2017年 4月 の投稿一覧

田舎ぐらし1ヶ月目の生活費をまとめたら、ありがたみに気づいた。

Pocket

「田舎はお金がかからない。」

って、よく言いますよね。

ただ、「ホントに?」と思う気持ちもわかります。

だって、田舎とはいえ東京から2時間ちょいですよ?

たったそれだけで、支出が減るなんて考えづらいじゃないですか。

同じ日本なのに、そんなに生活費が変わってくることなんて……あるんですよそれが。

スポンサーリンク

1ヶ月の支出を公開

別に隠すことでもないので、1ヶ月の支出をドーンと公開します。

だいたいこんな感じです。

項目 金額
食費 22,792円
家賃 32,000円
交通費 4,440円
日用品 3,240円
衣服 5,990円
書籍 1,804円
通信費 3,887円
雑費 1,496円
【合計】 75,649円

以下、所感になります。

家賃が安い

なにより、家賃の圧倒的な安さですよ。

しかも「(水道費・光熱費・Wi-Fi・スペース利用料などなどなんだかんだいろいろコミコミで)32,000円」ですからね。

大阪で大学生していたときの半額以下で、なんかいろいろジャンジャンついてくるこのオトクさ。

ありがたいです…生かされております…。

食費が安い

んで、食費も安い。

安いものを選んで買っていることもあるのですが、それ以上にもらい物の影響が大きいです。

いわゆる(?)「ウチの畑で取れたから食べて〜」シリーズですね。

覚えているだけでも、ネギ・レタス・卵(!)・味噌(!)とか。豊かだ…!

んで、地元産で安く、おいしい食べものを買ったり。

写真は春の山菜「うるい」です。道の駅で買いました。

外食も週3くらいはしていたのですが、それでもこんなくらいで食費が収まってしまうんだなと。

ありがたいです…生かされております…。

書籍代の節約

書籍代を節約…というよりは、読みたい本が置いてあるという感じですが。

住居&仕事場として利用しているコワーキングスペース「まるも」には、ツボを抑えた本がたくさんありまして。

読みたい本を一通り読み切るまでは、書籍代を節約できるなぁと考えています。

ありがたいです…生かされております…。

とはいえ、本にかけるお金は惜しまないタチなので、ヒマを作ってジャンジャン読書したいですね。

初期費用がかかった部分もあった

PCメガネやジャケット、SIMの初期費用など、最初だからお金がかかった部分もありました。

これらが来月からは減っていくはずなので、もうちょっと生活費が安くなるんじゃないかなとも考えています。

あんまり切りつめすぎてもよくないですが、数字が変化するのを見るのは単純に楽しいです。

そうそう、家計はマネーフォワードで管理すると、一発で見える化できて楽ちんですよ。

カギは「固定費をいかに下げるか」

これに尽きますね。

定期的に固定費を見直すことは大切で、それによって年間で万単位のお金が節約できることも。

あと重要なポイントとしては、いかにコスパをあげるかを考えることですね。

安かろう悪かろうを使ってちゃダメなんです。安くて良いものを使うというのが、一番の節約になります。

格安SIMとか、その最たるものです。

キャリアと比べて1ヶ月で5,000円違ったら、1年で60,000円の差になりますからね。

それでいて、通信の質は変わらないという。

関連:キャリアからLINEモバイルに乗りかえ。1ヶ月たったのでレビュー

あとは、別途で購読しているサービスがいくつかあるので、それをどうするかですね…。迷いどころ…。

さて、あなたは1ヶ月にどれくらいお金を使っていますか?

Pocket

[随時更新]KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)のおすすめ本をご紹介。

Pocket

「KindleUnlimitedって制限なしで読めるらしいけど、どの本がおすすめなの?」

と思っているかたへ向けて書きました。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)、話題になることは少なくなりましたがまだまだ使っています。

月額980円でUnlimited対象の本が読み放題というのは非常にありがたい。

本屋に売っている新書、小説、マンガあたりなら、2冊よめば確実に元がとれるんですから。

ただし検索がしにくくて、おもしろい本を探すのが難しいんですよ。

「読みたくない本ばっかり無限にある…」

と思うのも無理ないレベル。

だからといって使わないのはもったいない!良い本もいっぱいあるんですよ?

というわけで今回は、KindleUnlimitedのなかでおすすめの本だけをまとめました。

良書をよりすぐって読めば、KindleUnlimitedは読書狂の強い味方になってくれますよ。

KindleUnlimitedで、良書を文字どおり「無限に」読みましょう。

※KindleUnlimitedのラインナップは予告なく変更されることがあります。読みたい本がなくなる前に楽しんでおきましょう。

>>KindleUnlimitedを使ってみる[30日間は無料]

スポンサーリンク

マンガ

意外にマンガが多いのが、KindleUnlimited。

マンガってボリュームがないわりに高いので、以前は食指が動かなかったのです。…無制限で読めるとなると話は別ですよね。

新ブラックジャックによろしく

ドラマにもなった医療マンガ「ブラックジャックによろしく」の新章です。

現代の医療について、マンガをから学べる良書。

臓器移植などの敏感な話題にも切り込んでいるので、現場の人が読むとどうなんだろう…と気になってしまう一冊。

限界集落(ギリギリ)温泉

限界集落をオタクの力で再生しよう!という内容のマンガ。田舎あるあるがそこかしこに散りばめられています。

  • 元ゲームクリエイターのホームレス
  • メンヘラのアイドル

など、出てくるキャラクターがいちいち濃い。

「限界集落」というヘビーな話題について、軽やかなタッチで描かれた社会派マンガです。

オンライン The Comic

もともとライトノベルだったものが、マンガになった作品です。

「郵便で届いたゲーム機。そして主人公は強制的にゲームへ参加させられ、プレイ中に死ぬと実世界の自分も死んでしまう…」

という、どっかで聞いたことがあるような設定。

それでいてしっかり読ませてくる内容なので、ゲーム好きは一読の価値あり。

中卒労働者からはじめる高校生活

ある事情で中卒のまま働いていた主人公が、妹といっしょに通信制の高校に入学したことからストーリーは始まります。

登場人物がそれぞれ事情をかかえていますが、それでも生きようとしていく姿を描いた人間ドラマ。

センシティブな内容を扱いつつも、どこかコメディ調で楽しく読めてしまう一冊です。

流されて八丈島~マンガ家、島にゆく~

八丈島をあつかった、珍しい4コマまんが。

作者のかたが実際に八丈島へ移住した体験記になっていて、リアルな話がモリモリつまっている本です。

これから八丈島に行きたい!と考えているかたは、ぜひ一読をおすすめします。

左利きのエレン

「天才になれなかったすべての人へーー。」

という書き出しではじまる、広告代理店のクリエイティブ職が題材になったマンガ。

ぶっちゃけると、絵があんまりうまくない(笑)

ですが、そんなことどうでもよくなるほどのストーリー展開で、いつの間にか2冊、3冊と読まされてしまいます。

全てUnlimited対象なので、登録してイッキ読みしちゃいましょう。

新書・ビジネス書

うさんくさい自己啓発書がどっさりある印象のKindleUnlimited。

ですが、ためになる新書・ビジネス書なんかもあるんですよ。

「これは!」と思った本だけを厳選して紹介します。

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編

月間100万PVの人気ブログ「永江一石のITマーケティング日記」の厳選エントリに追加のエントリが入ったビジネス本です。

売れる商品やサービスの「キモ」が独自の切り口でわかりやすく書かれていて、非常に参考になります。

マーケティング思考をつけたい人は読むべし。

仕事は楽しいかね?

小説のようなストーリー仕立てになっていますが、れっきとしたビジネス書です。

仕事に疲れていたサラリーマンは、空港でおじいさんに出会います。

おじいさんは、一般的な成功哲学をことごとく否定。その代わりに提案してきた内容とは…?

という導入で、ストーリーに引き込まれつつも学びもある本。

繰り返し読み返したくなる名著といってよいでしょう。

なお、続編の「仕事は楽しいかね?2」「仕事は楽しいかね?《最終講義》 」もUnlimited対象です。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~

日々の生活で見かけるような、身近な疑問から会計学をひもといていく一冊。

専門用語をできるだけ使わずに、カンタンかつポイントをしぼって書かれています。

サラサラ〜っと読めてしまう、あくまで会計への足がかり的な本です。

「会計」にニガテ意識をもっている人こそ読むべし。

お金持ちの教科書

「お金持ち…?アヤシイな…」

と思ったのですが、読んでみるとめちゃくちゃリアルなんです。それもそのはず実際のお金持ちへのインタビューから書かれた本で、

自分の目で確かめる。これは多くのお金持ちに共通のポリシーだ。自分の目で確かめ、自分で定めた基準に合わないと絶対にモノを買わない、というタイプの人がかなり多い。

のような、お金持ちに共通するポイントが解説されています。

お金持ちになりたい人はもちろん、今よりラクにお金をかせぎたい人も必読。

続編の「大金持ちの教科書」もこれまた参考になりまくりなので、ぜひ。こちらもUnlimited対象です。

広告コピーってこう書くんだ!読本

ブログもそうなのですが、人になにかを伝えることをしているかたは必読。

「そうだ、京都行こう」

など、ふだんなにげなく見ているフレーズがかなり作り込まれていたことがわかります。

ビジネス書ですが読みやすさもバツグンで、コピーライターのすごさを肌で感じられる一冊です。

小説

KindleUnlimitedには小説だってあるんです。

ここからは、Unlimited対象のおすすめ小説を紹介します。

拝金

ホリエモンこと堀江貴文氏が描いた、ライブドア事件を題材にしている小説。

ジェットコースターみたいなストーリー展開で、ページをめくる手が止まりません。

一応はフィクション小説ですが、「どこまでがフィクションなんだろう…」とつい考えてしまいます。

ちいさな王子

いわゆる「星の王子さま」です。

第二次世界大戦のころの様々な社会批判や風刺が込められていて、童話ですが大人でも十分に楽しめます。

ファンタジーで、かつ考えさせられる名作。

珍夜特急シリーズ

あの名シリーズ「深夜特急」のパロディ…っぽいですが、意外におもしろいんです。

ユーラシア大陸をバイクで横断するという、なんともクレージーな旅の話で、ネタの引き出しが豊富すぎる。

バックパックを一つ持って、無性に旅へ出たくなるような一冊です。

ハリーポッターシリーズ

新作の「ファンタスティックビースト」が映画として公開されたハリーポッターシリーズですが、実はKindleUnlimitedに入っています。

映画で見ると出てくるキャラクターが多すぎてどれが敵なのかわからなくなりますが、本だとちゃんとストーリーを置いながら読めますよ。

個人的に映画よりも小説のほうがおすすめなので、まだ読んだことがないかたはぜひ。

雑誌

ラインナップが意外に豪華なのが、雑誌です。

Kindle Unlimitedでバックナンバーまで読めてしまうのはありがたい。

雑誌はKindle端末で読みにくい(というか、読めない…)ので、パソコンで読んでいるのですが、iPadほしくなりますね…。困った…。

Tarzan(ターザン)

トレーニングや栄養をあつかった雑誌「Tarzan(ターザン)」。

見たところ、直近のバックナンバー何冊かがUnlimited対象になっているようですね。

ムキムキボディになりたいかたはもちろん、健康的なカラダづくりをしたいかたにもおすすめ。

WIRED(ワイアード)

「WIRED(ワイアード)」は、最先端のテクノロジーやカルチャー、生活、社会をあつかっている雑誌です。

Webメディアもあるので、名前は聞いたことがあるかも。

最新鋭すぎて「(ちょ…ちょっと何を言っているのかわからない…)」というときもあるのですが、新しいもの好きにはオススメの一冊。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)

暮らしをテーマにした、モダンでシャレオツな雑誌がこちらの「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)」。

建築やインテリアが好きなかたは、ズッポリはまりそう。

「そこまでこだわりだすと、絶対に抜け出せないやつだぁぁ…」

というところまで掘り下げた特集も多く、要するに油断するとよくない雑誌です。

月刊MdN

デザインをはじめとしたクリエイティブなものをあつかった雑誌が、こちらの「月刊MdN」。

これもまた、特集がマニアックでおもしろいんですよ…。

「絶対フォント感を身につける。[明朝体編]」「大相撲の美ーーデザイン視点で相撲を知る」など、胸焼けすること間違いなし。

これがUnlimitedで読めるとは、キンドルもなかなか攻めていますね…!

Pen

メンズ向けのライフスタイル雑誌が「Pen(ペン)」です。

その内容は

  • アート
  • デザイン
  • ファッション
  • 旅行

など、月によってさまざま。

毎号ぜったいに買う、というよりはキンドルアンリミテッドでつまみ食いするのがベストかなと。

MONOQLO(モノクロ)

  • 安くて良いモノ大賞
  • スティック掃除機10製品テスト
  • ビジネス書 最強ランキングBEST30

など、買いもの欲をくすぐる内容の「MONOQLO(モノクロ)」。

「身の回りのものにはこだわりたい!けど、商品を全部くらべるのはムリ…」

と思っているかたは、MONOQLOを読むと幸せになれます。

Unlimitedで良書を「無限に」読書しよう

というわけで、KindleUnlimitedではマンガから小説、雑誌にわたるまで様々な本を、無制限に楽しむことができるんです。

それでいて、月額980円というお値段。読書好きにはたまらないサービスですね!

好みの本を見つけにくいのがたまにキズなのですが、予想外の掘り出しものがあったりするのはうれしいところ。

はじめの30日間はタダなので、

「登録したらお金を払わないといけないんでしょ?イヤだよ!」

というかたでも、試しで登録できますよ。

※KindleUnlimitedのラインナップは予告なく変更されることがあります。読みたい本がなくなる前に楽しんでおきましょう。
>KindleUnlimitedを使ってみる

電子書籍ならKindleがおすすめ

タブレット・スマホでもアプリを入れるとKindle本を読めますが、思いのほかツライものです。

ディスプレイをガッツリ見つづけるのがしんどいんですよね。

さらっと読める雑誌とかなら大丈夫ですが、どっぷりとマンガや小説を読むとなれば話は変わってきます。

Kindle端末であれば、紙の本に似た質感で読書を楽しむことができますよ。この機会にどうぞ。

Pocket

フリーランスの面白さは「自分に値段をつける」ところにある。

Pocket

フリーランスと会社員。

働き方の違いというものはもちろんありますが、それよりも「自分の仕事に値段をつける」ということのほうが、よっぽど大きな違いだと感じています。

基本的にフリーランスは「この仕事なら、この値段でやります」という話から始まることが多いです。

クラウドソーシングを使って仕事をとるのであれば、向こうが提示した価格にしたがうことになりますが、それでも自分の仕事に対して見合う対価がもらえるかどうかというのは考える部分であります。

ここがおもしろい点でもありますが、同時に難しい点でもあるんですよね。

今回は、そんなお話です。

スポンサーリンク

「値付け」とは無縁だった学生時代

ぼくは大学を卒業してすぐにフリーランスとして活動をはじめた、いわゆる「新卒フリーランス」なわけですが、自分の仕事に値段をつけるというのはどうも難しいものです。

関連:[お知らせ]新卒フリーランス、はじめました。

なぜなら、学生時代に「値付け」をする機会がほとんどなかったから。

バイトをはじめとした時給制の仕事がほとんどで、自分の「時間」に値段がつけられることはあっても、自分の「仕事」に値段がつけられることはほとんどなかったんですよね。

関連:生産性のかけらもない時給労働にサヨナラを告げるための秘策

ただの学生だったので当たり前なのですが、自分に「売りものとしての仕事」がありませんでした。

そのため、自分で自分に値段をつけて仕事をすることはなく、単純に「他と比べて給料が高いか安いか」で仕事を判断していました。

フリーランス、急に突きつけられた「値付け」

そして、フリーランスになると、突然「いくらでやってくれるんですか?」と言われる立場になりました。

相場や自分の基準など、もろもろを加味して値段を出すのですが、にしてもなんだかソワソワするんですよね。

自分の、仕事に、値段が、つく。

今まで値段は「ついているもの」だったのが、急に値段は「つけるもの」になりました。

なので、「楽しいなこれ…」と思いつつ「割高なのかな、割安なのかな」というところの見きわめが難しく感じています。

ただ、そこに関しては仕事していくと身につくものですので、気にしてはいませんね。

「自分の値段はいくらなのか」は理解しておくべき

さて、突然ですが質問です。

あなたは自分の値段がいくらなのかわかっていますか?

お金くさい話になりますが、自分にどれくらいの価値があるのかは、しっかり理解しておくべきことです。

自分の価値をちゃんと数値化できていないと、自分に対して提示された値段が「割安か割高か」を判断なんてできっこありません。

「そう言われてもわからない…」というかたは、MIIDAS(ミーダス)を使うのがおすすめ。

200万人の年収データから、あなたの価値を数字ではじき出してくれます。

自分にどれくらいの価値があるのかを数字で突きつけられることは、かなり怖いことです。

が、それでもちゃんと向き合うべき。

最終的に割を食わないためにも、自分の価値は数字として把握しておきたいものですね。

Pocket

フリーランスは休みなし?毎日が休日?どうなの?

Pocket

休みたいときに休める、というのはフリーランスの特徴です。

「今日は休み〜!」と思ったら、その日は休日になります。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

ただ、そうはいかないのもフリーランスで、来た仕事をすべて受けてしまい、土日も関係なしに働く…ということも。

なんだかんだで「1週間のうちで、休む日を決めてしまう」のがベストな気はしているんですよね。

スポンサーリンク

ホワイトかブラックかは自分次第

どこでなんの仕事をするのか?というところから決めることができるのが、フリーランスです。

家で引きこもってようが、沖縄でバカンスしてようが、仕事はできます。

いつでもどこでも仕事ができるので、「はい!今日はお休みです!!」と決めなければ、延々と仕事をすることもできちゃうんですね。

フリーランスはときにセルフブラックと称される働き方になることもあります。

が、ホワイトな働き方をするのか、ブラックな働き方をするのかを自分で決めることができれば、ぼくはどっちでもいいんじゃないかと。

健全に働ける人のほうがエラい

とはいえ、ブラックな働き方は長続きしません。

若いうちは「今日は…徹夜3日目だけど…まだ仕事するぞ…」ということもできますが、持続的な働き方とは言えませんよね。

なにより、そんな働き方はしんどい…笑

それに、ブラックな働き方は効率が悪いのです。

夜おそくに何か作業や勉強をして、朝に起きてみたら「なんじゃこりゃ!?だれがこんなことしたんだ!?(きのう自分でやった)」なんてことはありませんか?

寝る間を惜しんでまでやったのに、翌朝やり直すことになるなら、早めに寝たほうがよっぽどよいですよね。

自分で自分のことを管理して、できるだけ少ない時間で最大限の成果をあげれる人が一番エラいのです。

しっかり休めるのは、仕事ができる証拠だ

よく「休むのも仕事のうち」といいますが、本当にそうだと思っていて。

休みの効用というのは、いまの日本では軽視されがちです。

しかし、「仕事」と「休み」というのは表裏一体。切っても切れない関係なのです。

仕事があるから休みが楽しく、また休みがあるから仕事がはかどるんですよね。

若気の至りで、つい自分にはエネルギーが無尽蔵にあると思ってしまいますが、そんなことはありえません。

仕事して、エネルギーを回復して、また仕事して…というサイクルをちゃんと回すことが、持続的に「よい仕事」をしていくことにつながるんです。

とはいえ、意識しないとメリハリがなくなるのもフリーランス。

なので、「休みながら仕事」「仕事しながら休む」みたいなよくわからない状態だけはつくらないように心がけている、今日このごろであります。

休むにも「技術」がいる

実は最近「まるも(ぼくが住んでいるシェアハウス兼コワーキングスペース)」でこんな本を発見しまして。

「忙しい社長でも休めるんなら、もはやぼくとか仕事してるかどうかわからなくなるのでは…!」と思い読んでみました。

すると、そういう話ではなく(笑)「いかに効率よく休むか」というところがかなり具体的に書かれていました。

目からウロコの1冊だったので、興味があるかたはぜひ。

Pocket

生きていくために必要な、ちょうどいい「不安と恐怖」の話

Pocket

これはフリーランスに限った話ではありませんが。

「まだ大丈夫だ」とか思わないほうがいいんですよね。

ただ、常に「ヤバい!」と思うのもよくないんです。

ちょうどいい不安と恐怖を感じることが、まともに生きていくうえでは大切なんですよね。

今回はそんな話です。

スポンサーリンク

安心しすぎるとそこで止まってしまう

単純な話ですが、「あっ、今はこのままでいいや」と安心した時点で動きが止まってしまうんです。

動きがにぶくなる、と言ってもよいでしょう。

たとえば、いま目の前に大富豪がやってきて「これをあなたに…」と、ドサッと5億円をわたしてきたらどうしますか?

アヤシイとか、そういう話はここではナシにしてw

「明日から働かなくてもいいよな…?」と、最低でも「あっ、明日から仕事サボっても大丈夫じゃん」となるはずです。

いま働いてないけど貯金はちゃんとある、という状態も「現状ではがんばって働かなくてもいい」点では同じことでしょう。

そう、余裕があることにかまけてしまうと、スピードがにぶったり、適切な行動が取れなかったりするのです。

ちょうどいい「不安と恐怖」でまともに生きれる

まともに生きていくためには、ちょうどいい不安と恐怖が必要です。

しっかりと余裕を持ちつつも、「やらねば」と覚悟をもって取り組める状態がベスト。

お金の不安だけだと、どうしても視点が近くなってしまいます。

それに、仕事でかせげるようになった時点で動きが遅くなってしまいます。

なので、お金以外の部分でなにかしら「不安と恐怖」をもっているとよいですね。

目標を自分で作るのがよいでしょう。すると、「目標を達成できないかもしれない!」と自分を駆り立てることができます。

関連:2017年4月の目標。コーディング、サイト運営、自動化。

これであれば、お金うんぬんの話ではなくなりますよね。

「不安と恐怖」がありすぎてもよくない

だからといって、「不安と恐怖」がありすぎてもよくないんです。

目の前の不安と恐怖にばかり目がいってしまうと、近くにあるものしか見えなくなってしまいます。

現実を直視することも大切ですが、それでいてどこか楽観的に、遠くをみわたすこともしなければなりません。

ちょうどいい必死さといいますか、適切な必死さといいますか。

必死になるあまり「ベストな方法を探さず、とにかくなんでもいいから手を動かす」状態になってもよくないんですよね。

そのためには、心のどこかで「不安と恐怖を感じなくなったら、逆にヤバいぞ」と思いつつ、しっかり遠くまで俯瞰して見れるような心の余裕も持たなければなりません。

底抜けにポジティブなのも、ひたすらネガティブなのもよくないです。

安心と不安をちゃんとバランスよく持っている状態が、一番ベストなのだなと思う日々であります。

Pocket

温泉街にラーメン!?湯河原の「らぁ麺屋 飯田商店」が想像の上をいくウマさだった。

Pocket

先日、湯河原に旅行しまして。

お目当ては温泉だったのですが、おいしいものも食べたいなと思って探していたところ…

ramen-iida01
「食べログ」より 引用

神奈川県トップのラーメン店が湯河原に!?

…というわけで、「温泉 > ラーメン」だった優先順位が、一気に「温泉 <<(超えられない壁)<< ラーメン」になったわけでありました。

スポンサーリンク

最低でも10人の行列を覚悟すべし

ぼくが行ったのは閉店ギリギリの15時前だったのですが、それでも10人はならんでいました。

15時のラーメン屋で、この混み具合はなかなかないのでは。

ramen-iida02

日曜日だったのもあるでしょうが、それにしても「この時間にラーメン食べるの…?」と思ったほどです。自分のことは棚にあげました。

整理券をもらうとラクらしい

補足ですが、朝に整理券をもらっておくとそこまで並ばなくてもよいそうで。

  • 8:00
  • 9:00
  • 10:00
  • 10:30

の4回にわけて整理券が配られるとのこと。で、全ての整理券は10:50に回収されるようです。

理想としては「朝に整理券をもらう→いったん観光→整理券を持ってラーメン!」という流れですね。

店内はかなりキレイ

店構えは正直なところ「昔ながら」の印象を受けましたが、店内はめちゃくちゃキレイです。ギャップがすごい。

ramen-iida03

目の前では、和食の料理人が着ているような服装(割烹着?)でラーメンを作る店員さん。

そう、雰囲気はまさに「料亭」なのです。ラーメン屋にあらず。

席数は10席あるかないかくらいで、テーブルもあったので子連れでも大丈夫なんじゃないかと。

いざ「つけ麺」とご対面…!

ならんでいるときに、他のお客さんがやたら「つけ麺が〜」と話していたので、今回はつけ麺をいただくことに。

お腹が空いていたこともあり「おにくごはん」を追加。オールひらがなのネーミングがいい感じ。

10分くらい待っていると、つけ麺の登場です。

醤油ベースのつけダレ、とろりとした冷たい「濃厚昆布鰹水出汁」にひたっている麺がセット。

トッピングは左から「湯河原柑橘」「生のり」「塩」という、いっけん不思議なものばかりです。

ramen-iida03

どうやって食べるんだ…と思いますが、安心してください。食べ方の指南書があります。

ramen-iida

ザックリと文字にしておくと、

  1. まずは塩を麺につける
  2. 塩をつけた麺を食べ、麺の味を楽しむ
  3. つけダレをちょっとなめる
  4. 麺をつけダレにサッとつけて、ズバッとすする
  5. 具を食べながら、サッ・ズバッのリズムで麺を食べる
  6. つけダレがうすくなってきたら、再度麺の上に塩を
  7. 「湯河原柑橘」をしぼって、味の変化を楽しむ
  8. 食べ終わったら麺がつかっていたダシでスープを割る
  9. 友だちにおしえる

という感じ。

ちゃんとオチまでついていて、スキがない…!

で、この食べ方を実践してみたのですが、麺に塩をつけて食べた段階で悶絶。

麺自体がおいしいのはもちろん、「濃厚昆布鰹水出汁」と「塩」の味だけでしっかりおいしいんですよ。新感覚ですね。

つけダレもまた絶妙な塩加減でおいしい。

ダシのうまみを存分に活かしていて、たいして濃い味じゃなくても、旨みを感じる味つけでした。

忘れちゃいけない「おにくごはん」

そうそう、つけ麺がおいしすぎて「おにくごはん」を忘れるところでした。

いやぁ、このビジュアルですよ。

ramen-iida04

もうね、食べる前からおいしい。無条件降伏。どんぶりのポツダム宣言。

自分でもなにを言っているのかわからなくなってきましたが、要するにおいしいのです。

うす切りで口に入れるとほどけるお肉、ちょっとトロミのあるタレ。

上に乗った芽ネギすらニクイ。なんなのこのごはん。

「つけ麺と一緒だし、多いかもな…」と思ったのですが、ペロリですよ。ごちそうさまでした!

湯河原のラーメンなら「飯田商店」がおすすめ

他のメニューも食べてみたいと思ったのですが、日程の都合上これが最初で最後の飯田商店に。

また湯河原に来るための口実ができてしまいましたね。

味もさながら、接客やロケーション、店構えまでよかったので、また機会があれば行きたいですね。

というわけで、湯河原にお越しのさいはぜひ「らぁ麺屋 飯田商店」に行ってみてください。

むしろ、ラーメン目当てで湯河原に行くのもアリだと思いますよ。

店舗情報

らぁ麺屋 飯田商店
営業時間:11:00~15:00頃 *材料切れ次第終了
定休日:月曜 *祝日の場合は翌日
TEL:0465-62-4147
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

Pocket

キャリアからLINEモバイルに乗りかえ。1ヶ月たったのでレビュー

Pocket

LINEモバイルに乗り換えて1ヶ月ほどがたったので、感想を。

…めっちゃよい!!

もともと大手キャリアのSIMを使っていたのですが、そのときとつながりやすさは変わらず、値段は大幅に安くなりました。

格安SIMというと「つながりにくそう…」とか「速度制限があるんじゃ…」とか、不安はもろもろあるかたもいらっしゃるかもしれません。

が、実際のところすこぶる快適です。単純に大手キャリアが高すぎるんでしょうね。

FREETELとどっちがいいんだろうか…

じつは、ラインモバイルに決めるまえは、FREETELと迷っていたんですよ。

ラインモバイルとFREETEL、この両者に共通するのが「カウントフリー」という特典になります。

「カウントフリー」の格安SIMがよかった

LINEモバイル02
カウントフリーとは、カンタンに言ってしまえば「月々のデータ使用量として数えないサービス」のことです。

その対象はSNSアプリが中心で、スマホは連絡・SNS用だと思っているぼくにはうってつけのプランでした。

なお、OCN モバイル ONEBIGLOBEにもカウントフリーはあります。

ただ、その対象がほぼ自社アプリだったり、ほぼエンタメアプリだったりしたので候補から外しました。

というわけでFREETELとLINEモバイルのカウントフリーについて、詳しく見ていきます。

FREETELのカウントフリー対象アプリ

まずはFREETELのカウントフリーに入るアプリから。

ご覧のとおり、ズラリとSNSアプリがならんでいます。ポケGOとかもありますね。

  1. AppStore *iPhoneユーザー限定
  2. LINE
  3. WeChat
  4. WhatsApp
  5. Pokemon GO
  6. Twitter
  7. Facebook
  8. Messenger
  9. Instagram

個人的にMessengerアプリを使えるのがよいなぁ…とは思ってました。結構よく使うんですよね、メッセンジャー。

ただ、画像や動画をしこたまやり取りしない限り、そこまで問題ないかなと。

WeChatやWhatsApp、Pokemon GOについてはそもそも使わないので、全く問題なし。

LINEモバイルのカウントフリー対象アプリ

で、肝心のラインモバイルはこんな感じ。

  1. LINE
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. Instagram

「対象アプリ少なっ!」と思ったかたもいらっしゃるでしょう。

ですが、LINEモバイルは通信制限されてもカウントフリー対象アプリは高速通信が可能なんです。

FREETELは低速になるそうで…。悲しい。

その点を比較して「データを使い切ったとしても、連絡は取れる」状態にしておきたいならLINEモバイルだなという結論に。

LINE電話が使えるプランで価格を比較すると、

  • LINEモバイル:1,690円(3GB・音声通話つきプラン)
  • FREETEL:1,580円(3GBプラン *2017年4月21日現在 5GBに増量中)

という具合。

見ての通り、LINEモバイルのほうがやや高いです。

が、「通信制限かかっても、SNSなら高速なんだよな…」と考えたら、LINE MOBILEのほうがよいという結論に。

DMMモバイルとどっちがいいんだろうか…

DMMモバイル

「なんだかんだ最安だしな…」と最後までグダグタ悩まされたのがDMMモバイルです。

なにせ安い。まさに「格安オブ格安」です。

FREETEL、LINEモバイルと比較しても、

  • LINEモバイル:1,690円(3GB・音声通話つきプラン)
  • FREETEL:1,580円(3GBプラン *2017年4月21日現在 5GBに増量中)
  • DMMモバイル:1,500円(3GB・音声通話つきプラン)


というふうに、最安をほこっています。強い…!

ですが、LINEモバイルのほうにはカウントフリーがあります。

なので、「Wi-FiがなかったらSNSしかしない」と決めておけば、むしろLINEモバイルのほうが安上がりなんじゃないかという結論に。

LINEモバイルのメリットあれこれ

そのほかLINEモバイルのよいところをまとめておきます。

プラン・使用量などをLINEアプリで管理できる

今まではいちいちサイトに行かないとプランや使用量を確認できなかったんですよね。

そんなによく確認するものでもありませんが、なんだかんだ月に1回は見るのでめんどうっちゃめんどう。

それがアプリで一括して確認できるようになったのは地味に便利です。

画面もシンプルで見やすい。

LINEモバイル01

「ID検索」「年齢認証」が使える

ふつうの格安SIMだと、ID検索や年齢認証ができないんですよね。

抜け穴?みたいなのはあるらしいのですが、よくわかりませんし。

LINEモバイルにしておくと、ゴチャゴチャやらなくてもID検索や年齢認証を使えます。

ドコモ回線でサクサク快適

やっぱり、なんだかんだ言いながらドコモが一番つながりやすいです。

LINEモバイルはドコモ回線を使っており、今のところどこでもサクサク使えています。

千葉の田舎でもまったく問題なし。

サイトがシンプルで見やすい

ぼくは結構このへんも見ています。

格安SIMのサイトって、キャンペーン的な情報がグチャァとしているところが多いんですよね。

ただでさえ、格安SIMにはややこしいイメージがあるってのに、サイトまでややこしかったらそりゃ契約する気も失せるってもんです。

その点LINEモバイルは、サイトが非常にシンプルでわかりやすい。

LINEモバイル03

これも個人的にはグッと来たところです。

で、最終的にはLINEモバイルに決定したというわけであります。

シンプルにサクサク使いたいならLINEモバイル

LINEモバイルがおすすめな人をまとめると、

  • スマホ代をできるだけ安くしたい
  • どこでもちゃんとつながるスマホがほしい
  • (LINEなど)SNSをしっかり使う
  • LINEのID検索・年齢認証をしたい
  • できるだけシンプルなサービスがいい

という感じです。わかりやすい・つながりやすい格安SIMを求めているかたは、ぜひ。

契約してから1年以内に解約すると違約金がかかってしまいますが、大手キャリアは2年しばりというところから考えると、単純に半分のしばり期間です。

ただ、問い合わせは電話もしくはチャットなので、「実際に店でやり方を聞かないと気がすまない!」というかたにはオススメできません。

ぼくみたいに「わかんなかったらネットで調べたらいいや〜」と思っているかたは、まったく問題なしですね。

なお、契約に関してもLINE MOBILEはネット上で行います。なので、これから使いたいと思っているかたはLINEモバイル公式ホームページからどうぞ。

Pocket

「自制心を鍛える」なんて、たわごとだ。感情に頼らず自制する方法

Pocket

仕事をしたいのに、なんだかモチベーションが上がらない。

「これは自制心が足りないからだ!自制心を鍛えなくては!」

と考えてアレコレやっているかた、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ぼくもその一人でした。

自制心を鍛えて、セルフコントロールできる人ってすごいと思っていました。というか、今でもそう思っています。

でも、ある瞬間から「あっ、自制心を鍛えるのってムリじゃない…?」と思うようになったんですよね。今回は、そんなお話です。

スポンサーリンク

自制心でなんとかなるわけがない

いくら自制心を鍛えようとしたところで、ガマンできないものはできないんです。

だって、にんげんだもの。お酒だって飲んじゃいますし、夜更かしだってしちゃいます。

と、考え出してから「あっ、これは自分の自制心を信頼しないほうがいいやつだ。」と思うようになりました。

自分がだらける人間だと自覚しているからこそ、自分の自制心やモチベーションに頼らないことが大切だというわけです。

モチベーションの波から「浮く」ということ

人間には、生きている以上どうしても波があります。

体調のよい日もあれば、悪い日も。また、体調はよいはずなのになんだか調子が出ない日もあります。

そんな調子の波でザブザブやっていたら、そりゃダメってもんです。

波が高い日でもお構いなしに船を出すようなものです。まぁ、そんなことしてたらすぐに沈みますよ。

でも、飛行機かなにかを使って、その波から浮いていたとしたら?

大津波が来ないかぎり、安定して進むことができるでしょう。

たとえば、の話なので「いや、波が高い日は風も強いでしょ」とかはナシでお願いしますね…。

というわけで、どうしようもない変化と感情・行動を切りはなす意識が大切なのであります。

「自制せざるを得ない」環境づくりが大切

「どうしようもない変化と自分自身を切りはなせ!」と言われたところで、「そんなこと言われても…」と思うかたがほとんどでしょう。

そこで大事になってくるのが、自制せざるを得ない環境をつくることなのです。

たとえば、早起きするために自制をしなければならないとします。

そのときに、「一緒に朝活しようぜ!」などと言って、他人を巻き込んでしまうのです。

と、起きざるを得なくなります。

つまるところ、全て一人でやるのはむずかしいです。何かしらの理由があることが重要。

そのためできるかぎり「自制せざるを得ない」環境をつくる、もしくは適切な環境に身をおくことが大切です。

自分のモチベーションと行動は、できるだけ分けて考えるべし。

「やらないと気持ち悪い」という状態になるまでが勝負です。いかに「自制された行動」が習慣になるか。

関連:「人はどんなふうに動くのか」を考えて「自分を動かす」ということ

早起きはそろそろ習慣になってきたので、次の習慣を作っていきますかね。なににしようかな…。

Pocket

新卒フリーランスのスケジュール。一日分まるっとご紹介

Pocket

「フリーランス」という言葉に、あなたはどんなイメージを持っていますか?

自由、信用がない、好きなことをできる、ハイリスク、稼げそう…などなど。

いろんなイメージを持っているでしょうが、そんなフリーランスの頭に「新卒」という言葉がつくとどうでしょうか。

…もうわけがわからなくなっているんじゃないでしょうか笑

正直「生態系がナゾ」の新卒フリーランス。

そんな新卒フリーランスであるぼくの、大まかなスケジュールをまとめてみました。

スポンサーリンク

朝:起床は「6〜7時」

情熱大陸でいうところの「新卒フリーランスの朝は早い。」というやつです。

…知りませんが。

だいたい7時までには起きて、朝ごはんを食べます。意外に健康的でしょ?

7時に起きるのが習慣化されてきたので、そろそろ6時起きにチャレンジしてみようかと考えているところです。

朝読書を1時間くらい

朝は1時間くらい本を読みます。

なんでも、インプットは朝のほうがいいそうな。で、逆にアウトプットは夜にやるよいとのこと。

やることが立て込んでいると、省略してしまうこともありますが、できるかぎりやりたいですね。

仕事開始は「8〜9時」

で、仕事をはじめるのはだいたい「8〜9時」くらいです。

掃除や洗濯などのタスクが入ると、後にずれ込む感じですね。

え?通勤?そんなもん、ありませんよ。

部屋を出て、階段をバタバタ降りるだけです。

関連:ぼくの通勤時間は「1分」です。メリットもデメリットもありますよ

そして、その日に応じて、サイト制作やライティングなどの仕事をしていきます。

昼:ごはんは自炊で

んで、昼まで仕事をしたあとは、おまちかねの昼ごはん。

だいたい自炊ですね。

徒歩30秒のところにスーパーがあるので、そこで食材を買います。

そして、コワーキングスペース「まるも」にあるキッチンで調理。

メニューは焼きそば、ラーメン、などなど。カンタンなものがほとんど。

んで、昼食が済んだあとは、また仕事という具合です。

夜:仕事orリフレッシュ

だいたい18時をすぎると、ごはんの支度が始まります。

なぜなら、唯一のスーパー(徒歩30秒)が19時で閉まるからです。早い。

夜ごはんは何人かで集まって食べることも多いですね。週に5回くらい。

20時くらいには、ごはんの片づけが終わります。

その後は、仕事をしたり、リフレッシュをしたり、さまざまです。

シェアハウスということもあり人数がいるので、ボードゲームや卓球、人狼などをすることが多いかも。

黒田剛司さん(@ktsuyoc)がシェアした投稿

だいたい23時には寝ています

フリーランスというと夜が遅いイメージがあるかもしれませんが、ぼくに関しては早めに寝ています。

眠すぎてなにも手がつかないので、いっそ寝てしまえという感じ。

夜おそくまでやるよりも、朝はやく起きてやる派ですね。

フリーランスはどこまでもダメになれるよ

ご紹介したスケジュールをざっとまとめるとこんな感じです。

  • 6〜8時:起床・読書・家事
  • 8〜9時:仕事開始
  • 9〜12時:仕事
  • 12〜13時:昼ごはん
  • 13〜18時:仕事
  • 18〜20時:夜ご飯
  • 20〜22時:リフレッシュor仕事
  • 22〜23時:シャワー・身支度
  • 23時:就寝

なので、スケジュールどおりに仕事をしているのであれば、だいたい8〜11時間くらいは仕事している計算になります。

通勤とか、もろもろの時間を節約できているので、それだけ働いてもヘルシーな生活です。

意外とちゃんとしてるんです。というか、ちゃんとしないとどこまでもダメになれるんです、フリーランスは。

というわけで、新卒フリーランスの1日でした。ちゃんちゃん。

Pocket

ぼくの通勤時間は「1分」です。メリットもデメリットもありますよ

Pocket

自慢じゃありませんが、ぼくの通勤時間はすごく短いです。

毎朝の通勤は、「部屋のドアをあける→階段の手前にあるドアをあける→階段を降りる→数回ドアをあける→職場」って感じですね。

要するに、自宅から出ておりません。まぁ、在宅のお仕事ですし。

ただ、これを期に

  • 通勤の時間は平均でどれくらい?
  • 通勤の時間が短いメリット・デメリット
  • 通勤の時間が長いメリットってなに?

というところを考えてみました。

基本的には「通勤は短いほうがいい!」と思っている人ですが、いいところも悪いところもありますよね。というお話です。

スポンサーリンク

通勤時間の平均は意外と長い

諸説ありますが、都市部(東京や大阪)の通勤時間は「1時間以上」と「1時間以内」が半々といった具合になっています。

で、全体でいちばん多いのが「1時間程度」という。往復で2時間。

つまるところ、1日のうち12分の1は通勤に時間をかけているわけです。

チリもつもれば、恐ろしい

先ほど書いたとおり、「1日の12分の1」を通勤時間にするとします。

そして仮に1ヶ月に20日働くとします。で、これが1年になりますと、積み上がった通勤時間はこんな感じ。

12分の1 × 20日 × 12ヶ月 = 20日

かなりザックリとですが、1年のうち20日は通勤についやす計算になります。

これで40年、定年まで働くとすると…

20日 × 40年 = 800日

退職までに通勤で使う時間は「およそ2年半」になりますね。長い…。

仮に通勤時間が「1分」だとしたら

たとえば、の話ですが、何かしらのパワーで通勤時間を「1分」にしたとすると…

2分(1日の通勤時間) × 20日(1ヶ月で働く日数) × 12ヶ月 × 40年 = 19200分(13日)

40年で13日、だいたい2週間くらいになりますね。

2年半と13日、どちらがどれくらい短いかはわかるでしょう。そういうことです。

通勤時間が短いメリット

ここからは通勤時間が短いメリットを

  1. 時間を節約できる
  2. 満員電車のストレスとは無縁
  3. 忘れものをしても問題なし

の順に紹介します。

1.時間を節約できる

これにつきますね。

先ほど説明しましたが、通勤に1時間かかるのと1分しかかからないのとでは、圧倒的に時間の差が出てきます。

その分、落ち着いて作業する時間をとることができるので、仕事も進むってもんです。

2.満員電車のストレスとは無縁

これも個人的に大きい。

あの「輸送されてる」感が満載の満員電車に乗らなくてもよいのは、大きなメリットです。

別に多少こんでいるのはよいのですが「スマホすら見れない、本なんてもってのほか」なんてところで30分もいたら、時間がもったいないじゃないですか。

ムダに疲れてしかもなにもできない、という時間を過ごさなくてよいのは、かなり大きなメリットです。

3.忘れものをしても問題なし

人間ですので、どうしても忘れものをすることもあります。

そんなときでも大丈夫、階段をバタバタバタとのぼって、部屋から忘れものをとってくればよいのですから。

忘れものをして何かに支障がある、なんてこともなし。だって取りに戻れるんだもの。

通勤時間が短いデメリット

とはいえ、通勤時間が短いことは、メリットだらけではありません。

  1. 気分転換がむずかしい
  2. 強制的に何かをする時間が減る
  3. 買い食いできない

という、デメリットもあるにはあるんです。

順番にいってみましょう。

1.気分転換がむずかしい

変化がない、というのは個人的にはデメリットです。

ほら、やっぱり気分が変わると効率があがるじゃないですか。

ぼくの場合は一つの建物から出ないのも大きな理由かもしれません。

ま、散歩いけば?という話ではありますが、意図的にやらないといけないのはデメリットですかね。

2.強制的に何かをする時間が減る

通勤って、なにかしらの作業をさせる強制力がありませんか?

電車の場合は、すでに時間がキチッと決まっているので、強制的になにかをすることがやりやすいんです。

混んでなかったら「本読むぞ!」とか。混んでたら「オーディブル(本を朗読してくれるサービス)聞くぞ!」とか。

〆切を意図的につくることで、集中して取り組むことができるじゃないですか。

まぁ、ぼくは「ごはん炊けるまでにブログ書くぞ!」とかやってるのですが。

3.買い食いできない

高校生かよ!という話ですが、帰りにどこかでおいしいものを買うことは、通勤時間が短いとやりくい。

買い食いに限らず「評判のおいしいお店にちょっと立ち寄る」なんて芸当も、「退社・即・帰宅」では不可能なのです。

ムダづかいしないという点ではよいことかもしれませんが、たまにはおいしいものが食べたくなるんですよ…。

通勤時間が長いメリットってなんだろう

逆に、通勤の時間が長かったら…と、考えてみます。

ざっと、メリットはこんな感じですかね。

  1. 強制的に一定の時間をとれる
  2. 通勤によってそれなりの運動ができるかも
  3. 途中下車できる駅が多い

一定の時間をぜったいに取れるのは、通勤時間が長いメリットでしょう。

また、都内だと乗りかえで運動できるのも利点ですね。

車通勤だと…なんとも言えませんが。

途中で降りられる駅が多いのも、いいところなんじゃないかと。

ただ、「総じて時間へのパフォーマンスが低いよな…」というのがぼくの意見。

だって

  • 部屋でしっかり集中して勉強する
  • 外で風をあびながらランニングする

というふうに、メリハリがあったほうがいいじゃないですか。

日々のストレスを考えると、通勤の時間は徹底的にショートカットするべきでしょう。

通勤時間はもっと見直すべき

結論、できるかぎり通勤時間は短いほうがよいです。

時間を大事にできるから、というのがひとつ大きな理由ですね。

「会社の近くは家賃たかいからなあ」とか思っているかたもいるでしょうが、「時間がかかるのはどっちなのか」という視点ももつべき。

個人的には、「家賃+交通費」を1ヶ月あたりで計算してみて、職場の近くに済んだ場合の価格との差を「これだけの値段をはらったら通勤のストレスがなくなるのか…」と考えてみることをおすすめします。

みんながみんな、通勤時間を1分にすべきとは言いませんが、もっと自分の時間を大事にしてもよいのではないでしょうか。

Pocket