見直すいいキッカケになりました。リアルなエピソードから、大事なところだけをまとめているのがGOOD。

「お金を使ってお金を稼ぐ」のが次の一歩な気がしています

まとめると、さらに稼ぐためのステップは「うまいことお金を使う」なんじゃないかと。お金を回す、みたいな表現がしっくり来ます。

ひとまずウェルスナビに30万円つっこんでみて、経過を見守っています。

んで、いざやってみるとわかるのですが、お金を使うってセンスがもろに出るんですよね。お金を稼ぐよりよっぽど難しい。

「酒!女!外車!」みたい人を否定するわけじゃありませんが、ぶっちゃけセンスないなと。見ててつまらない。

というわけで、お金持ちの人ってどんなふうにお金を使っているのかな…という研究もしています。ネーミングがそのままですが『お金持ちの教科書』は、リアルなインタビューがのっていてイイ感じでした。

こちらはKindleUnlimitedで読みました。こんな良書もあるんです、Unlimited。

『お金持ちの教科書』は「[随時更新]KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)のおすすめ本をご紹介。」にもまとめてますので、よろしければどうぞ。

Pocket

もう11月ですが、9月の売上は43万円でした。安定…

Pocket

ええ、わかっています。もう11月だということは。

手短に9月の売上報告を…。

結論を先に言うと9月は43万円の売上だったわけですが、なんだか安定「してきてしまった」気がしています。

安定しているのはありがたいことです。が、もっと攻めたいんですよ。

それでは、詳しくいってみましょう。

スポンサーリンク

安定しててイイ感じだけど、面白みに欠ける?

とってもありがたいことなのですが、安定して楽しいお仕事をいただけています。

そして売上までも安定している…これはイカンですよ。

関連:8月の売上は42万円でした。まだまだイケるぞ

いやぁホントに「まだまだイケよ」って感じです。

しかしながら忙しいっちゃ忙しいので、まだまだ修行が足らんなぁと。もっと時間を作って新しいことをしていかねば。

時間の使い方やそもそもの生活から見直しているところであります。そのうちブログにしたいと思っていますが、いかに…。

内訳もどうぞ

さてさて、内訳はこんな感じです。相変わらずサイト制作のパワーがすごい。

  • サイト制作:24万円
  • ライティング:18.5万円
  • ブログ:0.5万円

ブログの低め安定さが抜けませんが…コツコツやっとります。

徐々にアクセスが改善したり、「おっ!いけるんじゃね」と思うこともありますが、結局これくらいの数字で落ち着くというですね。もうちょいやってダメなら方向転換ですね。

今後の課題は10月の売上報告にて

てなわけで9月の売上報告でした。

人間というのはないものねだりなものでして、「安定したい!」と思っていて安定すると「安定はイヤだ!」となるんですよ。

で、その原因もなんとなくわかっておりまして。ぼくが住んでいる金谷にはお金を使うところがないんですよ。

40万以上かせいで、ふつうに生活していたら余るわけです。すると無欲になるんですよね。

なんか、こう、「やったるぞ!」みたいな気合が足らんのですよ。ハングリー精神が大事ってiPhoneつくったオジサンが言ってた気がしますし、大事だなと。

だからこそお金を使うセンスが問われるという。それはそれで楽しい考えごとなんですが、お金を稼ぐよりもよっぽど難しいです。

極端な話、サギをしてもお金をかせげるんです。「もそもそ?オレだよオレ」って言って。

でも、お金を使うのってモロにセンスが出ます。ここまで難しいとは…。

んで話を戻しますと、今後の課題もまとめるはずでした。が、なにせ売上報告が渋滞しておりまして…。管理はちゃんとしているのですが、ブログとなると、ね…?

てなわけで現状の課題は10月分にてまとめようかと。たぶんすぐ出します。たぶん。

Pocket

Welthnavi(ウェルスナビ)を使って、資産運用をAIに全てまかせた話

Pocket

「投資とかやったほうがいいのかな…?でも、取引はなんだか難しそう…」

と思っている方は必見。

ぼくも投資したいなぁとは前から思ってまして。

「自己投資!旅行!ブランド品!高級レストラン!」

みたいなやつではなくてですね。ぼくが言っているのは、お金に働いてもらうほうの投資です。いわゆる株とか。

とはいえ、株ってなんだかややこしいんですよ。きちんと調べて、たっくさんの株から儲かりそうなものを選んで…なんて考えただけで気が遠くなります。

そこでやってみたのがウェルスナビです。いわゆる「ロボットアドバイザー」、略してロボアドというやつで、人工知能がいい感じの投資を自動でやってくれるシロモノ。

この記事では、ぼくが実際にはじめたウェルスナビを解説します。投資の第一歩として、負担が少なくおすすめです。

>>ウェルスナビを使って資産運用をはじめる

ロボットが自動で投資!?ウェルスナビとは


「人工知能が投資してくれるの?なにそれアヤシイ」

と思った方も多いはず。ぼくもそうでした。今までの常識では考えられませんよね。

とはいえウェルスナビはネット銀行大手の住信SBIネット銀行と提携していて、AIによるちゃんとした資産運用サービスです。

いわゆる「ロボアドバイザー」と呼ばれるたぐいのサービスで

  1. 投資をするために必要な全てを自動で
  2. 国をまたいだ分散投資
  3. 世界の富裕層が使う金融アルゴリズム

という3つの特徴があります。略してロボアドと呼ばれることも。

では、以下でウェルスナビについて詳しく見ていきましょう。

1. 投資をするために必要な全てを自動で

投資は

  • 資産をどのように配分するか
  • どの金融商品(株、国債など)を買うか
  • どのように投資のバランスを変えるか

など、考えるべきことはたくさんあります。何より、相場が気になって見ちゃうんですよね。ホント時間のムダでしかない。

ウェルスナビは、そんな投資に必要なことを全て自動化。貯金みたいに口座へお金を入れておけば、あとは人工知能が勝手にやってくれます。

投資の手間も、時間のムダもなくしてくれるので「投資なんてやってる時間ないよ!」という忙しいあなたにもピッタリですよ。

2. 国をまたいだ分散投資

ウェルスナビでは、世界各国のETFへ資産を分散させる方法をとります。

ETFというのは、ざっくり言えば投資信託の一種です。ある条件(例:日経平均株価やTOPIXなど)で選んだ株式たちと連動するように運用しています。

んで、世界の経済と連動するように…というと言い過ぎかもしれませんが、要は国をまたいで投資してリスクを分散させているわけです。

(と、考えると日本円だけを持っている状態って意外とリスキーなのでは?と思ったりします。)

3. 世界の富裕層が使う金融アルゴリズム

ウェルスナビでは「世界の富裕層が使う金融アルゴリズム」を使ってぼくたちの資産を運用しています。

まーた、なんかアヤシイワードが…と思いましたが、要するに

  • 日本・アメリカ・ヨーロッパなどの株に分散して投資
  • 投資の比率は世界の大富豪たちのものを使う

というやつです。大富豪が持ってる秘伝のレシピ、みたいな。

ウェルスナビのホワイトペーパーによれば、ノーベル賞をとった理論で運用しているそうで。

「とりあえず分散投資を自動でしてくれるならいいか」とぼくは思っているのですが、詳しい投資方法を知りたい方はホワイトペーパーを読み込むとよいかと。

まとめるとウェルスナビの特徴は

  1. 投資をするために必要な全てを自動で
  2. 国をまたいだ分散投資
  3. 世界の富裕層が使う金融アルゴリズム

の3つでした。次は実際にウェルスナビをやってみます。

じっさいにウェルスナビをやってみた

というわけで、ここからウェルスナビをはじめる手順を紹介します。

まあ、とはいってもシンプルで

  1. 5つの質問で投資プランを診断
  2. 申込は3分で終わり!
  3. 「クイック入金」でスパッと運用スタート

の3ステップです。それではいってみましょう。

1. 5つの質問で投資プランを診断

ウェルスナビでは

  • 現在、何歳ですか?
  • 年収はおおよそいくらですか?
  • 金融資産はおおよそいくらですか?

みたいな5つの質問に答えるだけで、AIがリスク許容度を出して投資のプランを組み立ててくれます。大まかにですが「若くて、年収が高く、余った資金を運用したい」人ほど攻めの投資になるそうで。

ちなみにぼくはガンガンいこうぜスタイルです。以下のような感じでリスク許容度が出ます。

詳しく言えば、リスク許容度の高さによって「株:債権」の比率が変わります。

リスクが高くてもOKなら株式の比率が多めに、逆にリスクは低めがいいなら債権などの比率が多めになる感じ。

ちなみにですが、ここで言っているリスクとは危険のことではなく「値段の振れ幅」です。なのでリスクが高いのは「ガツンと増えることも、ドカンと下がることもあるよ!」ということを意味しています。

2. 申込は3分で終わり!

銀行口座を作ったかたはわかるかもしれませんが、口座を作るのってめんどくさいんですよね。

本人確認書類やら印鑑やら必要なものも多いですし。手書き?窓口まで行くの?みたいな。

その点ウェルスナビなら、5つの質問で投資プランを決めたあとに

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証+マイナンバー通知カードorマイナンバーカード)
  • 銀行口座

をオンライン上で登録すればオッケーです。で、簡易書留を受け取るだけ。

ちなみに、住信SBIネット銀行SBI証券の口座をあらかじめもっていれば、申し込んですぐに取引をはじめられます。

手続きのハードルが低いのはうれしいですね。そのへんの手間もウェルスナビは少ないのです。

3. 「クイック入金」でスパッと運用スタート

簡易書留を受け取って、30万円以上のお金を入れるとすぐに運用スタート。100万円ドーン!と突っ込めたらいいのですが、そこまでお金ない&ビビリなので最少の30万円を入れてみます。

住信SBIや三井住友、みずほ、三菱東京UFJの口座から入金するのであれば、「クイック入金」ですぐにお金を口座へ移すことが可能です。

で、運用スタート。運用とはいいますが、正直な話ほっとくだけです。

ぼくの場合、

  • 分散投資を手間なくやりたい
  • 相場を見る時間がもったいない
  • でも、投資を勉強するきっかけがほしい

という目的でウェルスナビを使い始めたので、これから少しずつ投資の知識をつけていきたいですね。

てな感じでまとめると、ウェルスナビをはじめるには

  1. 5つの質問で投資プランを診断
  2. 申込は3分で終わり!
  3. 「クイック入金」でスパッと運用スタート

の3ステップが必要だとお伝えしました。次はメリットをみていきますね。

ウェルスナビのメリット3つ

ここからはウェルスナビの利点を紹介していきます。

  1. 基本的にほっとくだけ
  2. 毎月の積立投資ができる
  3. 投資スタイルの変更もカンタン

の3つ、順番にいってみましょう。

1. 基本的にほっとくだけ

投資して資産を運用するとはいえ、ウェルスナビは基本的になにもすることがありません。だってロボットがやってくれるんですもの。

しかも、投資の成績はスマホアプリでチェックできます。

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted with アプリーチ

銀行のサイトとかにありがちな「どこになにがあるのかわからないデザイン」ではなく、スッキリ見やすくまとまっています。

2. 毎月の積立投資ができる

1ヶ月ごとに決まった金額を積み立てられるのもウェルスナビの魅力です。

相場がよくても悪くても一定の金額を入れられるのは

  • 価格が高騰しているときは少なめに
  • 価格が暴落したら多めに

買えることを意味しています。もうちょっと具体的に言えば、投資するのが1ヶ月10,000円として

  • 金融商品が10,000円のときは1口
  • 金融商品が1,000円のときは10口

買えるんです。すると、高値でたくさんつかまされることもなく、安値でたっぷり買えるというわけであります。いわゆる「ドルコスト平均法」というやつですね。

そして毎月の積立にかかる手数料は無料です。

3. 投資スタイルの変更もカンタン

「もうちょっと安定したスタイルで投資したいな」

と思ったら、スマホアプリでカンタンに変更できます。

いちいちパソコンを開いてサイトにアクセスして…とかやらなくても、スマートフォンがあればカンタンにできてしまうという。時代ですね…!

まとめるとウェルスナビのメリットは、

  1. 基本的にほっとくだけ
  2. 毎月の積立投資ができる
  3. 投資スタイルの変更もカンタン

の3つでした。

次はウェルスナビのデメリットを見ていきます。

ウェルスナビのデメリット2つ


ウェルスナビはメリットだらけ、かと思いきや短所もあるんです。

それがこちらの2つ。

  1. 手数料が高い
  2. 投資の実践的な知識はつかない

詳しくいってみましょう。

1. 手数料が高い

ウェルスナビを使うのにかかるお金は、基本的に「預かり資産の年率1%(税別)」です。取引には全く手数料がかかりません。

が、投資信託とかと比べると、純粋に手数料が高いんですよね。投資信託なら手数料がないものもありますし。

とはいえ、投資信託や株式は状況によって資産を再配分する「リバランス」をしなければなりません。他にも売買手数料や意思決定の手間などを考えると、初心者にとってはウェルスナビのほうがピッタリですね。

2. 投資の実践的な知識はつかない

ウェルスナビはよくも悪くも「ほっとくだけ」です。そのため、投資の実践的な知識はつかない可能性はおおいにあります。

「オレはデイトレーダーになる!」

みたいなかたは実際に株式を買ったほうがよいでしょう。

とはいえ、投資に対する興味はもてます。30万円もつっこむんですからね。持たざるをえません。

これから資産運用をはじめていきたいかたはウェルスナビで着実に運用しつつ、コツコツ知識をつけるのがGOODです。

増やす、というよりはリスクヘッジです


投資の格言で「卵は一つのカゴに盛るな」というのがありまして。要するに「大事なものを一つのところに置いておくと、それがダメになったときに全部ダメになるよ。分散していろんなところに置いておけよな!」って話です。

それであなたは今カゴを何個もってるんですか、と。

ぼくはウェルスナビというカゴを一つ増やしましたが、今後も

  • 株式
  • 投資信託
  • 確定拠出年金
  • THEOなど、ほかのロボアド
  • 中小企業共済

などなど、いろんなのに卵を盛っていく予定。

とはいえ、初めて投資をするのはコワイですよね。だからこそ急落のリスクが少ないウェルスナビは最初の投資としておすすめなのです。

しかも、運用にかかるあらゆる手間を人工知能におまかせできるので、忙しくて相場を気にしている時間がないかたにもピッタリ。

もちろん投資は余剰資金でやるべきですが、入金・出金の手数料はゼロなので、貯金の代わりに始めてはいかがでしょうか。

開始から1週間で2,500円アップ!

ウェルスナビをはじめたら、1週間で2,500円くらい増えました。いきなり0.8%アップ。景気がいいので、ロボアドの調子もいいみたいですね。

3ヶ月たちましたが、10,000円以上アップしました

ウェルスナビを使い始めてから3ヶ月。合計で「13,649円」増えました。

とはいえ、ホントに何にもしてないんです。ぜんぶAIにおまかせ状態で、感覚は貯金といっしょです。

最初の申し込みはやや手間がかかりますが、お金を口座に入れてしまえばあとは任せられます。

>>ウェルスナビで資産を運用する

Pocket

LINE PAY(ラインペイ)を使わない理由が見つからない件

Pocket

LINE PAY、じゃんじゃん使っています。

ざっくり言ってしまえば「送金サービス」なのですが、同時にLINE PAYカードを使うことでもはや無敵なのです。

LINE PAYを使わない理由が見つからないくらい、便利でおトクなんですよね。

というわけで、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

LINEのアカウントを持っていれば、登録はカンタン

まぁ、今どきスマホを持っている人ならだいたいLINEをやってるはずです。

LINEのアカウントさえあれば、LINE PAYにもすぐに登録できちゃいます。

具体的にやることとしては

  1. パスワードを設定する

以上です。

名前やら電話番号やらメールアドレスやら本人確認やら、ごちゃごちゃした登録なんていらないんですよ。

この時点でスタンディングオベーションもの。

続いてLINE PAYのメリット・デメリットを順番に見ていきます。

LINE PAYのメリット

LINE PAYのアカウントがあるとできることはこんな感じ。

  1. 友だちに送金、送金依頼、割り勘ができる
  2. レジでスマホを見せるだけで決済できる
  3. ECサイトでも決済できる
  4. 2%の高還元率カード「LINE PAYカード」が使える
  5. 使った瞬間にLINEで通知が来る

順番に行ってみましょう。

1. 友だちに送金、送金依頼、割り勘ができる

PaymoやらKyashやら、送金アプリがじゃんじゃか出ている昨今ですが。

LINE PAYでも

  • 友だちにお金を送る(送金)
  • お金を送ってもらうようにお願い(送金依頼)
  • 友だちと料金を割る(割り勘)

なんてことができます。

みんなで財布を出して

「ねぇ、おつりある?1万円しかないんだけど…」

なんてことはもはや伝統芸能。

アプリでズバットきれいに割り勘できるのが、ナウいやり方です。

2. レジでスマホを見せるだけで決済できる

LINE PAYには「コード決済」という方法がありまして。

カンタンに言えば、LINEアプリ上でつくったバーコードをレジで店員さんに読み取ってもらい、お金を払う方法です。

「うわ!財布忘れた!どうしよう!」

というときでも、餓死しません。ステキ。

ただし、これで電車やタクシーに乗るなんてことはできませんのであしからず。

「スマホがあるならUBERで移動すればいいじゃないの」

というブルジョワ思考法もありますが、貧乏性のぼくにとっては超がつく万が一の場合のみです。

UBERについて詳しく知りたいかたは「はじめてのUBER(ウーバー)で、運転手さんにあれこれ聞いてみた。」をご一読ください!

3. ECサイトでも決済できる

LINE PAYが使えるネットショップなら、クレジットカードを使わずに決済できちゃいます。

例えば

などです。

より具体的な決済方法は

  1. ネットショップのレジ画面で、決済方法を「LINE PAY」に
  2. LINEアプリが自動で立ち上がる
  3. LINE PAY専用のパスワードを入力
  4. 支払い方法(チャージ残高、クレジットカードなど)を選択
  5. 決済完了!

という感じです。

クレカの番号を入力して…なんてことをいちいちしなくでも問題なし。

いろんなECサイトを横断して使うかたにとってはうれしいサービスです。

4. 2%の高還元率カード「LINE PAYカード」が使える

これ!いちばん便利です!

というか、ポイントがたまるのなんのって、すごくたまるんですよ。

…テンションが上がりすぎましたが、LINE PAYカードは人類なら1枚持っておいて損はないカードです。

LINE PAYカードのメリットをまとめると

  • プリペイド式なので審査なしでスピード発行
  • 申し込みはLINEアプリから。ゴチャゴチャした書類を書く必要なし
  • 一定額つかうと自動でチャージされる「オードチャージ機能」つき
  • JCBに加盟している約3,000万店舗で使える
  • 100円つかうごとに2ポイントたまり、1ポイント1円として使える

という感じ。

使えるお店の例としては、

  • イトーヨーカドー
  • ケーズデンキ
  • ココス
  • セブンイレブン
  • ブックファースト

などなど。

基本的にJCBカードが使えるお店ならどこでも使える気がしています。

今のところ使えないと言われたことはありません。

試しに出してみて、ダメだったら諦めるくらいの姿勢でいつもカードを出しています。

5. 支払いはプリペイド式、使った瞬間にLINEで通知が来る

LINE PAYは使った瞬間にLINEから通知がきます。

いつ、いくら使ったかがわかるので、

「気づいたら使いすぎてた!月末の支払いっていくらなの!?怖い!!」

というクレカあるあるを防ぐことができます。

そもそもプリペイド式なので、チャージしたぶんしか使えません。

ざぶざぶ使っていたらたっぷり支払いが来るのは同じなので、使いすぎには注意してくださいね。

LINE PAYのメリットをあらためてまとめると、

  1. 友だちに送金、送金依頼、割り勘ができる
  2. レジでスマホを見せるだけで決済できる
  3. ECサイトでも決済できる
  4. 2%の高還元率カード「LINE PAYカード」が使える
  5. 支払いはプリペイド式、使った瞬間にLINEで通知が来る

の5つでした。

とはいえLINE PAYにはデメリットも当然あります。

LINE PAYのデメリット

LINE PAYの短所はこんな感じ。

  1. 利用の明細をアプリでしかチェックできない
  2. スマホをなくしたときに終了する予感がする…
  3. 不正利用への補償がビミョー
  4. 月額の引き落としサービスへの決済はできない
  5. ド派手な入会キャンペーンはない

以下で詳しく見ていきましょう。

1. 利用の明細をアプリでしか確認できない

LINE PAYは使ったお金の明細をアプリで確認できます。

が、ふつうのクレジットカードのようにWebサイト上で確認することはできません。

明細書も届きませんし、なんとなく不安な感じはあります。

2. スマホをなくしたときに終了する予感がする…

LINE PAYに入っているお金をチェックしたり、決済したりするときにはスマホアプリから見る必要があります。

ということは、ですよ。

スマホをなくしたら終了なのでは…?

まぁ、LINE PAYに限らずスマホをなくしたら終了ですが…。

お金関係なので、やっぱりなくしたときの対応は気になりますね。

3. 不正利用への補償がビミョー

クレジットカードは、最低でも「不正利用から60日以内なら補償の対象」です。

対して、LINE PAYは30日以内と短いのです。

補償の限度額も10万円までと、クレジットカードに比べて少ないという。

万が一のことにはなりますが、気をつけたほうがよいでしょう。

4. 月額で引き落とすサービスへの決済はできない

LINE PAYはあくまでプリペイド式です。

それが原因で、月額で引き落とすサービスは利用できない場合があります。

インターネット上のサービスで便利に使えるカード、というよりは、日常の買いもので便利なカードという認識が正しいですね。

5. ド派手な入会キャンペーンはない

楽天カードなど、ふつうのクレジットカードであれば「入会で1万円分のポイントを!」みたいなキャンペーンをしていることがほとんどです。

が、LINE PAYカードを登録しても、そんなキャンペーンはございません。

その代わりに「2%」という高還元率でユーザーがオトクに利用できるというタイプのカードです。

そうなんですよ。使えば使うほどオトクになるのが、LINE PAYカードなのです。

必要以上に使いまくらなくてもよいですが、少なくとも現金を使うメリットは全くありませんよねぇ。

デメリットをまとめると、

  1. 利用の明細をアプリでしか確認できない
  2. スマホをなくしたときに終了する予感がする…
  3. 不正利用への補償がビミョー
  4. 月額の引き落としサービスへの決済はできない
  5. ド派手な入会キャンペーンはない

の5つでした。

細かい部分ばかりですが、今後の改善に期待しましょう。

LINE PAYを使わない理由、見つかった?

LINE PAYを使うべき理由を紹介しました。

メリット・デメリットをまとめると、

【LINE PAYのメリット】

  1. 友だちに送金、送金依頼、割り勘ができる
  2. レジでスマホを見せるだけで決済できる
  3. ECサイトでも決済できる
  4. 2%の高還元率カード「LINE PAYカード」が使える
  5. 使った瞬間にLINEで通知が来る

【LINE PAYのデメリット】

  1. 利用の明細をアプリでしか確認できない
  2. スマホをなくしたときに終了する予感がする
  3. 不正利用への補償がビミョー
  4. 月額の引き落としサービスの決済はできない
  5. 派手な入会キャンペーンはない

です。

コンビニとかでサクッと使えて、ポイント還元もたっぷりのLINE PAYを使わない理由はないでしょう。

決済のスピード感、便利さにビックリしますよ。

てなわけで、こちらからLINE PAY公式サイトへどうぞ。

Pocket

集中力をアップさせる!「昼ごはんだけ低糖質」のススメ

Pocket

最近「低糖質ダイエット」みたいなやつがはやってますよね。。

ぼくもやっています。昼だけのプチ低糖質ですけども。

「昼ごはんだけ低糖質」のメリットは、午後に眠くならないところです。

ただ、これは完全に個人の感想で

  • 昼過ぎはなにをしようが(極論、昼ごはんを抜こうが)どうしても眠くなる

という研究結果もあったはずなので、試してみて合わなかったらやめてください。

それではいってみましょう。

「昼ごはんだけ低糖質」のやり方

やり方、というほどのものでもありませんが…。

ちまたで言われている「低糖質」な食事を昼に食べるだけです。

ざっくり言ってしまえば、昼に炭水化物を食べなければオッケー。

ぼくの場合だと、

  • 鶏胸肉ともやし炒め
  • オムレツと焼いた野菜
  • とうふ一丁とわかめにドレッシングかけたやつ

みたいな感じですね。

どうしてもご飯やら麺類やらが食べたいときは

  • 玄米
  • そば

みたいな低GIの食べものを食べています。

GIって…?というかたのためにざっくりと以下でご説明します。

GIってなんぞ?というのをざっくりと

GIとは、グリセミックなんちゃらの略で、そこはどうでもよくて要は「GI値が低いものほど、糖類の吸収がおだやかになる」食べものです。

ぼくが食べている玄米やらそばやらは、食物繊維が多いので結果として炭水化物の吸収がおだやかになるんです。

ほら、ごはんはサラダから食べると太りにくいとか言うじゃないですか。あれも食物繊維から先にとって炭水化物・脂質の吸収をマイルドにしようというものだったような。

「白い食べもの」はGI値が高くて眠くなりやすい

んで、それとは逆に白米やらうどんやら「白い食べもの」は基本的にGI値が高いんですよ。

ぼくが調べたところ、というか体感でわかるかたもいるかもしれませんが、GI値が高いもののほうが値段が安いんですよね。

それが結構ワナで、安い食べものを選んでたらいつの間にか糖質たっぷりだった…なんてことも往々にしてあるんです。

で、こいつらの何が悪いかというと、「一気に糖類が脳に入って、血糖値がブチ上がる」という点なのです。

「ブチ上げ↑ウェーイ↑いいジャーン↑」

という気持ちもわからんではないのですが、上がったモノは下がるのです。それも急激に。

すると

「デン下げ↓ウェーイ↓ないワー↓」

という状態に。

眠くなるにしろならないにしろ、血糖値の上がり下がりでパフォーマンスが落ちるのです。

ご飯を食べたあとは絶対に眠くなる論もあるよね

他にも、消化のために胃に血液が行って、そのぶん脳の血流が少なくなるから眠くなる説もありますよね。

これはカンタンな話で、ご飯を食べすぎなければ良い話です。

ぼくは

  • 8時半
  • 10時半
  • 13時
  • 15時
  • 19時

てな感じでこまめに食事をとるようにしています。

食事で満腹になることを避けて、そのぶんコツコツと栄養をとっているんです。

間食はナッツやら、ヨーグルトやら、卵やら。たんぱく質を中心に食べています。

そもそも、まず日本人は糖質をとりすぎている、という話も

そもそもの話ですが、日本人は糖質をとりすぎている説もあるんです。

糖質を減らしてみるとわかりますが、そんなに困ることはありません。

「あぁ、、エネルギーが切れてるな、、」

ということはまずありません。

とはいえ、大工さんみたいな力仕事をする職業のかたはまた話が変わってくるかもしれません。

あくまで「1日じゅう座ってパソコンをカタカタしている、特定の一個人にあっている食事の方法」ということを頭に入れておいてください。

あんまりガチガチにやらず、ゆるく低糖質をはじめてはいかが?

てな感じで、「昼ごはんだけ低糖質のススメ」を紹介しました。

読んでいてわかったかと思いますが、ぼくが昼ごはんを低糖質にする理由は、あくまで「効率化」です。

今のところダイエットには興味がございませぬ。

むしろどうやったら太るのか悩んでいるくらい。

(調べたり人に聞いたりしたところ、187cmもある男性だとかなり食べないと太らないみたいです。)

ひとまず、たんぱく質をたっぷりとって、炭水化物はほどほどに…というのを気をつけております。

「昼ごはん食べたあとって絶対に眠くなるんだよね…」というかたは、昼ごはんだけ低糖質をはじめてはいかがですか?

カンタンなものだと

  • 鶏ムネのソテー(焼くだけ)
  • ナッツ(食べるだけ)
  • ゆで卵(ゆでるだけ)
  • 冷やっこ(水を切るだけ)

などがおすすめです。

とくにナッツはおやつにもなりますし、便利ですよ。なんだかんだ毎月買っています。

Pocket