Amazonプライムデーでお得に買い物!【7/17 23:59まで】

ぼくはドン引きした。-「この会社の人に魅力を感じて入社したんだ」と言われて

就職活動と一言でいえど、様々な方法があります。別に説明会へ行って、エントリーシート出して、面接して…ということだけが就活ではありません。

ひょんなことから、16卒の内定者の方とお話する機会がありました。内定先はインターネット系の会社とのこと。ちょっと興味ある…!

ぼく 「なんでその会社に入ろうと思ったんですかー?(テンプレ)」

その人 「いやー、会社の人がいい人ばっかりなんだよね。」

ぼく 「へー・・・」

その人 「ぼくはこの会社の人に魅力を感じて入社したんだ。

ぼく 「(ノ∀`)アチャー」

 

会社を人で選ぶって古典の中の話かと思っていました。むしろアウストラロピテクスくらいの時代なら会社を人で選んでいたかもしれません。たぶんその時代に会社はありませんが。

 

会社を人で選んではいけない理由3つ

会社を人で選ぶべきではないとぼくは思います。なせかというと、3つ理由があります。

1.あなたは変わる。相手も変わる。

まず大前提として、人は変わります。すごく当たり前の話なのに、忘れがちなことです。小学生のころを思い出してみてください。そのころと今の自分を比べて、全く変わっていないという人はいないと思います。なんなら、大学の1年間でも人は変わります。

これから何年その会社ではたらくかはわかりませんが、あなたの未来を考えたときに「考え方が変わらない」ということはあり得るのでしょうか。ぼくはありえないと断言します。絶対にありえない。

「会社を人で選ぶ」ということは感情論だとぼくは思います。就職活動といういっときの感情で会社を選んでいるとしか言いようがありません。さしずめ、一夜限りの恋といったところでしょうか。ワンナイト(以下自粛)。

 

2.人はいなくなる。

あなたが尊敬する社員さんがその会社にいて、会社の人にひかれて入社したとします。その尊敬する社員さんはいつまでその会社にいてくれるのでしょうか。少なくとも突然いなくなる可能性くらいは考えたほうがいいと思います。

「死ぬまであなたについていきます!」ぐらいの気合があるならまた話は別です。しかし、結婚するわけじゃあるまいし、現実的ではありません。

 

3.その会社の人って一体何人いるの?

先ほどの話の続きになりますが、その尊敬する社員さんのもとではたらくことのできる確率ってどのくらいか考えたことありますか?大企業であればあるほど、一緒にはたらくことのできる確率はもちろん低くなります。

一緒にはたらくために頑張って異動したらいいじゃないか、という意見もあるかもしれませんが、人はいなくなるんです。なんのためにはたらくのか、よく考えた方が良さそうです。

そして、その会社自体の社員さんの質は、就職活動くらいではわからないと思います。普通の就活であれば、一社あたり多くても10人くらいの社員さんと会えるのが限界でしょう。さて、その10人は会社全体の何パーセントでしょうか?

あなたが就活で見た会社は本当の姿を見せていたのでしょうか。かろうじて輝いているほんの数パーセントをぼくたち就活生に対して見せていただけかもしれませんよ。よく考えてみてください。

 

まとめ

会社を人で選ぶことの危うさ、おわかりいただけたでしょうか。いい社員さんはもちろんいらっしゃいますが、同時にそうでもない社会人さんもいらっしゃいます。学生と一緒です。そんな状況で「人」を会社の選定基準にしていることは、本当に危険だと思います。

「じゃあ、一体おまえはどんな会社を選んでいるんだよ!」と思う方もいらっしゃるかと思います。ちょっとだけお教えしますね。就活は情報戦なので、他の就活生の方とも情報共有したいですし。

というわけで、ぼくがどのような企業を見ているのかはこちらより御覧ください。