新卒でフリーランスになって月144万円かせぐまでの全てをnoteにまとめました

人事さんへ。御社は就活生にノリで選ばれているかもしれません。

世の中にはいろいろなタイプの人がいるように、就活生とひとくちにいえどその考えや行動の特徴はさまざまです。企業のことをしっかり調べて、「ここなら入社したあともちゃんと成長できそう」などといった明確な理由をもってエントリーする就活生もいます。対して、企業のこともさほど調べずに「まあ、ここでいいか」というノリでエントリーする就活生もいます。

 

御社もノリで選ばれているかもしれませんよ…。

当然、面接などではどちらもハキハキと快活に志望動機を述べると思います。なぜならそれが「就活」だからです。ノリで選んだ企業だとしても、とりあえず内定がほしいと思っている就活生は多いと思います。ぼくだって内定ほ(以下略)。

 

ノリで選ぶことは就活生だけの問題か

「そんな適当に弊社を選ぶような就活生はいらない!」と人事の方は考えると思いますが、果たして就活生が企業をノリで選ぶことが就活生だけの問題なのでしょうか。企業側が就活生にノリで選ばれる環境をつくっているという可能性について、考えたことがある人事さんはいらっしゃるのですかね…。

というわけで、今回は企業をノリで選ぶ就活生の3パターンとその原因についてまとめました。就活生のホンネをつつみかくさずぶつけますよ~。

 

企業をノリで選ぶ就活生の3パターン

1.「説明会多すぎ!めんどくさいし適当に出しちゃえ!」パターン

リクナビなどで説明会の日程を見てみてください。単純に説明会が多すぎます。メールの受信ボックスには日々さまざまな説明会のお誘いメールがやってきます。モテ期か。

企業さんにモテモテになってしまうとどうなるか。人間にあてはめてみましょう。モテ男モテ女は日々さまざまなタイプの異性からアプローチを受けます。当然、めんどくさくなります。過ぎたるは及ばざるが如し。すると、ひとりひとりに対しての対応は適当になってしまうのは容易に想像できるでしょう。

この現象が就活においても生じるというわけです。選択肢が多いのはよいことですが、そのぶん選択をするのはむずかしくなります。すると、「受かったところに行こう」とノリで企業を選びだしてしまうわけです。

 

2.「ここなら受かりそう、出してみるか!」パターン

たくさん企業はあれど、本当に受かるのかは就活生にはわかりません。なぜなら内定は企業が出すから。しかし、内定はほしいとなると、当然受かりそうな企業を探します。「中小だし、名前聞いたことないし、ここなら受かりそう!行っちゃえ~!」とノリでエントリーしてしまいます。

こちらも人間にあてはめてみると、俗にいう「非モテ」の方がなんとかお付き合いしたいから、「この子ならいけそう…!」と告白してしまう現象とちょうど同じでしょう。ハードルを下げて「異性とつきあう」という目的を達成しようというものです。

この現象が就活においても生じていて、「内定をゲットする」という目的の達成だけを目標に、就活生は企業をノリで選んでしまうというわけです。

 

3.「オフィスおしゃれだし、ここで働きたい!」パターン

「説明会で話を聞いてもどこも同じような話ばっかり。この調子だと行きたい企業なんて選べないよ…。」と思っている就活生は少なくないはずです。ぼくもぶっちゃけ(以下略)。すると、説明会で企業の方が話した内容以外のことでエントリーする企業を選ぼうとします。例えば、「オフィスがおしゃれ」ということだったり。

人間にあてはめてもそのままで、「あの子の格好おしゃれだし顔もかわいいし、いいなあ。」と見た目だけで選んでしまう現象と同じです。確かにおしゃれさは大きな要素ですが、あくまで一つの要素にすぎません。のちに性格の不一致とかで苦労するパターンです。

就活においても同様で、「おしゃれなオフィスで、キラキラした社会人生活を送れそう…!」と企業の見た目というなんともふわっとしたノリで企業が選ばれてしまうというわけです。

 

就活生が企業をノリで選ぶ理由

冒頭にもお話しましたが、ここで「そんな適当に弊社を選ぶような就活生はいらない!」と突き放しては人事さんの存在価値はないと思います。適当に選ばれないように、ちゃんと就活生を考えさせるのがお仕事ではないのでしょうか。

就活生が企業をノリで選ぶことについて、ぼくは説明会に問題があると思っています。就活生との大切な接点であるはずの説明会が、ただ長ったらしくてつまらないようでは、就活生も企業の選びようがありません。

いま御社が市場に存在できている理由を考えてみてください。きっと他社と何かしらの差別化を行っているはずです。それは就活市場においても同様で、他社と差別化しないことにはその競争には勝てないのです。

 

まとめ

いち就活生としてぼくも正直な意見を申し上げると、これだけよく似た説明会をされるとどうしようもありません。「この会社とあの会社、仲良しなのかな…」と思ってしまうこともあります。就活市場において企業が同質化してしまっては、ぼくたち就活生も選びようがありません。

まずは説明会の差別化をはかることが重要なのではないかとぼくは思います。御社だけの、オリジナリティある説明会をぼくたち就活生も待ち望んでいます。

 

就活生として、説明会の問題点をnoteにまとめました。本当のホンネがつまっている渾身の記事です。

noteはこちら : 御社の会社説明会がつまらなすぎるので、改善案を出してみた